両国で本当に美味しいちゃんこ鍋の名店おすすめ10選

国技館で有名な両国は「相撲の街」。東京の古き良き伝統を感じられる街として観光客に人気のエリアです。そんな両国で本場の美味しいちゃんこ鍋を食べられるおすすめの店を紹介します。

machikamachika
  • 8,761views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.kapou-yoshiba.jp

相撲部屋ごとに異なる「ちゃんこ鍋」の味

本来「ちゃんこ」とは相撲部屋の力士が作るまかない料理全てを指すそうです。しかし当然のことながらお相撲さんはたくさん食べるので、大量の食事をあまり手間なく作れ、栄養もボリュームもたっぷりな鍋料理が多く作られました。
結果、一般にも広く知られるようになったのが「ちゃんこ鍋」。
相撲部屋毎に伝統の味付けや作り方があるなど、ひとくちに「ちゃんこ」と言ってもこれといった決まりはありません。
お店ごとにさまざまなバリエーションを楽しめるのが「ちゃんこ鍋」の特長です。
今回はたくさんの相撲部屋がある本場・両国で美味しいちゃんこ鍋が食べられるお店をご紹介します。

ちゃんこ巴潟

出典:www.tomoegata.com

出典:www.tomoegata.com

巴潟とは昭和十年代の双葉山と同時代に活躍した伝説の名力士の名前です。力士引退後は、年寄高島・友綱の名跡を継ぎ、数多くの関取を育てあげました。その両国・友綱部屋の跡地に、角界での長い経験を活かして開業したのが『ちゃんこ巴潟』。看板メニューの「太刀山 (たちやま)ちゃんこ」(牛肉・若鳥 3,000円~)はすき焼きの甘味でも、アンコウ鍋の甘味でもない、絶妙な甘さが人気。鮮度のよい中羽いわしの身を当たり鉢で念入りにあたって隠し味をほどこした秘伝のいわしつみれもおすすめです。

【店舗情報】
住所:東京都墨田区両国2-17-6
電話番号:03-3632-5600
営業時間:
[月~金]11:30~14:00/17:00~22:30(L.O.21:30)
[土・日・祝]11:30~14:00/16:30~22:30(L.O.21:30)
定休日:年末年始(毎年12/30~1/5昼営業まで)・6月~8月の月曜日
アクセス:JR総武線両国駅より徒歩3分

割烹 吉葉

出典:www.kapou-yoshiba.jp

ちゃんこ吉葉鍋 2,600円

1983年創業の伝統あるお店。旧宮城野部屋の当時の原型をそのまま残した店内では、総檜造りの由緒ある建屋や力士たちが稽古に励んだ土俵を見ることができます。一番のこだわりは豊洲市場仲卸の直営店ならではの新鮮な食材。スープはしょうゆ・塩・味噌・辛味噌の4種類からお好みの味を選択できます。どれも独自に研究を重ねたダシを使った自信作。つみれはいわしが定番のなか、こちらではオリジナル「めかじきのつみれ」が楽しめます。大相撲の雰囲気・風情と共に本格ちゃんこ鍋を味わってみてはいかがでしょうか。

出典:www.kapou-yoshiba.jp

出典:www.kapou-yoshiba.jp

【店舗情報】
住所:東京都墨田区横網2-14-5
電話番号:03-3623-4480
営業時間:
[月~土]11:30~14:00(L.O.13:30) 17:00~22:00(L.O.21:10)
[東京場所中の日・祝]
17:00~22:00(L.O.21:10)
定休日:日曜・祝日(除:東京場所中)、ゴールデンウィーク、盆、年末年始
アクセス:JR両国駅西口から徒歩10分

ちゃんこ川崎

出典:meiten-sumida.com

昭和12年(1937)創業の老舗「ちゃんこ鍋」店。関取だった初代の味を受け継ぎ、80年余りの歴史あるお店です。人気メニューは伝統的な「ソップ炊き」と呼ばれる製法でつくられる「鶏ちゃんこ」。手をつかないことから、「鶏」は力士にとって縁起が良いものと考えられているそうです。吟味された具材と野菜がたっぷりのお鍋はやさしくて繊細な味と女性にも大人気。鍋だけでなく、昔ながらの風情あるたたずまいも楽しみたい方におすすめです。

出典:meiten-sumida.com

出典:meiten-sumida.com

【店舗情報】
住所:東京都墨田区両国2-13-1
電話番号:03-3631-2529
営業時間:17:00~21:00(L.O)
定休日:日曜・祝日(大相撲東京場所初日の日曜日は営業)
アクセス:JR総武線両国駅より徒歩3分

ちゃんこ増位山

出典:masuiyama.gorp.jp

元大関・増位山がお届けする本格ちゃんこ料理の店。お店の中央には土俵がそのまま残っており、増位山や北の湖、把瑠都も稽古した部屋の稽古場を改装した空間で美味しいちゃんこをいただけます。旧三保ケ関部屋で実際に力士が食していた人気の「鶏つくねちゃんこ」(2,400円)は醤油ベースのスープが絶品。お鍋とともに手羽先や鰹のタタキが楽しめるボリューム満点の3種のコース(4,000円~)もおすすめです。

出典:r.gnavi.co.jp

出典:r.gnavi.co.jp

【店舗情報】
住所:
電話番号:03-3631-0109
営業時間:
火~金ディナー 17:00~22:30(L.O.21:30、ドリンクL.O.22:00)事前にご予約がない場合、18時からの営業となる場合があります
土・日ディナー 17:00~22:00(L.O.21:00、ドリンクL.O.21:30)
※全日、最終ご入店時間は20:30とさせていただきます。
定休日:月曜(但し、東京場所開催中は営業)
アクセス:JR両国駅東口より徒歩12分・森下駅A4出口より徒歩3分

ちゃんこ霧島 両国本店

出典:r.gnavi.co.jp

陸奥部屋直伝の本格ちゃんこ鍋を提供する「ちゃんこ霧島」。豚骨と鳥ガラで充分ダシをとった自慢のスープは、あっさりとしていて飽きのこないおいしさです。醤油味・味噌味・塩味・キムチ味の4つの味が楽しめます。ちゃんこ鍋付きコースは4,320円・5,400円・6,480円の3種。両国駅徒歩2分というアクセスの良さと、カウンター席・御座敷・堀ごたつ・テーブル席の他、大小たくさんの個室があるのでさまざまな用途に便利がお店です。

出典:r.gnavi.co.jp

【店舗情報】
住所:東京都墨田区両国2-13-7
電話番号:03-3634-0075
営業時間:
月~土 11:30 ~ 23:00(L.O.22:30)
日・祝 11:30 ~ 22:30(L.O.22:00)
平日ランチ 11:30 ~ 14:00
定休日:年末年始
アクセス:JR総武線両国駅 西口 徒歩1分

安美 両国総本店

出典:r.gnavi.co.jp

「安美」は伊勢ヶ濱部屋直伝のちゃんこ鍋を提供するお店です。伝統的な「ソップ炊き」のお鍋はもちろん、ちょっと変わった「焼ちゃんこ」(2,667円)が味わえるのも魅力。厳選地鶏を胡麻油で炒め、焼酎で豪快にフランベし、鶏ガラでとった塩ダシで野菜と一緒に煮込んだオリジナル料理は、水炊きよりも香ばしいと大人気。両国駅徒歩1分とアクセス良好。一人前から注文できるので一人でも入りやすいお店です。

出典:sakanaya-group.com

【店舗情報】
住所:東京都墨田区両国3-26-6 伸和ビル2F
電話番号:03-5669-1570
営業時間:11:00~翌:2:00 ※ランチ11:00~15:00
定休日:無休
アクセス:JR総武線両国駅東口すぐ

相撲茶屋 寺尾 (てらお)

出典:www.sumouchaya-terao.jp

相撲一家の長男として生まれたオーナーが経営するお店。力士・鶴嶺山がおもてなししてくれると相撲ファンにもおなじみのお店です。寺尾のちゃんこは素材を存分に生かした優しい味が特長。醤油、味噌、塩とオーソドックスなものから、当店オリジナルのポン酢、暑い季節におすすめのカレーまで5種類の味を楽しめます。自慢の「鶏豚ミンチ」は卵黄とガーリックを丹念に混ぜて作り上げた逸品。1人前2,500円から気軽に楽しめるのも嬉しいポイントです。

出典:www.sumouchaya-terao.jp

【店舗情報】
住所:東京都墨田区両国2-16-5 アズマビル 1F
電話番号:03-5600-1466
営業時間:
[火~金]11:30~13:30/17:00~22:00
[土・日・祝]17:00~22:00
定休日:月曜日(1月、5月、9月場所中は無休・12月中も無休)
アクセス:JR総武線両国駅から徒歩3分

割烹ちゃんこ 大内 (おおうち)

出典:visit-sumida.jp

人気テレビドラマにも登場したという元大関・大内山ゆかりの深いちゃんこの老舗。一人で訪れるドラマファンも多いそうです。伝統的な製法を守った「鳥ソップ炊き鍋」(1人前2,650円)は鶏と具材がたっぷりで、旨味とキャベツの甘みがやさしい味わい。野菜が多くとれ、ヘルシーな鍋が好評です。具材の投入など店員さんがすべてやってくれるとのことで、慣れない人も安心。「初ちゃんこ」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

【店舗情報】
住所:東京都墨田区両国2-9-6
電話番号:03-3635-5349
営業時間:11:30〜13:30(お鍋の場合要予約)、17:00〜22:00(L.O.21:00)
定休日:日曜、祝日(東京場所中は休日無し)
アクセス:JR両国駅 徒歩4分

アケボノヤ 両国店

出典:r.gnavi.co.jp

鉄板・どて焼のお店「アケボノヤ」では、名物の「ホルモンちゃんこ鍋」が楽しめます。全8品でボリューム満点のホルモンちゃんこコースは、自慢のハイボールから日本酒・焼酎など豊富な種類の飲み放題付きで1人3,500円とお得。名物のどて焼やどて大根とともに、美味しいお酒とちゃんこ鍋を楽しめるお店です。昭和30年代の大衆酒場をテーマにした店内はちょっとレトロで活気のある雰囲気も魅力で、駅からも徒歩1分とアクセスも良好です。

出典:r.gnavi.co.jp

【店舗情報】
住所:東京都墨田区両国3-23-9 栄ビル 1F
営業時間:月曜日~日曜祝日 17:00~23:30(L.O23:00)
定休日:月曜日不定休(月曜祝日の場合は火曜休み) 2019年1月1日~3日
アクセス:JR総武線 両国駅東口より徒歩1分

国技館地下大広間

両国と言えば「国技館」ですが、地下1階大広間でちゃんこ鍋を提供しているのをご存知でしょうか。親方直伝のちゃんこ鍋がなんと1杯250円というから驚き。味は日によって変わるようです。こんなに気軽に本格的なちゃんこが味わえるとは、さすがは本場・両国ならでは。場所中はちゃんこ鍋の提供があるようなので、相撲観戦の際にはぜひ地下大広間に立ち寄ってみてください。

【店舗情報】
住所:東京都墨田区横網1-3-28 両国国技館 B1F
電話番号:03-3625-2111
営業時間:12:00~16:00
定休日:東京場所開催日による
アクセス:JR総武線両国駅から徒歩1分

両国ならではの美味しいちゃんこ鍋を楽しみましょう

「相撲の街」両国では、伝統の味を守り続ける老舗から、新しい味を追求するお店まで、さまざまなちゃんこ鍋を楽しむことができます。
ちゃんこの味はこれといった決まりがありません。両国のちゃんこ鍋には何度足を運んでも飽きない発見や出会いがきっとあることでしょう。
ぜひその日の気分に合わせてちゃんこ鍋を楽しんでみてください。

この記事のキーワード

この記事のライター

関連する記事

あわせて読みたい

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と単車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

yukib5

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介