日本橋タカシマヤのデパ地下で買えるスイーツ・お土産おすすめ13選

日本橋駅直結で東京駅から徒歩5分とアクセス抜群な日本橋高島屋。自分へのご褒美やお土産に持っていきたいデパ地下スイーツ・お菓子の人気・定番商品を一挙にご紹介します。

_mi__24こばこ
  • 55,419views
  • B!

日本橋高島屋とは

出典:www.takashimaya.co.jp

日本橋駅直結、東京駅から徒歩5分にある日本橋高島屋。1831年創業の老舗百貨店高島屋の戦前より展開される関東唯一の店舗で百貨店建築初の重要文化財の指定を受けています。昭和初期から現存する百貨店の中で最大級の規模を誇り、内外装ともに伝統を感じさせるつくりとなっています。

シャンパントリュフ【トイスチャー】

出典:www.takashimaya.co.jp

6粒:2268円
12粒:4104円
16粒:5616円

スイス発祥の老舗ブランドでアジアにはまだほとんど出店していない希少なシャンパンショコラ店のトイスチャー。日本唯一の店舗でショーケースが2つ並ぶ小さなショップです。フランス産の高級シャンパンと
生クリームを合わせたガナッシュ状のクリームをダークチョコで包み、ココアパウダーをまぶした看板メニューのシャンパントリュフはシャンパンの香りが強くビターなショコラの風味と合わさります。

ロイヤル・ショコラ 【ヴィタメール】

出典:www.wittamer.jp

4個:1728円
6個:2592円

かつてベルギー王室御用達の老舗として王室の特別なおもてなしに使われたヴィタメール。シャンパン、ブランデー、ワイン、ラムの4種類の上質な洋酒がそれぞれベルギー産チョコレートと絶妙なバランスで組み合わせられたロイヤル・ショコラは、ピラミッド型の美しいショコラでベルギー王室御用達らしい贅沢で芳醇な味わいを楽しめます。

チェリーボンボン 【グマイナー】

出典:www.konditorei.jp

2個:972円
4個:1944円
6個:2916円

ヨーロッパ各国で修業したフォルカー・グマイナーの故郷ドイツのお菓子をベースにヨーロッパ各国の菓子・文化が融合されたオリジナリティーあふれるグマイナー。良質な素材を使用し添加物を極力使用しないことをモットーとしています。サクランボから作ったお酒のキルシュヴァッサーに6か月間漬け込んだチェリーをチョコレートでコーティングしたチェリーボンボンは、グマイナーの看板商品です。

シブースト【ブールミッシュ】

出典:boulmich.shop

ホール:1296円
角:1620円
カット:486円

パリのベッケル菓子店で製菓修行をした店主の吉田菊次郎が古い文献を探り、パリの菓子職人のシブースト氏が考案したアントルメのクレーム・シブーストを再現したシブースト。 パータフォンセというパイ生地に卵や生クリーム、砂糖を合わせたクリームとバターでソテーしたリンゴをのせ、カスタードクリームにゼラチン、ムラングを合わせたクリームがキャラメリゼされています。爽やかな甘さで風味が良く、ほっこりと癒されるお味です。

バーレット プラリネ アマンド 【レクレール・ドゥ・ジェニ】

出典:www.takashimaya.co.jp

756円

美味しくて美しいエクレアが評判でパリでも有数の人気店となったレクレール・ドゥ・ジェニ。日本では日本橋と横浜の髙島屋に初上陸しました。タルト生地にアーモンドが香るクリームを合わせヘーゼルナッツプラリネのガナッシュモンテクリームで仕上げたバーレット プラリネ アマンドは、口の中に広がるナッツの香ばしさとホワイトラムの香りのハーモニーを楽しめます。

ガトー・キュイ・アソート【アンリ・シャルパンティエ】

出典:www.henri-charpentier.com

Sボックス:1620円
Mボックス:2160円
Lボックス:3240円

ふたを開けた瞬間、思わず歓声があがりそうなガトー・キュイ・アソート。色とりどりのかわいらしい焼き菓子やフィナンシェとマドレーヌ、サクッと軽やかなクッキーが詰め合わせられています。アンリ・シャルパンティエの代表商品が一度に楽しめるお菓子の宝石箱のような一品で、ホームパーティーのおみやげにも喜ばれそうです。

フリアンディーズ 【オーボンヴュータン】

出典:blog.livedoor.jp

12個:1890円
18個:2700円

日本が世界に誇るフランス菓子店のオーボンヴュータン。蓋を開けると目にも鮮やかな色とりどりのプチケーキが箱一杯に詰まったフリアンディーズは、プチケーキではありながらも1つ1つのケーキにこだわりを感じられます。しっかりとした濃厚な味わいのセットでリキュールが利いているものが多く、大人の味です。

ニューヨークチーズケーキ【グラマシーニューヨーク】

出典:www.gramercy-newyork.com

10個:2160円
15個:3240円

スタイリッシュなニューヨークスタイルのスイーツショップのグラマシーニューヨーク。クリームチーズ、マスカルポーネチーズなど数種類のチーズをブレンドして焼き上げられた、グラマシーニューヨークのロングセラーのニューヨークチーズケーキは、ひとつずつのチーズのコクや味、なめらかさ、優しい後味が楽しめます。見た目の美しさやパッケージやラッピングのおしゃれさ、深く満足感の得られる味わいながらも比較的リーズナブルに手に入り、贈り物にも自分へのお土産にもピッタリです。

マロンシャンテリー【東京會舘】

出典:www.kaikan.co.jp

980円

創業より90周年を迎え老舗ならではのフランス菓子を取り揃える東京會舘。近くにある日本橋三越にも東京會舘は入っていますが、生ケーキの取扱いはありません。東京會舘初代製菓長の勝目清鷹がモンブランを見て、日本人向けにアレンジして発案したマロンシャンテリーは、雪のような生クリームの中に金色にかがやく栗が隠れた生クリームと栗だけのシンプルなケーキでパティシエの腕と素材が問われます。

あも【叶匠寿庵】

出典:www.kanou.com

1296円

滋賀の大津に本店を構え創業54年という若さながらも素材にこだわった本格的な甘味が堪能できる叶匠寿庵。小豆と柔らかな求肥を合わせた棹菓子のあもは、羊かんのような見た目で好みの大きさに切り分けて楽しめます。小豆で覆われるつるつるとした表面のきめの細かい餅は、やわらかく冷蔵庫で冷やしてから食べると餅が固まりよりおいしくなります。餅を囲む小豆は粒あんで形崩れのない大粒のものがぎっしりと詰まり、丹波大納言小豆の粒をつぶさないように手炊きにこだわって仕上げられました。

京ふうせん【末富】

出典:www.kyoto-suetomi.com

28枚:1080円

昔ながらの格式を守り、大量生産ではないこころのこもったお菓子を作る末富。味覚だけでなく、色や形から目、お菓子の銘から耳で楽しめる京菓子となっています。小さい麩焼き煎餅をふうせんに見立ててお砂糖で 京の色目を表現した京ふうせんは、ふうせんという名前の通りふんわりした軽さや口溶けのよさ、ほのかで上品な甘さが京菓子らしい繊細な味わいです。

草だんご折り詰【高木屋老舗】

出典:www.takagiya.co.jp

12粒:650円
20粒:1100円
30粒:1700円

明治元年創業の古くから柴又帝釈天の参拝客に団子などを振る舞うとされる高木屋老舗。「男はつらいよ」シリーズで渥美清さんが演じた主人公 車寅次郎の実家の団子屋「くるまや」のモデルとなったことで知られています。毎日使う量だけひかれた特選のコシヒカリや筑波山麓の澄んだ空気の下で育ったよもぎ、北海道産の一級の小豆が使用され、上品な甘さに仕上げられています。添加物を一切使用していない自然食品です。

京観世【鶴屋吉信】

出典:www.turuya.co.jp

1512円
個包装1個:260円

享和三年創業以来210年以上、自然な素材の持ち味を風味に生かすことにこだわる鶴屋吉信。粒あんの羊羹と米粉とこし餡を混ぜそぼろ状にした村雨を巻きすで巻いた棹菓子の京観世は、京都の老舗和菓子店の伝統和菓子で見た目がユニークで美しいのが特徴です。羊羹だけじゃないお得感と甘すぎないけれど安定感のあるしっとりとした舌触りを楽しめます。

東京土産は日本橋高島屋で

いかがでしょうか。高島屋最大規模といえる日本橋高島屋には、誰もが知る人気店や日本初出展の店舗など様々なお店が立ち並びます。今回は定番商品を紹介しましたが、お店には季節限定の商品もたくさんあります。ぜひ実際に足を運び、贈り先にぴったりの一品を見つけてみてください。

この記事のキーワード

この記事のライター

こばこ

女子大生。

関連する記事

あわせて読みたい

_mi__24
こばこ

女子大生。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介