青森県内のおすすめスーパー銭湯・温泉施設・スパ・健康ランド厳選10選

本州の北端に位置し北の海に囲まれた青森県。県内各地には手軽に利用できる日帰り入浴スポットから、ホテルや旅館の温泉まで多彩に揃っています。今回は青森県でおすすめするスーパー銭湯・温泉施設・スパ・健康ランドをご紹介しましょう。

saitoinformationbusiness斉藤情報事務
  • 766views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.hotel-grandmer.com

青森でおすすめするスーパー銭湯・温泉施設・スパ・健康ランド

出典:www.hotel-grandmer.com

本州の北端に位置して豊かな漁場を擁し、リンゴをはじめとした農産物の栽培も盛んな青森県。夏に開催されるねぶた祭は盛況で、多くの観光客が訪れて賑わいます。

県内各地には手軽に入浴を楽しめる日帰り入浴スポットからホテルや旅館の温泉まで多彩に揃っており、”宿泊する時間はとれないけど温泉に入りたい”といった方にも人気。今回は青森県でおすすめするスーパー銭湯・温泉施設・スパ・健康ランドを厳選して10ヵ所ご紹介しましょう。

1.むつ市「斗南温泉 美人の湯」

出典:www.mghotel.jp

出典:www.mghotel.jp

出典:www.mghotel.jp

本州最北端の市であるむつ市の中心部から車で10分ほど走った場所にある「むつグランドホテル」。むつ市のランドマーク的ホテルで、日帰り入浴ができる「斗南温泉 美人の湯」を併設しています。

温泉は掛け流しのアルカリ性単純泉で、趣ある庭園を望む大浴場や緑に囲まれた露天風呂などを用意。電気風呂やジェット風呂をはじめフィンランド製ストーブを使うサウナなども完備しており、女性専用で微細気泡風呂も設えました。

ホテルの11階にある「スカイレストラン」では多彩なランチメニューを取り揃え。週替わりの「シェフのおすすめランチ」や人気の「海軍コロッケランチ」をはじめ、「エクセレントコース」などゴージャスな料理も用意します。

【基本情報】
住所  :むつ市大字田名部字下道4
電話  :0175-22-2331
入浴料金:520円~
営業時間:5:00~23:00
休館日 :年中無休

むつグランドホテル・斗南温泉 美人の湯

2.八戸市「はちのへゆーゆらんど 新八温泉」

出典:www.shinpachi.co.jp

出典:www.shinpachi.co.jp

八戸自動車道の八戸ICから車で10分ほど走った卸センターの近くに立地する「はちのへゆーゆらんど 新八温泉」。天然温泉の入浴施設で宿泊することもでき、食事処やリラクゼーションスペースも併設します。

湯はナトリウム温泉でガラス張りの開放的な大浴場をはじめ、草木に囲まれ巨石を配した野趣ある露天風呂などを用意。森林浴のようなリラックス効果があるといわれる古代ひのき風呂や子供に人気のキノコシャワーなどもあり、湯上りは畳敷きのスペースでゆったりと寛げます。

館内にある食事処「松根満兵衛」では八戸の名産品を多彩に取り揃え。「特大八戸サバの炙り刺し」や「せんべい鍋」などのご当地グルメをはじめ、麺類や丼などバラエティ豊かなメニューが並びます。

【基本情報】
住所  :八戸市長苗代字下亀子谷地18-1
電話  :0178-29-4126
入浴料金:620円~
営業時間:5:00~24:00

はちのへゆーゆらんど 新八温泉

3.南部町「バーデハウスふくち」

出典:www.badepark.com

出典:www.badepark.com

八戸自動車道の八戸ICから車で15分ほどの距離にある「バーデパーク」。屋内スケートリンク・農産物直売所・宿泊施設などが揃うスポットで、温泉保養館「バーデハウスふくち」があります。

館内は目的別にゾーンが分かれており、スパゾーンには露天風呂やサウナなどを用意。バーデソーンにはかぶり湯・圧注浴・打たせ湯・気泡浴などを多彩に取り揃えていて、ストレス解消やリフレッシュに効果的です。

宿泊施設の「アヴァンセふくち」内にはレストランもあり、「ふくちジャックドセンター」では地元の名産品や農産物を取り扱っていますので、食事やお土産探しはこちらでいかがでしょう。

【基本情報】
住所  :三戸郡南部町大字苫米地上根岸73-1
電話  :0178-84-2850
入浴料金:450円~
営業時間:10:00~21:00

バーデパーク・バーデハウスふくち

4.新郷村「新郷温泉館」

出典:www.vill.shingo.aomori.jp

出典:www.vill.shingo.aomori.jp

十和田湖と八戸市を結ぶ国道454号沿いにある新郷村役場から、車で15分ほどの場所にある「新郷温泉館」。山深いエリアに立地する秘湯の趣を感じさせる温泉で、宿泊ができ食事処も併設します。

湯は大鷲が場所を示したと伝わる良質なアルカリ温泉で、大きく窓を設えた開放的な大浴場や木々に囲まれ東屋を備えた露天風呂などを用意。湯上りにはソファを備えたロビーで寛ぐことができ、2階には有料の和室も用意しました。

館内にある食事処「わし亭」では一番人気の「中華そば」をはじめ各種麺類を用意。酒肴2品がセットになった「湯上り生ビール」や「湯上りレモンサワー」もありますので、風呂上がりの一杯にいかがでしょう。

【基本情報】
住所  :三戸郡新郷村大字西越温泉沢5-4
電話  :0178-78-3050
入浴料金:390円
営業時間:9:00~22:00(4~11月)
     9:00~21:00(12~3月)
休館日 :月曜日(祝祭日の場合は営業)

新郷村・新郷温泉館

5.平川市「関の庄 温泉」

出典:ikarigaseki.com

出典:ikarigaseki.com

出典:ikarigaseki.com

東北自動車道の碇ヶ関ICから車で5分ほど走った国道7号沿いにある「道の駅 いかりがせき 津軽関の庄」。文化観光館や関所資料館をはじめ特産品販売所などもある道の駅で、「関の庄 温泉」が隣接しています。

湯は掛け流しの単純温泉で、露天風呂を思わせる出窓を設えた大浴場は贅沢に青森ヒバを使った風情ある風呂。「殿様風呂」と題した貸切風呂もあり、カップルやファミリーで気兼ねなく寛げる和室を備えています。

こちらのフードスペースは、たこ焼き店「竹っ子庵」・麺処「すぎ作」・食事処「彩里」の3ヵ所。おすすめは麺処「すぎ作」の「みそラーメン」で、特産の自然薯を練り込んだ麺を味わえます。

【基本情報】
住所  :平川市碇ヶ関碇石13-1
電話  :0172-46-9355
入浴料金:350円
営業時間:9:00~20:00

道の駅 いかりがせき 津軽関の庄

6.弘前市「リコルソ弘前」

出典:hpdsp.jp

出典:hpdsp.jp

奥羽本線の弘前駅や弘前城からも近い立地の「さくら野百貨店 弘前店」。店舗の4階にはホテル「リコルソ弘前」が入っており、全国でも珍しいデパート内にある天然温泉に入れます。

温泉はアルカリ性の単純泉で、広々とした造りの大浴場や岩木山を眺めながら湯に入れる露天風呂などを用意。男性専用で高温サウナも完備しており、男女とも別料金で岩盤浴を利用することができます。

「リコルソ弘前」が入る4階にはカフェ・ハンバーグレストラン・海鮮料理店・蕎麦店などがありますので、湯上りのランチやディナーはお好みでどうぞ。

【基本情報】
住所  :弘前市城東北3-10-1(さくら野百貨店弘前店4階)
電話  :0172-29-2251
入浴料金:450円
営業時間:8:00~23:00

リコルソ弘前

7.弘前市「山のホテル」

出典:www.yamanohotel.com

出典:www.yamanohotel.com

岩木山の山麓にあり江戸時代中期の開湯と伝わる嶽温泉。古くからの湯治場の趣を残す温泉街で、中心部に「山のホテル」が立地しています。

湯は白濁した硫黄泉で湯上り後も保温効果が高いといわれる温泉。天然の青森ヒバを贅沢に使った大浴場は窓外に季節の木々を望む風情ある設えで、湯治場として愛された癒しの湯で寛げます。

館内にある食事処「マタギ亭」では名物の「マタギ飯」をはじめ、人気のジビエや鮎・岩魚など土地ならではの食材を使った料理を用意。「マタギ飯」を火にかけてから一風呂浴びて戻ってくると頃合いというのも風流です。

【基本情報】
住所  :弘前市大字常盤野字湯ノ沢19
電話  :0172-83-2329
入浴料金:500円
営業時間:11:00~15:00

山のホテル

8.鯵ヶ沢町「ロックウッド・ホテル&スパ」

出典:rockwoodhotel.com

出典:rockwoodhotel.com

出典:rockwoodhotel.com

岩木山の北麓でスキー場とゴルフ場を併設する「ロックウッド・ホテル&スパ」。グリーンシーズンにはトレッキングやサイクリングなども楽しむことができ、館内にスポーツジムも備える温泉リゾートホテルです。

湯は鯵ヶ沢高原で湧出しており岩木山のミネラルを多く含む天然温泉。大きく窓を設えた大浴場や日本海の絶景を望む露天風呂があり、季節に移り変る津軽の景色と癒しの湯を満喫することができます。

館内には日本海の眺望を望む「ロックウッド・ビストロ」があり、ランチを用意。日本海の新鮮な海幸をはじめ和食から洋食までバラエティ豊かなメニューを取り揃えています。

【基本情報】
住所  :西津軽郡鯵ヶ沢町鯵ヶ沢高原
電話  :0173-72-1011
入浴料金:1,500円
営業時間:12:00~17:00

ロックウッド・ホテル&スパ

9.鯵ヶ沢町「ホテルグランメール山海荘」

出典:www7.489ban.net

出典:www.hotel-grandmer.com

出典:www7.489ban.net

海沿いの高台にあり日本海を望む絶好のロケーションが魅力的な「ホテルグランメール山海荘」は、新しく貸切風呂の「浦島・乙姫」がオープンした温泉ホテルです。

湯は化石海水温泉と名付けられたタラソテラピー効果があるといわれる温泉です。塩分を多く含有して保湿や保温にも優れており、絶景を望む和・洋の露天風呂や趣ある大浴場を用意。日帰り入浴もバスタオル・フェイスタオル付プランならゆったり寛げます。

「ホテルグランメール山海荘」では2名以上で利用できる温泉+昼食+個室休憩のプランも用意。「松花堂コース」から「和食膳コース」まであり、気軽に温泉とグルメを楽しめます。

【基本情報】
住所  :西津軽郡鯵ヶ沢町大字舞戸町字鳴戸1
電話  :0173-72-8111
入浴料金:450円(入浴のみ)
営業時間:11:00~13:00(入浴のみ)
休館日 :カレンダーを確認

ホテルグランメール山海荘

10.深浦町「ウェスパ椿山」

出典:www.fukauramaguro.com

深浦マグロステーキ丼

敷地内にJR五能線のウェスパ椿山駅がある複合リゾートスポット「ウェスパ椿山」。ヨーロッパの古城を思わせるレストランやコテージをはじめ展望台などもあり、白神山地や十二湖などへのアクセスも良い立地です。

温泉は鍋石温泉と呼ばれる源泉でドーム型の開閉式展望露天風呂を用意。4~10月までの天候の良い日にはドームがオープンになりますので、日本海や海に沈む明媚な夕日の絶景を一層楽しむことができます。

敷地内にあるレストラン「カミリア」では、新鮮な海幸を使った「海鮮丼」や「新鮮魚介のお造り御膳」をはじめ和・洋の多彩なメニューを取り揃え。そして新たなご当地グルメ「深浦マグロステーキ丼」も用意、予約がおすすめです。

【基本情報】
住所  :西津軽郡深浦町舮作鍋石226-1
電話  :0173-75-2261
入浴料金:500円
営業時間:06:00~22:00(4~10月、11~3月は要問合せ)
     17:00~(第2・第4火曜)
休館日 :年中無休

ウェスパ椿山

北国で癒しの湯とグルメを楽しむ

ラグジュアリーなホテルの温泉から気軽に利用できるスーパー銭湯まで多彩に揃った青森。癒しの湯と北国のご当地グルメを楽しみに出掛けてみませんか。

※ 掲載内容は執筆時点、価格・基本情報等は参考で変更になる場合があります。
※ 料金や利用時間などはプランや日程により変動する場合があります。
※ 掲載画像と実際のプラン等は一致しない場合があります。
※ 日帰り入浴は混雑時に利用できない場合があります。

この記事のキーワード

この記事のライター

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキーヤ―でホームゲレンデは戸隠or飯綱あたり、ついでに写真もパチリ。時計やオーディオも愛して病んでいる。おすすめドライブスポットはビーナスライン、車や酒など道楽者が愛する物に関連したライティングやコンテンツ作成など色々やっています。

関連する記事

あわせて読みたい

saitoinformationbusiness
斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yannma5

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

>>ライター紹介