【気温18度の服装】レディースおすすめコーデ

春や秋に多い気温18度は、日中と朝夜の寒暖差がある時期に多い気温です。そんな一日でも快適に過ごせる、最高気温18度前後のレディースの服装の選び方を解説します。18度の気温の日に活躍するアウターや、寒暖差を感じた時に役立つアイテム、天気別のおすすめコーディネートまで、おすすめしたいコーディネートをご紹介したいと思います。

yu-miyu-mi
  • 1,547views
  • B!

アイキャッチ画像出典:wear.jp

朝晩の冷え込みが気になる気温。寒暖差対策を!

出典:wear.jp

気温18度の日の多い時期は、気温や天候の急激な変化に対応できるアウターが心強いアイテムになります。気温18度と言っても、最高気温が18度のときと最低気温が18度のときで服装も変わります。
最高気温が18度の時には、朝晩の冷え込みを考慮して着脱しやすいアウターを準備すると便利です。
また、カーディガンやストールなどの、温度調節しやすいアイテムも活躍します。
逆に最低気温が18度の時は、日中の気温がもっと上がる可能性を考慮して、軽めのアウターや季節感の感じられるカラーのニットもおすすめです。

18℃前後は何を着るのがベスト?

薄手の長袖カットソー+はおりが活躍

出典:wear.jp

気温18度の春や秋の日中は快適に過ごしやすいですが、朝晩になるとぐっと冷え込みます。そのため、寒暖差に対応できる薄手のアウターやレイヤードコーデを取り入れた服装にするのがおすすめ。
インナーはカットソーやTシャツ、薄手のニットなどにして、気温に合わせた調節ができるコーディナートにしましょう。

はおりなしで過ごしたい時は人気のパーカーもおすすめ

出典:wear.jp

穏やかな天候の気温18度の日は、はおり無しでも気持ちよく過ごせます。そんな日は、1枚で十分に存在感を出せるボリューム感のあるトップスを思いっきり楽しむチャンスです。
ここ数年人気のスウェットパーカーも取り入れやすいこの季節は、肌寒い日もロンTを合わせればスウェットパーカー1枚でトレンド感のあるコーデを楽しむことができます。

気温18度で活躍するアイテム

ジャケット

出典:wear.jp

最高気温18度の日は、ロゴTシャツにデニムパンツやワイドパンツ、ロングスカートを合わせたシンプルな服装が人気です。
ただこれがけだとやはり寒いので、トレンドライクなビッグシルエットのツイルジャケットやテーラードジャケット、デニムジャケットなど、ジャケットを上手に活用するのがおすすめです。
パンプスと合わせて大人っぽく、またはスニーカーを合わせてアクティブな印象にするなど、足元を変えるだけでも印象を変えることができますよ。

カーディガン

出典:wear.jp

カーディガンといっても、ショート丈かロング丈か、素材感などによって、大きく印象が変わります。オフィスなどで活躍しそうな定番のニットカーディガンや、ゆるっとしたシルエットが魅力のロングカーディガンなど様々ですが、気温に合わせて調節しやすいアイテムなので、寒暖差の激しい季節には一枚持っておきたいアイテムです。

ストール&スカーフ

アウターを羽織らなくても、ストールやスカーフなどのアイテムを有効活用すれば快適に過ごすことができます。
ストールやスカーフはアウターに比べて持ち運びもしやすいので、一枚あるととても便利ですよ。また、結び方を工夫すれば印象を変えてオシャレに楽しむこともできるので、気分を変えたい日などにストールやスカーフを活用してみてはいかがでしょうか。

晴れの日におすすめ!18度前後のコーディネート

ノーカラージャケット×ニットパンツ

出典:wear.jp

かっちりした印象のジャケットはあえてリラックス感のあるニットパンツで合わせたメリハリあるコーデがおすすめです。
昨年から人気のニットパンツはダボっとした感じではなくて細身&伸縮性あるものにすると足が細く見える効果がありますよ。グリーンのパンツが全体のアクセントになり、華やかなでクールなコーデになっています。

デニムオーバーオール×ブラックカットソー

出典:wear.jp

はおりもののいらない日にはデニムオーバーオールに挑戦してみるのも良いかもしれません。デニムオーバーオールは中々チャレンジしずらく感じる人もいそうですが、インナーにブラックカットソーを合わせてカジュアルすぎない辛味要素を足すと取り入れやすいですよ。
足元にはレースアップシューズを合わせてちょっとクラッシーに、大人な要素を追加して。

カラーニット×柄スカート

出典:wear.jp

温かい日中なら、はおりがなくてもたっぷりしたニットで過ごせるので、季節感のあるカラーニットを取り入れてみてはいかがでしょうか。袖のふくらみがかわいいカラーニットに抑えた色味の柄スカートで、女性らしさがありながらも可愛すぎないコーディネートになっています。

デニムジャケット×フレアスカーチョ

特に春には定番アイテムとして活躍するデニムジャケットに、一見スカートに見えるフレアなスカーチョで動きやすく女性らしい可愛らしさを出したコーディネートです。
それにスニーカーををプラスすれば、デニムの重さがまったく感じられない軽やかなコーデが完成です。インナーには清涼感のあるボーダーTシャツを合わせると、カジュアル感可愛いコーディネートになりますよ。

ネイビーブレザー×ワイドパンツ

出典:wear.jp

温かい晴れの日はネイビーと白のさわやかなコーデですっきりと。ネイビーのジャケットのセットアップをTシャツ、キャップ、スニーカーでカジュアルダウンしたコーディネートです。
かちっと見えがちなネイビージャケットも、スニーカーやキャップを取り入れることでおしゃれに日常コーデに取り入れることができます。

曇りの日におすすめ!18度前後のコーディネート

ロングガウン×ホワイトデニム

出典:wear.jp

ロングガウンにホワイトデニムを合わせた優しい色合いのコーディネートです。ロング丈のアウターは腰回りを気にせずボトムスを選べるので、体型が気になる人にも取り入れやすいアイテム。インナーを長めのトップスにするとバランスが悪くなるので、ボトムスにインして縦長効果を取り入れて。軽い素材のガウンなので、動き回りたい日中にもストレスなくはおることができます。

ワンピース×スウェット

出典:wear.jp

スウェットにワンピースを合わせた、ボーイッシュな中にも可愛らしさのあるカジュアルなコーディネートです。羽織にもワンピースにもなるバンドカラーワンピースの上にスウェットを合わせることで、まだまだ寒さの残る日にも寒さを感じずに過ごすことができます。
ワンピースは温かい日にはベストを羽織ったりタンクトップと合わせることもできるので、晴れの日と曇りの日で合わせるアイテムを変えてコーディネートを楽しんで。

Tシャツ×ニットベスト

出典:wear.jp

最近人気急上昇のニットベストにゆるっとしたサイズのTシャツを合わせたコーディネートです。ワンピースやシャツなどのトップスに重ねるだけでおしゃれコーデが叶うニットベストの中でも、ケーブル編みのビッグベストは、温かく一枚で主役になってくれるので、持っていると便利なアイテムです。

ストール×ニットワンピース

出典:wear.jp

Vネックロングワンピースに大判のチェックストールを合わせたコーディネートです。ワンピースが着たいけれど、ロングアウターは合わせたくない...そんな時に活躍するのがストールです。ワンピ―スのシルエットを邪魔しないストールはワンピースと好相性。特にニットワンピースは温かみのある素材感とストールがマッチして女性らしい優しい印象になります。

カシュクールニットカーディガン×ニットスカート

出典:wear.jp

秋口の日差しがなく肌寒い日には、カーディガンが活躍します。大人可愛いカシュクールデザインなら、今どき感を自然に取り入れることができますよ。
同じくトレンドのニットスカートはIラインの縦長効果のあるものにすると、女性らしさが引き立ちます。

薄手トレンチ×フレアスカート

出典:wear.jp

定番アウターのトレンチコートにフレアスカートを合わせて女性らしさを出したコーディネート。春や秋に活躍するトレンチコートは少し変形のものを取り入れてトレンド感を出すのも良いですね。こちらもトレンチコートはフロントをハイウエスト位置で切り替えることでコルセットベルトをしたかの様なスタイルアップ効果が狙えます。

パーカー×シャツ

出典:wear.jp

パーカーはここ数年人気のアイテムとして定着していますが、こんな風にレイヤードスタイルにすることで、防寒対策もしながらよりおしゃれに着こなすことができます。
フード付きのプルオーバーと白シャツレイヤードに柄スカートとブラックの小物を合わせたモノトーンコーデですが、プルオーバーとシャツが白なので、クールで爽やかな雰囲気になっています。

雨の日におすすめ!18度前後のコーディネート

ビックシルエットトレンチ×レギンス

出典:wear.jp

薄い色のアイテムは雨に濡れた時に汚れが気になってしまうものですが、ダークカラーのアウターなら、ロング丈でも気にせずにはおることができます。
ビックシルエット&ドロップショルダーのトレンチコートは、トレンドライクなシルエットなので一枚でオシャレな印象になりますね。レギンスで下半身をすっきりとさせて、太見えしないシルエットになっています。袖をロールアップにして、こなれ感たっぷりに着こなしましょう。

ショートブルゾン×柄スカート

出典:wear.jp

普段より肌寒さを感じる雨の日はフリルネックのトップスとショートブルゾンを合わせてしっかり温かさを確保して。
ショートブルゾンはドロップショルダーなので抜き襟で着てこなれ感を演出する着方がおすすめです。ロング丈のパンツやスカートなどと好相性のショートブルゾンは、柄スカートと合わせるとボトムスが引き立ちます。

ショートニットカーディガン×デニム

出典:wear.jp

汚れの気になる雨の日は、汚れに強いデニムと温かさのあるニットカーディガンで乗り切りましょう。ショート丈のカーディガンは人気のアイテムですが、単品だとデニムとの上手く合わせられないことも。デニムと合わせるならシャツなどと組み合わせたレイヤードスタイルでカジュアルに合わせればおしゃれに着こなすことができます。

寒暖差に負けずにおしゃれを楽しもう!

春や秋の寒暖差の激しい季節は、温かさを調節しやすいアイテムを取り入れればストレスなくおしゃれを楽しむことができます。
ここでご紹介した気温18度の日のコーディネートを参考に、自分の好みのコーディネートを探してみて下さいね。

この記事のキーワード

この記事のライター

yu-mi

食べることと読書が趣味。静岡出身です。

関連する記事

あわせて読みたい

yu-mi
yu-mi

食べることと読書が趣味。静岡出身です。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

こばこ5

こばこ

女子大生。

kiki04086

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

>>ライター紹介