横浜高島屋「ベーカリースクエア」で買える絶品パンおすすめ15選

横浜高島屋にできたパンセレクトショップ「ベーカリースクエア」で、いま注目すべきパンを15品厳選しています。約40ブランドが集まるエリアとして2021年3月グランドオープンした新しいスポットで、提供されているパンはなんと500種類以上も。この中からまず買うべきパンをチェックしたので、是非参考にしてみてください。

usausausa卯月
  • 33,277views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.takashimaya.co.jp

横浜高島屋「ベーカリースクエア」とは

ベーカリースクエアの場所

ベーカリースクエアがあるのは、ジョイナス地下街エリア側の「フーディーズポート2」。行き方は幾つかありますが、JR横浜駅中央改札を出て「西口」の案内に従い進み、短い階段を降ります。降りきると左側に食のセレクトショップ「ディーン&デルーカ CIAL横浜店」が出て来るので、まずはその「CIAL」のフロアに入りましょう。直進すると30mほどで「ジョイナス」へ直結しており、ベーカリースクエアがすぐ目の前に出て来ます。
なお一部オンライン上でネット販売もされているので、遠方の方はぜひお取り寄せしてみて下さい。

意義ある取り組みに注目

昨今神奈川県内では、原材料や製法にとことんこだわり抜いた腕利きのパン職人が大勢いる一方、世の中に知ってもらう機会がない・後継者がいないなどの理由から廃業せざるを得ない職人も多くいます。そこでベーカリースクエアの一画に誕生したのが、販売機会の創出や地産地消、健康をテーマに、横浜に本社をおくハットコネクトと横浜高島屋が共同開発した「カナガワベーカーズドック」です。約30のパンブランドが日替わりで、こだわりの商品を約200種類展開させています。

BLUFFBAKERY

青い正方形の看板が目印の「ブラフベーカリー」は、みなとみらい線元町・中華街駅元町口より徒歩8分、坂道の途中にあるアーバンスタイリッシュな人気店です。2018~2020年の3年間食べログ パンEAST 百名店に選出。ドミニク・トレモロ氏に師事した栄徳シェフによる本格的なニューヨークスタイルのパンを提供しており、ハード系のほかマフィンやドーナツも得意としています。

出典:www.takashimaya.co.jp

Premiumブラフブレッド(810円税込)

元町の店で売切れ必須で手土産にもされている角食パン「ブラフブレッド」に、さらに手を加えた逸品。滑らかなもっちり食感に、バニラビーンズが華やかに香る極上の逸品で、横浜高島屋限定となっています。

7Daysエイジングバゲット(291円税込)

横浜高島屋限定品で、1週間かけて発酵させて作られたバゲット。フランスの新しい酵母を使用し、軽さ・酸味・香ばしさそれぞれをしっかり楽しめる味わいに仕上がった、注目すべき1本となっています。

JUNIBUN BAKERY(ジュウニブンベーカリー)

出典:www.takashimaya.co.jp

「日経スペシャル カンブリア宮殿」にも出演され、食べログ パンEAST 百名店に2017~2020年の4年間選出されている代々木八幡の名店「365日」や「15℃」を経営する、杉窪章匡シェフが手掛ける店。東急田園都市線三軒茶屋駅南口Bから南へ真っすぐ徒歩5分、大通り沿いにあります。斬新で独創的なパンが多くどれも絶品で大人気のブランド店が、神奈川県内に初出店しました。

いかりパン(216円税込)

横浜高島屋限定商品で、横浜にちなみ、船の錨(いかり)を模したパン。最先端のモチモチ・柔らか食感とは異なり、弾力ある噛み応えの中に深い味わいとほのかな塩味を堪能できる、シンプルを極めた一品です。

風船パン(346円)

出典:www.facebook.com

ジュウニブンベーカリーの代表と言っても過言ではないスペシャリテで、コロンとしたとんがり帽子のような水色の包み紙が目印の食事パンです。小麦粉の吸水率120%という極めて水分が多い生地で、お餅のような食感に仕上げている大人気商品です。

Bon Vivant(ボン ヴィボン)

出典:www.takashimaya.co.jp

「ボン ヴィボン」は東急田園都市線青葉台駅から徒歩12分ほどの青葉台店を拠点とし、横浜・地元ベーカリーとして人気を博しているベーカリー。オーナーの児玉シェフは全国にフランスパンを広めた功労者・福盛幸一氏に師事し、店の営業の傍ら国内外でプロ向けの講師活動も行っている方です。

キャラメルカスタードコロネ(227円税込)

もっともおすすめは、横浜高島屋限定の「キャラメルカスタードコロネ」です。ほろ苦いキャラメルが良い仕事をしているカスタードクリームは、くどくない甘さで大人の味わいとなっています。

MAISON ICHI(メゾン イチ)

出典:www.takashimaya.co.jp

2006年に西馬込で創業し、現在は食べログ パンTOKYO 2020選出店となった代官山店を筆頭に7店舗を営んでいる「メゾン・イチ(元:ブーランジェリーイチ)」。天然酵母と古代小麦をじっくり醗酵させ、体に優しくも日本人好みのもっちり食感を生み出すのが得意のベーカリーで、今回神奈川初出店です。

彩り豆食パン(519円税込)

出典:www.takashimaya.co.jp

横浜高島屋限定の角食パンです。ピスタチオペーストを練り込んだ生地と、黒豆やインゲンなど数種類の豆を混ぜ込んであります。野菜ソムリエである筆者目線では、煮豆やおはぎなどに比べ、砂糖なしで豆本来の味を堪能できる貴重な一品と言えます。

やさしいバゲット(378円税込)

ハード系であるにもかかわらず、常識を超え生食パンのような優しい甘さと柔らかさを持つ、全く新しいバゲットです。従来使用されない生クリームをブレンドし、長時間低温熟成発酵させることにより、香ばしい薄めの皮と、軽い口当たりを実現させています。特有の固さが苦手という方は、ぜひ一度試してみてください。

SHIGERU KITCHEN(シゲルキッチン)

出典:www.takashimaya.co.jp

「シゲルキッチン」は、サンドイッチ専門店。店舗は都営地下鉄浅草橋A6出口から徒歩2分の位置にあり、創業55年の老舗焼鳥店「柳ばし 鳥茂」のつくねを丸ごと使ったボリューミーな逸品が自慢です。東京下町だけでなく様々な土地でも食べて欲しいという想いから、この度神奈川県へ初出店しました。

Torishige Tsukune(1,491円税込)

出典:shigerukitchen.com

横浜高島屋限定品で、繋ぎを一切使わずに作る鳥茂のつくねを、昭和17年創業の老舗ベーカリー「パンのペリカン」の食パンで挟んだサンドイッチです。つくねを150gから高島屋仕様として、170gへボリュームアップしているのも嬉しいポイント。さらに鳥茂でたった1人しか知らないレシピの秘伝だれの「タレ」と、岩塩2種類をブレンドしたこだわりの「シオ」(各1,383円税込)の2種類で提供中です。

Torishige Chicken Burger(994円税込)

「トリシゲチキンバーガー」は、「柳ばし 鳥茂」の焼鳥を天然くるみ胚芽を使用したバンズでサンド。「タレ with クリームチーズ」と「シオ with トマト」の2種類で提供。なおバンズを提供するのは、日替わりでパンを提供する「カナガワベーカリーズドッグ」へ参入している「かもめパン」。1924(大正13)年創業・横浜の老舗ベーカリーと東京下町の素敵なコラボとなっています。

FARO(ファーロ)

出典:www.takashimaya.co.jp

清々しいセルリアンブルーの看板が目印の「ファーロ」は、東京・JR代々木駅西口から徒歩2分の位置に拠点を置いたカフェ&バー。新鮮野菜や魚などヘルシー素材を使用した華やかなグルメなサンドイッチを中心に、イタリアンのローフードをベースとした心身共にヘルシーでスタイリッシュな食を提案しています。

FRUTTA(690円税込)

出典:www.facebook.com

いま大人気のフルーツサンド「FRUTTA(フルッタ 690円税込)」も展開されています。イタリアらしくマスカルポーネクリームに旬の果物を使用し、低糖質パンにサンドした大人のフルーツサンドイッチ。甘さが苦手な人も食べやすいよう、甘味の調和が見事に成されています。

SABA OLIVE(670円税込)

出典:faro-caffe.tokyo

千葉県銚子産の脂がのったサバ缶を使用。香り高いオリーブオイルにサバとレモンを組み合わせた、シンプルなのに大胆さを持つサンドイッチに仕上がっています。またセサミブレッドの香ばしさが具材を引き立てる良い仕事をしており、白ワインで頂きたい一品です。

Saint-germain(サンジェルマン)

出典:www.saint-germain.co.jp

1970年、渋谷で産声を上げた「サンジェルマン」は、首都圏を中心に店舗を広く展開させているベーカリー。Foodies'Port1から移設し、約130種類に展開規模を拡大してリニューアルオープンしています。こちらは近年人気の「腕利きのパン職人個人店の味わい」と、「昔ながらの地元密着型パン屋の味わい」が見事に同居している点が大きな特徴。また鮮度にもこだわり、世代を超え支持され続けています。

《復刻》ニューヨーカースティック(281円税込)

創業50周年記念品として製造されている、硬すぎないハード系パン。ライ麦粉を使用した生地に、カレンズ・クルミ・オレンジピールを練り込んであり、食感と風味が楽しめる一品です。

ベッカライ徳多朗 (とくたろう)

出典:toktaro-webshop.com

カナガワベーカリードッグに日替わり参入しているベッカライ徳多朗は、青葉区の元石川本店と都筑区にあるショッピングセンター「ヨツバコ」1階に店舗を構える、いま非常にホットなベーカリーです。1990年の開業から長く愛され、平日でも客足が途絶えない人気ぶり。食べログのパンEAST百名店 2020にも選出されました。

あんぱん(240円税抜)

ただ柔らかいだけではなく、程よいハリと香ばしさを持つ薄皮です。また中の粒あんはあっさりした甘さで、総じて小豆や餡の美味しさを強く堪能できる一品です。

BURDIGALA(ブルディガラ)

出典:www.facebook.com

カナガワベーカーズドックで日替わりにて参入しています。東京・広尾に本店を持ち、神奈川には武蔵小杉と日吉に店舗があります。食べログ パンTOKYO百名店2020の選出店。「日常生活を少しだけ上質に」がコンセプトで、クラシックな製法にこだわった香りと味を日々届けています。

コンプレ・カマンベールハーフ(559円税込)

ずしっと重く大き目で、何かと合わせて食べたい食事系です。一見硬そうに見えて手でちぎれるほどの柔らかな生地は、小麦の風味を堪能できるあっさりとした食感。またタップリ入っているのに主張し過ぎないカマンベールチーズはミルクの風味を感じられ、良い名脇役ぶりを発揮しています。

あいわパン

出典:www.facebook.com

カナガワベーカーズドックにて日替わりで参入。横浜市営地下鉄弘明寺駅2番出口から徒歩2分ほどの位置に本店、また上大岡にも支店があります。イーストフード・乳化剤等の合成添加物を使用しない製パンが大きな特徴。また生地の油脂には体脂肪になりにくい中鎖脂肪酸が豊富なココナッツオイル、一部の商品に飲む点滴とまで言われる甘酒を使っています。2017年パン・オブ・ザ・イヤー「カレーパン部門」で金賞受賞した「焼きカレーパン」が有名です。

生スコーン(228円)

鹿児島県種子島産のサトウキビのみを原料とし、ミネラルを多く含んだ自然の甘みがおいしい洗双糖(せんそうとう)を使用。そのほか材料は国産小麦・生クリーム・岩塩・重曹と、非常にシンプルな作りで、程よくしっとりとした食感は素朴ながら後引く美味しさです。

奥深い取り組みにも注目

ベーカリースクエアでは有名シェフの品だけでなく、次世代育成の観点から地元の「国際フード製菓専門学校」の学生が製造したパンの販売も応援しています。また日本の食品ロスを見直すべく、閉店後のパンを農場に輸送し、堆肥化する環境に配慮した取り組みも。多角的に様々な要素を垣間見ることができるベーカリースクエアで、ぜひ一度作り手の想いを読みながらパンを選んでみて下さい。

そごう横浜で買える絶品パンおすすめ10選

そごう横浜で買える絶品パンおすすめ10選

kumakumaillustkumakumaillust

この記事のキーワード

この記事のライター

卯月

1級販売士・日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ。スイーツ記事は、知人のパティシエ・パティシエール達からの情報も参考にしています。

関連する記事

あわせて読みたい

usausausa
卯月

1級販売士・日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ。スイーツ記事は、知人のパティシエ・パティシエール達からの情報も参考にしています。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

斉藤情報事務3

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

VOKKA編集部グルメ班4

VOKKA編集部グルメ班

VOKKA編集部グルメ班です。本当に美味しい名店だけをご紹介できるよう日々リサーチいたします。

05micco5

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

yukib6

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介