レディース夏服コーデ【おしゃれなトレンドファッション】

夏服コーデのポイントを基本から押さえつつ、2021年春夏のコレクションから最新トレンドを踏まえておすすめの夏服コーデを紹介します。おしゃれに自信がない人やトレンドをどう取り入れれば良いかわからない人は基本の部分から、おしゃれ上級者さんや最旬夏服コーデを先取りしたい人はコーデの紹介から読み進めて参考にしてみてください。

keyyyeEDNA
  • 594views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.pinterest.jp

2021年のおしゃれな夏コーデを先取り

一年のコーデのうちでアイテム数が最も少なく済む夏服は着こなし方も容易なようで意外とコツが要ります。この記事では季節感のあるデザインや、素材感、カラーなどの基本的なところから、細かいディテールでトレンドを組み込むポイントまで押さえているので、この夏のおしゃれを先取りしたい方はぜひ参考にしてみてください。

夏服コーデのポイント

風通しの良いアイテム選び

夏ファッションの大敵は熱と湿気です。まずは服選びの際のポイント事項に風通しの良さを含めておくと着こなす際に困ることも少なくなります。具体的には通気性や吸水性に優れた素材にこだわったり、タイトスカートはスリットのあるものを選んだり、着た時のゆとり感を考慮したりすることなどが挙げられます。また、アイテムのカラーでも体感気温は異なってくるので、黒のアイテムは特に風通しの良さを意識しておくなどの心構えも大切です。

シルエットで魅せる

秋や冬のように多くのアイテムをレイヤードでおしゃれに見せる事ができない夏は、少ないアイテムでいかにおしゃれに見せるかがポイントになってきます。そこでおすすめなのがシンプルなアイテムを使いながらシルエットで魅せる着こなし方です。ウエストマークでシルエットに緩急をつけたり、AラインやIラインなどのシルエットを意識してみるところから始めてみましょう。

上品な露出

特に露出が増える夏ですが、大人女子が上品に肌見せするにはどうすれば良いのか、悩ましいところもあるでしょう。そんな悩みを抱える方には、足首や腕などの部分を露出するのがおすすめです。
パンツはアンクル丈でさりげなく肌見せしたり、華奢なサンダルで女性らしさを強調したり、重めのワイドパンツを合わせて重心を下げながらタンクトップを合わせたりすれば上品な露出が叶うはずです。

2021年夏トレンド

無地

今年の春夏ファッショントレンドのテーマが「リラクシー」というのもあり、今夏は全体的にエフォートレスなムードに包まれています。アイテムのデザインで言うならば無地のアイテムをこなれた感じでカジュアルに着こなすのがおしゃれに映ります。無地というシンプルなアイテムこそ、どこにどのようなアクセントを持っていくかというのがポイントになってくるので、おしゃれさんのコーデを参考にして自身のコーデに落とし込んでいきましょう。

タンクトップ

今年の夏注目のトップスアイテムはタンクトップです。カチッとしたストラップの太いデザインのものはカジュアルな着こなしに向いており、ストラップの細い華奢なものはエレガントな着こなしに使えます。シーンや気分に合わせて使い分けられるよう、いくつかの種類を持っておくと便利です。
タンクトップは露出が多めなので上に羽織ったり、シースルートップスを重ねたりしてもおしゃれにキマるので、ハードルを高く感じる人は軽いレイヤードから始めても良いでしょう。

ペンシルスカート

ペンシルスカートとは丈が膝下まであり、比較的タイトなシルエットのスカートを指します。タイトなのに甘さ控えめで大人っぽいペンシルスカートは近年注目されているスカートなので、この夏こそ取り入れたいものです。また、シンプルなTシャツに合わせても上品に仕上がり、様々なシルエットのトップスにも合わせやすいのでおしゃれ初心者さんでもチャレンジしやすいのも嬉しいポイントです。気になる人はぜひチェックしてみてください。

チャンキーヒールパンプス

チャンキーヒールパンプスとはパンプスの中でも太いヒールのものを指します。ヒールなので女性らしさもありながら太めのヒールがインパクト大でコーデにパンチを効かせてくれます。フェミニンなコーデにはもちろん、スタイリッシュなコーデにも合わせやすいので、幅広いシーンで活躍してくれるはずです。
また、ピンヒールのパンプスよりも主張が強いのでアクセントアイテムとしても使いやすく、ビビッドカラーやメタリックなカラーなど派手めなカラーにも挑戦しやすいでしょう。

夏のおすすめコーディネート

タンクトップ×ワイドパンツ×サンダル×パイソン柄バッグ

シンプルなタンクトップを一枚でサラッと着るならボトムスはニュアンシーなワイドパンツで決まりです。トップスで絞ったシルエットはボトムスで緩めることでバランスが整い、シンプルなアイテム同士でもスタイリッシュに仕上がります。また、柄モノでなくてもこのようなラップスカート風のウエストデザインなどの細かいディテールがおしゃれなワンポイントになるので、アイテム選びの際には遊び心のあるアイテムを選ぶのを心がけると良いでしょう。さらに、無地×無地にはバッグなどの小物で柄を差し込むとアクセントになります。なかなか挑戦できない柄物こそ小物からチャレンジしてみるのもありです。

ノースリーブトップス×柄スカート×バブーシュ

スタンドカラーのエレガントシックなノースリーブトップスには、ガーリーな花柄スカートがぴったりです。パリッとした硬めの素材感のトップスには柔らかく軽やかな素材感のスカートを合わせるというように、コーデに緩急をつけるとコーデが退屈なものにならないので、単調な組み合わせにならないよう意識してみてください。
優しい色味でトップスとボトムスを固めたら、小物アイテムでエッジを聞かせるのがおしゃれさんのテクニックです。足元はハードなシルバー、バッグにはマットなモスグリーンを用いて雰囲気を殺さない程度に色を差していきましょう。

Tシャツ×柄スカート×バレエシューズ×クリアバッグ

使い勝手のいい黒Tシャツですが、黒トップスを夏に用いる際には軽やかでエネルギッシュな着こなしを意識するのが重要です。写真のようにグリーンを基調とした柄スカートに合わせれば、無地の黒Tシャツを使ってもエネルギッシュな雰囲気を作る事ができます。また、バッグやシューズなどの小物には軽やかなクリア素材やシルバーカラーがおすすめです。定番アイテムを使いながら絶妙なカラーバランスでワンランク上のおしゃれをキメちゃいましょう。

Tシャツ×カーブデニム×パンプス

誰もが一枚は持っているであろう白Tシャツですが、ものによって形は様々なので着こなし方も千差万別です。写真のようなミニマルなタイプの白Tシャツはバルーンデニムにトップスインをし、シルエット美でおしゃれ見せさせましょう。
カジュアルな白T×デニムにはあえてヒールのパンプスを合わせるのがエッジーな心意気です。上品なパンプスでさりげなく肌見せをしてカジュアルとエレガントを両立させましょう。

デザインシャツ×チェックハーフパンツ×ストラップシューズ

今年じわじわ注目されているのがレディースのハーフパンツです。こちらのポップなチェック柄のハーフパンツはリボンネックのシャツやストラップシューズで少女らしい可愛らしさを強調しています。ミニマルなサイズ感のハーフパンツをおしゃれに着こなすのはなかなか難しいので、まずは少しワイドなサイズ感のものを綺麗めカジュアルなトップスとドッキングさせて最旬アイテムをおしゃれに先取りしましょう。

Tシャツ×ペンシルスカート×パンプス

こちらはシンプルな白Tシャツをシックなペンシルスカートと合わせた甘さ控えめのスカートコーデです。Iラインを活かすようにトップスはスカートにインしてみるとすらっとしたスタイルをアピールすることが出来ます。
チャンキーヒールはカジュアルなテイストに強いですが、綺麗めなコーデに合わせると重心を下に持っていきながらコーデにパンチを加えることができるので、ピンヒールパンプスではなくあえて味のあるチャンキーヒールパンプスを合わせてみるのも楽しいかと思います。

プリントTシャツ×センタープレスパンツ×フラットサンダル

ストリートテイストのプリントTシャツにはラグジュアリーなセンタープレスパンツを合わせてジャンルミックスコーデにするのも良いでしょう。ダボっとしたプリントTシャツにリラクシーな形のパンツを合わせる際にはセンタープレスで縦ラインを強調させながらすっきりと見せるのがポイントです。
また、パンツに合わせてガーリーなアクセサリーやエレガントなバッグを組み合わせることで全体の統一感を出しながらボーイッシュなTシャツをより際立たせることが出来ます。

シースルートップス×アンクルパンツ×パンプス

フェミニンなシースルートップスは長袖でも涼しく過ごすことが出来ます。インナーに何を合わせればわからないという人も、シンプルなキャミソールやタンクトップを合わせれば間違い無いので、身構えずにぜひチャレンジしてみてください。
こちらも黒トップスにグリーンを合わせた夏らしいカラーコーデで明るい印象に仕上がっていますが、仕上げに足元の白パンプスを合わせるとさらにトーンアップ出来るので小物のカラーバランスも整えられると満点です。

シャツワンピース×カーブパンツ×ヒールサンダル

可愛らしい丸ボタンのシャツワンピースは思い切ってデニムパンツを合わせてみると小粋なワンピースコーデが出来上がります。ウエスト以下のボタンは開けておくと過ごしやすいだけでなくこなれ感も抜群に仕上がります。トレンドのストレートデニムを合わせるとシャープで大人っぽい印象になりますが、丸みを帯びたカーブパンツであればパンツスタイルでも可愛らしさが残るので、このようなワンピースと合わせるときはカーブパンツがおすすめです。
バッグは気取らない大きめサイズであどけない可愛らしさを連れて出かけましょう。

コットンワンピース×フラットサンダル×巾着バッグ

夏には涼しげなブルーのワンピースが映えます。肌触りのいいコットン素材でコーデを優しい雰囲気に包みながら、女性らしく仕上げましょう。カジュアルなコットンワンピースにはリゾート気分なフラットサンダルでエフォートレスに決めるのが今年流です。気負わずカジュアル全開で楽しんでください。
また、このようなラフなコーデにはトレンドの巾着バッグがぴったりです。ちょこんと片手に提げて身軽に出かけましょう。

ノースリーブトップス×ワンドパンツ×ヒールサンダル

おしゃれなノースリーブトップスでいつもより少し上品な着こなしに挑戦するのなら、こちらのコーデはいかがでしょうか。縦ラインの強調されたノースリーブトップスはスリムに見せてくれる効果があるので、体型にコンプレックスがある人も隠すのではなく思い切って出してしまうのがおすすめです。
タイトなトップスにはワイドパンツを合わせて王道シルエットを作りながらヒールサンダルで足元でもさりげなく肌見せできると女性らしく好印象です。

タンクトップ×肩掛けカーディガン×ペンシルスカート×フラットサンダル

夏のワントーンコーデを狙うなら、赤で攻めてみるのもありです。少しハイレベルに感じるかもしれませんが、無地の赤アイテムを数種類集めながら、程よく肌見せして暑苦しくならないように配慮できればば意外と簡単に完成します。タイトなトップスとボトムスには仕上げにゆるっとカーディガンを肩巻きすると、こなれ感を出しながらシルエットをぼかすことができるので体型カバーにもなります。小物アイテムはベージュでまとめて赤を邪魔せず統一感のあるスタイリングを目指しましょう。

ストライプシャツ×アンクルパンツ×パンプス

カジュアルストライプシャツ×カジュアルワイドパンツというありきたりに思える組み合わせにも、反対色を使うことでおしゃれに見せることが出来ます。反対色でも彩度を合わせればうまく溶け込むので、写真のようにくすみカラーで統一するのも一つの手です。
高見えするチャンキーヒールのパンプスでエレガントな要素も加えれば、カジュアルウェアでも上品な着こなしをかなえられます。

ワンショルダートップス×ペンシルスカート×ローファー

ワンショルダートップスを大人っぽくおしゃれに着こなすなら、ガーリーテイストではなくスタイリッシュ・レディなテイストで攻めるのが正解です。ワンショルダートップスはペンシルスカートにインさせてIラインを意識すれば綺麗めに仕上がるはずです。スカートはくすみカラーの白を使ってトーンアップしつつ、他のアイテムをダークブラウンで統一することでまとまりがあり大人っぽい仕上がりになります。トレンドのスカーフを使えばさらに上品に仕上がるので上手な小物選びで雰囲気を作っていきましょう。

ノースリーブニット×ワンピース×フラットサンダル

夏でもノースリーブでレイヤードとして使えばニットも活躍します。サイドがセパレートのデザインは通気性が良いだけでなく今年のトレンドでもあるので、どんどん取り入れていきましょう。下にはワンピースを合わせればトップスのインナー選びに悩まずに済むので、コントラストの効いた黒ワンピースを合わせてエッジーに仕上げて下さい。サンダルも黒でまとめておけば細かい小物は主張控えめなシルバーなどの色を足すことも可能になります。

夏もポイントを押さえておしゃれにキメよう

ここまでおすすめの夏服コーデを紹介しましたが、参考になるコーデはありましたか。定番アイテムからトレンドアイテムまで幅広く紹介してあるので、手持ちのアイテムを活かしながら最旬夏服コーデを手に入れちゃいましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

EDNA

ファッション大好きエドナです。

関連する記事

あわせて読みたい

keyyye
EDNA

ファッション大好きエドナです。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介