冬でも!彼女と食べたい絶品アイスクリーム

アイスクリームは夏のもの。実は、1年間でアイスクリームが売れる季節は冬だそう。最近では、おしゃれなアイスクリーム店が増えてきました。そんな、おしゃれで美味しく、話題のアイスクリーム店をご紹介します。

nakamomomomonakamomomomo
  • 3,994views
  • B!

彼女を連れて行きたい!おしゃれなアイスクリーム店

寒い冬にアイスクリーム。寒気がしそうですが、日本のアイスクリームの消費量は冬が一番とのこと。最近では、おしゃれなアイスクリームのお店が増えてきました。意外にも、冬でも店内で冷たいアイスクリームを食べている方が多いのに驚きます。おしゃれで、しかも誰かに教えたくなるようなアイスクリーム店をご紹介します。

1.スティック型ジェラートの専門店「ブオン・アモーレ」

出典:macaro-ni.jp

出典:www.fashionsnap.com

神楽坂にある、新しいアイスのスタイルを提案する、ブオン・アモーレ。
今や海外で話題の新たなアイスのスタイルで、スティック状のジェラートとソフトタイプのジェラートを提供しています。このお店の特徴は、砂糖は不使用で、野菜から抽出した甘味料で甘さを補い、トッピングにグラノーラやナッツ、ドライフルーツを組み合わせたヘルシーでオーガニックな味。ベースのジェラートは、濃厚なミルクながらに、甘さが控えめなため、とってもさっぱりとした味わい。カロリーが気になる彼女にもすすめたくなるジェラートです。

営業時間:
【火~金、日】11:00~19:00
【土】11:00~20:00 日曜営業
住所:東京都新宿区天神町67-8 天神ビル1F
TEL:03-6265-3030
定休日:月曜日

BUON’AMORE

グラノーラ&ジェラート専門店BUON’AMORE(ブオン・アモーレ)は、 日本ではまだ珍しい砂糖不使用のスティックタイプジェラートと グラノーラ、ドライフルーツを販売しています。

2.ブリオッシュに挟まれたとろけるアイス「ブリオッシュ・コン・ジェラート」

出典:kuropagu.exblog.jp

出典:plus.google.com

出典:blog.livedoor.jp

清澄白河から徒歩圏内にある小さなお店、ブリオッシュ・コン・ジェラート。
今やコーヒーの聖地とも呼ばれる清澄白河周辺にある、こじんまりとしたお店です。
イタリアのシチリア地方発祥の温かいブリオッシュパンに、ジェラートを組み合わせたスイーツ。温かいブリオッシュにジェラートを挟むので、アイスがトロけて、温かい中に冷たさを、両方を楽しめる新食感。男性にもおすすめしたい一品です。ジェラートは手作りで、どれも濃厚。ジェラートとしても食すことが可能です。コーヒーを堪能するついでに、立ち寄りたいお店です。

営業時間:10:30~19:30 日曜営業
住所:東京都江東区三好2-1-6
TEL:03-5809-8436
定休日:月曜日

ブリジェラ (Brigela) - 清澄白河/アイスクリーム [食べログ]

ブリジェラ/Brigela (清澄白河、森下、門前仲町/アイスクリーム)の店舗情報は食べログでチェック!【分煙 / 禁煙】口コミや評価、写真など、ユーザーによるリアルな情報が満載です!地図や料理メニューなどの詳細情報も充実。

3.人気のショコラ店のジェラート「ジェラテリア テオブロマ」

出典:www.haconiwa-mag.com

出典:30min.jp

神楽坂にあるジェラートの人気店、ジェラテリア テオブロマ。
チョコレート専門店として有名な代々木公園にあるチョコレート専門店の「THEOBROMA・テオブロマ」が手がける本格ジェラート店です。お店は、ヨーローッパの街並に一瞬迷い込んだかのような路地裏に。
テオブロマが手がけるだけあり、ジェラートは口どけが良く、なめらかな舌触り。チョコレートはもちろん、濃厚で絶品!季節ごとに変わる、贅沢なオリジナルパフェもおすすめです。神楽坂デート中にスイーツを探すなら、ぜひ。

営業時間:10:30~19:30(L.O.19:00) ランチ営業、日曜営業
住所:東京都新宿区神楽坂6-8 BORGO大〆 1F
TEL:03-5206-5195
定休日:年中無休(但し年末年始を除く)

4.ジャパニーズアイス「OUKA」

出典:kuropagu.exblog.jp

出典:www.masaemon.jp

恵比寿から徒歩3分、日本各地のこだわりの旬の素材を使った和風のアイスクリームやジェラートを提供するOUKA。
アイスの種類は豊富で、きな粉や抹茶、ごま、黒蜜といった日本の素材を活かした、和テイストのアイスが食べられます。どれも手作りなので、素材にこだわりがあるからこそ、味もしっかりと濃厚。和ということもあり、さっぱりと食べられます。また、季節に合わせたジェラートやパフェも人気。店内はこじんまりとしたカウンター席のみですが、カップルも多いので、気軽に入れるお店です。また、テイクアウトもできるので、お家でゆっくり食べるのもおすすめ。

営業時間:
【3月~10月】
11:00~23:30(L.O.23:00)
【11月~2月】
12:00~23:00(L.O.22:45)
夜10時以降入店可、日曜営業
住所:東京都渋谷区恵比寿1-6-6 土田ビル 1F
TEL:03-5449-0037
定休日:無休

東京恵比寿 ジャパニーズアイス櫻花

5.東京ソラマチにある「東毛酪農63℃」

出典:www.tokyo-solamachi.jp

出典:www.hotpepper.jp

スカイツリーのある東京ソラマチにある、東毛酪農63℃。した味わい。店内は、牧場風のモダンな作りで、ミルクタンクが目をひきます。
お店の名前からして、何なのか?と疑問に感じるかもしれません。このお店の63℃というのは、63℃30分で低温殺菌された生成された、極上のフレッシュミルクをたっぷりと使用したソフトクリームを作っているということ。フレッシュミルク使用なので、濃厚ながら後味はどこかキレのあるスッキリとした味わい。また、コーンにもこだわりがあり、オリジナルの黒い竹炭ごまコーン、手焼きワッフル等、アイスと一緒にカリッとした香ばしさとともに、美味しさを2度味わえます。
スカイツリーデートの帰りに、ぜひ立ち寄りたいお店です。

営業時間:10:00~21:00 日曜営業
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ 4F
TEL:03-5809-7134
定休日:無休

冬でも彼女と行くなら ジェラート&アイス専門店へ

今話題のスイーツに目がない、世の女性達。特に最近人気のジェラートやアイス、かき氷など、冷たいスイーツが注目されています。そんな中、おしゃれなジェラートやアイスなら、季節関係なく女性は喜んでくれるもの。デートでちょっとスイーツ食べたいな、と思った時に、話題の人気店に連れていってもらえたら、きっと嬉しいことでしょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

nakamomomomo

美味しいものには目がなく、穴場なお店などを探しては食べてに行っています。また、日本の作家さんなどが丁寧に手作りした現代的なユニークな作りのデザインや品が好きです。

関連する記事

あわせて読みたい

nakamomomomo
nakamomomomo

美味しいものには目がなく、穴場なお店などを探しては食べてに行っています。また、日本の作家さんなどが丁寧に手作りした現代的なユニークな作りのデザインや品が好きです。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と単車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

yukib5

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介