この夏に行きたい!神奈川県内のおいしいかき氷店6選

東京都のお隣の神奈川県。横浜や鎌倉、箱根など都内からもアクセスしやすい観光スポットがたくさんある人気の県です。
今回は、神奈川県内で話題となっている、本当においしいオススメのかき氷店をご紹介します!天然氷を使用したふわふわのかき氷から、紅茶専門店、湘南藤沢の行列店まで個性豊かなお店が揃っています。観光ついでにいかが?

05micco05micco
  • 77,157views
  • B!

アイキャッチ画像出典:s-media-cache-ak0.pinimg.com

夏だ!かき氷だ!神奈川で話題のお店はここだ!

出典:www.pinterest.jp

夏休みの予定はお決まりですか?長期の旅行もいいけれど、思い立ったらすぐ行ける人気の日帰りスポット神奈川へ、かき氷を求めておでかけしてみませんか?
今回は、夏に絶対食べたい神奈川県内で人気のかき氷が食べられるお店を6店、厳選して紹介していきます。駅からのアクセス情報やおすすめメニュー、営業時間なども記載していますので、来店の際の参考にしてみてください。

埜庵(のあん) 【藤沢】

この投稿をInstagramで見る

西山 達哉さん(@tatsuya_nishiyama33)がシェアした投稿 -

グルメサイトでも上位にランクイン!

この投稿をInstagramで見る

@ kohori_diaryがシェアした投稿 -

埜庵 (のあん)は、小田急線の鵠沼海岸駅から徒歩2分の、住宅街の中にあるかき氷屋さん。
開店前から人が並んでいるほどの人気店で、整理券を取って再び来店するシステムになっています。

口に入れると柔らかくとろけるような触感の氷が美味しいと評判で、定番の「いちご」や、女性・お子さんに人気の「キャラメル」など様々なフレーバーが楽しめます。
かき氷はなくなり次第終了とのことなので、早めの来店をおすすめします。
真ん丸なフォルムが美しい埜庵のかき氷を一度は食べてみたいという人が多い、人気のお店です。

この投稿をInstagramで見る

Tetsuya Ishiiさん(@tesuya141)がシェアした投稿 -

神奈川県は湘南にある人気店というだけあって、地元の人だけでなく県外からもたくさんのお客さんが訪れます。こちらのかき氷を食べるために数時間かけてやって来る方もいるのだとか。
まるでご近所さんの家に遊びにきたかのような、アットホームな店内では、750円〜1000円程度で日光の蔵元から取り寄せた天然氷を使った、さらさらと口どけのよいかき氷がいただけます。

手作りのシロップと練乳が自慢で、特にオススメなのが「いちごみるく(970円)」に白玉トッピング(100円)。定番の味だからこそ、違いがよくわかるはず!
さらさらとした氷と、もちもちとした白玉の食感のバランスを楽しんでみてください。

【店舗情報】
▼名称:埜庵 (のあん)
▼住所:神奈川県藤沢市鵠沼海岸3-5-11
▼営業時間:11:00~18:00(かき氷が売り切れ次第終了)
▼定休日:月・火
▼電話:0466-33-2500

埜庵 kohori-noan

霧原 【葉山】

この投稿をInstagramで見る

♛ etsuko ♛さん(@chocolat608)がシェアした投稿 -

避暑地で人気のかき氷屋さん

この投稿をInstagramで見る

calico711さん(@yukoiwsk)がシェアした投稿 -

「霧原」は、京浜急行逗子線の新逗子駅から車で7分ほどのところにあります。
神奈川県内でも有数の避暑地「葉山」にあるかき氷屋さんで、お店にはタクシーで訪れる観光客の方も多いのだとか。

ふわふわでボリューム満点のかき氷が人気です。
味によっては、氷とシロップが別皿になっていて、自分のペースで味を調節しながら食べられるものもあります。たっぷりボリュームで、お得感満載の人気かき氷です。

この投稿をInstagramで見る

三浦半島さん(@miura.peninsula)がシェアした投稿 -

夏季限定でオープンするかき氷専門店で、軒下のカウンターで横並びになって食べるかき氷は風情たっぷり。
クーラーの効いた室内でなく、夏の日差しを感じる屋外でいただくからこそ、かき氷の本来の美味しさを一層感じることができます。

550円~800円ほどで、日光の天然氷を使ったボリューム満点のかき氷が楽しめるのが人気の秘密。
器に対して釣り合わないほど高く盛られた綿菓子のような氷。そこにかけるのは、そのままでも最高に美味しい果実を煮詰めて作ったシロップです。
店主が実際に農園に赴き、「これだ!」と思えるものだけを使用するというこだわり。
あらかじめ氷にかけるシロップは、天然氷の美味しさを味わってほしいから、とあえて少なめにしているのだそう。

出典:twitter.com

【店舗情報】
▼名称:霧原
▼住所:神奈川県三浦郡葉山町一色653
▼営業時間:11:00~17:00(8月は17:30まで営業)
▼定休日:雨天の場合は臨時休業あり
▼電話:090-6305-8980

霧原 (@kiriharahayama) | Twitter

The latest Tweets from 霧原 (@kiriharahayama). 葉山のかき氷屋霧原です。 雨天休業などの情報をお伝えします。8月のお休みは8/20.27.28.29です。営業時間は11時〜17時15分(L.O16時45分)です。0906305 8980. 神奈川県三浦郡葉山町一色653

カフェ クノップゥ 【あざみ野】

出典:www.facebook.com

フルーツ盛りだくさん!鮮やかなかき氷

出典:www.facebook.com

「カフェ クノップゥ」は、あざみ野駅からタクシーで2分ほどの距離にある喫茶店です。
甘いミルクをふんだんに使用したかき氷メニューが豊富で「ミルクコーヒー」「マンゴーミルク」「ももミルク」など、クノップゥならではの味わいが楽しめるのが魅力。
フルーツのかき氷を頼むと、旬の果実がボリューミーに乗せられてやってきます。食べごたえ抜群の人気かき氷です。

出典:www.facebook.com

【店舗情報】
▼名称:カフェ クノップゥ
▼住所:神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-28-10
▼営業時間:9:00〜19:00
▼定休日:火曜
▼電話:045-532-9795

かき氷・カフェ[Knopf]クノップゥ

かき氷とカフェのお店[Knopf]クノップゥです。あざみ野駅から徒歩約7分。氷などの日替わりメニューはFacebook、Twitterでご確認ください。

vuori(ブオリ)【鎌倉】

出典:www.facebook.com

古民家カフェでオシャレかき氷

出典:www.facebook.com

江ノ島電鉄長谷駅から徒歩数分の場所にある、倉庫をリノベーションしてできたカフェ「vuori(ブオリ)」。
鎌倉大仏を見に来る観光客も多いこの界隈で、静かで落ちついた古民家風の店内は、ほっと一息つける空間となっています。

このカフェでは、野菜たっぷりのガレットなどのお料理やスイーツのほか、夏季限定で数種類のオリジナルのかき氷を提供しているんです。
中でも、練乳をたっぷりとかけたミルク氷に自家製の白あんをまぜた「白いんげんミルク」は、どこか懐かしい味わいでおすすめですよ。

出典:www.facebook.com

【店舗情報】
▼名称:vuori(ブオリ)
▼住所:神奈川県鎌倉市長谷1-15-1
▼営業時間:11:00~19:00
▼電話:0467-23-2450

vuori cafe&gallery+shop - vuori

ティーハウス マユール【宮崎台】

出典:www.facebook.com

紅茶専門店の絶品かき氷

出典:www.facebook.com

東急田園都市線の宮崎台駅から徒歩2分のところにある、紅茶専門店「ティーハウス マユール」。
上品で落ち着いた雰囲気の店内は、明るく優しいスタッフや温かみのあるインテリアが魅力です。

そんな美味しい紅茶がいただけることで評判の「ティーハウス マユール」では、繊細な美味しさのかき氷が大人気となり通年販売を開始したのだとか。
紅茶専門店とは思えないほどの高いクオリティのかき氷には、旬のフルーツをふんだんに使用した自家製シロップがたっぷりと。
ちなみに、かき氷がいただけるのは、この宮崎台だけなのだとか。

出典:www.facebook.com

【店舗情報】
▼名称:ティーハウス マユール
▼住所:神奈川県川崎市宮前区宮崎2-3-12 宮崎台ルピナス103
▼営業時間:10:00~19:00※土、日、祝は18:00閉店
▼電話:044-854-2430

紅茶専門店の本物の味を通販で|宮崎台ティーハウスマユール

紅茶の専門店のティーハウスマユールへようこそ!専門店ならではの直輸入・高品質な紅茶を通販サイトでお届けいたします!

ユニオンカフェ【石川町】

この投稿をInstagramで見る

@ kakigoorigramがシェアした投稿 -

高知県の名物かき氷が神奈川で味わえる!

ユニオンカフェは、石川町駅の元町口より徒歩5分の場所にあるカフェです。
人気のいちごのかき氷は、高知県で採れた新鮮ないちごをふんだんに使用しています。
ここ神奈川で、いちごをスライスして、氷と混ぜ合わされた高知県の絶品ご当地グルメが食べられるのは嬉しいですよね。

【店舗情報】
▼名称:ユニオンカフェ
▼住所:神奈川県横浜市中区元町4-166 2F
▼営業時間:11:00~20:00
▼電話:045-641-8551

たい焼き なみへい 【鎌倉】

この投稿をInstagramで見る

Chakoさん(@hisana_wing46)がシェアした投稿 -

たいやき屋さんのかき氷

江ノ島電鉄の由比ヶ浜駅から徒歩3分、またはJR鎌倉駅から歩いて15分のところにある「たい焼き なみへい」は、その名の通りたい焼きのお店。
その他にも、パンや焼きそば、ピザ、ピロシキなど豊富なメニューを扱っているお店です。

かき氷は夏季限定で登場。ガリガリとした食感が昔ながらの味わいで、どこか懐かしさを感じさせます。
鎌倉大仏からも歩ける距離にありますので、観光の合間にふらっと立ち寄って涼むのに便利なんですよ。

この投稿をInstagramで見る

田熊ゆいさん(@takumayui)がシェアした投稿 -

【店舗情報】
▼名称:たい焼き なみへい
▼住所:神奈川県鎌倉市長谷1-8-10
▼営業時間:0467-24-7900
▼電話:10:00~18:30

茶房 ふくしま 【川崎】

出典:sakublo.exblog.jp

甘味処の優しいかき氷

出典:ja.foursquare.com

京急・川崎大師駅を降りてすぐの場所にある「茶房 ふくしま」は、かき氷が自慢の甘味処です。かき氷専門店をもしのぐほど、メニューがたくさんあるので、どれにしようか目移りしてしまいます。ふわふわなかき氷の優しい食感はどこか懐かしい味がするのが特徴です。川崎大師へのお参りのお供にぜひお立ち寄りくださいね。

【店舗情報】
▼名称:茶房 ふくしま
▼住所:神奈川県川崎市川崎区大師駅前1-6-6
▼営業時間:8:30~19:00[喫茶]10:00~18:00
▼定休日:木曜日
▼電話:044-288-5736

くるみ【鎌倉】

この投稿をInstagramで見る

@ xxmichekxxがシェアした投稿 -

昔ながらのかき氷を古都鎌倉で

この投稿をInstagramで見る

Y_a_n_gさん(@kaohsiung_1014)がシェアした投稿 -

JR鎌倉駅東口から徒歩6分の場所にある古民家「くるみ」。
「くるみ」で使用している氷は、最近流行しているような、ふわふわした氷ではなくザクザクとしたきちんと歯ごたえのある氷です。

一番人気の「宇治」は既成のシロップではなく、「くるみ」独自の製法で毎日手づくりされているのだそう。抹茶の爽やかな香りと風味が心地よく、鼻から抜ける香りが爽やかですよ。
「くるみ」の落ち着いた、ゆっくりと時間が流れるような雰囲気に、懐かしさのあるかき氷がよく合いますよ。

出典:kamakurakurumi.cafe.coocan.jp

【店舗情報】
▼名称:くるみ
▼住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-38
▼営業時間:平日:12:00~18:00 土日祝:11:00~18:00
▼電話:0467-23-1818

鎌倉屋 こまち茶屋 【鎌倉】

幻の大豆を使用した希少なかき氷

この投稿をInstagramで見る

mikaさん(@mmm05061519)がシェアした投稿 -

JR鎌倉駅から歩いて1分、「湘南きな粉」というとっても希少な大豆を使った和スイーツが楽しめる「鎌倉屋」。氷にもこだわっていて、信州の名水氷を使用しているのだとか。
素材をそのまま生かしたフレッシュな自家製ソースと、甘くて奥深い味わいの練乳が入ったかき氷がいただけます。

人気メニューの「黒蜜きな粉練乳かき氷」は、風味豊かな湘南きな粉と沖縄産黒蜜が最高の組み合わせです。
ひとつひとつの素材が良いからこそ、すべてが合わさった時に絶妙なハーモニーを奏でるんですね。

この投稿をInstagramで見る

和菓子 きょらさん(@wagashikyora)がシェアした投稿 -

もう一つこのお店で忘れてはならないのが、繊細な紫色がまさに紫陽花のような紫陽花氷。
レモンシロップをかけると紫色からほんのりピンク色に色が変わるバタフライピーを使用した不思議なかき氷です。
レモンシロップ、練乳の他に、キウイ、いちご、グレープフルーツ、白桃、オレンジの中から、好きなシロップを2つ選ベるんです。
これを目当てにお店に訪れる人がいるほどの、インスタ映え間違いなしの美味しい人気メニューです。

この投稿をInstagramで見る

Riko higuchiさん(@rk____tn)がシェアした投稿 -

【店舗情報】
▼名称:鎌倉屋 こまち茶屋
▼住所:神奈川県鎌倉市小町1-6-15 i-ZA鎌倉2F
▼営業時間:平日 10:00~17:30 土日祝 10:00~18:00
▼電話:0467-38-7101

鎌倉屋

この記事のキーワード

この記事のライター

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

関連する記事

あわせて読みたい

05micco
05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

kiki04082

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

eri11153

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco4

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、酒・肴・温泉を嗜む。

yannma6

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

>>ライター紹介