なんばウォークのお土産・スイーツおすすめ10選

なんばウォークのお土産やスイーツのおすすめをご紹介します。たくさんのお店が入った地下街であるなんばウォークは、お土産やスイーツを買うのにぴったりなスポットです。人気洋菓子から昔ながらの定番土産、季節の素材を使ったものまで幅広くご紹介しますので、ぜひこちらの記事を参考にお土産やスイーツを選んでみてください。

eri1115eri1115
  • 435views
  • B!

アイキャッチ画像出典:walk.osaka-chikagai.jp

なんばウォークでおすすめのお土産やスイーツを探そう

なんばウォークでおすすめのお土産やスイーツを探しませんか?
なんばウォークとは大阪、難波の地下街です。ファッションや雑貨、グルメにカフェなど270店舗ほどのお店が集まっています。駅の地下にあるので、お土産を買うにもぴったりの場所のはず。
人気のスイーツメニューから渋い和菓子まで幅広くご紹介します。

なんばウォーク基本情報

住所   :大阪府大阪市中央区千日前2丁目1-15
アクセス :難波駅直結
電話番号 :06-6643-1866
営業時間 :[ファッション・バラエティ・フード]10:00~21:00
      [グルメ]10:00~22:00
定休日  :不定休

なんばウォーク | おおさかの地下街

大阪の地下街、なんばウォークのオフィシャルWEBサイトへようこそ!ファッションやグルメのショップ情報、イベント情報が盛りだくさん!

1. 生クリーム専門店 ミルクカフェ

なんばウォークで美味しいスイーツを探しているのなら生クリーム専門店 ミルクカフェがおすすめです。
1年の半分以上霧に覆われている北海道根釧地区で、広大な牧草地で健康な草を食べてストレスなく過ごす牛からとれた生クリームを使っています。濃厚な味わいとすっきりした後味の両立を実現させるため、100種類以上試して完成したブレンド比率なのだとか。
テイクアウトメニューではソフトクリームやクレープなどが用意されています。価格はソフトクリームが500円です。

“Milk,” Japan’s First Specialty Store for Fresh Cream

“Fresh Cream” Everyone Loves. Fresh cream has always been used to complement something else such as cakes or pancakes. We thought of “Starring Fresh Cream” sweets because perhaps you still don’t know about the true delicious taste of fresh cream.

2. 浪芳庵

出典:namiyoshian.jp

なんばウォークで美味しい和菓子のお土産を探しているのなら浪芳庵がおすすめです。安政5年に創業した老舗の和菓子店で、伝統的な製法を守りながら、その時代にそくした和菓子作りも手掛けています。
浪芳庵でおすすめなのは炙りみたらし。紀州備長炭であぶったお餅に、利尻産昆布だしと湯浅産たまりしょうゆを煮詰めたタレが絶妙です。またお餅のなかにみたらしのたれを閉じ込めたみたらしとろとろも人気です。価格はみたらしとろとろが5個入りで497円です。

浪芳庵、大阪 奥なんばの和菓子の老舗

3. 台湾甜商店

出典:walk.osaka-chikagai.jp

なんばウォークでおすすめのスイーツを探すのであれば台湾甜商店もおすすめです。心を癒すひとくち、台湾時間をコンセプトとしたお店で、台湾の人気スイーツやドリンクが楽しめます。
台湾甜商店でおすすめなのが看板商品でもあるタピオカドリンク。定番は勿論のことですが、季節の素材を使ったものも多いので通っても飽きがこないのが嬉しいところ。価格はミルクティーのMサイズが480円です。

台湾甜商店

4. ARROW TREE

なんばウォーク内にあるARROWTREEは青果問屋が手掛ける洋菓子店。市場直入荷の新鮮なフルーツだけを使ったスイーツメニューは美味しいだけではなく見た目も華やか。季節に合わせたメニューがそろうので、お土産にもおすすめです。
ARROWTREEではプリンやタルト、ケーキなど見た目も華やかなスイーツがずらりとそろっています。せっかくであれば、その季節ならではのフルーツが使われたものを選びたいところですよね。

ARROW TREE アローツリー

西宮・神戸でフレッシュフルーツを使ったケーキやお菓子、ジュース、フードの販売。

5. LIBARE

なんばウォーク内ではLIBAREも美味しいスイーツが楽しめるおすすめのお店。
LIBAREはティラミスの専門店。中でも特に珍しいのがティラミスだんごです。エスプレッソソースがかかった白玉団子にたっぷりのマスカルポーネクリームがかかり、さらにザクザクとした食感が魅力のグラハムクッキーとココアパウダーがトッピングされています。モチモチの白玉ならではの食感とティラミスの本格的な味が意外なほどにマッチしています。価格は480円です。また持ち運びが簡単なプリンなどもありますよ。

Login • Instagram

Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

6. モンロワール

出典:www.monloire.co.jp

出典:walk.osaka-chikagai.jp

なんばウォークでお土産にぴったりなものを選ぶのであればモンロワールがおすすめです。選び抜かれた上質な素材だけを使ったチョコレートづくりをしているお店です。
モンロワールでお土産におすすめなのがリーフチョコです。葉っぱのカタチをした小さなチョコレートの詰め合わせで、見た目がかわいいだけではなく美味しいのも嬉しいところ。何個かずつ個包装になっているので、複数人に配りたいときなどにもぴったり。価格は712円です。

チョコレートハウス モンロワール

7. ATELIER GUTE

出典:walk.osaka-chikagai.jp

出典:walk.osaka-chikagai.jp

なんばウォークにあるATELIER GUTEは食パンとフレンチトーストのお店。希少な国産小麦や自家製の天然酵母など素材にこだわったパン作りをしています。
ATELIER GUTEでお土産におすすめなのはフレンチスティックです。外側はカリッと、中はしっとり焼き上げたフレンチトーストはパンのうま味をしっかりと感じられる味。スティックタイプなので手軽に食べ歩きすることもできます。価格はプレーンが280円です。

株式会社エーワンベーカリー

1948年の創業以来「素材の力」と「最高の味」にこだわり続け、一度食べたら忘れられない感動を与える美味づくりがポリシーです。洋菓子・パンの製造だけでなく様々なサービスを通じて社会に貢献してまいります。

8. おきな昆布

出典:walk.osaka-chikagai.jp

出典:walk.osaka-chikagai.jp

なんばウォークにあるおきな昆布は140年以上の歴史を重ねた大阪伝統の味。日持ちするものが多いので、お土産にもぴったりです。
おきな昆布でおすすめのお土産は切り落とし塩ふき昆布。肉厚のこんぶはモッチリとして柔らかい食感。昆布の奥深いうまみはそのままに、ついついもう一枚と食べたくなるほど良い塩加減です。価格は594円となっています。

慶應2年 大阪市心斎橋のおきな昆布

大阪市心斎橋 おきな昆布

9. 551蓬莱

出典:www.551horai.co.jp

出典:walk.osaka-chikagai.jp

なんばウォークにある551蓬莱は大阪のお土産の定番。昭和20年創業の蓬莱は中華レストランということで、店内で食事を食べることが出来ます。テイクアウトブースがあるので気軽にお土産として購入できるのが嬉しいところ。
551蓬莱ではお土産の定番はなんといっても豚まん。玉ねぎをダイス状にカットすることで、甘い玉ねぎとジューシーな豚肉のバランスが味わえるようになっています。価格は4個入りで760円です。

551HORAI 蓬莱 大阪名物の豚まん[肉まん]

551HORAI蓬莱の公式ホームページです。大阪名物の豚まん[肉まん]・焼売・アイスキャンデーなどの商品案内、店舗情報(お持ち帰り、チルド商品、レストラン)、催事情報、通販(オンラインショップ)、よくあるご質問、採用情報をご紹介。

10. あみだ池大黒

出典:www.daikoku.ne.jp

出典:walk.osaka-chikagai.jp

なんばウォークでお土産としておすすめしたお店の一つがあみだ池大黒です。創業200年以上の伝統があるあみだ池大黒では大阪土産定番のおこしを販売しています。
あみだ池大黒でおすすめなのが大阪おこしです。さっくりとした歯ごたえの粟おこし、しょうがのキリっとした味と黒糖がマッチしている岩おこし、黒豆の香ばしさがポイントの黒豆おこしの三種類が入っているもので、様々な味を楽しめるのがポイント。価格は540円です。

あみだ池大黒公式サイト

なんばウォークでおすすめのお土産やスイーツを見つけよう

なんばウォークでお土産やおすすめのスイーツのお店をご紹介しました。
飲食店も多く入るなんばウォークでは、お土産選びや美味しいスイーツのお店を選ぶのに悩んでしまうもの。おすすめをご紹介しましたので、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

この記事のキーワード

この記事のライター

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

関連する記事

あわせて読みたい

eri1115
eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車と旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、酒・肴・温泉を嗜む。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介