メンズロールトップバッグを着こなして被りがちな背中におさらばしよう!

バックパックは大容量で普段使いは、もちろん旅行、アウトドアにも最適なアイテム。そして、最近ではトップをくるくると巻いたおしゃれなロールトップバッグが人気になってきています。バゥクパックの新常識はここで押さえましょう。今回はおすすめを5つ紹介していきます。

myyy0809片岡彰@フリーライター
  • 8,871views
  • B!

一つは持っておきたいアイテム、バックパック

出典:jp.pinterest.com

メンズバッグは多くの種類がありますがその中でも高い人気を誇っているのがバックパック。両手が空くことで日常生活が楽になりますし、優れた収納力で荷物が多くなるアウトドアでは欠かすことのできないアイテムとなっています。そんな便利なバッグを一つは持っておきたいところ。そこでおすすめしたいのが最近、人気が高まってきている「ロールトップバッグ」です。

ロールトップバッグがバックパックの新常識

出典:jp.pinterest.com

豊富なデザインが存在するバックパックですが、巷ではトップをくるくると巻くことのできるロールトップバッグが人気。このデザインはもともと防水性を高めるために提案されたデザインでしたが、そのファッション性の高いルックスも評価されコーデに取り入れていきたおしゃれなアイテムとなっています。もちろん大容量であることが基本なので普段使いや旅行など、使い回しができるのも魅力。シーンを問わず使用できるアイテムは手に入れれば大活躍すること間違いなし。早速おすすめのロールトップバッグをチェックしていきましょう。

Orobianco/KAMPEGGIO-Z7

出典:zozo.jp

価格:47,520円

出典:zozo.jp

1996年、イタリアで創業を開始したのがオロビアンコです。ジャコモ・マリオ・ヴァレンティーニとエリサ・ロヴァティの2人によって作られました。ジャコモ・マリオ・ヴァレンティーニは革製品の製作技術に優れており、クオリティの高いヨーロッパのブランドの革製品を作り続けてきました。オロビアンコはイタリア語で「価値の高いもの」という意味が含まれており、同ブランドのバッグはその言葉の意味通り高い完成度を誇っています。

この「KAMPEGGIO-Z7 01 」はサックスバーがオロビアンコに別注している商品です。ナイロンはリモンタ社製の物を使用し、レザーとの組み合わせが絶頂で渋さとカジュアルが見事に融合しています。フォーマル、カジュアルどちらにも使うことの出来るバッグは1つ持っておくと重宝するのでおすすめです。また、非常に軽量なため背負っていても疲れがきません。機能性にもデザインにも優れた大人なバッグを使ってみませんか。

LANVIN en Bleu/サント リュック

出典:zozo.jp

価格:29,160円

出典:zozo.jp

パリのブランドならではのエッセンスをアイテムに取り込み、エレガントな世界観を表現するブランド「LANVIN en Bleu」。シックで繊細なものづくりからは長い歴史と伝統を感じざるを得ません。しかし、格式高い品格の中にも遊び心を盛り込んでおり刺激的なデザインとなっています。柔軟な発想で新しい価値を提案するブランドです。

遊び心のあるアイテムはコーデにより華やかさをプラスしてくれます。そんなアイテムを1つは持っていますか。個性的なロールトップバッグが欲しい方におすすめなのが、この「サントリュック」。素材はポリエステルに独自のカモフラ柄をプリントし、オリジナリティー溢れてるアイテムに。今のトレンドを取り入れつつも高級感を感じることのデザインです。また、使用感にも優れており横からメインコンパートメントにアクセスできます。おしゃれ心を忘れたくないあなたにおすすめの一品です。

Manhattan Portage/Silvercup Backpack

出典:zozo.jp

価格:20,196円

出典:zozo.jp

1983年に設立されたブランド「Manhattan Portage」は「すべての人のバッグ」というコンセプトに基づきアイテムを作り続けています。その信念に基づくようにワンショルダーやベロクロバッグ、クラシックな雰囲気あふれるバッグなどラインナップが豊富。アイテムの特徴としては素材に軽量で頑丈な強度を誇るコーデュラを使用しています。そしてアイテムのクオリティの高さが認められ今では世界中に展開しています。

クルクルと巻いてバックルで止めると普通のバッグとは一味違ったシルエットになるロールトップバッグ。そんなアイテムの中でも「Silvercup Backpac」は日常生活に欠かすことのできない必需品を簡単に収納することができます。サイズ感もバッチリで一日中背負っていても疲れることがありません。また、しっかりとしまってくれるバックルのおかげで中身が外へと飛び出す心配を解消してくれています。バッグの頭には持ち運びがしやすいようにハンドルがついているのも嬉しいところ。ショルダー部分には肩パッドが付いており、体への負担を軽減してくれます。普段から持ち運ぶものが多い人や、旅行の際に使いたい方におすすめです。

BROOKS/PICKWICK CULT

出典:zozo.jp

価格:103,680円

出典:zozo.jp

馬の鞍や皮革製品を取り扱っているメーカーとしてスタートした「BROOKS」はイギリスのバーミンガムで設立されました。1882年には多くのサイクリストから絶大な評価を得たレザーサドルを発表。この成功を手にしたことで現在ではバッグをはじめレザーグッズやファッションアイテムなど数多くのアイテムを展開しています。

同社のアイコン的な存在であるロールトップバッグ「PICKWICK CULT」。通常モデルはコットンキャンバスですが、このアイテムに関してはソフトレザーを使用し、シックな仕上がりになっています。背中部分に容易にアクセスすることのできるポケットの機能性は変わらず残しています。職人の熟練した技を贅沢に盛り込んだ高級感あるバッグをお楽しみください。

TUMI

出典:zozo.jp

価格:66,960円

1975年にアメリカのニュージャージー州にてチャーリー・クリフォード氏によって「TUMI」は設立されました。同社の特徴として「バリスティックナイロン」という防弾チョッキにも使用される素材を駆使したバッグが挙げられます。この一味違ったアイテム作りがミリタリーファンや警察官などを中心に人気が高まり、最終的には扱いやすさが一般ユーザーからも評価を獲得。現在ではビジネスバッグの定番ブランドとして認知されています。

モダンでありつつも親しみやすさを持ったBravoコレクションから、「ルーク」が登場しました。耐久性に優れていることはもちろん大容量のバッグで普段使い、週末の遠出にも使うことができます。また、肩への負担を少しでも少なくするために、パッド入りのバックパッウストラップを使用。耐久性と無骨なデザインが魅力的なバッグです。

ロールトップバッグは便利でおしゃれ

出典:jp.pinterest.com

くるくると巻いたトップがおしゃれなロールトップバッグ。収納力に優れており機能性も抜群なアイテムは今やバックパックの新常識です。また、デザインも豊富で飽きることがありません。お気に入りのアイテムを見つけて毎日を便利におしゃれに過ごしてみましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

片岡彰@フリーライター

食べること、旅に出ることが唯一の趣味。なかなかのジョブホッパー。最近は記事を書かせてもらったりしながらウェブデザインを勉強中。

関連する記事

あわせて読みたい

myyy0809
片岡彰@フリーライター

食べること、旅に出ることが唯一の趣味。なかなかのジョブホッパー。最近は記事を書かせてもらったりしながらウェブデザインを勉強中。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

コウ5

コウ

都内在住の大学生です。ファッションが好きです。特にデニムが好きなので、毎日履いて洗濯してを繰り返し、自分だけの一本を制作中・・・

yannma6

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

>>ライター紹介