無地Tシャツレディースコーデ【春夏秋冬おしゃれな着こなし】

何でも合わせやすくオールシーズン着られるTシャツ。中でも無地のTシャツはどんなボトムスとも合わせやすいアイテムですよね。でもそれだけに着こなしがワンパターンになりがちだったりします。ここでは着こなしのポイントや季節別におすすめの無地Tシャツコーデをご紹介していきます。

yu-miyu-mi
  • 743views
  • B!

アイキャッチ画像出典:zozo.jp

無地Tシャツは万能アイテム

無地Tシャツはどんなスタイルにも合わせやすい有能なアイテム。カジュアルに合わせたり、きれいめスタイルに合わせて抜け感を出したり、今っぽい旬スタイルを作るのにも大活躍の必須アイテムです。
その一方で、無地Tシャツは気をつけないとワンパターンになったり、手抜き感や無難になり過ぎたり。
この記事ではそんな無地Tシャツをおしゃれに見せるポイントやコーディネートをご紹介していきます。

無地Tシャツをおしゃれに着こなすポイント

シンプルなだけに単調になりがちな無地Tシャツ。次にあげるポイントをおさえるだけで、コーディネートがぐんとおしゃれにグレードアップします。

Tシャツの色を変えてみる

白やブラックなどの定番カラーは着回し力抜群ですが、たまにはカラフルなTシャツも試してみるのもおすすめ。無地なら派手になりすぎることもなく、簡単に気分を変えられるので挑戦しやすいですよ。

柄物ボトムを合わせる

シンプルT×柄物ボトムの組合せは取り入れやすくグッとオシャレ度もあがります。柄物は合わせるトップスによってうるさくなってしまったりしますが、無地Tシャツならそんな心配もありません。チェック、花柄、ドットなどの様々な種類があり、カラーによってもガラッと雰囲気が変わるので、ぜひあなた好みの着こなしを探してみて。

レイヤードスタイルを取り入れる

シンプルなTシャツは、レイヤードコーデにも活躍します。キャミソールを重ねたり、ワンピースを重ねたと、意外と組み合わせは豊富。特に秋冬はコーデのアクセントとしても活躍します。組合せ次第で全く異なる雰囲気を楽しめるのがレイヤードコーデの魅力です。

アクセ使いでシンプルコーデを格上げする

シンプルになりすぎてしまう無地Tシャツに無地のボトムスのこーでには、大ぶりのアクセサリーを合わせて華やかさを加えて。首元や腕にだけ大胆なアクセサリーを持っていくことで、無地Tシャツもうまく引き立ちます。

春におすすめの無地Tシャツコーデ

白Tシャツ×カーディガン

出典:zozo.jp

安定の白Tシャツはそれぞれがアクセントとして存在感のあるカーディガンの肩掛けやパイソン柄のアイテムを合わせても綺麗にまとまります。スタイリングのベース役を果たすホワイトTシャツとならクセのある柄や鮮やかな色も気負わず取り入れられますよ。

ベージュTシャツ×シャツワンピース

出典:zozo.jp

肌馴染みの良いベージュのTシャツは地味になりすぎないよう工夫して。トレンドのシャツワンピースと合わせてフロントからのぞかせれば、落ち着きすぎない爽やかなカジュアル感を出すことができます。

ライトベージュTシャツ×ネイビージャケット

大人の女性らしい、オフィスでも大活躍しそうなTシャツコーデ。ネイビーと白に近いベージュに、薄い黄色のパンツを合わせることで、より爽やかで清潔感のある印象に。小物もTシャツやジャケットと色を合わせて統一感を持たせて。

白Tシャツ×ストライプシャツ

爽やかな印象を与えるストライプシャツに、さらに清潔感を加える白Tシャツを合わせたコーデ。パンツや靴をネイビーであわせれば、きちんと感も加わります。バックをイエローにすることでより春らしさを加えて。

白Tシャツ×デニムジャケット

デニムジャケットと白Tシャツは相性抜群。シフォンのプリーツスカートをあわせれば女性らしい爽やかコーデの完成です。外しとして白のコンバーススニーカーを合わせることで、程よいカジュアル感が出てますよ。

夏におすすめの無地Tシャツコーデ

白Tシャツ×黒パンツ

出典:wear.jp

白Tシャツにさらっとした黒のパンツを合わせたシンプルなモノトーンコーデ。スニーカーでカジュアルダウンしとアクセサリーを大ぶりのものを選んでアクセントにして。旬な感じがプラスされて、夏のモノトーンも重くなりません。

グリーンTシャツ×花柄スカート

夏に着たくなる綺麗色のTシャツも、抑え目なダークトーンの花柄ロングスカートと合わせて綺麗目に着こなすことができます。グリーンは大人女子も取り入れやすい明るいカラー。女性らしさは出したいけれど、甘くなりすぎたくないという女性も取り入れやすいコーデです。

黒Tシャツ×ワイドデニム

出典:wear.jp

シンプルな黒Tシャツは上半身をコンパクトに見せてくれるので、ボリュームのあるデニムのワイドパンツも綺麗に見せてくれます。
麦わら帽子をかぶることで、上の目線にもアクセントが来るのでより縦長の印象に。ネックレスで加わる女性らしさがポイントです。

ブラウンTシャツ×白デニムサロペット

出典:wear.jp

ホワイト×ブラウンでまとめたコーデ。フリルバックやパールのブレスレットといった女性らしい小物が、子供っぽくならないよう程よくアクセントとなっています。ホワイトのデニムサロペットを引き立たせるのに無地Tシャツはぴったりですね。

オレンジTシャツ×デニムタイトスカート

出典:www.andgirl.jp

パッと目を引くビタミンカラーのオレンジTシャツで、無地Tシャツとデニムスカートというシンプルコーデが一気に華やかに。女性らしいタイトスカートなので、子供っぽくならずに綺麗に着こなせます。サンダルやバックも綺麗な色をとりいれて、夏らしい快活な印象に。

秋におすすめの無地Tシャツコーデ

白Tシャツ×グレーニット

コーデを邪魔しない白Tシャツに品の良さを感じさせるグレーのニットを合わせたコーデ。シンプルなモノトーンもアクセントのようなグレーニットでおしゃれにまとまります。
ハットを合わせてクールな印象に。

ブラウンTシャツ×ベレー帽

出典:wear.jp

フィット感のあるブラウンのTシャツに、黒のベレー帽とパンツを合わせてシックな装いに。秋に突入してもまだまだ残暑が残る季節に活躍しそうなコーデです。暑くても季節感は出したい時期におすすめ。

黒Tシャツ×チノパン

黒Tシャツにカーキのチノパンを合わせた、シンプルでボーイズライクなコーデ。前開きのブラウンワンピースを羽織って、季節感を出して。インナーをブラックにすることで、コーデが締まりバランスのいい着こなしに。

黒Tシャツ×ミリタリージャケット

出典:wear.jp

黒Tシャツレイヤードにミリタリージャケットとスキニーデニムを合わせた少し辛口のスタイル。
足元はレオパードのフラットシューズが女性らしさをほんのりプラスしているのがポイントです。

白Tシャツ×ネイビーニット

Tシャツをインナーとして使用して、チラ見セすることでダークトーンコーデのアクセントにしています。落ち着いた色合いが魅力のネイビーは秋冬に活躍するカラーですが、ワントーンだと暗くなってしまいがち。レイヤードスタイルとしてTシャツを少し出すことで、一気に軽さが出ておしゃれな雰囲気に。

グレーTシャツ×ライダースジャケット

出典:arine.jp

モノトーンカラーでまとめたグレーTシャツとライダースジャケットの辛口コーデ。デニムにグレーTシャツをINすることで、スタイルアップも目指せます。ヒールのショートブーツでをブラウンにすることで、女性らしさが少し加わりハードすぎないスタイルに。

冬におすすめの無地Tシャツコーデ

ロング白Tシャツ×ニットカーディガン

使い勝手のよいロングTシャツは秋だけでなく冬も活躍してくれます。このコーデのようなデニムオンカーディガンという着こなしも、ロングTシャツの長い丈のバランスで、すっきりとしたコーディネートが望めます。

白Tシャツ×白ニット

冬だからこそ、白で統一したコーデで優しく温かい雰囲気を楽しんで。冬はどうしてもダークな色味のコーデが増えがちなので、こんな明るい白系のコーデは目を引きそうですよね。白のタイトスカートで下半身を引き締めているので、明るいコーデでも太見えしません。

白Tシャツ×ダウンジャケット

冬のワイドパンツとコートのコーディネートに白Tシャツを加えて、コーデを邪魔せずにさりげなく白で明るさを出して。コンパクトなショートのダウンジャケットはニットを着込むのが難しいこともあり、そんな時に活躍するのが厚みの出ないTシャツです。ワイドパンツとの相性もいいので、ジャケットを抜いてもカジュアルなこなれ感のあるスタイルに。

白Tシャツ×ボアジャケット

出典:wear.jp

白いTシャツにモコモコのボアジャケットを合わせたコーデ。柔らかい色合いは寒い冬にピッタリです。靴をブラウンにして全体的に淡い色合いにすれば、特に女性らしいアイテムを入れなくても自然と優しい雰囲気に。

無地Tシャツをおしゃれに着こなそう

着回し力抜群の無地Tシャツはベーシックなアイテムだからこそ、着こなし方をマスターしておしゃれにコーディネートしたいですよね。
ここでご紹介したコーデを参考に、好みの無地Tシャツの着こなしをいろいろ試してみてくださいね。

この記事のキーワード

この記事のライター

関連する記事

あわせて読みたい

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車と旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、酒・肴・温泉を嗜む。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介