2019/06/21

目黒の本当におしゃれなカフェおすすめ15選

山手線、東急目黒線、都営三田線、複数の行き交う目黒駅。駅前から東西に延びる目黒通りは、インテリアストリートや目黒川、庭園美術館へと続く、大人の散歩に相応しいエリアです。近年、駅前の再開発で「目黒セントラルスクエア」もオープンし、一層進化を遂げた目黒駅周辺エリアの、本当におしゃれで、居心地の良いカフェをご紹介します。

ku_kazku_kaz
  • 3,164views
  • B!

目黒駅周辺は、こんなところです

山手線、東急目黒線、都営三田線、複数の行き交う目黒駅。
駅前から東西に延びる目黒通りは、東へ向かうと、美しい庭園が有名な「庭園美術館」、都心とは思えない鬱蒼とした森林を擁した「自然教育園」と、緑の続くエリアを経て、優雅でおしゃれな白金エリアへと続きます。また、西へ向かうと桜並木の美しい「目黒川」を横切り、やがてハイセンスな家具・雑貨屋さんが立ち並ぶ、通称インテリアストリートと呼ばれるエリアから、自由が丘方面へ。
のどやかさと都会らしさと、多面的な顔を持つ目黒駅前には、近年、駅前の再開発プロジェクトで「目黒セントラルスクエア」もオープンしました。更なる進化を続ける目黒駅周辺エリアの、本当におしゃれで、居心地の良いカフェをご紹介します。

【東口方面】

1. a la campagne(ア・ラ・カンパーニュ)アトレ目黒店

View this post on Instagram

ア・ラ・カンパーニュ(公式)さん(@alacampagne_official)がシェアした投稿 -

目黒駅ビルのアトレ4階にある、神戸発のパティスリー、a la campagne(アラカンパーニュ)さんのカフェ。南プロヴァンスをイメージしたという店内は、アンティーク調の木製家具で統一されて、明るい温かみのある雰囲気です。
どれにしようか目移りしてしまうケーキメニューの数々は、定番のミルクレープやタルトフロマージュから、さっくりした厚地の生地に季節の果物がたっぷり乗せられたタルトまで、価格帯はおよそ500円~700円程度です。平日でしたら950円で日替わり4種のケーキにコーヒーor紅茶が選べるセットメニューも。
デザートだけでなく、「南仏風トマトソース」や「季節のパスタ」などのパスタメニュー(1,100円~)、キッシュのワンプレート(950円)など、軽食の利用も可能です。
1階には小売店もありますので、お気に入りを手土産に、誰かとシェアするのも良いかもしれませんね。

View this post on Instagram

@ ayauedaがシェアした投稿 -

【店舗情報】
 住所  :東京都品川区上大崎2-16-9 アトレ目黒1 A館 4F
 電話  :03-6408-8392
 営業時間:10:00~21:00 (L.O. 20:30)  不定休 ※アトレの営業日に準ずる

2. aunt MIMI( アントミミ)

大盛太郎さん(@oomori.taro)がシェアした投稿 -

目黒駅すぐそばの路地裏通りに面したカフェです。
何といってもお勧めはランチタイム。1,000円で頂けるランチセットはオムライスやハンバーグ、鶏の竜田揚げなど、週替わりで5種類のメニューが選べます。小鉢や付け合わせには有機栽培の野菜がたっぷり使用されており、ライスも胚芽米・玄米から選べるヘルシーメニュー。さらにドリンクとミニデザート付きというコスパの良さも見逃せません。昼時ともなると、ほぼ満席が続くのも納得ですね。
ランチの賑わいの後には、落ち着きを取り戻した店内で、ほっと一息ティータイムを。ティータイムセットはハーブティーや中国茶等の飲み物に、手作りのスイーツを添えて1,000円から。スイーツメニューは6種類ほどで、チーズケーキやガトーショコラといった焼き菓子や、ブラマンジェ、アイスクリームの冷たいスイーツもあるようです。
18時から始まるディナータイムには、お店イチ押しの「ジャガイモと豚肉のハニーマスタード」850円を始め、ランチ同様、ヘルシーで美味しいアラカルトメニューを頂けるほか、飲み放題付きパーティーメニュー(4,000円~、要予約)も利用できるようです。
ちょっと体に良いものが食べたくなったら、ぜひ立寄ってみたいお店ですね。

【店舗情報】
 住所  :東京都品川区上大崎2-15-6 市川ビル1F
      目黒駅東口より徒歩2分
 電話  :03-3443-1676
 営業時間:月-木11:30~23:30 金11:30~24:00 土11:30~23:00 日祝定休
      ランチ 11:30~16:00
      カフェ 16:00~17:00
      ディナー17:00~
  

cafegramさん(@cafegram_ym)がシェアした投稿 -

ayumiさん(@aym0923)がシェアした投稿 -

3. KITCHEN BAR 新目黒茶屋

出典:retty.me

出典:retty.me

目黒駅東口から目黒通りを白金台方面へ。首都高をくぐる大きな交差点の手前にあるカフェバーです。
店内を見回すと、ムーディーなシャンデリアに照らされた絢爛豪華な装飾に目を奪われます。一見エスニック風のお店に思われますが、なんと、京都西陣織の金襴帯や着物を使用しているんだとか。煌びやかなお店では、撮影やライブが行われることもあるそうです。
ランチメニューは小麦粉不使用のカレーメニューが中心で、「オリジナルスパイスカレー」1,000円、「日替わりキーマカレー」1,000円他、選べるカレー3種類を全て味わえる「西陣織全部乗せスパイスカレー」1,400円という欲張りメニューも。
ディナーメニューはスパイスや和の要素が随所に取り入れられた「創作イタリアン料理」中心で、和の食材を特性オイルでコトコト煮込んだ「和ヒージョ」780円や、人気メニューの「葡萄牛のステーキ」1,850円など。飲み放題付きのコースも各種あり、みんなでわいわい楽しむのにもってこいのお店です。

【店舗情報】
 住所  :東京都品川区上大崎2-13-22 シーアイマンション白金ビル 1F
      JR目黒駅東口より徒歩3分
 電話  :03-5795-2546
 営業時間:月-土 11:00~23:00(L.O22:15 ドリンクLO22:30) 日祝11:00~22:00

ゆめかさん(@pyonuuu)がシェアした投稿 -

4. cafe TEIEN

View this post on Instagram

museum-cafe-restaurantさん(@museum_teien_tokyo)がシェアした投稿 -

アールデコ様式の歴史的にも貴重な建築と、緑豊かな庭園が美しい「庭園美術館」の新館1階に併設された、南青山のフレンチレストラン「ロアラブッシュ」さんプロデュースのカフェです。自然光が入り込むガラス張りの店内は、季節を問わず庭園の眺めを堪能できますし、お天気の良い日はテラス席の利用も可。
ドリンクは「ブレンドコーヒー」600円、ポットサービスの「ダージリンセカンドフラッシュ」800円、「自家製ジンジャーエール」650円などのソフトドリンクの他、和の抹茶やグラスワインなどの取り扱いも。喫茶のお供には、フレンチレストランならではの意匠を凝らしたケーキ(600円~)もどうぞ。
お食事メニューは軽食中心で、「キッシュプロヴァンサル 庭園スタイル」(700円)や、「具沢山のミネストローネ」(1,000円)など。
展覧会チケットが無いと入店できませんが、定期的に企画の入れ替えがあり、何より重要文化財に指定されている美術館建物そのものにも一見の価値があります。気になるテーマを見つけたら、ぜひ足を運んでみてくださいね。

【店舗情報】
 住所  :東京都港区白金台5-21-9 庭園美術館新館1階
      JR目黒駅東口より徒歩7分
 電話:  03-3712-9610
 営業時間:10:00~8:00 第2・第4水曜、年末年始定休(※美術館休館日に準ずる)

View this post on Instagram

museum-cafe-restaurantさん(@museum_teien_tokyo)がシェアした投稿 -

View this post on Instagram

museum-cafe-restaurantさん(@museum_teien_tokyo)がシェアした投稿 -

5. Jubilee Coffee and Roaster(ジュビリーコーヒーアンドロースター)

出典:jubilee-coffee.jp

JubileeCoffeeandRoasterさん(@jubileecoffeeandroaster)がシェアした投稿 -

目黒駅東口から目黒通りを白金台方面へ。国立科学博物館付属の「自然教育園」向いあたりに、打ちっぱなしのコンクリ外壁にガラスの扉と大きな窓を一つ備えたスタイリッシュなお店。あたりに漂うコーヒーの薫りに思わず中を覗き込むと、なるほど、オープンカウンターの上に十種類近くのコーヒー豆が並んでいるのが見えます。
こちらはコーヒー好きが昂じて転職されたという元会社員のオーナーさんが営むコーヒーショップで、店内で自家焙煎&ハンドドリップのコーヒーを頂けるほか、量り売りの豆を買い求めることもできます。店内で頂くコーヒーは600円で、常時7種類ほど取り揃えてある豆からお好みのものを。分からない場合は、お店の方に丁寧に相談に乗っていただけます。また、中にはカフェインレスタイプも5種類近くあるようです。
コーヒー以外に手作りの焼き菓子も扱っていて、「ガトーショコラ」420円「スコーン」350円など。
ちなみに、コーヒーのテイクアウトは150円引きになるようです。

【店舗情報】
 住所  :東京都港区白金台3-18-10
      JR目黒駅より徒歩7分
      東京メトロ南北線・都営三田線白金台駅(出口1)より徒歩5分
 電話  :03-6721-7939
 営業時間:10:00~19:00 火曜定休

konsayoさん(@konnichisayonara)がシェアした投稿 -

mihouchiさん(@mihouchi18)がシェアした投稿 -

6. DOUGHNUT PLANT 白金台店

出典:www.doughnutplant.jp

目黒駅東口から目黒通りを白金台方面へと、庭園美術館からどんぐり児童遊園まで緑地の続くエリアを通り抜けると間もなくプラチナ通りに差し掛かるあたりにお店を構えるドーナッツ屋さん。店内は甘い香りが立ち込めて、オープンキッチンの向こうでドーナッツが次々焼き上げられる様子を間近で眺めることができます。
ニューヨーク発のこちらのお店のこだわりは、卵・合成着色料・保存料・化学調味料・人工甘味料を一切使わないこと。そんなドーナッツは生地が2種類。イーストを使ったふわもち食感の「パン生地ドーナッツ」(320円~)と、しっとりしたスポンジ生地の「ケーキ生地ドーナッツ」(270円~)。それぞれの生地に、定番の「バニラビーンズ」や「ヴァローナチョコ」、「宇治抹茶」に季節の限定フレーバーなど、6種類前後のフレーバーを選べます。ドリンクも有機栽培のコーヒー豆や茶葉を使用しており、Sサイズの「オーガニックコーヒー」は320円、「ナチュラルアールグレイ」300円です。
また、スイーツだけでなく、ドーナッツと同じ生地を使用した食パン(250円~)、動物性素材不使用のヴィーガン対応カレー(1,000円)も扱っているようです。なお、カレーは、かなりスパイシー。
お店の外にもベンチがありますので、気候の良い頃には表でドーナッツタイム。また、おやつを片手にすぐ隣の「どんぐり児童遊園」まで散策に出かけても良いかもしれませんね。

【店舗情報】
 住所  :東京都港区白金台5-18-8
      JR目黒駅東口より徒歩11分
      東京メトロ南北線・都営三田線白金台駅(出口1)より徒歩3分
 電話  :03-6277-2249
 営業時間:9:00-19:00

出典:www.doughnutplant.jp

【西口方面】

7. 林屋茶園 目黒セントラルスクエア店

出典:www.kyo-hayashiya.com

tagorihimeさん(@tagorihime)がシェアした投稿 -

2017年、目黒駅前に新しくオープンした複合商業施設、「目黒セントラルスクエア」の1階にあるカフェ。運営するのは創業260余年の老舗、「京はやしや」さん。今でこそあちこちのお店で楽しめる「抹茶パフェ」を初めて世に送り出した、いわば「抹茶パフェ」の元祖のお店でもあります。
二面ガラス張りの開放感あふれる店内は、白を基調としたモダンな造り。
メニューですが、上質な茶葉を使用した甘味はもちろん、お食事メニューの充実にも力を入れているそうで、例えば「西京味噌を使った白ごま豆乳鍋」1,100円や、「京風うどん 九条ネギと揚げゴボウ」1,050円など。あっさりめのやさしい味わいですが、意外とボリュームがありますので、舌もお腹も満足できそうです。
けれども、やっぱり頂きたいのは上質な茶葉を使用した甘味の数々。「抹茶パフェ」1,080円は、濃厚な味わいの抹茶ソフトクリームに抹茶ゼリー、抹茶蜜などを一気に味わえる贅沢メニュー。他にも、「抹茶わらびもちと葛ねり」860円、「ほうじ茶プリンソフトクリーム付き」650円といったお茶の甘味や、目黒店限定の「フルーツ白玉あんみつ」1,000円など、どれも試してみたくなる魅力的なメニューばかりですね。

【店舗情報】
 住所  :東京都品川区上大崎3-1-1 目黒セントラルスクエア 1F
      JR目黒駅東口より徒歩3分
      東急目黒駅正面出口より徒歩2分
 電話  :03-5447-5310
 営業時間:10:00~22:00(L.O.21:00)

Acco Kyoさん(@kyosan1010)がシェアした投稿 -

高橋美穂子さん(@mihoko_aromabeauty)がシェアした投稿 -

Sari Araiさん(@sari52210)がシェアした投稿 -

8. 珈琲茶館 集

出典:retty.me

出典:retty.me

目黒駅西口から徒歩1分、都内に数店舗を十数店を展開する珈琲喫茶の目黒店です。落ち着いたダークブラウンに統一された店内には心地よいクラシックのBGMが流れ、レトロな「純喫茶」を思い起こすような雰囲気です。
サイフォンで一杯ずつ丁寧に淹れられたコーヒーメニューは、「プレミアムリッチ」、「プレミアムアロマ」など、4種類のブレンドが850円、月替わりの「旬摘み珈琲」900円と、お値段は少々張りますが、質にこだわるお店の自信の表れ。また、自家製ケーキメニューは「苺のショートケーキ」730円、「アップルパイ・アラモード」780円など、コーヒー、スイーツ、どちらも主役になれる味わいです。
お食事メニューは「欧風カレー」1,250円、「チキンオムライス」1,250円など。
どの時間帯でもお食事とドリンクはセットで200円引きですが、平日の11時から14時でしたら種類限定でプラス200円のランチドリンクセットもあるようです。
また、オープン後の9時から11時までのモーニングタイムは、飲み物を一つ注文すると、「トースト&ゆで卵」を無料で頂けるサービスが。
味わうのは喫茶お食事だけでなく、上質な寛ぎの時間。そんな趣のある喫茶店です。

【店舗情報】
 住所  :東京都品川区上大崎2-27-3 武本ビルB1
      目黒駅西口 徒歩1分
 電話  :03-3493-7954
 営業時間:月-土 9:00~23:00 日‣祝 10:00~22:00

kagibarinkoさん(@haruka_ymd07)がシェアした投稿 -

9. やなか珈琲店

うー(うっちー)さん(@ucchi0918)がシェアした投稿 -

焙煎したての新鮮なコーヒーをリーズナブルな価格で味わえる立ち飲みコーヒースタンドが、こちらの「やなか珈琲店」。
どことなく郷愁を誘われる、間口の狭いレトロな店構えで、片側がスタンドのカウンター、もう片方にはずらりと数十種類以上の生豆にハンドミルやコーヒーポットなどの雑貨も並んでいます。薄暗い店内には焙煎したてのコーヒーの薫りが立ち込めて、コーヒー党でなくとも、思わず一杯頂きたくなりそうです。
好きな銘柄を指定すると、その場で焙煎、ドリップしてくれるコーヒーは、ブレンドなら260円、「本日のコーヒー」は280円。量り売りも行っているコーヒー豆は、単一農園やエリアを限定したもの、精選方法や品種にこだわったものなど、価格や知名度にとらわれず、ただ美味しさだけにこだわって買い付けているんだそうです。

【店舗情報】
 住所  :東京都品川区上大崎2-17-4
      JR目黒駅西口より徒歩2分
 電話  :0120-877-826
 営業時間:月-金 9:00~20:00 土‣日11:00~20:00 第3日曜定休日

Megumi Yamashitaさん(@spindriftmeg)がシェアした投稿 -

10. スターバックスコーヒー 目黒店

View this post on Instagram

Yumegrapherさん(@yumegrapher)がシェアした投稿 -


スターバックス目黒店は、スターバックス本社のお膝元。木工細工で所々に和の要素が取り入れられた、明るいスタイリッシュな雰囲気。もはや国内ですっかり市民権を得たスターバックスブランドですが、こちらのお店が一味違うのは、炭のような深い色味の陶器マグなど、オリジナルのグッズが販売されていることと、店舗限定で展開している「スターバックスリザーブ」取り扱い店であること。これは、特別に厳選された稀少なコーヒー豆を、サイフォンやハンドドリップ、デジタル制御のマシンなど、お好みの抽出方法を選んで味わえるというプログラム。豆だけでなく淹れ方までカスタムできるなんて、思わず冒険して、いつもと違う味わいを探してみたくなりそうですよね。

【店舗情報】
 住所  :東京都品川区上大崎2-25-2 新目黒東急ビル
      JR目黒駅西口より徒歩3分
 電話  :03-5719-4668
 営業時間:月-金 7:00~22:00 土日祝 8:00~21:00

View this post on Instagram

sakoさん(@id_misako)がシェアした投稿 -

11. 果実園リーベル

出典:retty.me

出典:retty.me

50年近く果物の仕入れに関わってきたオーナーさんが手掛ける、老舗のフルーツパーラーです。
確かな目利きで仕入れられたフルーツを、一番おいしい食べ頃で、さらにカットするのは注文を受けてからという徹底したこだわりぶり。パスタやカレーなどのお食事メニューもありますが、ここではぜひフルーツたっぷりのデザートメニューを試してみたいところ。
充実したデザートメニューはパフェ、ケーキ、パンケーキにカットフルーツ各種、味はもちろん、盛り付けも彩り豊かで、五感全体でフルーツを堪能できそうです。1番人気のメニューは「フルーツパフェ」1,300円で、10種類以上のフルーツと、季節のフルーツシャーベット、アイスクリームを惜しげもなく盛り合わせた贅沢メニュー。お店のお勧め、「フルーツサラダ」1,200円は、8種類以上のフルーツがてんこ盛りになった一皿です。
さらに、こちらのお店は開店が7時30分からと早いのも特徴の一つ。11時まで頂けるモーニングセットは、パンにサラダとドリンク、さらにフルーツ盛り合わせもついて580円から。なんだか元気が出ない、そんな朝には、ビタミンたっぷりのフルーツモーニングで、パワーチャージをしてはいかがでしょうか。

【店舗情報】
 住所  :東京都目黒区目黒1-3-16 プレジデント目黒ハイツ2F
      JR目黒駅西口より徒歩3分
 電話  :03-6417-4740
 営業時間:月-土7:30~23:00(L.O. 22:30) 日7:30~22:00 (L.O.21:30)

豚汁さん(@__3__3__0__)がシェアした投稿 -

Tkako Dannoさん(@t____kako)がシェアした投稿 -

yosuke.kamihigashiさん(@acht808)がシェアした投稿 -

ぞ りん ぞさん(@rninzin)がシェアした投稿 -

フルーツパフェ パンケーキ フルーツサンドなら果実園

フルーツパフェ パンケーキ フルーツサンドなら果実園をご用命ください。果実園はお客様に「常に身近に果物(フルーツ)を感じていただきたい」と言う思いで熟した果物を一番いい状態で出すように心がけております。当店自家製の味・絞り立て・切り立ての味を手ごろな価格で旬のおいしいものを提供するように心がけています。

12. マイリトルハピネス

出典:retty.me

目黒駅西口を出て、ドレメ通りを少し下ったところにあるお店です。ブティックショップに併設され、テーブル席が2卓、カウンター3席の隠れ家のようなカフェ。
来店するお客さんの大半は、14時前後から提供されるデザートメニューがお目当てのようです。その日ごとに気まぐれに作られるというデザートは、マフィンの生地にたっぷり果物を織り込んだ焼き菓子、タルトマフィンや、レアチーズケーキなど2~3種類でいずれも300円。どれも人気のため、2時間ほどで売り切れてしまうことも多いんだとか。ドリンクメニューはハンドドリップのコーヒー500円、紅茶600円他、カカオの割合が選べるホットチョコレートや、変わったところでケールの青汁300円なども頂けます。また、オープン直後から頂けるお食事メニューは季節のホットサンド750円やソーセージプレート750円。
お洒落なブティックの一隅で、ほっと寛ぐティータイム。それはまさに、littlehappinesな時間かもしれませんね。

【店舗情報】
 住所  :東京都品川区上大崎4-4-9 グリーンパーム目黒1F
      JR目黒駅西口より徒歩4分
 電話  :03-6417-9297
 営業時間:12:00~18:00 火曜定休

出典:retty.me

まるさん(@tyo_hungry_days)がシェアした投稿 -

この記事のキーワード

この記事のライター

関連する記事

あわせて読みたい

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yannma5

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

>>ライター紹介