【冬コーデ】「ベージュニット」で作る上品な大人メンズスタイル!

寒い季節には欠かせないニット。その中でも今回はベージュニットに注目です。一枚着るだけで上品な大人スタイルにしてくれるベージュの着こなしは要チェックです!

makinokoまっきー
  • 21,134views
  • B!

老けて見せると野暮ったくなるので注意!

出典:image.rakuten.co.jp

寒い季節のコーディネートには欠かすことのできないニット。
ネイビーならきれいめな雰囲気に、グレーは最もベーシックに、黒ならモードな印象を作ることができ、白のニットなら女性ウケもバッチリと、それぞれ色によって作られる雰囲気が異なってきます。
中でもベージュはクラシカルな雰囲気と大人っぽい雰囲気と両方作ることができる優秀な色味です。
しかし、ベージュの大人っぽさは着こなし方を間違えると老けたような印象に。
そこでレトロベージュをおしゃれに着こなすためのポイントをご紹介します。

首のつまった形なら今年っぽい着こなしに

出典:smlycdn.akamaized.net

ではベージュをおしゃれに着るにはどうしたら良いのか。
最も手っ取り早いのはトレンド感の抑えたアイテムを身につけるということです。
クラシカルで上品なテイストがトレンドの中心の今シーズンは首のつまったデザインのものがおしゃれな雰囲気を演出してくれるでしょう。
一枚で着ても様になりますし、インナーに何か合わせるのもおすすめです。
シャツならきれいめな印象やカレッジスタイルのようなプレッピーな着こなしに。カットソーならカジュアルながらもこなれ感を演出してくれます。
シルエットもピッタリとしたものよりかは、ややゆとりがあるくらいの方が丁度良いでしょう。

Amazonで詳細を見る

インナーにシャツを着てレイヤードを楽しむ

出典:i00.i.aliimg.com

先ほどちらっとオススメした、インナーにシャツを合わせてレイヤードを楽しむ着こなしです。
真っ白のシャツを合わせるとニットのリラクシングな雰囲気が弱まり、かっちりとした印象になります。
また、ボタンをどこまで止めるかということでも着こなしの雰囲気を変えることができます。
ボタンを一つ空けておくと、首元にスペースができて大人のOFF感を感じられる着こなしに。一番上まで止めるとレトロ感の漂うクラシカルな雰囲気になります。
クラシック感を強めたいという方は丸襟のものを選んでみましょう。

出典:www.thefashionisto.com

先ほどの着こなしでは白シャツを合わせてクラシック感たっぷりな着こなしにしていましたが、シャツの種類を変えるとコーディネートの印象を大きく変えることができます。
例えば、この写真のようにデニムシャツにするとカジュアル感の強い着こなしに。
チェックシャツにするとアメリカンカジュアルスタイルが完成します。
シャツを重ねるときでもニットの種類はクルーネックのものをオススメします。シャツを合わせるときはVネックが王道なんじゃないの?と思った方もいるかもしれませんが、Vネックだとかっちりとしすぎてしまっておしゃれな着こなしにはなりません。
ボトルネックの襟元からシャツをちらりと見せるのが今年らしいコーディネートを作るポイントです。

Amazonで詳細を見る

シンプルなアクセントは大人コーデへの近道!

出典:www.stylefabw.com

シンプルなアイテムは全体的に大人っぽい雰囲気にしてくれます。
しかし、シンプルすぎるとものさみしい印象を与えてしまうということも。
そんなときにはどこかにワンポイントのあるニットを選びましょう。このときのワンポイントはあまり大きくない方がベター。大きく主張されたポイントはコーディネートを子供っぽくしてしまいがちですからね。
このニットは首周り、裾、袖を黒のラインで細く縁取りされています。
一見シンプルなベージュのニットなのによく見るとデザインが施されている…。このワンポイントに気づいた女性があなたのことをお洒落さんだと認識するのは時間の問題でしょう。
主張しすぎず、シンプルなアクセントはコーディネートのおしゃれ度を確実に上げてくれます。

タートルネックはざっくりデザインでカジュアルに

出典:img5.zozo.jp

流行りのタートルネックはざっくりとしたローゲージ・ミドルゲージものがおすすめです。
ベージュのニットは上品な印象にしてくれるので、ハイゲージのタートルネックで上半身をタイトにすると作り込み過ぎてしまいおしゃれな雰囲気から遠ざかってしまうのです。
アイテムから上品さが出ているからこそ着こなしはリラックス感を意識したものにしてみてください。ジーンズを合わせてみる、細めスキニーから太めワイドパンツにチェンジしてみるなど、リラックス感のある着こなしを作る方法は沢山あります。

Amazonで詳細を見る

ブラウンコーデのときにはニットアウターが相性抜群

出典:www.cinqessentiel.com

インナーとして着られることの多いニットですが、アウターとして着るとそれだけでおしゃれな雰囲気になります。
今年はブラウンをトレンドカラーとしてチェックしている方が多いのではないでしょうか。ベージュはブラウン系の着こなしの中に取り入れると統一感も増すので、持っておいて損はありません。
例えばこの着こなしのようにジャケパンスタイルの上からニットガウンを羽織るとコートを羽織るときとはまた違った雰囲気になります。
アウターはコーディネートの仕上げとして全体にまとまりを与える役割を果たしています。そのため、ニットをアウターとして使いたいときは厚手のものを選びましょう。色々と着込むことの多い冬の季節は薄手ニットはアウターには向かないので注意が必要です。

ベージュで作る優しい雰囲気は大人メンズの色気につながっていく

出典:fsimg.www.store.palm-jpn.com

いかがでしたか?ベージュのニットにはネイビーやモノトーンのものとはまた違った雰囲気があります。
モノトーンのニットはモードな雰囲気のものが多く、ネイビーのニットはコーディネートの清潔感をアップさせるような上品な雰囲気があります。
ベージュにも上品な雰囲気がありますが、この色味からはそれだけではないレトロ感も感じられます。
他の色のニットだと合わせるアイテムを考えないとクラシカルな着こなしは作れないのですが、ベージュニットなら一枚できるだけでクラシカルな雰囲気を作ることができます。
どのようにコーディネートすれば今年っぽく見えるのかわからない…。
そんな方はベージュのニットを一枚持っておくことをおすすめします。

いい男はベージュを着る。ベージュを使ったコーディネート10選

いい男はベージュを着る。ベージュを使ったコーディネート10選

ぱくじゅりぱくじゅり
今年の冬はハイネックで魅せる。上品さと知的さを兼ね備えたハイネックニットの着こなし術

今年の冬はハイネックで魅せる。上品さと知的さを兼ね備えたハイネックニットの着こなし術

VOKKA編集部ファッション班VOKKA編集部ファッション班
「ナチュラルカラー」セーターを着こなすならこちら!大人コーディネートを彩るアイテム選びが重要に!

「ナチュラルカラー」セーターを着こなすならこちら!大人コーディネートを彩るアイテム選びが重要に!

VOKKA編集部ファッション班VOKKA編集部ファッション班
大人の「セーター&ジャケット」スタイルは、“ブラウン系カラー”が重要!?

大人の「セーター&ジャケット」スタイルは、“ブラウン系カラー”が重要!?

VOKKA編集部ファッション班VOKKA編集部ファッション班

この記事のキーワード

この記事のライター

まっきー

東京生まれ大阪育ちの慶応義塾在学の女子大生です。グルメ、ファッション、あとは旅行が大好き。でも実は、それと同じくらい手の綺麗な人が好き!

関連する記事

あわせて読みたい

makinoko
まっきー

東京生まれ大阪育ちの慶応義塾在学の女子大生です。グルメ、ファッション、あとは旅行が大好き。でも実は、それと同じくらい手の綺麗な人が好き!

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

yannma4

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yukib6

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介