ショートパンツ・短パンおすすめコーディネート決定版!春夏秋のおしゃれな着こなし

ショートパンツは夏の涼しげなコーディネートだけでなく、着こなし次第で春から秋まで3シーズン楽しめるのをご存知ですか?爽やかな印象を簡単に取り入れられますが、一歩間違えれば子供っぽい印象になります。今回は、ショートパンツとハーフパンツなどの呼び方の違いから、各季節のコーディネートのポイントと注意点までを解説していきます。

yannmayannma
  • 13,154views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.pinterest.jp

ショートパンツをおしゃれに履きこなすためには?

出典:www.pinterest.jp

若々しくフレッシュな印象になりがちなショートパンツのコーディネートですが、しっかりとポイントをおさえることで、大人の男性でもおしゃれに履きこなすことができます。
最近では、ショートパンツはファッションアイテムの定番になりつつあり、スーツのセットアップとしてショート丈のパンツが販売されているほど、メジャーなものになり始めています。
今回は、ショートパンツの呼び方の違いから、おしゃれなコーディネートのポイント、注意したいポイントまでを余すところなく解説します。
これを読んで、おしゃれにショートパンツを履きこなしましょう。

名称の違い

出典:www.pinterest.jp

ショートパンツ、ショーツ、ハーフパンツ、短パン、半ズボンなど半端丈のパンツを指す名称は数多く、区別ができない男性も多いと思います。
そこでまず初めに、今後の説明をわかりやすくするために、これらの名称の意味から整理していきたいと思います。
今回の記事のタイトルにもなっているショートパンツですが、短縮した呼び方がショーツとなっており、日本語では短パンと呼ばれています。
これらは、基本的にひざ丈かそれより短いものを指しており、ひざ上10㎝くらいの長さのデザインが主流になっています。
対して、ハーフパンツは日本語で半ズボンと呼ばれ、こちらは一般的にひざ丈前後か、それより長いデザインのものを挿しています。

パンツの丈感がコーディネートの決め手

ショートパンツのコーディネートでは、丈感がおしゃれ度のほとんどを握っているといっても過言ではありません。
どのくらいの丈感がコーディネートしやすく正解なのか、それぞれ解説していきます。

正解はひざ上10㎝前後

出典:www.pinterest.jp

ベストな長さがこちらです。
短すぎず、長すぎない、格好良い長さですとなっており、トップスはインでもアウトでもクールなスタイリングになります。
ひざ周りがすっきり見えると脚が長く見える効果も期待できるので、ショートパンツを購入する時は、この長さを参考にしてみてください。

短すぎのNG例

出典:www.pinterest.jp

写真のように丈が短くなりすぎてしまうと、脚の見える面積が広くなり、一気にコーディネートが難しくなってしまうので注意が必要です。
短くなりすぎると、どうしても子供っぽい印象になってしまったり、スポーツウエアのような印象になってしまうため、おしゃれに着こなすにはかなりのセンスを要します。

長すぎにも注意

出典:www.pinterest.jp

ひざ丈か、それよりも長いデザインのものは、脚の見え方のバランスが悪くなってしまうので、こちらもコーディネートしづらくなります。
写真のような丈の長さであったら、すこしロールアップしてひざを見せることで、すっきりした足元になり、きれいなシルエットで着こなすことができます。

コーディネートの注意点

1. ラフな印象になり過ぎない

出典:www.pinterest.jp

無地の半袖Tシャツとショートパンツを合わせて、スニーカーを履いてしまうとラフな印象になりすぎてしまうので注意が必要です。
海外セレブなどがコーディネートすると様になることもありますが、一般の男性が真似すると子供っぽくなってしまうので控えるのが良いでしょう。
ショートパンツはよりカジュアルな印象になりやすいので、大人の男性であればトップスは襟付きのアイテムでクリーンな印象のコーディネートに仕上げましょう。

2. タイトすぎるシルエットは避ける

出典:www.pinterest.jp

スキニーパンツのような、ぴったりと身体のラインに沿うショートパンツはコーディネートしにくいので注意が必要です。
どうしてもスポーツウエアのような印象になってしまい、大人のキレイめカジュアルなコーディネートにまとめるためにはかなり苦労します。
シルエットの目安としては、裾の部分が太ももにフィットしているものではなく、一つまみくらいのゆとりがあるデザインのシルエットをチョイスしましょう。

3. 派手な色柄使いに注意

出典:www.bupud.com

派手な柄のデザインが施されたショートパンツも販売されていますが、リゾートライクなコーディネートになってしまうので、大人のメンズがカジュアルコーディネートで取り入れる際には注意が必要です。
しかし、刺繍で小柄が入ったデザインのショートパンツは、今年のトレンドでもあるので、無地のアイテムばかりでなく柄物を取り入れたい男性にはおすすめです。
トップスには無地のポロシャツなどでシンプルに合わせてみてください。

季節別コーディネートのポイント

出典:www.pinterest.jp

春のショートパンツコーディネートは、夏らしい印象にならないように、トップスを重めにして着こなすのがおすすめです。
Tシャツやシャツに、デニムジャケットやテーラードジャケットを合わせて着こなすのが簡単にキレイめカジュアルを作ることができるので真似してみてください。
明るい色味のアイテムを積極的に取り入れて、春らしい爽やかなコーディネートを意識しましょう。

出典:www.pinterest.jp

ショートパンツといえば夏というイメージを持っている男性も多いのではないでしょうか?
すっきりした丈のパンツは、暑い夏にはぴったりのアイテムなので、ラフになりすぎずキレイめカジュアルを意識しながら着こなしたいですね。
Tシャツと合わせるとカジュアルな印象になりがちなので、スポーティーにポロシャツを合わせるか、長袖のシャツを腕まくりしてコーディネートするのがおすすめです。
特に、白のショートパンツは爽やかに見えるので、夏のワードローブに加えたい定番アイテムです。

出典:www.pinterest.jp

コーディネート次第では、ショートパンツは秋まで活躍します。
春のコーディネート同様、トップスは重めの着こなしを意識し、春よりも落ち着いた色味のアイテムを織り交ぜてコーディネートすることで、秋らしい温かみのある雰囲気になります。
ブラウンやオリーブグリーン、ボルドーなどの季節感を取り入れることができる色味のアイテムを取り入れてみましょう。

春のショートパンツコーデ集

シャツ×ニット×ショートパンツ

出典:www.pinterest.jp

カジュアルな印象になるショートパンツコーディネートのおすすめは、シャツとニットの重ね着でキレイめなスタイリングをすることです。
写真のようなプリントが入った主張の強い柄のショートパンツは、同系色のニットで統一感を出すことで、柄が浮かずに、大人らしいコーディネートが完成します。
ネイビーと相性の良いブラウンのシューズとベルトを合わせることで、より引き締まった大人のキレイめカジュアルスタイルになります。

デニムシャツ×ショートパンツ×ハイカットスニーカー

出典:www.pinterest.jp

春の定番アイテムの1つであるデニムシャツをショートパンツと組み合わせるのも、おすすめのコーディネートです。
シャツのダブルポケットのデザインは、通常のデニムシャツよりもワイルドな印象になるので、ショートパンツと組み合わせて男らしい雰囲気にしましょう。
脚の見える面積が広いのに抵抗のある男性は、春のコーディネートであればハイカットのスニーカーを合わせることで、少し落ち着いたイメージの着こなしにすることができます。

ロゴスウェット×ショートパンツ×白スニーカー

出典:www.pinterest.jp

年齢の若い男性であれば、スウェットとショートパンツを組み合わせたカジュアルなコーディネートもおすすめです。
ポップな印象になりすぎないように、ロゴスウェットの柄はショートパンツの色と合わせることで、大人の男性でも着こなせるまとまりのあるコーディネートになります。
ショートパンツの丈が長い場合は、ロールアップして丈の長さを調節することで、抜け感も同時に取り入れることができるので、おすすめのテクニックです。
白スニーカーはシンプルに、ワントーンのデザインを合わせることで清潔感をアピールします。

ジャケット×シャツ×ショートパンツ

出典:www.pinterest.jp

カジュアルな印象になりすぎてしまうショートパンツのコーディネートは、ジャケットと合わせることで、断然大人の男性らしい知的なコーディネートになります。
春ピンクシャツは1枚で春らしい印象になるのでおすすめですが、ネクタイを合わせるときにコーディネートに苦労すると思うので、そんなときは黒のニットタイがおすすめです。
白のショートパンツを黒のニットタイを合わせることで、メリハリのあるコーディネートになるので、ジャケットの色が淡い場合のメリハリのつけ方として真似してみてください。

ジャケット×シャツ×ショートパンツ

出典:www.pinterest.jp

春らしいピンクのアイテムはシャツではなく、ショートパンツで取り入れるのもおすすめです。
淡いピンクのショートパンツはぼんやりとした印象になりがちなので、はっきりした色のグリーンのチェックジャケットを合わせると引き締まります。
合わせるシャツは、スポーティーな印象とマッチするようにロンドンストライプのボタンダウンシャツをチョイスし、フレッピーなコーディネートに仕上げています。
ピンクと相性の良いブラウンの小物で統一すれば、春の大人ショートパンツコーディネートの完成です。

ジャケット×シャツ×ショートパンツ

出典:www.pinterest.jp

春のアイビールックには欠かせない、マドラスチェックシャツを取り入れた知的な印象が漂う大人のショートパンツコーディネートです。
大人の男性が柄シャツを着こなすときのポイントは、アウターなどの下に合わせて見せる面積を減らすという点と、柄の色味とコーディネートの他のアイテムの色味を合わせるという2つの点です。
これらのテクニックを押さえておくことで、大人の男性でも落ち着いた印象の柄シャツコーディネートにすることができます。
春なので、シャツのベースカラーが明るいアイテムをチョイスすることで、季節感のある明るいコーディネートになりますよ。

夏のショートパンツコーデ集

シャツ×ショートパンツ×デッキシューズ

出典:www.pinterest.jp

白のショートパンツのサックスブルーのシャツを合わせたコーディネートは、大人の男性なら覚えておきたい夏の定番スタイルです。
カジュアルでも活躍する、オックスフォードのボタンダウンシャツは、夏であれば写真のように腕まくりをして爽やかに着こなしましょう。
足元はレザーのドレスシューズだと重くなってしまうので、レザーのデッキシューズをチョイスすると夏らしさもあり、きちんとしたコーディネートが完成します。

ジャケット×Tシャツ×ショートパンツ

出典:www.pinterest.jp

ショートパンツにジャケットを合わせるコーディネートは、夏でも活躍します。
ビーチやアウトドアなど、よりカジュアルなシーンでコーディネートする場合は、ジャケットの下にTシャツを合わせるのがおすすめです。
オールホワイトで爽やかにコーディネートする場合は、写真のジャケットのような色合いと素材感の違うジャケットを羽織ることで、単調なコーディネートにならず、こなれ感を演出することができます。
暑い日にはジャケットをまくっておくと、より爽やかな印象になります。

シャツ×ショートパンツ×スリッポン

出典:www.pinterest.jp

写真のようなウエストを紐で締めるタイプのショートパンツのコーディネートはよりラフな印象になりがちなので注意が必要です。
Tシャツと合わせてしまうとラフになりすぎてしまうので、控えめな柄の入った半袖シャツを合わせて大人らしい落ち着きを取り入れます。
全体のコーディネートはゆったりした印象で仕上げたいので、シャツの胸元は開け、足元は軽快にスリッポンを合わせることで抜け感のあるコーディネートを意識します。

ジャケット×Tシャツ×ショートパンツ

出典:www.pinterest.jp

ネイビーのショートパンツは、どんなコーディネートでも幅広く着こなすことができるので大人の男性であれば1着は持っておきたい、夏の定番アイテムです。
夏らしいカジュアルなスタイルにし仕上げたい場合は、グレーのTシャツにジャケットを合わせてキレイめな雰囲気を取り入れたラフコーディネートを目指しましょう。
トップスの色味は、アウターとインナーで差を付けることで、奥行きのある印象になります。
ショートパンツとストローハットの組み合わせは、子供っぽい印象になりがちですが、ジャケットを合わせると大人コーデに早変わりします。

ポロシャツ×ショートパンツ

出典:www.pinterest.jp

ネイビーのポロシャツは、少し色味の明るいアイテムを選ぶと、夏らしい涼しげな印象になります。
ポロシャツは一般的に鹿の子でつくられていることが多く、汗をかく夏場でも肌離れが良いので、快適に着こなすことができます。
襟付きできちんとした印象ながらスポーティーな印象なので、ショートパンツと合わせるにはもってこいのアイテムですね。
周りのメンズと差をつけたい場合は、ショートパンツの色味をはっきりした明るいものを選らび、夏らしい色味使いのコーディネートを意識しましょう。

ストローハット×Tシャツ×ショートパンツ

出典:www.pinterest.jp

ショートパンツとTシャツを合わせる場合には、写真のように長袖のデザインのものと合わせるとラフな印象になりすぎません。
長袖のTシャツを取り入れてマリンテイストで統一する場合には、ストローハットを合わせて、夏らしい涼しげなコーディネートを意識しましょう。
ピンクのショートパンツを夏に取り入れる場合には、淡いパステルピンクだと春らしくなってしまうので、少し濃いめのピンクを合わせることで夏のコーディネートにもピンクのアイテムを取り入れることができます。

秋のショートパンツコーデ集

MA-1×Tシャツ×ショートパンツ

出典:www.pinterest.jp

ショートパンツスタイルも、ブラウンのMA-1を合わせるだけで、夏だけでなく秋らしいコーディネートにすることができます。
今年のトレンドアイテムの1つでもある柄入りショートパンツは、ネイビーと白の配色のアイテムをチョイスすることで落ち着きのある雰囲気にまとまります。
Tシャツの色でしっかり拾うことで、大人の男性でも統一感のあるスタイルになります。
スリッポンは足元から軽快な印象になるので、ショートパンツと合わせることで軽快な秋口のコーディネートの完成です。

白シャツ×ショートパンツ×スウェードシューズ

この記事のキーワード

この記事のライター

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

関連する記事

あわせて読みたい

yannma
yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車と旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、酒・肴・温泉を嗜む。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

上岡岳6

上岡岳

アームレスリング元日本代表/ジムトレーナー/生物学博物館学芸員/一般社団法人JAWA日本アームレスリング連盟常任理事

>>ライター紹介