香川の食べ物以外のお土産おすすめ10選【名産からおしゃれな雑貨・小物まで】

全国で最も面積が小さい香川県。香川と言えば讃岐うどんですが、食べ物以外にも人気のお土産がそろいます。そこで今回は、香川でおすすめの食べ物以外のお土産を、讃岐かがり手まりや漆器、組手細工などの伝統工芸品から郷土菓子をモチーフにした雑貨まで厳選してご紹介します。

_mi__24こばこ
  • 2,165views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.ritsurinan.jp

香川の食べ物以外のお土産をご紹介

「うどん県」と掲げるほど讃岐うどんが有名な香川県。瀬戸内海に面して温暖な讃岐平野が拡がり、小豆島や直島など島も多いことからうどん以外にもオリーブや和三盆など他にも特産と言える食材が数多く存在し、城下町があったこともあり、独自のおみやげが揃います。お出かけのお土産の定番といえばスイーツなどの食べ物ですが、日持ちなどが気になってしまうことも。小物であれば気にすることなく相手の好みに合ったものを贈ることができます。そこで今回は、香川の食べ物以外のお土産をご紹介します。伝統工芸品からオシャレな雑貨まで厳選しました。

香川が讃岐と呼ばれていた昔から受け継がれる伝統工芸品「讃岐かがり手まり」

出典:www.ritsurinan.jp

色とりどりの糸でかがられた幾何学模様が華やかで美しい讃岐かがり手まり。レース編みで作られた手まりは、香川が讃岐と呼ばれていた昔から女性たちの手で受け継がれています。美しい模様が織り成す球体の美はまるで万華鏡のようで、ひと針ひと針丁寧にかがられた細やかなモチーフや優美なグラデーションに、うっとり魅入られてしまいます。お部屋に飾れば魅力的に目を惹くアイテムになりそうです。

歴史ある伝統工芸品 イクナスの「香川漆器」

出典:www.ikunas.com

寛永15年に水戸徳川家から高松藩に入封した松平頼重が漆器や彫刻に造詣が深く、これを振興したことによって始まったとされている香川漆器。華やかさの中にしっとりとした落ち着いた味わいがあり、透明な輝きと奥からにじみでる光沢のある艶は、使い込むほどに味わいを深めていきます。漆器はガラス器や焼き物などと一緒に並べても違和感なく調和するため、自由な組み合わせを楽しむことができます。

イクナス
香川県高松市花園町2丁目1-8 森ビル 3F
電話番号:087-833-1361
営業時間:11:00~17:00(土曜 10:00〜16:00)
定休日:日曜・祝日

職人の技を感じられる伝統的工芸品「組手細工」

出典:www.ikunas.com

数ミリほどの木片を釘を使うことなく組み付けることで、さまざまな幾何学模様をつくる建具の技法のひとつの組手細工。障子や欄間などの装飾に用いられてきています。厚さや長さを調整した木片に溝や穴などの加工を施し組み付けていき、加工にコンマ一ミリの誤差があるだけで上手く組み付けられないという繊細な技法です。

森本建具店
香川県高松市三谷町176-1
電話番号:087-864-8872
営業時間:9:00~18:30
定休日:日曜・祝日

香川の郷土菓子「おいり」を型どったアクセサリー

出典:www.ritsurinan.jp

パステルカラーのころころとしたかわいいおいりを型どったアクセサリー。香川の郷土菓子「おいり」は幸せな嫁入り菓子として全国的にも人気が高まっています。幸せなお嫁入りのお菓子として人気のおいりならではの幸せな雰囲気のあるブレスレットは、結婚式などのハレの日やちょっと幸運を呼びたいときなどにぴったりです。平成29年度かがわ県産品コンクール 「うどん県。それだけじゃない香川県」知事賞(最優秀賞)を受賞しています。

かがわ物産館 栗林庵
香川県高松市栗林町1丁目20番16号
電話番号:087-812-3155
営業時間:9:00-17:30

庵治石からつくられた瀬戸内ブルーのガラス「さぬき庵治石硝子」

出典:aji-glass.jp

讃岐の山から生まれた庵治石をガラスに溶かした さぬき庵治石硝子。庵治石を溶かしてガラスにしてみるときれいな蒼に発色し、瀬戸内の色とされるようになりました。寒色のブルーなのにどこか温かさがあり、香川の伝統が現代に融和した趣きです。

RGG Gallery
香川県高松市松福町2-2-17
電話番号:090-4782-4681
営業時間:15:00~19:00
定休日:火曜~金曜

団扇の名産地で知られる香川の伝統工芸品「丸竹のうちわ」

出典:www.nakagawa-masashichi.jp

一本の細い竹をそのまま使っているので、柄が丸く、プラスチック製の団扇に比べ、心地よい軽さで手になじみやすい竹団扇の丸竹のうちわ。江戸時代からつづくうちわの産地で国内シェア9割を生産している丸亀のうちわは国の伝統工芸品にも指定されています。釣竿にも利用される女竹を使用して仕上げられるうちわの柄は細く、上品な印象になりそうです。平たい柄のうちわに比べ竹がしなり、とてもしなやかな柔らかい涼風を楽しめます。

株式会社かぐや姫
香川県善通寺市原田町558番地1
電話番号:0877-63-6037

現代アート界を代表するアーティスト日比野克彦デザインの「明後日バッグ」

出典:www.ritsurinan.jp

現代アート界を代表するアーティスト日比野克彦氏がデザインした三豊市限定のエコバックの明後日バッグ。瀬戸内国際芸術祭で三豊市詫間町にある粟島で展示された日比野さんの作品「海底探査船美術館 一昨日丸」から過去に残された遺物を海底から引き上げて展示する「一昨日丸」と対比して、未来に遺物を残さない「明後日バッグ」が作成されました。丈夫な帆布素材なので重い荷物を入れることができ、エコバッグとして毎日のお買い物にはもちろんサブバッグやランチトートにもぴったりです。

かがわ物産館 栗林庵
香川県高松市栗林町1丁目20番16号
電話番号:087-812-3155
営業時間:9:00-17:30

高松常磐町商店街のマスコットキャラクターの「ときたまグッズ」

出典:www.tokiwagai.net

アーケードの総延長日本一を誇る高松常磐町商店街のマスコットキャラクターのときたま。ときたまは2011年7月3日にお披露目されて以来、常磐町商店街や商店街にあるブリーザーズスクエアをPRして盛り上げています。クリアファイルの他、缶バッチやステッカー、ぬいぐるみなどにその愛らしい姿が使われています。かなりローカルなキャラクターで、ゆるキャラファンの方にはおすすめです。

高松丸亀町商店街に面したライフスタイルショップ「まちのシューレ963」のアイテム

出典:www.schule.jp

香川県高松市にあるライフスタイルショップのまちのシューレ963。香川のいいモノを発信する拠点として2010年末にオープンしていて、カフェ、ギャラリー、雑貨、食品、工芸品などさまざまなテーマを持ったゾーンに分かれています。香川や四国のものを中心にした食材、衣類や器などの生活雑貨、伝統工芸品や作家による手仕事の逸品がそろいます。

まちのシューレ963
香川県高松市丸亀町13-3 高松丸亀町参番街東館2F
電話番号:087-800-7888
営業時間:11:00~19:30

直島の「地中美術館」内「李禹煥美術館ストア」グッズ

出典:benesse-artsite.jp

李禹煥美術館内に併設するミュージアムショップでは「日常生活の中に李禹煥の作品を取り入れることで、ゆっくり時間をかけて鑑賞体験を深めていく」アイテムをテーマに、アーティストに関する書籍とオリジナルグッズがそろいます。ポストカードやトートバッグ、Tシャツなど直島ならではのお土産は美術館で芸術的な雰囲気を堪能した思い出になりそうです。

李禹煥美術館ストア
香川県香川郡直島町3449―1
電話番号:087-892-3754
営業時間;10:00〜18:00/3月1日〜9月30日
     10:00〜17:00/10月1日〜2月末日

香川で食べ物以外のお土産を

いかがでしょうか。今回は、名産からおしゃれな雑貨・小物まで香川の食べ物以外のお土産をご紹介しました。クッキーや大福などいつも同じものになってしまいがち。もちろん美味しいお土産も素敵ですが、気分を変えてオシャレな雑貨や伝統の名産品を贈ってみるのもおすすめです。ぜひお相手にぴったりのアイテムを見つけてみてください。

この記事のキーワード

この記事のライター

こばこ

女子大生。

関連する記事

あわせて読みたい

_mi__24
こばこ

女子大生。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学文化構想学部在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。最近ラーメンの食べ過ぎで太ったので本格的に筋トレに励んでいる次第でございます。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yannma5

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

>>ライター紹介