【山梨】甲府の日帰り温泉・スーパー銭湯おすすめ5選

戦国大名の武田氏が本拠地としていたことで知られる山梨県の甲府市で、日帰り温泉やスーパー銭湯をセレクトしました。甲府市には信玄の隠し湯といわれる湯村温泉などの名湯もあり、立ち寄り湯を楽しめるホテルもあります。昇仙峡や不老園など名所も多彩な甲府市で、観光やグルメとともに楽しめる日帰り温浴スポットをご紹介しましょう。

saitoinformationbusiness斉藤情報事務
  • 294views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.akariya.info

甲府の日帰り温浴スポット

出典:www.akariya.info

戦国時代には武田氏の本拠地であり、甲州街道の宿場町として発展したのが山梨県の甲府市。日本五大名峡の一つに数えられる特別名勝の昇仙峡や、三千本以上の梅が植樹されている不老園といった名所も高い人気を誇ります。

甲府市には信玄の隠し湯といわれる湯村温泉や、繁華街に湧出する甲府温泉といった名湯も存在。スーパー銭湯やホテルの立ち寄りなどもあり、日帰りで手軽に利用することができます。この記事では甲府市で選び抜いた日帰り温浴スポットをご紹介しましょう。

1. 上阿原町「源泉湯 燈屋」

JR甲府駅から車で15分ほど走った青沼通り沿いに建つのが「源泉湯 燈屋」です。こちらは全国的にも珍しい”会員制日帰温泉”で初回利用者はビジターとして入館、湯量豊富な天然温泉の湯処は全浴槽が掛け流しで食事処や癒し処を併設します。

出典:www.akariya.info

檜の湯

出典:www.akariya.info

富士大沢石の湯

湯は多種のイオンを含有する弱アルカリ性単純温泉で、保湿効果に優れる美肌の湯です。館自慢の和こしの湯をはじめ、古代檜を贅沢に用いた檜の湯や富士山麓で採れる大沢石を配した富士大沢石の湯などは風情ある露天風呂。他にも信楽大壺の湯・寝ころびの湯・流湯青石の座湯などを揃えています。

そしてサウナは山梨県で最大級というスタジアムサウナがあり好みの温度帯を選べる五段ドライ、さらに源泉釜蒸し風呂と水風呂も用意しました。

出典:www.akariya.info

スタジアムサウナ

出典:www.akariya.info

館内の食事処「源食菜菜」は、吹き抜け天井が開放感を演出する和モダンの寛ぎ空間です。富士桜ポークや黒富士農場のオーガニック卵など地元のプレミアム食材を厳選し、山梨の幸を味わえる地産地消メニューを揃えます。

【基本情報】
住所  :上阿原町590-3
電話  :055-236-3515
入浴料金:会員は770円~(ビジターは1,320円)
営業時間:10:00~23:00(最終受付22:15)
定休日 :水曜日(祝日、年末年始、GW等は除く)

上阿原町「源泉湯 燈屋」

2. 羽黒町「紅椿の湯」

中央自動車道の双葉スマートICから車で12分ほど、湯村温泉通り沿いに立地するのが「紅椿の湯」です。高台に位置するため晴れた日には富士山を一望できるビューポイントとなり、湯村温泉郷の中では新しい日帰り温泉です。

出典:okuyumura.com

大浴場

出典:okuyumura.com

露天風呂

湯はナトリウム・カルシウム塩化物泉で、3つの風呂がある大浴場と2つの風呂がある露天風呂に加えてサウナを用意してます。個室休憩室が付いた貸切風呂もあり、家族や仲間とプライベート感覚の湯を楽しめます。

出典:okuyumura.com

サウナ

出典:okuyumura.com

紅椿定食

館内の食事処は晴れた日に富士山を一望できる絶景ロケーションで、地元ならではのメニューや創作料理などを取り揃えます。おすすめは館の名を冠したちょっと豪華な「紅椿定食」、富士山を眺めながらいかがでしょう。

【基本情報】
住所  :羽黒町1520
電話  :055-254-4500
入浴料金:750円
営業時間:10:00~22:00
休館日 :第2火曜日

羽黒町「紅椿の湯」

3. 湯村「甲府 記念日 ホテル」

平安時代に空海が開湯したと伝わり、戦国時代には武田信玄が湯治をしたことから”信玄の隠し湯”と呼ばれるのが湯村温泉です。明治以降は文人墨客にも愛された温泉で、温泉街の中心部に建つ「甲府 記念日 ホテル」では日帰り入浴ができます。

出典:kinenbi-hotel.kaiei-ryokans.com

大浴場

出典:kinenbi-hotel.kaiei-ryokans.com

露天風呂

ホテルの敷地内からは毎分84Lの源泉が湧出しており、泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉です。風呂はゆったりと浸かれる大浴場や、四季の移ろいを感じながら湯に入れる桧造りの露天風呂を用意しました。

出典:asp.hotel-story.ne.jp

フレンチランチ

「甲府 記念日 ホテル」では、客室休憩やランチorディナーとセットになった日帰りプランも用意します。おすすめはちょっと贅沢に本格的なフレンチを味わえる「フレンチプラン」で、シェフが厳選した地元食材を駆使した月替わりのコース料理。ランチの後は名湯の湯をどうぞ。

【基本情報】
住所  :湯村3-2-30
電話  :055-253-8111
入浴料金:1,500円
営業時間:13:00~22:00(日帰り)

湯村「甲府 記念日 ホテル」

4. 湯村「湯村ホテル」

温泉街の中で湯村温泉通りを挟んで「甲府 記念日 ホテル」の向かいに立地するのが「湯村ホテル」です。館内には3000冊のマンガライブラリーや1000冊の図書室などを備えており、湯治など長期滞在者のために自炊用キッチンも用意します。

出典:breezbay-group.com

志磨の湯

出典:breezbay-group.com

若返りしびれ湯

「湯村ホテル」では自家源泉を有しており、源泉掛け流しで豊富な湯量の風呂を楽しめます。内湯は信玄の隠し湯の別名でもある志磨の湯と名付けられた趣ある風呂で、露天風呂は弱電極板を備えた若返りしびれ湯です。

そして男女それぞれに高温のドライサウナも完備しており、新鮮な自家源泉のため飲用可能な飲泉所を設けています。

出典:breezbay-group.com

貸切露天風呂 かくし湯(宿泊者専用)

「湯村ホテル」は宿泊者専用で貸切露天風呂のかくし湯も用意しており、家族や仲間とプライベートな湯を楽しめます。

【基本情報】
住所  :湯村3-3-11
電話  :055-254-1111
入浴料金:1,320円
営業時間:6:00~21:00(10:00~11:00は清掃のため休止、火曜日は9:00~15:00)

湯村「湯村ホテル」

5. 丸の内「ホテル 談露館」

全国的にも珍しい県庁所在地の繁華街に湧出する温泉が甲府温泉です。こちらで「舞鶴城公園」まで徒歩1分ほどの場所に建つのが「ホテル 談露館」。130年の歴史を重ねた老舗で、温泉街の中心的ホテルです。

出典:www.danrokan.co.jp

出典:www.danrokan.co.jp

「ホテル 談露館」では敷地内に源泉を擁しており、湯はラドンを含有する”黒い湯の花”が特徴の温泉です。湯は加水も加温もしない100%源泉掛け流しで、男湯は重厚な大理石造りの風呂を、女湯は木の香と温泉の香り漂う総檜の風呂を設えています。

出典:www.danrokan.co.jp

談露館のオムライス

館内にあるレストラン「錦」ではちょっと豪華な和洋のランチメニューを取り揃えており、一押しはホテルの名を冠した「談露館のオムライス」です。ソースは2種類から選ぶことができ、スープとサラダがセットになります。

【基本情報】
住所  :丸の内1-19-16
電話  :055-237-1331
入浴料金:1,000円
営業時間:05:00~10:00
    :12:30~25:00

丸の内「ホテル 談露館」

日帰りの癒し湯を甲府で

スーパー銭湯やホテルの立ち寄り湯など、天然温泉の日帰り温浴施設が揃うのが甲府市です。観光やグルメと組み合わせて手軽に楽しめる日帰りの癒し湯、甲府でいかがでしょう。

※ 掲載内容は執筆時点、価格・基本情報等は参考で変更になる場合があります。
※ 料金や利用時間などはプランや日程により変動する場合があります。
※ 掲載画像と実際のプラン等は一致しない場合があります。
※ 立ち寄り湯は混雑時に利用できない場合があります。

この記事のキーワード

この記事のライター

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と単車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

関連する記事

あわせて読みたい

saitoinformationbusiness
斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と単車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と単車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

yukib5

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介