東京都内の本当に美味しいおはぎの名店おすすめ10選

おはぎと言えば昔から愛される和菓子の定番です。最近ではおしゃれな見た目のおはぎも登場しており、差し入れやお土産にも最適なんです。有名な老舗和菓子店の逸品は、長い間変わらずに愛されています。今回は、デパ地下でも買えるものから隠れた街の名店まで、美味しいと評判のおはぎを厳選してご紹介します。

05micco05micco
  • 548views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.nichireifoods.co.jp

おはぎとぼた餅の違いは?

出典:coop-sateto.jp

今ではおはぎもぼた餅の違いも明確ではなくなりましたが、元々はしっかり区別されていたのだそう。それぞれ作る季節に違いがあり、その季節の花の名前に由来しています。ぼた餅は春のお彼岸に食べられていたもの。小豆を牡丹の花に見立てて「ぼたんもち」と呼ばれていたのが「ぼた餅」となりました。一方のおはぎは、秋のお彼岸に食べられていました。秋の七草のひとつである萩の花。それが小豆の形状が似ているため「おはぎ」と呼ばれるようになったとされています。

タケノとおはぎ【学芸大学】

この投稿をInstagramで見る

タケノとおはぎさん(@takeno_to_ohagi)がシェアした投稿 -

学芸大学駅、祐天寺駅ともに徒歩15分弱という立地にあるおはぎの専門店です。オープンするやいなや行列ができることもある人気のお店なんです。中央中通り商店街にあり、スタイリッシュな外観からはおはぎのお店だとは想像もつきません。店内はシンプルな造りで、カウンターに並ぶ7つの杉の箱の中に、おはぎがきちんと並んでいます。定番の「こしあん」(180円)、「つぶあん」(180円)以外の5種類は日替わりで、見た目もおしゃれで彩も芸術的なおはぎが揃っています。「ココナッツとレモンピール」(280円)や「ニンジンとピンクペッパー」(280円)などここでしか食べられないフレーバばかりです。

住所:東京都目黒区中町1-36-6 イトウビル1階
TEL:03-5725-1533
営業時間:12:00~18:00(売り切れ次第終了)
定休日:月曜、火曜

タケノとおはぎさん(@takeno_to_ohagi) • Instagram写真と動画

フォロワー40.5千人、フォロー中97人、投稿935件 ― タケノとおはぎさん(@takeno_to_ohagi)のInstagramの写真と動画をチェックしよう

甘味おかめ【有楽町】

出典:www.itocia.jp

1965年にオープンした交通会館店。先代が民芸に深く精通していたことから古民家調の内装になったのだそう。こちらのおはぎの餡は小豆と砂糖だけで作られており甘さ控えめ。一般的なおはぎに比べてとても大きく、そのサイズはおよそ2倍なんです。注文が入ってから一つ一つ手作りする、ほんのり温かく柔らかいおはぎです。「つぶ餡」「きな粉」「ごま」はそれぞれ300円。炊き上げたもち米を潰さずに作るおはぎは米粒の食感が残っており、どの素材を組み合わせても抜群の相性ですよ。

住所:東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F
TEL:03-3216-6008
営業時間:
[月~金]
11:00~20:00
[土]
11:00~19:00
定休日:日・祝

甘味 おかめ 東京交通会館店(有楽町/甘味処) - Retty

有楽町の交通会館の地下1Fにある人気の甘味屋さん。1965年の開業当時からあり、都会のど真ん中で落ち着いた雰囲気で和スイーツがいただけます。クリームあんみつ(760円)が人気で、ボリュームもあります。 お食事メニューもあり、そちらも人気です。

OHAGI3【浅草】

出典:ohagi3.com

戦争時の近くにオープンしたおはぎの専門店です。店名が英語表記なのは、世界へ和のお菓子をお届けしたいという思いから。「和のやさしさで、世界を幸せに。」をテーマに、2017年に名古屋市守山区で1店舗目をオープンしたお店なんです。和カフェとしても利用できる、おしゃれで洗練された印象の店内は、和菓子を扱っているとは到底思えないほど。国産米と無添加の原材料を使い、どこか懐かしい味に斬新なアイデアをプラスした6種類の定番おはぎ。夕月(ゆうづき)、暁月(あかつき)、新月(しんげつ)、宵月(よいづき)、満月(まんげつ)、半月(はんげつ)と月にちなんだ名前もおしゃれです。

住所:東京都台東区浅草1丁目31-4
TEL:03-5830-3103
営業時間:10:00~18:00

OHAGI3(おはぎさん)|無添加にこだわった愛知県発「月のおはぎ」 | 無添加にこだわった「月のおはぎ・わらび餅」を販売

和菓子・村上【渋谷ほか】

この投稿をInstagramで見る

いりぼーさん(@noir.nikunohi)がシェアした投稿 -

渋谷ヒカリエで購入できる和菓子のお店です。明治44年創業という歴史ある金沢の老舗和菓子屋さんの支店で、餡にこだわるお菓子を取り揃えています。定番の「黒糖 ふくさ餅」は、もちもちとした求肥餅と自家製こし餡を、ていねいに焼き上げた黒糖風味の焼皮で包んだ一品。もっちり・なめらか・ふんわりと楽しい食感を奏でてくれて、差し入れや手土産にも最適です。こちらのおはぎの中身は、餅玄米・大麦・もちきび・もちあわ・ひえの五穀米を使用し、もっちりとした食感です。ぽってりとしたスタンダードなスタイルは安定感がありますね。

住所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ B2F
TEL:03-6434-1814
営業時間:10:00~21:00

金沢土産なら|和菓子村上 | 金沢の和菓子店。餡にこだわって、この路ひとすじ。季節の和菓子をお届けします。村上製菓所

「和菓子村上」は、金沢で餡にこだわって、この路ひとすじ。お土産にもおすすめな季節の和菓子をお届けしています。村上製菓所 創業明治四十四年

直中 仙太郎【渋谷ほか】

この投稿をInstagramで見る

みゆさん(@_miyuzo_)がシェアした投稿 -

渋谷の東急東横のれん街に入っている和菓子屋さんです。全国の有名百貨店に出店しており、おでかけのついでに見つけることができることでしょう。こちらの名物は「ぼた餅」。八分づきのもち米を使っており、大葉入りの大きなサイズが特徴です。丹波大納言小豆の粒あんをたっぷり使用した「粒」と、丹波黒豆のきなこがたっぷりとかかった「きなこ」の2種類があり、おもたせにとたくさんのお客さんが購入していきます。1個260円となっています。

住所:東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ B1F 東横のれん街
TEL:03-3477-4869
営業時間:10:00~21:00

株式会社 仙太郎

たねや【日本橋ほか】

この投稿をInstagramで見る

たねや / クラブハリエ [ラ コリーナ近江八幡]さん(@taneya.clubharie)がシェアした投稿 -

日本橋三越をはじめ、大手の百貨店で取り扱いのある和菓子店です。ピンクが鮮やかな化粧箱に綺麗に入ったおはぎは、大切な場面でも重宝されそう。近江のお米に、麦や大豆などの十穀をあわせて仕上げてあるということで、つぶつぶ感も楽しめます。粒餡には北海道産小豆、きな粉には黒須きな粉が使われているこだわりのおはぎとなっていますよ。

住所:東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店 本館 B1F
TEL:03-3241-3311
営業時間:11:00~19:30

たねやのお菓子 | たねや

たねやのお菓子一覧。季節の素材を大切に創りあげたお菓子を販売しております。

とらや【日本橋ほか】

出典:www.toraya-group.co.jp

大手百貨店ならほとんど出店している有名な和菓子屋さんです。最近ではモダンなカフェも展開しており、その人気は若者にまで広がっています。お彼岸の時期に販売されるおはぎは、ころんとした丸いフォルムがあんこ玉のよう。白餡、黒糖餡、小倉餡の種類があり1つ280円ほどとなっています。一口サイズでありながらこのお値段はやはり自信を感じさせますね。

住所:東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店 本館 B1F
TEL:03-3241-3311
営業時間:10:30~19:30

とらやの和菓子|株式会社 虎屋

室町時代後期、京都で創業した和菓子屋「とらや」のオンラインショップです。「とらや」を代表する羊羹や季節の生菓子の情報、和菓子にまつわる歴史・文化、店舗の情報、イベントのお知らせなどを随時更新しております。

宝来屋【九段下】

この投稿をInstagramで見る

Rikaさん(@rika05181)がシェアした投稿 -

明治元年に創業した老舗の和菓子店です。靖国神社の目の前という立地ですので、参拝のついでに立ち寄る事も可能ですね。店舗の2階では喫茶室も完備されていますので、ゆっくりと和菓子とお茶を楽しむこともできます。お茶とお菓子のセットで580円というお手頃な価格も人気の理由となっていますよ。こちらの「七色おはぎ」は、「こし」「つぶし」「いも」「くるみ」「ごま」「きなこ」「くり」の七品で、見た目もとっても可愛らしいんです。

住所:東京都千代田区九段南2-4-15 坂の上テラス 1F・2F
TEL:03-3261-4612
営業時間:
[月~金]
9:00~18:00
[土]
10:00~16:00
定休日:日曜日、祝日 

宝来屋本店 | 和菓子のことなら当店へご相談を

和菓子のことなら当店へご相談を

坂本せん餅【東向島】

この投稿をInstagramで見る

tamio_aさん(@tamio_a)がシェアした投稿 -

昭和7年創業のおせんべい屋さんです。下町で長く愛される名店で、気取らない人情味あふれる雰囲気が近所の方に親しまれています。国産原料にこだわるお店となっており、地元の老舗お米屋さんにお願いして管理をしてもらい、責任を持って精米してもらったお米を使用しているのだそう。水曜日に販売されるおはぎも人気で、お米にこだわるお店だからこその美味しさに出会えることでしょう。1つ120円からで、きなこや胡麻など複数種類を取り扱っていますよ。

住所:東京都墨田区東向島5-8-3
TEL:03-3611-2275
営業時間:9:00~19:00
定休日:月・火

オリジナル印刷せんべい | 坂本せん餅

世界でたった一つ、オリジナルのデザインをおせんべいに印刷できます。低価格・小ロット・スピーディな納期でご対応。

よしかわ【早稲田】

出典:hokkaido-ohagi.com

西早稲田の穴八幡宮の麓に店を構えるおはぎにこだわるお店です。北海道で60年おはぎを作り続けてきたということで、ここ早稲田の地でも日本一のおはぎを目指して美味しさを追求しています。使用する食材は北海道産がほとんど。餡は風味豊かで甘さ控えめのえりも餡と上品な口当たりのこしあんが用意されています。お米も白米と黒米の2種類が使われており、いずれも北海道産にこだわっています。

住所:東京都新宿区西早稲田2-1-7
TEL:03-6380-3703
営業時間:11:00~17:00
定休日:日曜日

北海道おはぎ よしかわ [早稲田・穴八幡宮 参道御許]

吉川食品

東京で美味しいおはぎを

出典:www.bh-recipe.jp

これまで東京都内で食べられる美味しいおはぎのお店をご紹介しました。どのお店もこだわりの製法で作っており、長く変わらず多くのお客さんに愛されています。もちもちの食感と様々な餡の組み合わせの中から、ぜひお気に入りの一品を見つけてみてください。差し入れにも喜ばれることでしょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

関連する記事

あわせて読みたい

05micco
05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco2

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

eri11153

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yannma5

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、信州で車と旅と温泉と酒&肴を愛する道楽者。

>>ライター紹介