スタイリッシュな4ドアクーペの外車・輸入車おすすめ10モデル

4ドアのユーティリティと、クーペのデザインを融合させた4ドアクーペスタイル。欧州の自動車メーカーを中心に、スタイリッシュなモデルがラインナップしています。おすすめする4ドアクーペスタイルの輸入車をご紹介しましょう。

saitoinformationbusiness斉藤情報事務
  • 65,783views
  • B!

アイキャッチ画像出典:global.astonmartin.com

流麗なクーペスタイルと4ドアのユーティリティ

出典:global.astonmartin.com

出典:response.jp

流麗なクーペスタイルを持ち、4ドアのユーティリティを兼ね備えた4ドアクーペスタイル。2005年にデビューしたメルセデスベンツCLSを嚆矢に、欧州の自動車メーカーが次々と新型モデルをリリースしました。

自動車のボディには様々なタイプがありますが、17世紀にイタリアで流行した乗り物・セダンチェアをルーツとするのがセダン。そしてフランス語で「切る=クープ」を語源とし、4人乗り対面座席の馬車を2座仕様に「切った」のがクーペといわれています。一般的には4ドアクーペという明確なカテゴリはないようですが、メルセデスベンツやアウディが4ドアクーペの呼称を使用しているようです。

スタイリッシュな4ドアクーペスタイル、セダンも含めおすすめする10モデルをご紹介します。

アストンマーティン「ラピード S」

出典:global.astonmartin.com

出典:global.astonmartin.com

出典:global.astonmartin.com

1961年から製造されていた4ドアGTの「ラゴンダ・ラピード」。このモデルに由来するのが2010年にデビューした「ラピード」で、現行の「ラピード S」はさらに深化したバージョンです。同社がラインナップするスーパースポーツのスタイルに、4ドアのユーティリティをプラス。フルサイズのFセグメントボディを持ち、スーパースポーツとラグジュアリーを表現する1台です。

オリジナリティのあるフロントマスクからはじまり、美しいアーチを描くルーフラインは4ドアであることを感じさせないスタイルです。パワートレインはフロントミッドのV12エンジンに、トランスアクスルでマウントされたZF社製の8速TouchtronicⅢを組合せ。0-100km加速は4.4秒、最高速は327kmに達する圧倒的パフォーマンスを発揮します。

繊細なクラフトマンシップによって造り出されるインテリアは、レザー・アルミ・カーボンなど多彩なマテリアルを緻密に組み合わせた空間。乗車する4人に最上級のおもてなしが供され、移動空間をエンターテイメントにします。「ラピード S」は比類なきラグジュアリーを実現した、美しい4ドアGTです。

【スペック例】
ボディサイズ:全長5020×全幅2140×全高1360(mm)
エンジン:6.0L-V型12気筒 560PS
トランスミッション:8速 Touchtronic Ⅲ
駆動方式:後輪駆動
車両本体価格:25,034,983円~

webサイト:アストンマーティン「ラピード S」

ジャガー「XE」

出典:www.jaguar.co.jp

出典:www.jaguar.co.jp

セダンをメインに、スーパースポーツやSUVもラインナップする「ジャガー」。英国王室からロイヤルワラントを下賜されており、紳士に似合うエレガントなモデルを揃えています。中でもクーペのようなスタイルで俊敏なドライビング性能を持つのが「XE」、先進的で洗練されたスポーツサルーンです。

ご紹介するのは「XE R‑SPORT」で、250PSを発揮するガソリンエンジンを搭載したモデル。ハイレスポンスでスムーズな加速を実現する8速ATが組み合わされ、トルクベクタリングをはじめとした先進のドライブデバイスも搭載します。50:50の前後重量配分をサポートするために、軽量・高剛性なアルミモノコックを採用。スポーティな走りと乗り心地を高次元で融合させた革新的なサスペンションを備えます。

インテリアはシックかつシャープでエレガントな雰囲気。英国紳士の装いを感じさせる上質な空間は、最上級の素材を駆使して仕立てられます。インカーテクノロジーTOUCH PROは10.2incのタッチスクリーンや、10GBのストレージを備えることでナビゲーションや多彩なメディアをコントロール。オーディオは定評あるMeridian製のプレミアムなサウンドシステムを搭載します。

【スペック例】
グレード:XE R-Sport
ボディサイズ:全長4680×全幅1850×全高1415(mm)
エンジン:2.0L-L型4気筒 250PS
トランスミッション:電子制御8速AT
駆動方式:後輪駆動
車両本体価格:6,260,000円~

webサイト:ジャガー「XE」

アルファロメオ「ジュリア」

出典:www.alfaromeo-jp.com

出典:www.alfaromeo-jp.com

1962年にデビューした初代「ジュリア」のスピリットを受け継ぎ、2015年に復活した新生「ジュリア」。約23年ぶりとなる後輪駆動ベースモデルで、ベーシックなモデルから最上級の「Quadrifoglio」まで4ラインで構成されます。

盾型グリルからはじまり、官能的にフレアしたフェンダーが描き出す魅惑的なサイドビュー。Cd値が僅か0.23のエアロダイナミクスフォルムを持ち、アルミやカーボンなどの軽量素材を用いて理想的な重量バランスも実現しています。ご紹介するのはスポーティな「VELOCE」で、高出力と高効率を両立したターボエンジンと8速ATを搭載。ALFA LINKサスペンションが的確にロードホールディングを行い、優れたハンドリングと快適性をもたらします。

ドライバーと車の一体感を感じられるシンプルで機能美に溢れたインテリア。天然木目のウッドパネルやアルミ・レザーをふんだんに使って仕立てられ、上質な仕上がりとなっています。パドルシフトをはじめ、エンジンスターターや各種スイッチもステアリングに配置。ドライバー中心のコックピットとして機能する空間です。

【スペック例】
グレード:VELOCE
ボディサイズ:全長4655×全幅1865×全高1435(mm)
エンジン:2.0L-L型4気筒 280PS
トランスミッション:電子制御式8速AT
駆動方式:後輪駆動
車両本体価格:5,870,000円~

webサイト:アルファロメオ「ジュリア ヴェローチェ」

マセラティ「ギブリ」

出典:www.maserati.com

出典:www.maserati.com

1966年にジウジアーロデザインでデビューした初代「ギブリ」。2013年にこの名前を受け継ぎ、クーペスタイルの高級4ドアサルーンとして新たな「ギブリ」がリリースされました。

シンボルであるトライデントが煌くアグレッシブなフェイスデザインと、優雅にフレアしたフェンダー。イタリアの粋を感じさせる、エレガントでエモーショナルなエクステリアです。4グレードの中からおすすめするのは「Ghibli」で、ハイパワーなターボエンジンに緻密な制御を行う8速ATを組合せ。ロングドライブでも洗練された高揚感が持続するでしょう。

歴代のモデルが妖艶と評される「マセラティ」のインテリア。トリムオプションは2種類あり、よりラグジュアリーで快適なGranLussoがおすすめです。マテリアルはプレミアムレザーとエルメネジルドゼニア製シルクからセレクトでき、ウッドトリムは木目を活かしたオープンポア仕上げ。ダッシュボード中央に備えた8.4incのマセラティタッチコントロールプラスで、様々な制御が直観的に行えます。

【スペック例】
グレード:Ghibli/GranLusso
ボディサイズ:全長4985×全幅1945×全高1485(mm)
エンジン:3.0L-V型6気筒 350PS
トランスミッション:8速AT
駆動方式:後輪駆動
車両本体価格:9,350,000円~

webサイト:マセラティ「ギブリ」

アウディ「A5 スポーツバック」

出典:www.audi.co.jp

出典:www.audi.co.jp

「A4」から派生した4シータークーペ「A5」は、名車「クワトロ」を彷彿とさせるモデル。3種類のボディタイプがあり、2ドアクーペ・カブリオレ・スポーツバックをラインナップします。

ご紹介するのは2017年にフルモデルチェンジした2代目「A5 スポーツバック」。クーペモデルから受け継ぐ流麗なエクステリアに、ユーティリティ性を高めるリヤドアとハッチバックを備えます。おすすめするグレードは「2.0 TFSI quattro sport」で、パワーアップしたTFSIエンジンを搭載し、デュアルクラッチ仕様で素早い変速を可能にした7速Sトロニックを組合せ。リヤ寄りにトルク配分がされたAWDシステムは、状況に応じて即応し安定した走りを実現しています。

インテリアは新たに水平基調の洗練されたデザインを採用。各種のスイッチや操作系は、ドライバーライクに仕立てられています。美しいシルエットを持ちながら広い室内空間も実現し、開口部の広いハッチゲートは大きな荷物の積載にも便利。大人4人が寛いでドライブすることができる、上質でスポーティな1台です。

【スペック例】
グレード:2.0 TFSI quattro sport
ボディサイズ:全長4750×全幅1845×全高1390(mm)
エンジン:2.0L-L型4気筒 190PS
トランスミッション:7速 Sトロニック
駆動方式:4輪駆動
車両本体価格:6,860,000円~

webサイト:アウディ「A5 スポーツバック」

BMW「4シリーズ グラン クーペ」

出典:www.bmw.co.jp

出典:www.bmw.co.jp

「3シリーズ クーペ」の後継として2013年から展開している「4シリーズ」。ボディタイプは2ドアのクーペ・カブリオレ、4ドアのグラン クーペを揃えており、高性能な「M」やAWD仕様車もラインナップしています。

ご紹介するのはスポーティなクーペと、エレガントなセダンを融合させた「グラン クーペ」。緩やかなアーチを描くルーフはこのモデルならではの秀逸なデザインで、BMWが目指す至高の美学を感じさせます。おすすめはスポーティなデザインラインの「420i グラン クーペ M Sport」。伝統的な後輪駆動に理想的な重量配分、新開発のターボエンジンと8速スポーツATが爽快な走りを実現します。

インテリアはエレガントかつスポーティな空間、厳選された上質なマテリアルを使い隅々まで精緻な仕上がりです。コックピット感のあるドライバーズスペースは、視認性の高いマルチディスプレイや直観的に操作できるスイッチを配置。エクスクルーシブな空間に、先進のインフォメーションとラグジュアリーを実現しています。

【スペック例】
グレード:420i グラン クーペ M Sport
ボディサイズ:全長4670×全幅1825×全高1395(mm)
エンジン:2.0L-L型4気筒 184PS
トランスミッション:8速スポーツAT
駆動方式:後輪駆動
車両本体価格:6,420,000円~

webサイト:BMW「4シリーズ グラン クーペ」

メルセデスベンツ「CLS クーペ」

出典:www.mercedes-benz.co.jp

出典:www.mercedes-benz.co.jp

他社に先駆けて2005年に4ドアクーペモデルとしてデビューした「CLS クーペ」。ボディタイプはクーペとシューティングブレークがあり、高性能なAMG仕様もあります。

流麗な弧を描くルーフラインやクラシカルなイメージのサイドビューを持つ、オリジナリティのあるスタイル。ご紹介するのは「CLS 400」で、最先端のBlueDIRECTテクノロジーを採用したツインターボエンジンと、滑らかさと俊敏さを併せ持つ新開発9G-TRONICを搭載。様々な路面や走行状態に応じて制御されるAIRマティックサスペンションとのコンビネーションが、コンフォートとスポーツを両立させた走りを実現します。

インテリアは人間工学に基づいて設計されており、細部に至るまでこだわりの造形。上質なマテリアルを厳選して用い、ラグジュアリーで緻密な仕上がりです。リヤシートを2座とすることでゆったりとした寛ぎの空間を実現、乗車する4人に快適な時間を提供します。

【スペック例】
グレード:CLS 400
ボディサイズ:全長4955×全幅1880×全高1415(mm)
エンジン:3.5L-V型6気筒 333PS
トランスミッション:9G-TRONIC
駆動方式:後輪駆動
車両本体価格:9,880,000円~

webサイト:メルセデスベンツ「CLS クーペ」

ポルシェ「パナメーラ」

出典:response.jp

出典:response.jp

ポルシェで初めてのフル4シーターモデル「パナメーラ」。1950年代にメキシコで開催されていたレース「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」が名前の由来で、Fセグメントのラグジュアリーな4ドアスポーツサルーンです。

FRやAWDに加えてハイブリッド仕様など多彩なラインナップから、ご紹介するのはロングホイールベース仕様の「パナメーラ 4 エグゼクティブ」。標準モデルに比べて約150mmストレッチされており、後席の乗員に最上級の寛ぎを提供します。パワートレインはハイパワーなV6エンジンに、ポルシェオリジナルの8速PDKを組み合わせて4輪を駆動。スポーティかつコンフォートなロングドライブが楽しめるでしょう。

インテリアはポルシェのストイックなイメージを覆すラグジュアリーな雰囲気。水平基調の開放的なダッシュボードをはじめ、ドライバーズライクな仕立てです。ロングホイールベース化により後席は広々としたレッグスペースを確保、専用の操作パネルやディスプレイなどおもてなし装備も充実しています。

【スペック例】
グレード:パナメーラ 4 エグゼクティブ
ボディサイズ:全長5199×全幅1937×全高1428(mm)
エンジン:3.0L-V型6気筒 330PS
トランスミッション:8速PDK
駆動方式:4輪駆動
車両本体価格:13,320,000円~

webサイト:ポルシェ「パナメーラ」

フォルクスワーゲン「アルテオン」

出典:arteon.volkswagen.co.jp

出典:response.jp

2017年の東京モーターショーで国内初公開された「アルテオン」。フォルクスワーゲンの新たなフラッグシップとしてデビューしており、クーペのようにスタイリッシュな4ドアサルーンです。

水平基調でデザインされたシャープなフロントマスクとサイドビュー。流麗なアーチを描くルーフラインが、スッキリとしたデザインのテールゲートにつながります。余裕のパワーを持ちトルクバンドの広いTSIエンジンに、新世代のデュアルクラッチトランスミッション・7速DSGを組み合わせ。第5世代のAWDシステム・4モーションがあらゆるシーンで快適かつ安定した走りを実現します。

スポーティな外観からは想像できないほど広い室内空間。クラストップレベルのロングホイールベースによって後席に広々としたレッグスペースを確保します。広い開口部を持つテールゲートはハンズフリーで開閉が可能。ボディカラーもビビットで多彩、高級車の新しいスタイルを提案するスタイリッシュな1台です。

【スペック例】
グレード:R-Line 4MOTION
ボディサイズ:全長4885×全幅1875×全高1435(mm)
エンジン:2.0L-L型4気筒 280PS
トランスミッション:7速DSG
駆動方式:4輪駆動
車両本体価格:5,490,000円~

webサイト:フォルクスワーゲン「アルテオン」

キャデラック「CTS」

出典:www.cadillacjapan.com

出典:www.cadillacjapan.com

欧州の高級車をターゲットに誕生した、Eセグメントのラグジュアリーモデル「CTS」。アート&サイエンスをコンセプトに、新たな高級車として「キャデラック」の中核を担います。

彫刻的でシャープなフロントマスクから、伸びやかなラインを描くサイドビュー。リアエンドまでつながるルーフラインが、スタイリッシュなクーペをイメージさせます。アルミやマグネシウムを多用することで、従来モデルよりも大幅な軽量化を実現。ダウンサイジングされた高効率のターボエンジンを搭載し、クロスレシオ化された8速ATを介してトルク配分制御式のAWDシステムが路面を掴みます。

伝統の技を継承しながら、より洗練されたスタイルのインテリア。厳選されたマテリアルを使い、細部に至るまで熟練のクラフトマンシップが注がれます。インフォテイメントにCUE統合制御ナビゲーションシステムを、オーディオはBOSE社のプレミアムなサウンドシステムを標準装備。先進の安全装備も搭載、新世代のアメリカンラグジュアリーです。

【スペック例】
グレード:プレミアム
ボディサイズ:全長4970×全幅1840×全高1465(mm)
エンジン:2.0L-L型4気筒 276PS
トランスミッション:8速AT
駆動方式:4輪駆動
車両本体価格:7,450,000円~

webサイト:キャデラック「CTS」

美しいスタイルを手に入れたラグジュアリーなサルーン

ラグジュアリーなセダンと、スタイリッシュなクーペスタイルが融合した高級車。流麗なエクステリアを持ち、先進のテクノロジーを惜しみなく搭載したモデルが多彩にラインナップしています。次回の車選びに、4ドアクーペという選択肢はいかがでしょう。

※ 掲載内容は執筆時点、スペック・価格等は参考で変更になる場合があります。
※ 数値は本国モデルの参考値を記載している場合があります。
※ 画像とグレードは一致しない場合があります。
※ 一部日本仕様と異なる場合があります。

この記事のキーワード

この記事のライター

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

関連する記事

あわせて読みたい

saitoinformationbusiness
斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

yukib4

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

VOKKA編集部グルメ班6

VOKKA編集部グルメ班

VOKKA編集部グルメ班です。本当に美味しい名店だけをご紹介できるよう日々リサーチいたします。

>>ライター紹介