【静岡】袋井でおしゃれでおすすめのカフェ10選

静岡県の袋井市でおすすめするお洒落なカフェをピックアップしました。東海道の宿場街として発展した袋井市は、茶葉やマスクメロンの栽培が盛んなエリア。日本茶やメロンのスイーツを供するカフェから、ランチが美味しいカフェまでユニークなカフェが揃っています。今回は袋井市で一押しのお洒落なカフェを10選ご紹介しましょう。

saitoinformationbusiness斉藤情報事務
  • 5,113views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.fruitcafeniji.com

お茶とメロンとカフェ

出典:www.fruitcafeniji.com

東海道の宿場で江戸から数えても京都から数えても27番目であったため、”どまんなか”を掲げるのが袋井市です。全国でも有数の日照時間を誇っており、山間部では茶葉などを、平地部では米やメロンなどの栽培が盛んに行われています。

袋井市には日本茶やメロンのスイーツなどを供するカフェもあり、ランチが人気のカフェなどユニークなお洒落カフェが揃っています。今回は袋井市でドリンク・フード・インテリアなどがお洒落なカフェをセレクト、10店の厳選カフェをご紹介しましょう。

1. IZACAFE coo‐kai?

出典:izacafe-cookai.gorp.jp

出典:izacafe-cookai.gorp.jp

JR袋井駅から車で5分ほどの商業エリアに立地するのが「IZACAFE coo‐kai?」です。白を基調に個性的なファニチャーが配された空間は広々として開放的、地元遠州の食材を駆使した遠州イタリアンを供しています。

店の一押しはなんといっても本格的な「ナポリピッツァ」で、ナポリから輸入した石窯で薪を使って焼き上げる絶品です。サクサク&モチモチが調和する食感を楽しむことができ、マルゲリータ・ロマーナ・ジェノベーゼなど多彩に取り揃えました。マリアージュさせるドリンクはカクテルがおすすめ、ワインカクテルやロングカクテルなど幅広いメニューからセレクトできます。

【基本情報】
住所  :袋井市川井868-4
電話  :050-5484-8577
営業時間:11:30~14:30(L.O 13:30、火~金曜日)
    :11:30~15:00(L.O 14:00、土・日曜日)
    :17:00~21:00(L.O 20:00、火~木・日曜日)
    :17:00~22:00(L.O 21:00、金・土曜日)
定休日 :月曜日(祝日の場合は営業することも有り)

IZACAFE coo‐kai?

2. mgy. BERGER

出典:mgy.sontyo.jp

出典:mgy.sontyo.jp

JR袋井駅から車で6分ほどの県道41号沿いにあるのが、袋井ハンバーガーショップの「mgy. BERGER」です。ホワイト&ウッドを基調とした店内はブラックのチェアやソファが映える空間、アーティスティックな雰囲気が漂います。

こだわりが詰まったハンバーガーは、地元のブランド牛である遠州袋井牛100%という贅沢なパティを使用しており、良質かつヘルシーな肉質が特徴です。バンズは全粒粉を配合したスタンダードと竹炭を配合したブラックの2種類、ソースはマヨネーズベースとトマトベースからセレクトできます。

アボカドやベーコンなどのトッピングも追加できますので自分好みのバーガーにすることもOK、ドリンクはハイネケン・コロナ・バドワイザーといったビールも用意しました。

【基本情報】
住所  :袋井市諸井1928-1
電話  :070-9055-0290
営業時間:11:30~15:00(L.O 14:30、なくなり次第終了)
    :18:00~20:00(L.O 19:30、なくなり次第終了)
定休日 :月~水曜日

mgy.BURGER

3. fruit cafe NiJi

出典:www.fruitcafeniji.com

出典:www.fruitcafeniji.com

JR袋井駅から車で15分ほど走った豊かな田園風景が広がる中にあるのが「fruit cafe NiJi」です。こちらは名倉メロン農場がメロンを栽培していたガラス温室をリノベーションしてオープンした農家カフェ。緑に囲まれた温室の中でメロンを味わうことができるユニークなスポットです。

メニューはまさにメロン尽くしで、カットメロンや100%メロンジュースをはじめパフェ・シャーベット・シェイクなどがあり「メロンのフルコース」も用意しました。そして季節限定のメニューとして「メロンのジュエリーバスケット」やシフォンケーキ・タルトなども、追熟して甘さを引き出した完熟メロンを至高の食べ頃で味わうことができます。

【基本情報】
住所  :袋井市山崎4334
電話  :0537-48-5677
営業時間:10:00~17:00(L.O 16:00)
営業日 :土日祝日、平日は要予約

fruit cafe NiJi

4. CAfE No.iE

出典:www.cafenoie.com

出典:www.cafenoie.com

JR愛野駅の南口から歩いて3分ほどという好立地のカフェが「CAfE No.iE」です。白い壁と碧い窓が印象的なカフェの中はパーティーができる広々としたフロアでスタイリッシュかつシックな空間で、テラス席も用意しました。

カフェタイムのおすすめメニューは自家製「季節のフルーツムース」で、プレートに描かれたソースが映えるフワフワ食感の一皿です。そして店の新名物?はランチやディナーで供される「No.iÉバーガー」で、旨味がギュっと詰まったパティと自家製ドレッシングが調和するボリュームたっぷりジューシーなバーガーです。

【基本情報】
住所  :袋井市愛野南1-2-14
電話  :0538-44-7100
営業時間:10:00~15:00(L.O 14:00、月・金~日曜日)
    :10:00~19:00(L.O 18:00、水・木曜日)
    :17:00~21:00(L.O 20:00、金~日曜日)
定休日 :火曜日

CAfE No.iE

5. CAFE OspiTare

出典:www.the-house-aino.co.jp

出典:www.the-house-aino.co.jp

JR愛野駅の南口から徒歩4分ほどの場所にある結婚式場「ザ・ハウス愛野」に隣接するのが「CAFE OspiTare」です。庭先にあるブックスペースとして使われるワーゲンバスがお洒落で、店内はナチュラルな色合いでシンプルモダンな空間に仕立てられています。

フードメニューはメインが週替わりの「AINOプレート」や「パスタセット」をはじめ、ピザのような「ブリオッシュマルゲリータ」や老舗の味「ターバンカレー」などユニークな料理を取り揃えます。そしてドリンクのおすすめは、色鮮やかな「ベリー・マンゴーティ・レモネード」の3種のドリンク。地元産牛乳を使う濃厚滑らかなプリンなどのスイーツはテイクアウトもOKです。

【基本情報】
住所  :袋井市愛野南2-1-1
電話  :0538-41-0077
営業時間:11:00~17:00(L.O 16:30、平日)
    :11:00~19:00(L.O 18:30、土日祝日)
定休日 :火・水曜日(祝祭日の場合は営業、お知らせを確認)

CAFE OspiTare

6. SPOON CAFE

出典:spooncafe.jp

出典:spooncafe.jp

JR愛野駅の北口を目の前にするマンションの1Fに入るのが「SPOON CAFE」です。モノトーンの色彩でまとめられた店内はコンクリート壁やガラスブロックなどを配したシックな空間で、レトロスタイルのカリモク60ものチェアで広い店内ではゆったりと寛げます。

素材にこだわる「SPOON CAFE」では、抗酸化物質ルテインを通常の5倍含有するルテイン卵を様々なメニューに使用しています。おすすめは「本日のシフォンケーキSet」で、バラエティに富んだシフォンケーキから日替わりで2種類を選ぶことができ、濃厚な味わいとフワフワ食感が絶妙な逸品です。

ルテイン卵のシフォンケーキはバースデーなど記念日用にホールも用意しており、3日前までに予約となっております。

【基本情報】
住所  :袋井市愛野東2-7-2 クレアールあいの101
電話  :0538-43-6909
営業時間:11:00~18:00(11:00~13:30はランチタイム)
定休日 :水・木曜日(その他臨時休業有り)

SPOON CAFE

7. This Is Cafe 袋井店

出典:thisiscafefukuroi.owst.jp

出典:thisiscafefukuroi.owst.jp

東名高速道路の袋井ICから車で5分ほど「さわやかアリーナ袋井市総合体育館」に隣接するのが「This Is Cafe 袋井店」です。店内はウッドのテーブルやチェアが引き立つシンプルモダンな空間で、ちょっと珍しい畳椅子のテーブル席も設えました。

こちらで供されるランチセットは全てデリサラダ&ドリンクが付いており、一押しの「チキンのハニーマスタードソース」をはじめ、トロトロに煮込まれた「ビーフシチューオムライス」など10種類を揃えます。ドリンクもドリップコーヒーやフルーツティーをはじめアルコールまで幅広くラインナップしており、おすすめは袋井店限定の自家製メロンジュースです。

【基本情報】
住所  :袋井市久能1912-1
電話  :0538-31-5870
営業時間:11:00~21:00(L.O 20:00、ランチタイムは2時間)
定休日 :年中無休

This Is Cafe 袋井店

8. 珈琲屋らんぷ 袋井店

出典:lamp.coffee

出典:lamp.coffee

JR袋井駅から車で3分ほどの永楽町交差点近くに建つのが「珈琲屋らんぷ 袋井店」です。煉瓦壁と蔵造りが調和した店舗はクラシックモダンな雰囲気で店内は古民家を思わせる仕立てになっていて、ウエッジウッドや美濃焼など食器もエレガントな品にこだわっています。

優雅にクラシックが流れる店内は、落ち着いてカフェタイムを楽しむことができる雰囲気です。珈琲は厳選した豆を蔵で熟成させこだわりの焙煎で仕上げており、自慢のブレンド「らんぷレギュラー」をはじめ幅広いドリンクを取り揃えました。そしてスイーツも人気の自家製「自家製とろけるぷりん」やワッフル・シフォンケーキなど多彩、具材たっぷりのサンドウィッチも用意します。

6:00からオープンしていることも嬉しいポイントで、12:00まではモーニングサービスを実施、ドリンクやアイスをオーダーするとトーストがセットになります。

【基本情報】
住所  :袋井市旭町1-18-15
電話  :0538-45-0007
営業時間:6:00~23:00

珈琲屋らんぷ 袋井店

9. まるよ茶屋 可睡の杜

出典:maruyo-chaya.com

出典:maruyo-chaya.com

東名高速道路の袋井ICから車で8分ほど、可睡斎や可睡ゆりの園からも近いのが「まるよ茶屋 可睡の杜」です。こちらは2022年3月にニューオープンした和のカフェで、木目が美しい明るく開放的なモダン空間に仕上げています。

ドリンクは煎茶・ほうじ茶・和紅茶をはじめ、ハーブティー・スムージー・ラテなど創作的な一杯が並びます。おすすめは「まるよの粋なお茶シリーズ藍-Ai-」で、深蒸し茶葉による濃厚な味わいの煎茶です。そしてフードは素朴で優しい味わいの「おむすびセット」や「お茶漬けセット」などがあり、スイーツも和テイストの品々を揃えました。

【基本情報】
住所  :袋井市可睡の杜51-9
電話  :0538-24-8668
営業時間:10:00~19:00(L.O 18:30)
定休日 :水曜日(祝日の場合は営業)

まるよ茶屋 可睡の杜

10. ごりやくカフェ一乗庵

聖武天皇の勅命によって、神亀2年に行基上人が開山した由緒ある名刹が法多山の尊永寺です。法多山尊永寺は格式高い高野山真言宗の別格本山で、重要文化財の伽藍が並ぶ境内にある一乗庵では週末に「ごりやくカフェ一乗庵」が開かれています。

普段は非公開となっている一乗庵は黒門の近くにあり、背後の山や周囲の庭園に囲まれた厳かな雰囲気ながらどこか”心がほっこり”とする空間です。こちらのメニューは1日20食限定の「ごりやくカフェランチ」で、予約をおすすめする人気のランチ。季節の旬菜を駆使して見目も楽しませてくれる様々な料理が盆に並び、素朴で豊かな滋味を賞味できます。

【基本情報】
住所  :袋井市豊沢2777
電話  :090-6362-3008
営業時間:11:30~
    :13:00~
営業日 :土~月曜日、御縁日

ごりやくカフェ一乗庵

好みで選べるお洒落カフェ

メロン農場がオープンするカフェから名刹で開かれる週末限定のカフェなど、ユニークなカフェが袋井市には揃っています。貴方好みのお洒落カフェを見つけて行き付けにしてみませんか。

※ 掲載内容は執筆時点、基本情報等は参考で変更になる場合があります。

この記事のキーワード

この記事のライター

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と単車と酒と茶を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

関連する記事

あわせて読みたい

saitoinformationbusiness
斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と単車と酒と茶を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と単車と酒と茶を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

yukib5

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

VOKKA編集部グルメ班6

VOKKA編集部グルメ班

VOKKA編集部グルメ班です。本当に美味しい名店だけをご紹介できるよう日々リサーチいたします。

>>ライター紹介