2019/04/27

両国で本当に美味しいランチの名店おすすめ15選

国技館や江戸東京博物館で有名な両国は、東京の古き良き伝統を感じられる街として観光客に人気のエリアです。
この記事は両国駅周辺で美味しいランチ・昼食が食べられるお店を紹介します。

machikamachika
  • 5,609views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.genmaikoso.co.jp

両国エリアでおすすめのランチをご紹介

出典:www.ryutsuu.biz

東京下町で観光客に人気の両国。
東京スカイツリーや浅草も近く、たくさんの外国人観光客が訪れるこのエリアです。
駅前に国技館と江戸東京博物館があり、駅ナカのお土産物屋さんは平日昼間でもショッピングを楽しむ人たちでにぎわっています。
お子様歓迎のおしゃれなカフェから江戸時代の庶民の味を伝える「どじょう鍋」まで、
古き良き日本の伝統が感じられる東京下町・両国駅付近で、おすすめの美味しいランチ・昼食を紹介します。
その日の気分に合わせてぜひ参考にしてみてください。

両国ならではのお店

桔梗家 (ききょうや)

出典:www.dozeu-kikyouya.com

昭和8年創業の「桔梗屋」は80年の歴史を誇るどじょう鍋の老舗。東京下町といえば「柳川丼」が有名ですね。お昼の定食はうなぎ丼1,300円、柳川丼(丸or骨抜き)1,200円で味噌汁・お新香・小鉢付き。泥臭さもなく美味しい味はさすが老舗と言われ、地元の皆さんに愛されています。JR両国駅西口より徒歩3分、両国橋のたもとにありアクセスも良好です。手頃なランチ価格で下町ならではのどじょう鍋にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

出典:www.dozeu-kikyouya.com

【店舗情報】
住所:東京都墨田区両国1-13-15
電話番号:03-3631-1091
営業時間:11:00~14:00(L.O.13:40)/16:30~21:00(L.O.20:30)/東京場所開催中(1月・5月・9月)の日・祝17:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:日曜日、祝日
アクセス:JR総武線両国駅西口徒歩5分

ちゃんこ巴潟 (ちゃんこ ともえがた)

出典:www.tomoegata.com

「ちゃんこ巴潟」は和の料理人が作るちゃんこ鍋と割烹のお店。40周年を誇る老舗です。平日ランチの「十両ちゃんこ」は日替わりのちゃんこ鍋に、小付、ご飯、お新香が付いて860円と、お手頃に本格ちゃんこが味わえて人気のメニュー。ゆっくりと贅沢ランチを楽しみたい時には昼コース「ちゃんこ昼会席」(3,000円~)もおすすめです。両国に来たらやっぱりちゃんこ鍋を食べてみたい、そんな願いを叶えてくれる人気店です。

出典:www.tomoegata.com

【店舗情報】
住所:東京都墨田区両国2-17-6
電話番号:03-3632-5600
営業時間:平日11:30~14:00/17:00~22:30(ラストオーダー21:30)
定休日:年末年始/6月~8月の月曜日
アクセス:JR総武線両国駅より徒歩3分

和食

元氣亭

出典:www.genmaikoso.co.jp

柳葉コース 1,540円
前菜/白木膳(主菜2品・副菜3品・漬け物)/ご飯/味噌汁/有機コーヒーまたは有機紅茶/デザート
藤コース 2,340円
食前酒/前菜/白木膳(主菜2品・副菜3品・漬け物)/ご飯/味噌汁/有機コーヒーまたは有機紅茶/デザート盛り合わせ

出典:www.genmaikoso.co.jp

精進料理(11:30-14:30)※月1~2回・1日限定15食 2,040円

「元氣亭」は「食改善で真の健康をお届けする」をコンセプトとした自然食レストラン。穀物菜食を中心とした健康自然食料理を学べるエコロクッキングスクールが監修したこだわりのメニューを提供しています。栄養バランスに配慮したビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なメニューは、ダイエット中の方、ベジタリアンの方、アレルギーのお子様を連れたお母さま方にも安心です。本日のお食事(日替わり)860円のほか、手頃な価格でヘルシーかつ美味しい料理が楽しめます。都内で唯一のレストラン店舗なので、両国に来た際にはぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

【店舗情報】
住所:東京都墨田区両国3丁目24番10号 第2酵素ビル「エコロ」2F
電話番号:03-3632-3933
営業時間:ランチタイム11:30~14:30(L.O.14:00)/ディナータイムは完全予約制
定休日:土曜・日曜・祝日
アクセス:JR両国駅 東口出口より徒歩2分

はせ川

出典:tonkatsu-hasegawa.com

はせ川は「平牧バーク三元豚」というこだわりのお肉を使用したとんかつ・しゃぶしゃぶのお店。パン粉だけのために一からパンを焼いてつくるというオリジナルパン粉も美味しさの秘訣です。JR両国駅東口を出て目の前の横網横丁をまっすぐ徒歩2分ほど進んだところの左手にあり、アクセスも楽々。大きな「はせ川」のちょうちんが目印です。素朴な店構えは下町・両国ならではの雰囲気。ランチライムは開店後すぐに行列ができてしまうほどの人気店です。その美味しさをぜひ確かめてみてはいかがでしょうか。

出典:tonkatsu-hasegawa.com

【店舗情報】
住所:東京都墨田区両国3-24-1 両国尾崎ビル103号
電話番号:03-5625-2929
営業時間:11:30 ~ 14:30/17:00 ~ 22:30(ラストオーダー 22:00)
定休日:なし
アクセス:JR総武線「両国」駅(東口)から徒歩2分

江戸蕎麦 ほそ川

出典:www.edosoba-hosokawa.jp

両国エリアで行列のできるお蕎麦屋さんといえば「ほそ川」です。江戸東京博物館やすみだ北斎美術館にほど近い場所にあり、両国観光のランチにおすすめ。茨城、北海道、四国から仕入れた玄蕎麦を低温で保管し、自家製粉するというこだわりの蕎麦は、必要な分だけを製粉することで、挽きたての風味が楽しめると好評です。おかわり蕎麦を注文すると産地の違うお蕎麦を出してくれるそう。食べ比べもできて楽しめますね。店主の細川さんはテレビ出演や出版の経験もある方です。お蕎麦好きの方にぜひおすすめしたいお店です。

出典:www.edosoba-hosokawa.jp

【店舗情報】
住所:東京都墨田区亀沢1丁目6-5
電話番号:03-3626-1125
営業時間:11:45~14:30(L.O.14:00)/17:30~20:30(L.O.20:00)
定休日:月曜日、第3火曜日
アクセス:都営地下鉄大江戸線・両国駅 A3出口より徒歩1分

根津 鶏はな 両国 江戸NOREN店

出典:www.tokyoshamo.com

「根津 鶏はな 両国店」は「東京軍鶏」の専門店です。「粋な江戸の食文化を楽しむ。」をコンセプトに和食店が集結したJR両国駅直結の「江戸NOREN」内にあります。生産数が限られ希少性の高い「東京軍鶏」は、うまみ、コク、赤身の締り具合、脂肪分が少なくさっぱりとした味わいなど、日本の伝統的な味わいを最大限に発揮した鶏肉とのこと。オスとメスでは赤身の締り具合、脂肪分が違うので、火加減を調整し焼き方を変えて提供するなど、専門店ならではのこだわりの味が魅力。ランチは「親子丼」を中心にメニューも多数あり充実しています。どれも2,000円以下で楽しめますので、駅チカでちょこっと贅沢したいときにおすすめです。

【店舗情報】
住所:東京都墨田区横網1-3-20
電話番号:050-5592-8646
営業時間:11:00~14:00/17:30~21:30
定休日:月曜日
アクセス:JR両国駅西口直結

下総屋食堂 (しもふさやしょくどう)

出典:sumimaga.com

出典:sumimaga.com

知る人ぞ知る両国の人気店「下総屋食堂」は、1932年オープンの老舗定食屋。ちくま文庫刊野沢一馬著「大衆食堂」にも紹介され、「時をかける少女」ほか数々のドラマや映画のロケ地にもなっているお店です。メニューの注文は棚から好きなおかずを選ぶだけ。値段などは書いていないので、お店の方に聞いてみてください。平日は9:30~20:00、土曜は9:30~18:30まで営業しているので、時間を気にせず少し遅めのランチにもおすすめです。時が止まったような店内はノスタルジックで趣深く、一度は訪れてみたい名店と言えるでしょう。

出典:sumimaga.com

【店舗情報】
住所:東京都墨田区横綱1-12-33
電話番号:03-3622-3861
営業時間:平日8:30~20:00/土曜8:30~18:30
定休日:日祝日
アクセス:JR総武線「両国駅」西口徒歩4分/都営地下鉄大江戸線「両国駅」徒歩3分

中華

らーめん まる玉

出典:www.ma-rutama.com

らーめんチェーン店「まる玉」の本店。「鶏白湯のパイオニア」と名乗るお店だけあって、胴ガラ・身肉・モミジ・脂などを強火で煮込んだ濃厚で低脂肪コラーゲンたっぷりの「鶏白湯」スープは一度食べると忘れられない味と好評です。トッピングには名物の「あおさ海苔」が人気。両国駅西口から国技館と反対の京葉道路方面へ徒歩4分ほど。両国でラーメンを食べたくなったらぜひ一度足を運んでみてください。

【店舗情報】
住所:
電話番号:070-5201-5690
営業時間:平日・土11:30~14:30/17:30~21:00 日祝11:30~15:00
定休日:不定休
アクセス:JR総武線「両国」駅(西口)より、徒歩4分

亀戸ぎょうざ

出典:www.koto-jikan.com

「亀戸ぎょうざ」は60年以上の歴史を持つ行列の絶えない本店が超有名ですが、実は両国にも支店があります。ここ両国店は餃子の美味しさはもちろんのこと、ラーメン、チャーハン、野菜炒めなどそのほかのメニューも充実しているのが特長です。パリパリの皮が美味しい名物餃子は5個一皿270円とお得。一皿からでもオーダーできますが、ついつい二皿頼んでしまう美味しさです。皿の残りが少なくなると絶妙なタイミングで2皿目が運ばれてくる「わんこ」形式は本店同様。あつあつの餃子をいつまでも楽しめます。老舗餃子店の美味しい餃子を両国で味わってみてはいかがでしょうか。

【店舗情報】
住所: 東京都墨田区両国4-34-10
電話番号:03-3631-3740
営業時間:11:30~20:40
定休日:無休
アクセス:都営地下鉄大江戸線両国駅A4出口より徒歩2分

イタリアン

カメ カフェ (came cafe)

出典:camecafe.owst.jp

蔵前橋通り沿いにあるこぢんまりとした「カメカフェ」は、おしゃれでほっこりするアットホームな空間が魅力。かわいいワンちゃんとも触れ合え、お子様連れで入りやすい雰囲気が地元のママたちに大人気で、ベビーカーで来店されるお客さんも多いお店です。2席のみですが、オープンテラスはペットも同席可。ランチメニューはピザorパスタにサラダ・ドリンク付きで900円~。カフェと言ってもメニューが多く、豊富な種類のピザ・パスタからその日の気分に合わせて選べるのが嬉しいポイントです。絵本やおもちゃなどもいっぱいあるので、お子様とくつろぎのひとときを過ごしたい方におすすめです。

出典:sumimaga.com

【店舗情報】
住所:東京都墨田区石原1-23-4
電話番号:03-6240-4415
営業時間:火~土11:30~23:00/日11:30~21:00
定休日:月曜
アクセス:大江戸線両国駅A2出口より徒歩8分

両国テラスカフェ

出典:ryogokuterrace.owst.jp

おしゃれな内装とテラス席が人気の「両国テラスカフェ」。ランチメニューはイタリアンが中心で、生パスタランチ(サラダ・パン付)950円、本日のピッツアランチ(サラダ付)1,050円などですが、注目の異色のメニューは「アスリート定食」970円です。こちらは併設されている「鹿屋アスリート食堂」のランチメニュー。鹿屋体育大学・鹿児島県鹿屋市などが連携して行っているプロジェクトの一環で、「栄養学に基づいた街の健康食堂」をコンセプトとしたお店です。月替わりの主菜を9種類の中から3種類選ぶスタイルで、その名の通りアスリート向けを意識した低カロリー高タンパクのランチを楽しめます。健康に配慮したランチをお求めの方におすすめです。

出典:ryogokuterrace.owst.jp

出典:ryogokuterrace.owst.jp

【店舗情報】
住所:東京都墨田区横網1-12-21
電話番号:03-5608-7580
営業時間:平日11:30〜15:00(14:30 l.o.)/17:30〜23:00(22:00l.o.) 土日祝11:30〜23:00(22:00l.o.)
定休日:無休
アクセス:JR両国駅徒歩6分・大江戸線両国駅徒歩5分

ゴローゾ (Goloso)

出典:goloso.tokyo

12席のこぢんまりとしたイタリア料理店「ゴローゾ」は、気軽に美味しいイタリアンを楽しめるお店です。店長はイタリア各地での修行を経て、白金高輪の本格イタリアンバーで料理長を務めたのちにこのお店を開店したそう。豊富な経験と知識を活かした味は地元の常連さんに好評です。平日限定のランチメニューは本日のランチ(パスタ・スープ・ハーブティ付き)900円の一種類のみ。パスタの味は日替わりで楽しめます。天気の良い日に渡る隅田川の景色は格別です。両国駅から少し足をのばして蔵前橋を越え蔵前方面へ、お散歩がてら訪れてみてはいかがでしょうか。

出典:goloso.tokyo

【店舗情報】
住所:東京都台東区蔵前4-5-2
電話番号:03-6873-4320
営業時間:月~金11:30~14:30(L.O 14:00)/月~土・祝17:30~24:00(L.O 23:00)
定休日:日曜日
アクセス:都営浅草線蔵前駅A1出口より徒歩3分/大江戸線両国駅より徒歩15分

洋食

ペーパームーン

出典:papermoon.tokyo

60年代から70年代を意識したレストラン&バー「ペーパームーン」は、店長こだわりのレトロな雰囲気を楽しめるお店。アメリカ映画に出てきそうなダイナーっぽさが素敵と常連ファンに人気です。平日限定のランチは11:45 ~ 13:45のみの営業。おすすめはお肉たっぷりでボリューミーな「タコライス」800円です。都営大江戸線両国駅A2出口より徒歩10分ほど、蔵前橋通り沿いにあります。古き良き時代を感じながら、普段と違うランチを楽みたい方におすすめのお店です。

出典:papermoon.tokyo

【店舗情報】
住所:東京都墨田区石原2-18-7 クレドハイツリー両国2F
電話番号:050-5571-1719
営業時間:11:30~14:00(ラストオーダー13:30)/17:30~24:00(ラストオーダー23:30)
定休日:不定休
アクセス:都営大江戸線「両国駅」A2出口より徒歩8分

炭焼ステーキくに 両国店

出典:www.steak-kuni.com

「ステーキくに」は、炭焼きのステーキとハンバーグが味わえる本格ステーキレストラン。紀州備長炭を使用し、炭火で「外はカリっと、中はジューシー」に焼き上げたお肉が特長です。隅田川のほとりにあり、両国国技館のすぐ目の前ですので、観光にも便利な立地。オーダーカットシステムを採用し、目の前でお好きな厚さにお肉を切り分けるダイナミックな演出も楽しめます。ランチメニューの種類も豊富で、「300gジューシーカットワイルドステーキ≪ライス付≫」が1,280円などお手頃価格も魅力です。人気力士もお忍びで訪れるといわれる両国店、美味しいステーキを食べたいときにぜひ足を運んでみてください。

出典:www.steak-kuni.com

【店舗情報】
住所:東京都墨田区横網1-2-16
電話番号:03-3623-9215
営業時間:11:00~23:30 (ラストオーダー22:30)
定休日:無休
アクセス:JR総武線両国駅西口より徒歩5分

アゼリア

出典:www.dh-ryogoku.com

「アゼリア」は第一ホテル両国の一階にあるレストラン。大江戸線両国駅A1出口を出てすぐなので、地下鉄でお出かけの前にも便利な立地です。ホテルクオリティの美味しいパスタをお得に楽しめる「日替わりパスタ」はスープ・サラダ・コーヒーまたは紅茶・プチデザート付きで平日1,100円、土日祝でも1,200円。そのほか、新鮮なお野菜がいっぱいのスペシャルランチコースも人気。たっぷり野菜のオードブル・選べるメイン料理・パンまたはライス・コーヒーまたは紅茶のセットで1,800円~。ホテルならではの美味しさを気軽に楽しめるおすすめのお店です。

この記事のキーワード

この記事のライター

関連する記事

あわせて読みたい

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco2

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

eri11153

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yannma5

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、信州で車と旅と温泉と酒・肴を愛する道楽者。

>>ライター紹介