オジ風ベストをおしゃれに着こなす!大人のテクを見せつける

シャツに一手間加えたい。そんな時こそ活躍するのがベストです。特にオジサン風のベストは今季大注目のアイテム。ただオジ風だからこそ少し間違えてしまうと本物のオジサンになってしまうのがツライところ。コーデに取り入れやすいオジ風ベストをご紹介します。

eri1115eri1115

難しいアイテムだからこそ着こなす意味がある!

シャツに一枚重ねるだけでトラッドなスタイルを作ることができるオジ風ベスト。でも取り入れ方を間違えてしまうと海外の冴えないオジサン先生風になってしまうのが困りもの。コーデに取り入れやすいオジ風ベストをご紹介していきます。

Steven Alan(スティーブンアラン)

15211930 99 d 500

出典:zozo.jp

スティーヴン・アランはアメリカのセレクトショップとしてオープンしました。その後自身でデザインして細かい縫製までこだわり抜いたシャツがヒットし、アメリカンカジュアルをベースとしたシンプルなアイテムを取り扱うようになりました。
こちらのオジ風ベストはシンプルなリブ編みのクルーネックベスト。メリハリのあるデザインなので一色ですが印象的なアイテムに仕上がっています。トレンドを意識して着るのであればオーバーサイズで着るのが良いのではないでしょうか?首元がある程度詰まっているのでスタンドカラーシャツとのレイヤードがおすすめです。

SAVE KHAKI UNITED(セーブカーキユナイテッド)

880 bp charcaol

出典:savekhaki.com

セーブカーキユナイテッドは大人がたのしむことができる質の高いベーシックウェアというコンセプトで作られたブランドです。デニムばかりもてはやされているなかでカーキ(チノパン)を救いたいというコンセプトで誕生しており、ミリタリーをベースとした洗練されたウェアが特徴です。
こちらのオジ風ベストはポリエステルとアクリルが使われており、着やすさが特徴。着ぶくれする心配もないので薄手のニットなどに合わせることも可能です。ネイビーや黒などのダークトーンはもちろんですが、白のロンTなどに合わせてもおしゃれな雰囲気に仕上がるベストです。

cashyage(カシヤージュ)

カシヤージュはカシミヤを専門に扱うカシミヤニットブランドです。世界中旅をすることで出会う様々な人々や文化にインスピレーションを受け、デザインが生まれている遊び心あふれるブランドなんです。
こちらのベストは手編みで仕上げた贅沢なベスト。トレンドのカモフラ柄がさりげなく施されているベストは着こなしやすいんです。カシミヤなのでもちろん防寒性は抜群。

ORTEGA(オルテガ)

オルテガとはチマヨベストを手掛けるブランドのこと。チマヨ柄のアイテムを製作する工房の中でも老舗なのがオルテガ社なんです。100年以上の歴史があり、世界中のファンから愛されているベストです。
オルテガのオジ風ベストは独特なエスニックな柄が特徴。シンプルなコーデに取り入れることで一気にカジュアルなコーデに変身させることができるので便利なアイテムなんです。エスニック柄に抵抗があるという方でもベストであれば取り入れやすいのでは無いでしょうか?

オジ風ベストを着こなす

オジ風ベストは比較的おしゃれにコーデに取り入れるのが難しいアイテムではありますが、似合うとかなり上級者に見えるアイテム。自分のスタイルに似合うオジ風ベストを探し当て、コーデの幅を広げてみましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

91daf02e 18f2 4d24 bba2 73e04c24d59c

eri1115

eri1115

0

旅行や買い物が大好きです。

関連する記事

イタリア発の大人綺麗めダウンジャケット「TATRAS(タトラス)」がメンズ旬!
大人アイテムが役立つ時が来た!「ハンチングキャップ」で魅力引き立つ着こなし
大人ならレザージャケットをさりげなく着こなしたい!
秋冬に取り入れたい「ブラックスニーカー」の大人愛されコーデ
大人の魅力!おすすめマネークリップ徹底解説

あわせて読みたい