宮崎県内のおすすめスーパー銭湯・温泉施設・スパ・健康ランド10選

南国情緒あふれる雰囲気が魅力的で、高千穂峡やえびの高原など風光明媚な観光名所が揃う宮崎県。県内各地には日帰りで利用できる入浴スポットや温泉もあり、観光・グルメと組み合わせて手軽に楽しむことができます。宮崎県でおすすめするスーパー銭湯・温泉施設・スパ・健康ランドをご紹介しましょう。

saitoinformationbusiness斉藤情報事務
  • 603views
  • B!

アイキャッチ画像出典:shiratori-onsen.com

宮崎でおすすめするスーパー銭湯・温泉施設・スパ・健康ランド

出典:shiratori-onsen.com

ヤシ科のフェニックスを県木とし、南国情緒あふれる雰囲気が魅力的な宮崎県。悠久の歴史を感じさせる高千穂峡や荒涼としたえびの高原など風光明媚な観光名所も多く、宮崎地鶏やマンゴーなどご当地グルメも多彩です。

県内各地には日帰りで利用できる入浴スポットや温泉もあり、宿泊しなくても手軽に癒しの湯を楽しむことができます。今回は宮崎県でおすすめするスーパー銭湯・温泉施設・スパ・健康ランドを厳選して10ヵ所ご紹介しましょう。

1.高千穂町「天岩戸温泉村」

出典:www.amanoiwatoonsenmura.jp

出典:www.amanoiwatoonsenmura.jp

宮崎を代表する景勝地の一つ高千穂峡から車で20分ほどの場所にある「天岩戸温泉村」。ご紹介する「天岩戸温泉」をはじめ、近郊にはカフェ「千人の蔵」や民宿「神楽の館」なども立地しています。

一帯を望む高台にある「天岩戸温泉」には天岩戸伝説にちなんだ大浴場を設えており、高天井の開放的な空間でゆったりと湯を満喫。サウナも完備しており、湯上りにはマッサージチェアや畳敷きのスペースもある休憩所で寛ぐことができます。

温泉に併設された「天岩戸温泉茶屋」では郷土料理を用意しており、近郊にあるカフェ「千人の蔵」でもランチがOK。おすすめは「千人の蔵」で、人気の「高千穂牛ハンバーグセット」をいかがでしょう。

【基本情報】
住所  :西臼杵郡高千穂町大字岩戸五ヶ村
電話  :0982-74-8288
入浴料金:350円
営業時間:10:00~22:00
定休日 :水曜日(祝日の場合は前日)

天岩戸温泉村

2.日向市「日向サンパーク温泉 お舟出の湯」

出典:hyugasunpark.wixsite.com

出典:hyugasunpark.wixsite.com

日向市の市内から車で20分ほど走った海岸沿いにある「日向サンパーク温泉 お舟出の湯」。太平洋の絶景を望むロケーションで、バイク乗りが集まる温泉といわれています。

浴場は「木の香」に岩露天風呂や電気風呂を「潮の香」に石露天風呂や洞窟風呂などを備えており、日替わりで男女を入れ替え。大浴場は海を眺めながら湯に入れる設えで、雄大な景色と癒しの湯を楽しむことができます。

館内にあるレストラン「潮音」では、新鮮な海幸やご当地グルメなど多彩なメニューを取り揃え。一番人気の「チキン南蛮定食」をはじめ「お舟出ちりめん丼」や「さしみ定食」など、土地ならではの料理が供されます。

【基本情報】
住所  :日向市大字幸脇303-5
電話  :0982-56-3800
入浴料金:500円
営業時間:10:00~22:00
休館日 :カレンダーを確認

日向サンパーク温泉 お舟出の湯

3.木城町「木城温泉館 湯らら」

出典:service.kijo.jp

東九州自動車道の高鍋ICから車で5分という好立地の「木城温泉館 湯らら」。多彩な風呂を揃える温泉施設で、レストランや農産物直売所も併設しています。

弱アルカリ性の単純泉は肌に優しい低刺激の湯で、浴場は「蛍の湯」と「木の香の湯」に分かれており月曜日に男女を入れ替え。露天風呂や洞窟風呂をはじめジャグジーやエステ風呂などもあり、合計15種類の多様な風呂を備えています。

館内にある食事処「湯らら亭」は食事のみでも利用でき、定食や一品料理からアルコール類まで幅広く取り揃え。人気の「チキン南蛮定食」や「海鮮丼」をはじめ、季節限定でご当地グルメの「冷や汁定食」も供しています。

【基本情報】
住所  :児湯郡木城町大字高城1403-1
電話  :0983-32-2525
入浴料金:500円
営業時間:10:00~21:00
定休日 :火曜日(祝日の場合は翌日)

木城温泉館 湯らら

4.高鍋町「高鍋温泉 めいりんの湯」

出典:www.meirinspa.com

出典:www.meirinspa.com

東九州自動車道の高鍋ICから車で15分ほどの長閑なエリアに立地する「高鍋温泉 めいりんの湯」。併設する「めいりんの湯 売店」では地元の農産物や木城産の精肉をはじめ、海産加工品など多彩な商品を販売しています。

湯はナトリウム-塩化物温泉で庭園の景色を望む露天風呂は岩風呂と檜風呂の2種類を用意。ゆったりとした内風呂やラドンとガス遠赤のサウナをはじめ貸切風呂も完備、自宅でも楽しめるよう温泉スタンドなども備えています。

館内には食事処の海鮮問屋「讃岐屋」があり、県産の鮮魚や海産加工品を使って料理を用意。一番人気の「生しらす丼定食」をはじめ宝石箱のような「特選海鮮丼定食」など、魅力的な逸品が並びます。

【基本情報】
住所  :児湯郡高鍋町大字上江6900
電話  :0983-23-2626
入浴料金:500円
営業時間:10:00~21:00
休館日 :月曜日(祝日の場合は翌日)

高鍋温泉 めいりんの湯

5.宮崎市「宮崎観光ホテル」

出典:www.jhpds.net

出典:www.jhpds.net

出典:www.miyakan-h.com

宮崎市の中心部で大淀川を望むリバーフロントに立地する「宮崎観光ホテル」。鉄道・高速道路ともにアクセスの良い立地で、多彩なレストランやショップを併設しています。

天然温泉の湯は勾玉がふれた時に響くかすかな音色を表した「玉響の湯(タマユラノユ)」。岩や木々を配した風情ある露天風呂や大浴場を備えており、風情ある寛ぎの湯を満喫できます。

館内にはフレンチ・イタリアン・和食・鉄板焼きなど様々なレストランがあり、おすすめは「食彩健美 一木一草」。福岡の銘店「ぶどうの樹」とコラボレーションした地産地消レストランで、約80種類のメニューが並ぶランチバイキングが供されます。

【基本情報】
住所  :宮崎市松山1-1-1
電話  :0985-27-1212
入浴料金:1,000円
営業時間:11:30~22:00

宮崎観光ホテル

6.宮崎市「高岡温泉 やすらぎの郷」

出典:www.takaokaonsen.jp

出典:www.takaokaonsen.jp

出典:www.takaokaonsen.jp

東九州自動車道の宮崎西ICから車で10分ほど走った木立に囲まれたエリアに、「高岡温泉 やすらぎの郷」があります。

大浴場は「月の湯」と「天の湯」に分かれておりそれぞれに趣を変えた風情ある造りの風呂を用意。双方に露天風呂も備えておりサウナも完備、無料休憩室は広々とした畳敷きの「大淀の間」と「高房の間」があり湯上りにゆったりと寛げます。

館内の食事処では自慢の蕎麦をはじめ定食や丼など多彩なメニューを取り揃え。併設する売店では地元の朝採れ野菜やお土産などを販売しています。

【基本情報】
住所  :宮崎市高岡町小山田1953
電話  :0985-82-5454
入浴料金:410円~
営業時間:10:00~21:00
定休日 :木曜日

高岡温泉 やすらぎの郷

7.都城市「観音さくらの里温泉」

出典:kannon-sakura.com

出典:kannon-sakura.com

宮崎自動車道の都城ICから車で5分ほどの距離にあり、桜の名所としても知られる観音池公園。屋内・屋外プールやオートキャンプ場・バンガローをはじめ、食事処やショップなどもある複合スポットで「観音さくらの里温泉」があります。

浴場は和浴場と洋浴場の2エリアで、和浴場には天然石を配した露天風呂や湯船が深い舞湯などが、洋浴場にはバイタル還元湯や浮風呂などを設えており多彩な風呂を楽しめます。そして湯上りには畳敷きの大広間で休憩することができ、有料の個室休憩室も用意しました。

館内の食事処「桜きゃのん亭」では、定食や丼から麺類や一品料理までバラエティ豊かなメニューを取り揃え。ブランド豚の観音池ポークを使った「黄金きゃのん丼」や「とんかつ定食」をはじめ、人気の「チキン南蛮定食」や宮崎牛を使った料理などが並びます。

【基本情報】
住所  :都城市高城町石山4195
電話  :0986-29-2100
入浴料金:420円~
営業時間:7:00~21:00
休館日 :水曜日(祝日の場合は翌日)

観音さくらの里温泉

8.小林市「こばやし温泉 美人の湯」

出典:bijinnoyu.tokiwa-kai.or.jp

出典:bijinnoyu.tokiwa-kai.or.jp

宮崎自動車道の高原ICから車で10分ほどの場所にある「こばやし温泉 美人の湯」。無料で利用できるグラウンドゴルフ場を併設しており、「家族温泉 美人の湯」が隣接しています。

温泉は飲泉もできる良質なナトリウム-炭酸水素塩温泉で、湯量豊富な源泉掛け流しの湯。岩を配し東屋を設えた露天風呂や風情ある羽釜風呂をはじめ、泡風呂やサウナなども備えています。

館内には桜を望むテラス席を備えた食事処「柿の木茶屋」があり、麺類や定食などを用意。牛丼とミニうどん・そばなどのセットもあり、季節限定のメニューも供しています。

【基本情報】
住所  :小林市堤4378
電話  :0984-22-3333
入浴料金:450円
営業時間:10:00~22:00
休館日 :カレンダーを確認

こばやし温泉 美人の湯

9.小林市「すきむらんど温泉 かじかの湯」

出典:www.sukimuland.jp

出典:www.sukimuland.jp

小林市の中心部から車で25分ほど走った小野湖の近くにある「すきむらんど」。名勝のままこ滝や大吊り橋などにも近く、茅葺屋根の宿や山小屋・バンガローなど宿泊施設も揃っており「すきむらんど温泉 かじかの湯」があります。

湯は肌に優しい単純泉で檜の香る大浴場を用意。フィンランドではよく用いられる湿式サウナも備えておりスッキリとリフレッシュ、湯上りは畳敷きの休憩所で寛げます。

こちらで食事におすすめするのは「かじかの湯 温泉食堂」。定食や丼をはじめ麺類など多彩に揃えており、米は滋味あふれる天日干しの須木米を使っています。

【基本情報】
住所  :小林市須木下田412番地6
電話  :0984-48-2480
入浴料金:400円
営業時間:10:00~21:30(平日)
    :08:30~21:00(土日祝日)
定休日 :第2・第4木曜日

すきむらんど

10.えびの市「白鳥温泉 上湯」

出典:shiratori-onsen.com

出典:shiratori-onsen.com

出典:shiratori-onsen.com

えびの市からえびの高原に向かう霧島バードライン沿いで、絶好の展望スポットに位置する「白鳥温泉 上湯」。宿泊スペースを備えた温泉施設で、源泉が噴気する地獄からも近い場所に立地します。

温泉は西郷隆盛が逗留して心身を癒したといわれる湯で、えびの市の景色を眼下に望む展望露天風呂や開放的な内風呂があり天然の蒸気を利用した蒸し風呂も用意。有料の休憩室も広間から岩風呂付の個室まで揃えていますので、気兼ねなく寛ぐことができるでしょう。

「白鳥温泉 上湯」には「白鳥茶屋」が隣接しており、そば・うどんなど麺類から定食・丼まで取り揃え。天然の蒸し器も備えていますので、卵を持参すれば温泉卵を味わえます。

【基本情報】
住所  :えびの市大字末永1470
電話  :0984-33-1104
入浴料金:310円
営業時間:7:00~20:00

白鳥温泉 上湯

癒しの湯とご当地グルメを宮崎で楽しむ

リーズナブルな入浴施設からホテルの日帰り温泉まで多彩に揃っており、ご当地グルメも魅力的な宮崎県。日帰りで手軽に癒しの湯を楽しんでみませんか。

※ 掲載内容は執筆時点、価格・基本情報等は参考で変更になる場合があります。
※ 料金や利用時間などはプランや日程により変動する場合があります。
※ 掲載画像と実際のプラン等は一致しない場合があります。
※ 日帰り入浴は混雑時に利用できない場合があります。

この記事のキーワード

この記事のライター

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキーヤ―でホームゲレンデは戸隠or飯綱あたり、ついでに写真もパチリ。時計やオーディオも愛して病んでいる。おすすめドライブスポットはビーナスライン、車や酒など道楽者が愛する物に関連したライティングやコンテンツ作成など色々やっています。

関連する記事

あわせて読みたい

saitoinformationbusiness
斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yannma5

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

>>ライター紹介