【三重】熊野周辺でおすすめのカフェ10選

ユネスコ世界文化遺産「熊野古道」で知られる三重県熊野市には、観光や巡礼の途中に立ち寄れるカフェがたくさんあります。この記事では、熊野の自然や歴史、文化を感じられる熊野周辺でおすすめのカフェを10選紹介していきます。

kumakumaillustkumakumaillust
  • 2,164views
  • B!

アイキャッチ画像出典:kumano-kankou.com

熊野のカフェは市街地や浜街道に集中

ユネスコ世界文化遺産「熊野古道」で知られる三重県熊野市です。神秘的な大自然の中で神道と仏教の信仰に触れ、豊富な天然温泉を楽めることから、国内外の人が訪れる人気の観光地です。そんな熊野には観光や巡礼の途中に立ち寄れるカフェが、熊野の主要な観光名所が集中する熊野の市街地や、七里御浜沿いを走る浜街道を中心に点在しています。この記事では、そんな熊野周辺でおすすめのカフェを10選紹介していきます。

1. 熊野古道おもてなし館

出典:kumano-kankou.com

熊野市の旧街道本町通りに位置する「熊野古道おもてなし館」です。国の登録有形文化財に指定されている、築130年の古商家を改修した休憩所です。館内にはテーブル席と座敷席があり、中庭を見ながらお食事ができます。物販コーナーでは地元名物のお土産を購入できます。熊野古道のパンフレットも入手できるので、観光前の情報収集&腹ごしらえにぴったりです。

メニューは、熊野地方の郷土料理「めはり寿司」や、干物とうどんが付く「めはり寿司定食」、「熊野地鶏と古代米カレー」、熊野地鶏入り「古代米うどん」など、この地ならではのお食事を中心に、コーヒーやアイスティー、ぜんざい、ごま団子などの軽食も揃っています。

住所    :三重県熊野市木本町204
電話番号  :0597-70-1231 (熊野古道おもてなし館)
営業日・時間:9:30~16:30
定休日   :月曜日(祝日の場合は営業)、12/30~1/2
アクセス  :(電車)東海旅客鉄道紀勢本線・熊野市駅より徒歩約11分またはタクシーで約2分
       (車)熊野尾鷲道路・熊野大泊ICより約5分
駐車場   :あり

熊野古道おもてなし館 | 世界遺産・熊野古道/熊野市観光公社

熊野市観光公社は世界遺産である熊野古道、熊野参詣道、伊勢路、七里御浜、花の窟、鬼ヶ城と獅子岩の観光情報をお届けします。

2. 山茶郷

七里御浜の美しい海景色と「獅子岩」を特等席で眺められる「山茶郷(サンチャゴ)」です。世界遺産の「獅子岩」と「花の窟神社の近く」に立つ、喫茶・お食事処です。お店もお料理も老舗ならではの昭和感があり、レトロ好きにはたまらない空間です。ゆっくりできるので、ドライブの休憩にぴったりです。

メニューは、和定食や丼もの、軽食、ソフトドリンクも充実している飲み物、デザートです。モーニングサービスやランチサービスもあります。軽食は手作りカレーやナポリタン、サンドイッチなど、喫茶王道のメニューが並びます。

住所    :三重県熊野市木本町204
電話番号  :0597-70-1231 (熊野古道おもてなし館)
営業日・時間:9:30~16:30
定休日   :月曜日(祝日は営業)、12/30~1/2
アクセス  :(電車)東海旅客鉄道紀勢本線・熊野市駅より徒歩約11分またはタクシーで約2分
       (車)熊野尾鷲道路・熊野大泊ICより約5分
駐車場   :あり

喫茶・ランチ 山茶郷 - 熊野市 獅子岩のすぐ近くの、海の見えるカフェレストランです。日替わりランチあります。

3. 道の駅パーク七里御浜

御浜町は1年中みかんが取れる“みかんのまち”で、御浜町大字阿田和、国道42号沿いにある「道の駅パーク七里御浜(みちのえき パークしちりみはま)」にも、みかんを使ったお菓子やゼリーなどのお土産やみかん工場、みかんジュースの飲み比べができるスタンドがあり、みかんを存分に堪能できます。

みかんジュースの飲み比べは、500円で8種類の中から3種類を選ぶことができます。メニューにはそれぞれの特徴や成分が書かれているので、旬のミカンや自分好みのみかんを選ぶことができます。果汁100%のみかんジュースはどれも味が異なり、ちょっとした感動があります。また、みかん甘酒やホットみかんジュース、みかんソフトクリームなどもあるので、いろいろ試してみてください。館内には眺望レストランもあり、海の幸を中心としたお食事もいただけます。

住所    :三重県南牟婁郡御浜町大字阿田和4926-5
電話番号  :05979-2-360
営業日・時間:ショッピングセンター 9:00~22:00、
       観光センター 月~土曜日9:00~17:30、日曜日9:00~17:00
定休日   :年中無休
アクセス  :(電車)東海旅客鉄道紀勢本線・阿田和駅より徒歩約3分
       (車)熊野尾鷲道路・熊野大泊ICより約16分
駐車場   :あり(バス6台、普通車250台)

観光センター・レストラン・お土産 | 道の駅パーク七里御浜 | 三重県御浜町

熊野古道・熊野三山へのキーステーション「道の駅 パーク七里御浜」には2階レストラン『ごちそうダイニング』で平日は海の幸を使った定食が食べられ、土・日・祝祭日にはビュッフェに変わり、海の幸・畑の幸が召し上がれます。 またレストランから見る熊野灘、渚百選に選ばれた七里御浜海岸が一望できます。

4. 鬼ヶ城センター

出典:onigajyo.mie.jp

世界遺産「鬼ヶ城」に隣接する「鬼ヶ城センター」です。観光情報センターや、特産品を取り揃えた売店、テイクアウトコーナー、レストランを備えた施設です。熊野観光の始まりに立ち寄って、最新情報を入手したり、ご当地グルメで腹ごしらえしましょう。

軽食を楽しむなら、1階のテイクアウトコーナーがあるのでそちらで注文することをおすすめします。熊野で生まれた柑橘・新姫を使った「新姫ソフトクリーム」や、揚げたての海老カツとキャベツ、新姫の酸味を効かせたタルタルソースが食欲を進ませるご当地バーガー「新姫バーガー」をいただけます。がっつり派は海が一望できる2階のレストランで、熊野地鶏や熊野鯛を使ったメニューがおすすめです。

住所    :三重県熊野市木本町1835-7
電話番号  :0597-89-1502
営業日・時間:ショッピングセンター 9:00~22:00
       観光センター 月~土曜日9:00~17:30、日曜日9:00~17:00
定休日   :年中無休
アクセス  :(電車)東海旅客鉄道紀勢本線・大泊駅より徒歩約16分、またはタクシーで約2分
       (車)熊野尾鷲道路・熊野大泊ICより約2分
駐車場   :あり

鬼ヶ城センター

5. イルレガーロ

出典:www.za.ztv.ne.jp

国道42号線いにある「イルレガーロ」。夏の風物詩・熊野大花火大会の会場近く、窓から海が見えるアットホームなイタリアンレストランです。自慢のパスタと地元食材のハンバーグ、2種類のランチメニューが美味しいと評判です。ディナーは、旬の素材と厳選したイタリア食材を使ったその日だけのメニューとワインのマリアージュを楽しめます。

ランチメニューは、ボードに書かれた本日のパスタから選べるパスタセット、幻の美熊野牛と高級品の石清水豚を使ったハンバーグのワンプレート。どちらも自家製バルサミコドレッシングのサラダとスープ、プチ前菜が付き、パスタにはパン、ハンバーグにはライスが付きます。さらにプラス料金で、デザートセット、コーヒーセットにすることもできるので、優雅なランチコースを楽しめます。パスタはお肉と魚のパスタで、昼から贅沢な一皿です。ハンバーグはふわふわでジューシー、コーヒーは香り引き立つ味わい深く、デザートも美しく、お店が混んでいるのも納得です。確実に食べたい人は予約をおすすめします。

住所    :三重県熊野市木本町171 
電話番号  :0597-89-0300
営業日・時間:ランチ 11:30~14:00、
       カフェ 14:00~17:00(木・金・土曜日16:00まで)
       ディナー17:00~21:00(木・金・土曜日のみ)
定休日   :日曜日、第2月曜日
アクセス  :(電車)東海旅客鉄道紀勢本線・熊野市駅より徒歩約9分、またはタクシーで約2分
       (車)熊野尾鷲道路・熊野大泊ICより約2分
駐車場   :あり(5台)

Il Regalo 熊野市 イタリア料理店イルレガーロ

熊野市のR42号線沿いのアットホームな雰囲気のイタリアン、イルレガーロ。2種類のランチメニューは自慢のパスタと、地元食材のハンバーグ。ディナーは新鮮な旬素材と厳選したイタリア食材を使い、その日だけのメニューをご用意しております。

6. 片岡シェーク店

熊野市木本町の路地にある「片岡シェーク店」。昭和レトロな雰囲気とリーズナブルな価格が魅力の創業40年の飲食店です。近くに学校があることから地元の中高生が足しげく通う人気店で、メディアでもたびたび取り上げられていています。ボックス席が並ぶこじんまりとした店内は学生のたまり場の雰囲気があり、大人も学生時代を思い出しながら午後のひとときを楽しめます。

メニューは、ラーメン420円、大盛り520円、コーラ150円、各種ハンバーガー220円、フライドポテト160円、シェーク各種200円と、驚きの安さです。セットもチキンナゲットとコーラのセットが300円と、学生に優しい価格設定。ラーメンやハンバーガーはちゃんと具もしっかり入っているので、満足感があります。

住所    :三重県熊野市木本町114
電話番号  :0597-85-2005
営業美・時間:14:30~20:00(土・日曜日は11:30~)
定休日   :不明
アクセス  :(電車)東海旅客鉄道紀勢本線・熊野市駅より徒歩約10分またはタクシーで約3分
       (車)熊野尾鷲道路・熊野大泊ICより約3分
駐車場   :あり

店主は第二のお母さん…創業40年の「シェーク店」 地元中高生の激推しは塩ラーメンとバニラシェーク|FNNプライムオンライン

ラーメンに、シェークにフライドボテト。三重県熊野市にある創業40年の「片岡シェーク店」は、子供が大好きなメニューがズラリ。地元の中高生がこよなく愛するお店だ。熊野市木本町にある「片岡シェーク店」。店名についている「シェーク」はもちろん扱っているが、それ以外にラーメン、フライドポテト、ハンバーガーにアイス、ナゲット…と子供達が好きなメニューが豊富。40年前から構えるこのお店。近くに高校があることもあり、地元の中高生がこよなく愛するお店だ。中でも子供達がよく注文するのが、塩ラーメンとバニラシェーク…

7. Iru-Cafe &Stainedglass Atelier GITA

紀和町、熊野市立入鹿中学校近くにある「Iru-Cafe&Stainedglass Atelier GITA(イルカフェ アンド ステンドグラス アトリエ ジータ)」です。古民家をリノベーションした、人が集うカフェです。オーナーはステンドグラス作家で、カフェではステンドグラスやお香の教室、音楽イベント、そのほかにも旅行案内所の役目も果たしたりと色々のコミニティの場にもなっていいます。お店には人懐っこいワンちゃんとフクロウがいて、癒されますよ。

メニューは、「Iru-Caサンド」を筆頭に数種類のサンドイッチやチャバタサンド、「黒米とレンズ豆のスパイシーカレー」、オムライスなどのフードと、アイスなどのスイーツ、コーヒーやチャイ、みかんジュースなどのドリンク。食材は、地場野菜や地元のパン屋さんのパンが使われています。

住所    :三重県熊野市紀和町小栗須29-5
電話番号  :080-1763-2718
営業日・時間:9:00~16:00
定休日   :月~水曜日
アクセス  :(電車)東海旅客鉄道紀勢本線・熊野市駅よりタクシーで約33分
       (車)熊野尾鷲道路・熊野大泊ICより約34分
駐車場   :あり

Yukiko Higashi (@iru_cafegita_) • Instagram photos and videos

838 Followers, 244 Following, 1,661 Posts - See Instagram photos and videos from Yukiko Higashi (@iru_cafegita_)

HOME | Atelier GITA

8. Hane Cafe

熊野大泊インターの近くにある「Hane Cafe」です。モノトーンの外観と白を基調にした店内、海が見えるテラスが素敵なおしゃれカフェです。ランチもスイーツもメニュー豊富で期間限定も登場し、どれもが映えるので、流行に敏感な人も食いしん坊さんも満足できますよ。

ランチメニューは、お店一番人気の「ふわしゅわスフレオムレツドリア」や、平日限定・希少和牛を使った「美熊野牛煮込みハンバーグプレート」、キーマカレーなどのプレートランチ、サンドイッチなどがサラダ・ドリンク付きで楽しめます。デザートは食後用のミニサイズでプリンやクロッフル、フォアガードなどを楽しんだり、パンケーキやアイスクリームケーキ、ミニケーキ、フレンチトースト、期間限定スイーツを味わうことができます。

住所    :三重県熊野市有馬町124−17−18
電話番号  :090-2625-8859
営業日・時間:火~木曜日11:00~17:00、土・日・祝日10:00~17:00
定休日   :月・金曜日(祝日は営業)
アクセス  :(電車)東海旅客鉄道紀勢本線・熊野市駅より徒歩約12分またはタクシーで約2分
       (車)熊野尾鷲道路・熊野大泊ICより約4分
駐車場   :なし

HaneCafe|熊野市/カフェ

海が眺められる自然豊かなカフェ

9. Cafe Bougie

井戸町、オレンジロード沿いにある「Cafe Bougie(カフェ ブージー)」です。熊野市駅前の人気カフェ店が2020年にこの地に移転。白を基調にした、木のぬくもりと緑を感じられるおしゃれな店内には、カウンター席とテーブル席、お座敷もあり、アットホームな雰囲気の中でモーニングやランチが楽しめます。一人や子連れ、常連さんで賑わい、フードは早々に完売することもあるので、早めの来店もしくは予約が確実です。

モーニングはドリンク・トースト・ゆで玉子・ヨーグルト、サラダ・ベーコンなどが付く3セットがあり、おなかの具合に合わせて選べます。ランチはドリンク付きの日替わり定食で、ハンバーグや唐揚げなど3~4種類ほどの中から選ぶことができます。メインにはたっぷりのサラダも添えられ、栄養バランスもよく、無料で大盛りごはんに変更できるのでおなか一杯になれます。ほかにも、お子さまプレートのランチや、ランチにプラス料金で付けられるハーフサイズのケーキもあります。

住所    :三重県熊野市井戸町341-5 ニューパブリックビル1F
電話番号  :0597-89-5051
営業日・時間:9:00~17:00
定休日   :日曜日、第3月曜日、臨時休業あり
アクセス  :(電車)東海旅客鉄道紀勢本線・熊野市駅より徒歩約10分またはタクシーで約3分
       (車)熊野尾鷲道路・熊野大泊ICより約6分
駐車場   :あり

10. bookcafe kuju

人口わずか28人(2020年国勢調査)の熊野川町九重にある「bookcafe kuju(ブックカフェ クジュウ)」です。旧九重小学校をリノベーションしたブックカフェです。校舎にはカフェ以外にもリラクゼーションのお店や、石窯パン屋「パンむぎとし」も入っていて、ノスタルジックな世界が広がっています。カフェの教室は、カフェと本屋に区分されています。迷路のような本屋エリアでは集中して本を選ぶことができ、カフェエリアでは木の机と椅子や、窓際には田園風景を一望できるカウンター席が設けれ、九重ならではののんびりとした時間を過ごすことができます。ただし、スペースの関係上、5名以上の場合は入店できない場合があるのであしからず。

メニューはドリンク、デザート、パン、フードです。自家焙煎コーヒーや地元由来のジュース、給食室でつくられる「パンむぎとし」のオーガニックパンを使ったトーストやサンドイッチなどを味わえます。フードはカレーやサンドイッチをセット食べられる数量限定メニューで、ランチにぴったりです。

住所    :和歌山県新宮市熊野川町九重315 九重小学校
電話番号  :0735-30-4862
営業日・時間:11:00~17:00
定休日   :月~金曜日、臨時休業あり
アクセス  :(電車)東海旅客鉄道紀勢本線・熊野市駅よりタクシーで約39分
       (車)熊野尾鷲道路・熊野大泊ICより約42分
駐車場   :あり

Bookcafe kuju | Shingu-shi Wakayama

Bookcafe kuju, Shingu, Wakayama. 2,376 likes · 480 were here. bookcake kujuの営業情報やメニュー紹介、その日のkujuの様子をお伝えしていきます。

熊野のカフェで一息つこう

今回は、景勝地カフェやリノベーションカフェ、昭和レトロな飲食店、本格パスタを出すトラットリアなど、熊野の魅力を存分に感じられる唯一無二のカフェを紹介しました。紀勢自動車道・熊野尾鷲道路が開通し、名古屋からも大阪からもアクセスが良くなった熊野。観光や巡礼、ドライブで訪れた際には、今回紹介したカフェにも立ち寄って、美味しいものや甘いものでほっと一息ついてくださいね。

この記事のキーワード

この記事のライター

kumakumaillust

イラストも文章も手掛けるフリーのイラストレーター。

関連する記事

あわせて読みたい

kumakumaillust
kumakumaillust

イラストも文章も手掛けるフリーのイラストレーター。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

斉藤情報事務3

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

VOKKA編集部グルメ班4

VOKKA編集部グルメ班

VOKKA編集部グルメ班です。本当に美味しい名店だけをご紹介できるよう日々リサーチいたします。

05micco5

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

yukib6

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介