山形で本当に美味しいランチの名店おすすめ10選

海と山に囲まれた山形県は、米沢牛に金華豚、冷やしラーメン、板蕎麦、芋煮と、高級ブランド肉からB級グルメ、郷土料理まで揃うグルメの宝庫。それゆえ、どこで何を食べたらいいのか決めかねている人も多いのでは?この記事で山形で本当に美味しいランチの名店10選を紹介するので、参考にしてみてください。

kumakumaillustkumakumaillust
  • 568views
  • B!

アイキャッチ画像出典:yamagatakanko.com

4地域それぞれの独自の食文化をもつ、グルメ王国・山形

雄大な山々や最上川、日本海にも面していることから、海の幸、山の幸の両方に恵まれたグルメの宝庫、山形県。村山・置賜・庄内・最上の4地域はそれぞれが独自の歴史と文化、食を育んでいます。ブランド牛や豚、米、B級グルメのラーメン、さらに郷土料理としてお馴染みの芋煮や蕎麦も地域ごとのスタイルと味わいがあります。そんなグルメに事欠かさない山形で、本当に美味しいランチの名店10選を紹介していきます。

米沢牛亭 ぐっど

山形県米沢市にある老舗の米沢牛専門店「米沢牛亭 ぐっど」。米沢牛で最も美味といわれる未経産牛だけを使った、ステーキやすき焼き、しゃぶしゃぶなどのお料理をお手頃価格でいただける、知る人ぞ知る名店です。店内はすっきりとしたレイアウトで、席はテーブル席と暖簾で仕切られたお座敷があります。

ランチメニューは特になので、昼から豪勢に部位やグラムによってお値段が変わる「特選米沢牛ステーキセット(ステーキ、しゃぶしゃぶ、ライスセット付き)」から選んでも良し、リーズナブルな定食で米沢牛のしゃぶしゃぶやすき焼き、カレーを味わうも良し。よりお得に米沢牛をおなかいっぱい食べたい人は、1日10食限定「得盛牛肉重(漬物・煮物・味噌汁付き)」をどうぞ。

住所    :山形県米沢市下花沢1丁目3-4
電話番号  :0238-22-6729
営業日・時間:月~土曜日 ランチ 11:00~15:00、ディナー 17:00~20:30
       日・祝日 ランチ11:00~15:30、ディナー 17:00~20:30
定休日   :月曜日、第一、第三火曜日(祝日の場合は翌日定休)
アクセス  :JR山形新幹線・米沢駅東口より徒歩約7分
駐車場   :あり(店舗前)

米沢牛亭ぐっど

米沢牛料理を格安に提供いたします

平田牧場 とんや 酒田店

山形県酒田市にある、平田牧場が展開するとんかつ豚肉料理専門店「平田牧場 とんや 酒田店」。自社牧場で育てたブランド豚「平牧金華豚」と「平牧三元豚」を、かつやしゃぶしゃぶ、カレーなどで提供するお店です。「平牧金華豚」は幻の豚と呼ばれる世界でも希少な最高品種で、豚肉の常識を覆す、繊細な肉質・上品な甘みが特長。「平牧三元豚」は日本のお米を食べ、開放豚舎で健康的に育った平田牧場独自の三元豚。舌先でとろける上質な脂が特長。どちらも甲乙つけがたい、下手な牛肉より遙かに美味しいお肉です。豚肉は苦手という方も試す価値ありです。

おすすめは、「平牧三元豚厚切りロースかつ膳」や「金華豚ロースカツ膳」。どちらも脂身の甘さを味わえる逸品です。ロースとヒレを食べ比べたい人は、「三元豚合い盛り膳」や「金華豚合い盛り」をどうぞ。ご膳にはごはん、味噌汁、漬物が付きます。

住所    :山形県酒田市みずほ2-17-8 ガーデンパレスみずほ1F
電話番号  :0234-23-8011
営業日・時間:ランチ11:00~15:00(L.O. 14:30)、ディナー17:00~20:30(L.O. 20:00)
定休日   :年末年始(12/30 ディナータイム~1/2)
アクセス  :JR東酒田駅からタクシーで約10分または徒歩約31分
駐車場   :あり

平田牧場公式サイト

平田牧場は、健康創造企業です。豚肉の生産から加工・流通・販売に至るまで自社で行っています。その製品づくりの基本は「おいしく・安全・安心」。つねに未来に向かって新しい取り組みを実行しながら、平田牧場 金華豚・三元豚の美味しさをお届けします。

赤湯ラーメン 龍上海 赤湯本店

出典:ryushanhai.com

赤湯温泉の裏山に広がる桜の名所・烏帽子山公園の西側にある「赤湯ラーメン 龍上海 赤湯本店」。山形のご当地ラーメンのひとつである「赤湯ラーメン」を考案したラーメン屋です。本店が生み出す煮干しを利かした濃厚な味噌ベースのスープは、6店舗ある支店とは一線を画する“これぞ本店”と言わせる癖になる一杯が堪能できます。

メニューは、深いコクと旨み、原点のしょうゆラーメン「赤湯ラーメン」、味噌ベースのスープに中太縮れ麺で唐辛子の入った辛味噌がのった看板メニュー「赤湯からみそラーメン」、創業同時の脂身多めのトロトロ国産チャーシューをトッピングした「しょうゆチャーシューメン、からみそラーメンにチャーシューをふんだんにトッピングした「からみそチャーシューメン」、さらに昔ながらの「冷やし中華」や「からみそ冷やし中華」もあります。迷ったら、「赤湯ラーメン」と「赤湯からみそラーメン」の2択で。180gの太麺ちぢれ麺は伸びにくいので最後までおいしくいただけ、おなかにずっしりとたまること間違いなしです。

住所    :山形県南陽市赤湯二色根6-18
電話番号  :0238-43-2952
営業日・時間:11:30~19:00
定休日   :水曜日(祝日の場合営業)
アクセス  :JR赤湯駅から徒歩約18分
駐車場   :あり(24台)

店舗案内 | 赤湯ラーメン「龍上海」オフィシャルサイト

赤湯温泉周辺でランチなら赤湯ラーメン、赤湯からみそラーメンの本家 龍上海へ

中華そば処 琴平荘

出典:soba.sanze.jp

山々に囲まれた自然豊かな三瀬海水浴場付近に立つ「中華そば処 琴平荘」。海水浴客を相手にした旅館の当主が閑散期にあたる10月~5月の間だけ、絶品ラーメンを提供するお店です。広大な日本海を見渡せる大広間で期間限定の絶品ラーメンにありつけるには、早起きをして、長い列に並んで整理券をもらい、席に案内されるまでひたすら待ち続け、さらに席でドキドキワクワクしながら着丼を待つ。全国区で知られるようになった今、ふるさと納税の返納品にもなっていますが、すべての工程を経ることで忘れられない至極の1杯となります。

メニューは、鶏ガラベースのスープとのど越しの良い麺が絡み合う名物ラーメン「中華そば」、チャーシュー5枚入り「チャーシューメン」、魚介の旨味広がる「塩中華そば」、チャーシューなし「肉抜き中華そば」、極太メンマ入りチャーシューなし「メンマ中華」、平日1日20食限定「味噌そば」。「中華そば」と「チャーシューメン」は、あっさりとこってりが選べます。また、中華そばの麺は240gもあるので、注文時に食べられる分だけの量に減らすことも可能です。

住所    :山形県鶴岡市三瀬巳381-46
電話番号  :0235-73-3230
営業日・時間:10月~5月 11:00~14:00
定休日   :木曜日、12月31日、1月1日
アクセス  :JR三瀬駅から徒歩約17分
駐車場   :あり

琴平荘 〜中華そば処〜

~ 山形県 鶴岡市 三瀬より ~

花鳥風月 酒田本店

出典:kachou.jp

山形県酒田市を中心に庄内地方北部が発祥とされている「酒田ラーメン」。山形を代表するご当地ラーメンのひとつです。あごだしに魚介系と動物系の出汁も加えた旨味たっぷりのスープと、プルプルもちもちの自家製麺、さらに透き通るくらい薄い皮が特徴の自家製ワンタンをトッピングした、あっさりとした味わいが特徴。そんな酒田ラーメンの伝統の味を継承しつつ、オリジナルの一杯に仕上げているのが、山形県酒田市に本店を置くラーメン屋「花鳥風月」です。

メニューは、看板メニューの「海老ワンタンメン 醤油」や、人気の具が全のせされた「花鳥風月ラーメン 醤油」、オーソドックスな酒田スタイルが味わえる「ワンタンメン(醤油)」と「ラーメン(醤油)」、さらにこちらのお店発祥の「酒田のつけワンタンメン」、店舗限定メニューなど、いろいろ揃っています。迷ったら、海老ワンタン・肉ワンタンが食べ比べができる「花鳥風月ラーメン 醤油」をどうぞ。

住所    :山形県酒田市東町1-3-19
電話番号  :0234-24-8005
営業日・時間:11:00~20:30(L.O.20:00)※スープがなくなり次第終了
       1月中頃~2月末 11:00~19:00
定休日   :無休 ※臨時休業あり
アクセス  :JR東酒田駅から徒歩約18分
駐車場   :あり(17台)

酒田ラーメン・海老ワンタンメン・花鳥風月ラーメン | 花鳥風月 公式ページ | 酒田ラーメンの伝統を受け継ぐ|酒田のラーメン店

酒田ラーメン・海老ワンタンメン・花鳥風月ラーメンの花鳥風月です。看板メニューは、海老ワンタンメン。プリップリの海老と、とても薄くふわとろ食感の自家製ワンタンをお楽しみください。鯛干しベースの上品なスープと自家製熟成多加水麺の、本当に美味しい「酒田ラーメン」です。

元祖・冷やしラーメンの店 栄屋本店

出典:www.sakaeya-honten.com

ラーメン激戦区・山形駅中心部に店を構える、元祖・冷しラーメンの店「栄屋本店」。戦後から高度成長期に差し掛かる頃、夏に冷たいラーメンを食べたいという常連客の要望に応えて初代店主が1年がかりで完成させたのが、ラーメンスープも麺もキンキンに冷やした「冷やしラーメン」。山形を代表するご当地ラーメンであり、山形の冷しラーメンの元祖でもある「冷しラーメン」は、熟成された太目ののび麺と脂が固まらないスープ、あっさりとしていながらも和風出汁をしっかり感じられる醤油ラーメンです。

夏限定のイメージがある冷しラーメンですが、山形ではスープに浮かぶ氷の数が違えど、通年で食べられます。栄屋本店では、元祖冷しラーメンを筆頭に、具沢山の「冷し栄ラーメン」や「冷しワンタンメン」などの冷やしラーメンシリーズ、「山形ラーメン」や「味噌ラーメン」などの温かいシリーズなどメニューが豊富に揃っています。極上の1杯のために県外から足を運ぶ人も多いので、行列必須で食してみてください。

住所    :山形県山形市本町2-3-21
電話番号  :023-623-0766
営業日・時間:夏時間 3月19日~9月30日 11:30~20:15
       冬時間 10月1日~3月18日 11:30~19:30
定休日   :水曜日(祝日の場合は翌日休み) ※1月・8月は不定休
アクセス  :(電車)JR山形駅から徒歩約20分
        (車) 東北・山形自動車道 山形蔵王I.C.から車で約10分
駐車場   :あり(5台)

冷しらーめん | 栄屋本店 山形の元祖冷しらーめんの店 山形のラーメン・そば

元祖冷やしらーめんの栄屋本店。山形名物「冷しらーめん」は、昭和26年に約一年の歳月をかけ栄屋本店初代が創り上げました。以来60年、暑い夏はもちろんのこと冬場でも全国たくさんの方々からご愛食いただいております。

一寸亭本店

出典:www.yachisoba.com

山形の冷やしグルメといえば、河北町のB級グルメ「冷たい肉そば」も外せません。冷たい肉そば発祥の地・河北町谷地の肉そばは、コシの強い田舎そばに鶏肉からダシをとった甘じょっぱいタレをかけ、親鶏のチャーシューと小口に刻んだネギを載せたもの。谷地に拠点を置く「一寸亭本店」は、谷地の冷たい肉そば2大流派の1派「一寸派」の総本山。昔ながらの親鶏を使うことで、あっさりとしたスープでありながら鶏の旨味・コクも感じられる逸品に仕上がっています。地元民にとってこのお店は、ことあるごとに家族で足を運ぶ、小さい頃から食べ親しんできたソウルフード的存在です。

メニューは、そば、きしめん、ごはん、ラーメンのカテゴリーがあり、それぞれメニューが豊富に揃っています。一番人気は、やっぱり「肉そば」。冷たいのが名物ですが、温かいのも食べられます。がっつり派なら、北地名物「カツ丼」のハーフサイズを追加して「肉そば+カツ丼」で食べるのもおすすめ。

住所    :山形県西村山郡河北町谷地所岡2-11-2
電話番号  :0237-72-3733
営業日・時間:月~金曜日 ランチ11:00~15:00(L.O. 14:40) ディナー 17:00~18:30(L.O. 18:30)
       土・日曜日 11:00〜18:30(L.O. 18:30) ※売切れ次第閉店
定休日   :水曜日
アクセス  :(飛行機)山形空港からタクシーで約13分
       (電車)JR寒河江から河北病院行で約16分、「サハトべに花」下車徒歩約2分
       (車)東北中央自動車道・東根ICから287号線経由で約7分

一寸亭本店

歴史と伝統の町河北町。河北町谷地名物冷たい肉そばの店 一寸亭本店のWebサイト。

大松庵

山形県民の麵好きはラーメンに留まらず、県内各地でそれぞれのそば文化や麺文化が根付いており、伝統の味を守る老舗や独自のスタイルを追求する名店が混在し、さまざまなそばとの出会いが楽しめます。鶴岡市街地区にある蕎麦屋「大松庵」は、県内産のそば粉を毎日石臼で自家製粉してつくる手打ち蕎麦や、小麦粉を原材料とする庄内名物の麺「麦切り」、鶴岡特産「とち餅」、青菜漬けで包み味噌をつけて焼いたおにぎり「弁慶飯」など、庄内地方の郷土料理を味わえます。鶴岡市内から移築した江戸時代の豪農の旧宅でいただく郷土料理は、風情があります。ペット同伴可能なので、週末ドライブのランチ先にもおすすめ。

メニューは、ごはんとそば、天ぷら、デザートがついた2種の御膳と、量やトッピングが異なる蕎麦や麦切り、弁慶飯などの単品があります。県外の人は、長方形の浅い木箱に盛られたそばをシェアして食べる山形名物「板そば」を注文してみてはいかがでしょうか。

住所    :山形県鶴岡市水沢字行司免43-13
電話番号  :0235-35-4041
営業日・時間:11:00~15:00
定休日   :木・金曜日
アクセス  :(電車)JR鶴岡駅から車で18分
       (車)山形自動車・鶴岡ICから9分
駐車場   :あり(20台)

大松庵|観光スポット|やまがた庄内観光サイト - 山形県庄内エリアの観光・旅行情報

「大松庵」の情報は「やまがた庄内観光サイト」で。鶴岡市内から移築した江戸時代の豪農の旧宅がお店になっています。そば粉はすべて県内産にこだわり、毎日石臼で自家製粉しています。そのほか小麦粉が原料の麦切り、草餅、栃餅や、弁慶めしという青菜漬けで包み味噌をつけて焼いたおにぎり、四季折々の郷土料理などをお楽しみいただけます。自家製のデザートも充実しております。

アル・ケッチァーノ本店

酒田フレンチに鶴岡イタリアンと、海と山に囲まれた庄内エリアは伝統野菜や日本海の海の幸を使った名店が点在。鶴岡市下山添から遠賀原に移転したイタリアン「アル・ケッチァーノ本店」もその一つ。地元・鶴岡を中心としながらも首都圏や海外でも活躍する地産地消の第一人者である、「食の都庄内」親善大使も務める岡田征行シェフの料理が堪能できる一軒家レストランです。ちなみに、店名は山形弁の“うめもんがあるけっちゃーのぉ(うまいものが全部あるからねの意)”から命名。郷土愛と秋田のホスピタリティにあふれた空間で、本格イタリアンを気取らずに楽しめます。

ランチは、食事内容や入店時間が異なる3つのコース。前菜もしくはアミューズからドルチェまで、約40軒の生産農家から届けられる季節ごとの野菜、野生の山菜、地魚など、ここでしか味わえない鶴岡イタリアンを地元ワインと共に楽しんで。

住所    :山形県鶴岡市遠賀原字稲荷43
電話番号  :0235-26-0609
営業日・時間:ランチ11:30~15:00(13:30L.O.)、ディナー18:00~22:00(20:30L.O.)
定休日   :月曜日(祝日の場合、翌火曜日)
アクセス  :(電車)JR羽越線鶴岡駅より車で約20分
       (バス)JR鶴岡駅から朝日庁舎行で約15分、「アル・ケッチアーノ前」下車徒歩約13分
駐車場   :あり(20台)

アル・ケッチァーノ | 山形イタリアン ー 山形県鶴岡市 ー 奥田政行シェフ

庄内で、その日その時手に入る食材をありったけ集めて、最高の料理を作るそれがアル・ケッチァーノのおもてなしです。

まいどや食堂

東北地方の郷土料理・芋煮。毎年9月は山形市の馬見ヶ崎川河川敷で「日本一の芋煮会フェスティバル」が開催され、重機と6mを超える大鍋を駆使して作る芋煮が振る舞われます。そんな並みならぬ情熱を傾ける山形の芋煮をランチで通年食べられるのが、山寺(宝珠山立石寺)の登山口手前にある食事処・土産屋の「まいどや食堂」。ランチで芋煮が食べられるお店はそう多くないので、山寺の参拝も兼ねて利用してみてください。

芋煮のメニューは、「いも煮・手打ちそばセット」や「いも煮・ライスセット」、芋煮単品があります。セットには、こんにゃくと漬物が付きます。5月~9月までの期間は、手打ちそばは冷やしで提供。こちらの芋煮は、山形牛と里芋ときのこ、さらに仙台麩やお野菜も入った具沢山。醤油仕立ての優しいお汁は、疲れた体に沁みます。仙芋煮が美味しいお店なので、あれこれつけずに単品や「いも煮・ライスセット」を注文して。

住所    :山形県山形市大字山寺4430
電話番号  :023-695-2951
営業日・時間:平日10:00~15:00
定休日   :不定休
アクセス  :JR山寺駅から徒歩5分
駐車場   :あり(8台)

まずはランチで王道の山形グルメを味わおう

今回は、山形の王道グルメともいえる、ブランド肉やご当地ラーメン、郷土料理を中心に紹介しました。山形にはまだまだ名物メニューがいっぱいあるので、まずはお手軽価格で楽しめるランチで王道グルメを楽しんでみてくださいね。

この記事のキーワード

この記事のライター

kumakumaillust

イラストも文章も手掛けるフリーのイラストレーター。

関連する記事

あわせて読みたい

kumakumaillust
kumakumaillust

イラストも文章も手掛けるフリーのイラストレーター。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と単車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

yukib5

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介