【夏コーデ Tシャツのタックインスタイル】鉄板メンズアイテムをかっこよく着こなそう!

プリントTシャツやデザインTシャツ、色のバリエーションや、シチュエーションを選ばない無地Tシャツなど「メンズを引き立てる夏の鉄板アイテム」Tシャツのおすすめコーディネートを特集。 着こなし方をちょっと変えるだけで、おしゃれが際立ちます。今期のトレンドであるタックインで魅せるメンズサマースタイルを中心にご紹介します。

ryo_meryryo_mery
  • 8,311views
  • B!

大人のTシャツスタイル

出典:stylehaus.jp

「おしゃれは足元から」というように足元、そしてパンツ次第で、自然とトップスは映えてくるもの。ましてや、誰もが手に取る鉄板アイテムのTシャツは、その着こなし方で、かっこいい男かどうかを左右します。
ここでは、この夏を様々なTシャツでおしゃれに乗り切る「シンプルだけどかっこいい」コーディネートをご紹介していきます。
その1つとして、今年のトレンドである「タックイン」を取り入れたスタイルがおすすめです。タックインは、ベルトを見せられることや脚長効果だけでなく、スマートでおしゃれな印象を醸し出せます。周りと大きく差をつけられるテクニックです。

デニム合わせでカジュアルスタイル

出典:fashionsnap-freaks.net

NIRVANAのTシャツに定番のデニム合わせ。
アイテムは一見どこにでもありそうなものを使っていますが、どこか雰囲気が違います。タックインをするとしないでは、かなり差があるのがわかります。
トップスのTシャツと同色の黒のレザーサンダルとロールアップを組み合わせることで、足元のラフさに加え、統一感も演出しています。夏なので涼しい印象を与えることも大事ですし、統一感があるのもおしゃれには欠かせない要素です。あえてベルトを付けないことでよりカジュアルに仕上がっています。夏におすすめしたい、シンプルでもおしゃれに魅せられるコーディネートです。

出典:liter-mens.com

こちらは太めのデニム、ワイドデニムパンツを取り入れたコーディネート。
同じデニムでも、シルエットやカラー、組み合わせが少し違うだけで印象もガラリと違ってきます。全身をモノトーンのアイテムで揃えることでストリートやカジュアル要素だけではなく、モード感もあるコーデとなっています。さらにタックインや前掛けボディバックなど、トレンドを多く取り入れているコーデでもあります。
白Tシャツに黒デニム、黒スニーカーなどシンプルなアイテムばかりで、普通に着てしまうと、ど定番で野暮ったいイメージになってしまいます。周りと差をつけられる、シンプルながらも、おしゃれさ満載のカジュアルコーデです。

太めのスラックスでゆるさを演出

出典:flagshop.jp

JOHN LAWRENCE SULLIVANのアイテムでコーディネート。
黒のワイドスラックスと合わせることで、トップスのカラーを際立たせながら、抜け感もある仕上がりになっています。カラーTシャツと黒のパンツ合わせも定番中の定番ですが、タックインをすることで、雰囲気をガラッと変えることができます。無地Tシャツではなく、プリントがさりげなく入っているのもポイント。Tシャツの裾を少し出すことでピシッとしすぎない印象もかっこいいです。
ブランドもののTシャツは、やはり生地もデザインも優れているのでおすすめです。

黒スキニーで派手目トップスを主役に

出典:fashionsnap-freaks.net

FENDIの派手目Tシャツが主体の黒スキニーコーディネート。
こちらはタックインコーデではありませんが、Tシャツを生かしてくれるコーディネートとしてご紹介します。FENDIのロゴや、カラーが派手なので下はシンプルな黒スキニーで抑え、トップスを主役にコーディネートしています。ハイブランドのTシャツは、1枚でインパクトを与えられ、おしゃれ上級者に見せることができます。夏を過ごす上で、1枚は持っておきたいアイテムです。
右のコーディネートはシューズも黒に統一することで、落ち着いた大人スタイルを演出できます。オールブラックは、モード感もあり大人っぽさをアピールできます。オールブラックもシンプルさながら、アイテムをよりかっこよくまとめられる、上級者テクニックです。
左のコーディネートはでは、足元にも派手なカラーを取り入れ、遊び心をプラス。パンツがブラックなので、派手色のシューズは綺麗なアクセントになります。サングラスをかけてもかっこいいです。どちらも、黒スキニーならではのスタイルです。

おしゃれ上級者はトレンドのジャージ合わせ

出典:myne.tokyo

ジャージパンツは、若い世代を中心に「スポーツミックススタイル」のトレンドアイテムとして大流行しています。adidasやNIKEなどのスポーツメーカーから始まり、様々なブランドが取り入れています。なかでも、ジャージの嫌なイメージを解消してくれる、サイドにラインの入った「サイドラインパンツ」や「サイドジップパンツ」がおすすめです。
こちらのコーディネートは、人気国内ブランド「ミハラヤスヒロ」の新ライン「MYne」のディッキーズサイドラインスナップパンツです。サイドラインだけでなく、ボタンが横に付いているのがポイントです。ボタンを開けることで、ワイドパンツのように着られ、ラフに着こなせます。
トップスからシューズまでをオールブラックに揃えることで、モードな印象ですが、キャップとTシャツのワンポイント刺繍の色を合わせることでカジュアルさや、ストリート感をうまくスポーティーに表現しています。

MYne by idea

出典:www.mensnonno.jp

住所:東京都渋谷区神宮前3-30-12 Gビル神宮前03 2F
営業時間:11時〜20時
上記で紹介した「MYne」のアイテムは明治神宮前駅から歩いて10分ほどにある、「MYne by idea」で全て揃えることができます。ミハラヤスヒロのストリート系の新ラインで、大人なストリートアイテムが豊富です。

ハイブランド おすすめTシャツ

FENDI モンスター

出典:www.mbok.jp

誰もが知る、有名ハイブランド「FENDI」のモンスターTシャツ。
モンスターTシャツは、かなり奇抜ですが人気があり、今ではかなりバリエーションが増えています。値段はやはり高めですが、唯一無二のデザインと最高品質の2つの武器を備えています。値段以上の働きをしてくれること間違いなしです。

doublet

出典:doublet-jp.com

doubletのフリンジ付き刺繍Tシャツ。
doubletは海外からの注目を集める、刺繍デザインが独特な国内ブランド。デザイナーの井野将之は、ミハラヤスヒロの主に靴の生産に関わったのち、自社のブランド「doublet」を設立。今では、刺繍や一風変わったデザインで世界でも活躍しています。

FACETASM

出典:store.facetasm.jp

両胸に配したカレッジモチーフのオリジナルサガラワッペンが印象的な5分袖のスウェット。カットオフした袖口、裾部分は着る度に異なる表情見せ、経年変化を楽しむことができます。ボディはFACETASMの定番であるビッグティーがベースになっており、存在感のあるシルエットを作り出します。

Tシャツ1枚でこんなにおもしろい

夏の主役「Tシャツ」は、着こなし方によって、こんなにも表情を変えるものです。「シンプルで爽やか」だけでなく、「自分らしさを引き出せる」そんなアイテムとして、どんどん活用していってください。私服でのタックインに抵抗があった方や、取り入れ方を知らなかったという方もぜひ、この機会にものにしちゃってください。このページを参考に、夏のファッションを楽しんでいただけたら幸いです。

この記事のキーワード

この記事のライター

ryo_mery

都内大学3年生趣味は古着とダーツです。主にファッションについて書いていきます。私の好きな下北をよくよくは、紹介できたらいいなと思っています。

関連する記事

あわせて読みたい

ryo_mery
ryo_mery

都内大学3年生 趣味は古着とダーツです。 主にファッションについて書いていきます。 私の好きな下北をよくよくは、紹介できたらいいなと思っています。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

早稲田大学文化構想学部在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。最近ラーメンの食べ過ぎで太ったので本格的に筋トレに励んでいる次第でございます。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

こばこ5

こばこ

女子大生。

yannma6

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

>>ライター紹介