こんなにこだわるブランド見たことない!「Johnstons」の魅力を徹底解説

原毛の厳選からニッティングまで、製品を作る上で必要な全ての工程を自分たちで行っているのがジョンストンズです。こだわり抜かれた高品質なアイテムは、1797年の創業時から多くの人に愛されています。

makinokoまっきー
  • 2,802views
  • B!

1797年から始まる老舗ブランド

出典:sumsum-import.shop-pro.jp

ジョンストンズ・オブ・エルガンは、"最高のもののみが全て"という経営理念に基づき、
全ての工程に熟練の技術と信頼のおける品質をもって操業しております。

出典:www.johnstons.jp

ジョンストンズ社は1797年にスコットランドの北東に位置するエルガンで創業しました。
200年以上にわたって昔と変わらず、原毛の厳選から染色、ウィーブング、ニッティングまですべての工程を自らの手で行っています。
カシミヤやビキューナ、メリノウール、ラムズウール、キャメルヘアーなどの高級素材を高品質で作り上げた製品を販売しており、その信頼は今も変わることなくあり続けています。

創業間もない1801年からウールを中心とした手織ビジネスを展開し、ジョンストンずの代表であるエステートツイードは1840年代初期から作られるようになりました。
エステートツイードとは、同じ地域で働き生活する人たちを特定する織柄のことを指します。このエステートツイードは、狩猟用として使われることもあり、身を守るためにスコットランドの山々にうまく溶け込むような配色がなされています。
スコットランドの天候は非常に厳しく、機能性を重視して作られたエステートツイードは重い生地野物しかありませんでした。しかし、1800年代後半になると、冬の防寒具だけでなくファッションアイテムとしての視点も加わったことで、軽い生地のより一般的なアイテムも出てくるようになりました。

今ではニット製品のイメージの強いジョンストンズですが、実はニットウェアの製造が始まったのは1960年代のことです。
ここから生まれるカシミヤ製品は、その品質レベルから世界中のトップデザイナーや高級メゾンなど、本物を求める顧客に支持されています。

「シンプル&クラシカル」がジョンストンズの特徴!

もともと機能性を重視して作られていたというだけあって、デザインはシンプルなものが多いのが特徴です。しかし、スコットランドの景色に寄り添うようなデザインはシンプルなデザインの中にクラシカルな、上品なエッセンスを加えてくれます。

タートルネックニット

出典:lea-mills.jp

クラシカルな着こなしがトレンドになりそうな今年の秋冬スタイル。そんな中で絶対に欠かすことができないのが「タートルネックニット」です。
昨年も好評だったというジョンストンズのこのアイテムですが、今年はデザインに改良を加えてさらに着やすくなりました。
このアイテムは細めの編み糸を使用しているので上品な雰囲気を演出することができます。また、タートルネックは素材が良くないと首周りが痒くなってしまったりと、意外と品質が重要になってくるのですが、品質に自信のあるジョンストンズではそんな心配をする必要もありません。
首周りがややゆったりとしているデザインなので、インナーにシャツを着て重ね着を楽しむこともできます。

出典:lea-mills.jp

このニットはカラーバリエーションが豊富なので、コーディネートに合わせたカラーチョイスが可能です。
タートルネックは上品なイメージが強いので、あえて太めのパンツを合わせてリラックスしたスタイルで着るとかっちりだけでなくお洒落に見えるでしょう。
肩の力の抜けたようなリラックススタイルにジャケットやハットでクラシック要素を加えれば今年らしさ満点スタイルの完成です。
全体的に暗い秋色でまとめられているので、その雰囲気を壊さないようにオフホワイトのシューズで色のバランスをとるとさらにGOOD!

ポロニット

出典:lea-mills.jp

クラシックスタイルを作る上でぜひ持っていただきたいのがこの「ポロニット」です。
襟がついているのでどことなくクラシカルな雰囲気を演出することができますが、ポロシャツの形とニットの柔らかさがカジュアルな要素を加えてくれて、程よいバランス感を実現させています。
昔から変わらない大き目の襟と、アレンジの幅が広がるターンバック仕様の袖がポイントです。
一枚で着てもよし、インナーを着て重ね着を楽しむのもよし。
着こなしのバリエーションが豊富な優秀な一枚です。

出典:lea-mills.jp

インナーにチェックのシャツを着て柄をちらりと見せるとカジュアルな雰囲気になります。
ボトムスはあえてデニムを合わせてアメカジ風に。デニムは濃いめの色を選んで子供っぽくならないようにしましょう。
裾を折って短めの丈にすると今年らしい着こなしに。スリッポンでカジュアルにまとめながらも、ハットとニットのクラシカル要素によってどことなく上品な雰囲気の大人アメカジスタイルを作ることができます。

出典:lea-mills.jp

こちらのスタイルではタートルネックをインナーとして重ねることでクラシック感の強い着こなしに仕上げています。
ジャケットとパンツが黒なので、重くならないようにネイビーのニットをチョイスしています。
秋冬コーデではジャケットは欠かすことのできない王道アイテムになっています。そこで、今年っぽさを出すためにベロア素材のジャケットを合わせると去年までとは違った雰囲気に。
ブラックやネイビーのような暗めの色合いに、ちらっと見える白のタートルネックがとても印象的なコーディネトです。

クルーネックカーディガン

出典:lea-mills.jp

定番アイテムだからこそぜひジョンストンズのカーディガンを持っておきましょう。
ベーシックアイテムは質が良ければ良いほど着る人のセンスを見せてくれます。
また、糸は細めなので薄く見えますが、手に取ってみると意外と厚手なのが特徴です。
カットソーの上からさらりと羽織るのも、シャツの上から羽織るときもおすすめです。
寒い日に一枚着るだけでも効果は抜群です。

出典:lea-mills.jp

カジュアルな雰囲気にしたいならカットソー、気温が下がってきてもう少し厚着をする必要が出てきたときにおすすめしたいのがタートルネックです。
暗めのカーディガンを選ぶときには白のタートルネックがおすすめです。白のタートルはクラシックな雰囲気を強めてくれるのでぜひ使いこなせるようになりましょう。
白は雰囲気が強すぎてなかなか手が出しにくいという方はグレーがおすすめです。グレーは色の暗さに幅があるので、自分が着やすい色味を選んでみましょう。
パンツはジーンズが基本ですが、今年っぽくしたいなら茶色のパンツが合わせやすくておすすめです。

プレゼントにも最適

出典:www.johnstons.jp

男性にも女性にもどちらにプレゼントをしても喜ばれるのがニットアイテムです。
ちょっとした小物なら手袋やストールなどがおすすめです。寒い冬空の下での良品質のニットアイテムは冷え切った体を温めてくれることでしょう。
デザインもシンプルなものが多いので身につける人も選びません。プレゼントを何にするか決めかねている方はジョンストンズのアイテムを検討してみるのも手かもしれません。

海外スナップに学ぶ!モテる男の上品大人なニットコーデ

海外スナップに学ぶ!モテる男の上品大人なニットコーデ

RisakoRisako
2015AWコレクションから学ぶニットのトレンディな着こなし方【タートルネック編】

2015AWコレクションから学ぶニットのトレンディな着こなし方【タートルネック編】

VOKKA編集部ファッション班VOKKA編集部ファッション班
【旬アイテムを先取り】ホワイトニットセーターを押さえるべし!?

【旬アイテムを先取り】ホワイトニットセーターを押さえるべし!?

VOKKA編集部ファッション班VOKKA編集部ファッション班
Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

この記事のキーワード

この記事のライター

まっきー

東京生まれ大阪育ちの慶応義塾在学の女子大生です。グルメ、ファッション、あとは旅行が大好き。でも実は、それと同じくらい手の綺麗な人が好き!

関連する記事

あわせて読みたい

makinoko
まっきー

東京生まれ大阪育ちの慶応義塾在学の女子大生です。グルメ、ファッション、あとは旅行が大好き。でも実は、それと同じくらい手の綺麗な人が好き!

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yannma5

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

>>ライター紹介