ストリートブランド人気おすすめ20選【2019最新】

2019年版最新の人気ストリートブランドを紹介します。主にストリートブランドの概要や定番のアイテムを紹介します。大人メンズにおすすめのラグジュアリーストリートブランドから定番のストリートブランドまでまとめて紹介しているのでストリートブランドに興味がある方や、ストリートブランドが好きな方は是非、チェックしてみてください。

koun0716コウ
  • 75,288views
  • B!

アイキャッチ画像出典:blog.ansco9.com

ストリートブランドとは

90年代に裏原宿を中心に爆発的な人気を集めたストリートブランド。ラグジュアリー界にもモード×ストリートという新たなジャンルが生まれるなど、ストリートは今やファッションシーンにおいて最も影響力のあるジャンルです。一般的にストリートブランドとはトラッド、カジュアル、サーフ、スケートなど様々な要素をMIXしたリアルクローズのことをさし、代表的なアイテムはプルオーバーパーカーやハイテクスニーカー、フォトTなどカジュアルなデザインのアイテムです。若者のイメージが強いストリートブランドですが、老舗ラグジュアリーブランドからもストリートテイストの強いアイテムをリリースされるなど、大人メンズの方でも着こなせるアイテムが多数あります。

2019年度版おすすめの人気ストリートブランド

おすすめの人気ストリートブランドを紹介します。ラグジュアリーブランドから定番のストリートブランドまでまとめて紹介するので、ストリートブランドを探している人は是非、チェックしてみてください。

GIVENCHY【ジバンシィ】

出典:kaitorisatei.info

フランスの老舗ラグジュアリーブランド、GIVENCHY。モードブランドとしてイメージの強いジバンシィですが、2005年に新デザイナーであるリカルド。ティッシュを迎え、いち早くロゴアイテムやハイテクスニーカーをリリースするなどラグジュアリーストリートの先駆的ブランドとなりました。高級感がありながら肩ひじ張らず着用できるGIVENCHYのアイテムは大人メンズにぴったりのブランドです。

モード×ストリート

出典:www.lyst.com

ジバンシィのアイテムと言えばモードテイストとストリートテイストをMIXした独特のデザインです。デザインはストリートテイストでありながら、シルエットはジバンシィらしいタイトであるため、子供っぽくならず着こなすことが出来ます。価格帯も10万円~となっているので、高品質でおしゃれなストリートブランドを探している方におすすめのブランドです。

OFF-WHITE【オフホワイト】

出典:www.deradera.co.jp

2014年デビューの新鋭のストリートブランド、OFF-WHITE。ラグジュアリーなストリートウェアをコンセプトにイタリア製の高品質なアイテムを展開しています。これまでにリーバイスやジミー・チュウ、モンクレールなど様々なブランドとコラボを果たしており、特に昨年発表されたNIKEとのコレクション「THE TEN」は世界中で話題を集め、今最も注目度の高いブランドです。

ヴァージル・アブロー

出典:ibought.jp

OFF-WHITEのデザイナーであるヴァージル・アブロー。OFF-WHITEだけでなく今年から黒人初のLoius Vuittonクリエイティブディレクターに選ばれるなど世界を代表するデザイナーの一人です。大学では建築を学び、卒業後カニエ・ウエストの下で修業を積むなど異色の経歴を持ちます。ファッション界だけでなくマルチに活躍するヴァージルの今後の活躍から目を離すことが出来ません。

ALYX【アリクス】

出典:www.makes.jp

2015年デビューアメリカニューヨーク発の新鋭ブランド、ALYX。デザイナーであるマシュー・ウィリアムはレディ・ガガやカニエウエストのクリエティブディレクターを務めるなど世界的に有名なデザイナーの一人です。幼少期を過ごしたカルフォルニアや世界中のカルチャーをMIXしたALYXのアイテムは他のブラントとは一風変わったモードテイストの強いデザインとなっており、今注目のブランドです。

個性的なデザインの小物

出典:www.antonioli.eu

ウェアだけでなく個性的なデザインの小物も人気なALYX。特に定番でリリースされているベルトは通常のバックルと違いバックル通しをはめ込む独特のデザインです。マシューが幼少時に通った遊園地のローラーコースターにインスパイアされてデザインしており、ベルト以外にもバングルやバッグなど様々なアイテムにも使われており、ALYXのモチーフとなっているデザインでもあります。

Gosha Rubchinskiy【ゴーシャラブチンスキー】

出典:uptodate.tokyo

2015年デビューロシアを代表するブランド、ゴーシャラブチンスキー。モスクワ出身の写真家であるゴーシャ・ラブチンスキーが立ち上げたブランドであり、モスクワのカルチャーを反映した独自のデザインのアイテムを展開し、これまでにAdidasやBurberryとコラボを果たしています。2018-19秋冬のコレクションでブランドを終了することを宣言しており、今後の活動に最も注目が集まるブランドです。

PACCBET【ラスベート】

出典:ibought.jp

ロシア発のストリートブランド、ラスベート。ゴーシャ・ラブチンスキーがスケーターのトリア・ティタエヴを含む友人たちと新たに立ち上げたブランドです。ゴーシャラブチンスキー終了後はラスベートに本格的に力を入れて活動し、今後モスクワのカルチャーを世界に発信していくことを目標と宣言しています。日本では銀座にあるドーバーストリートマーケット銀座で取り扱いが行われていますので気になった方は是非、チェックしてみてください。

BALENCIAGA【バレンシアガ】

出典:www.wwdjapan.com

世界のファッションシーンを牽引するラグジュアリーストリートブランド、BALENCIAGA。現デザイナーであるデムナ・ヴァザリアが手掛ける革新的なアイテムの数々はいつもファッションシーンに新たな流行を生み出します。ウェアからシューズ、アクセサリー、バッグなど総合的に手掛けるファッションブランドなので、気になった方は是非、チェックしてみてください。

Tripl S

出典:snkrdunk.com

近年のダッドスニーカー(父親が履くようなダサいシューズ)ブームを生み出したTripl S。ランニングシューズ、バスケットシューズ、トラックシューズの3つの異なるシューズの組み慌て作られたシューズは海外セレブを中心に高い人気を集めました。ダッドスニーカーブームに陰りが見え始めた今、BALENCIAGAが次に生み出すシューズに注目が集まっています。

SUPREME【シュプリーム】

出典:www.amazon.co.jp

1994年創業のストリートブランド、SUPREME。もともとは創業者であるジェームス・ジョビアがニューヨークのスケーターたちのために開いたお店が始まりで、今ではスケートシーンの中心を担うブランドまで成長しました。毎週発売される新作アイテムは発売後、すぐに完売してしまうほどで、今でも発売前にお店に長蛇の列を成すことがあたりまえとなるほど高い人を誇るブランドです。

100を超える様々なブランドとのコラボ

出典:meetia.net

SUPREMEは他のブランドと積極的にコラボを行っており、これまでにコラボしたブランドの数は100を超えると言われています。特にLouis Vittonとのコラボは大きく話題を呼び、世界中の人々から高い注目を集めました。コムデギャルソンやUNDERCOVERなど日本のブランドとも定番でコラボをしており、定番のアイテムだけでなくコラボアイテムもおすすめです。

Rickowens【リックオウエンス】

出典:item.rakuten.co.jp

1997年創業のフランスの人気ブランド、リックオウエンス。デザイナーであるリックはマダム・グレとマドレーヌ・ヴィオネを敬愛しており、両者の手掛けるアイテムを混ぜ込んだデザインが特徴です。色を多用せず、コレクションはほとんど黒を中心に使用していますが、服本来が持つドレープの美しさを表現しています。展開するアイテムほとんどにヴィンテージ加工を施すなど古着の様な質感を楽しめることも人気の理由です。

Intarsia Jacket

出典:www.tizianafausti.com

The Reather of RIckの異名をもち毎年少しづつ形を変えて展開されているリックオウエンスの名作ジャケット、インターシャ。タイトなシルエットかつ縦に長いモードライクなシルエットが特徴です。厳選された上質なレザーのみを使用し、柔らかな着心地となっています。シンプルで無駄のないデザインのレザージャケットを探している方におすすめのアイテムです。

Y-3【ワイスリー】

出典:party-channel.com

人気スポーツブランド、adidasがクリエティブディレクターにYohji Yamamotoの山本耀司さんを迎え展開するストリートブランド、Y-3。adidasが得意とするスポーティーな素材と山本耀司の世界観を加えて作り出すアイテムはモード×スポーツという新たなジャンルを作り出しました。ウェアだけでなくトレンド性の高いスニーカーが特に人気でyohji好きだけでなく様々な方に愛されるブランドです。

Bynder Super

出典:www.fashion-press.net

adidasの名作スニーカー、スーパースターをyohji風にアップデートした新作モデルバインダースーパー。スーパースターのアイコンでもあるシェルトゥを引き継ぎながらアッパーにブラックスウェードを使用し、ホワイトステッチを使用するなどインパクトのあるデザインとなっています。スーパースターが欲しいけど人と被りたくないという人におすすめのアイテムです。

Stussy【ステューシー】

出典:celebrityclothingline.com

1980年にショーン・ステューシーが友達のためにTシャツを手作りしたことが始まりのブランド、Stussy。ポップでカジュアルなデザインのアイテムがカルフォルニアのサーファーの間で人気となり、後にサーファーだけでなくスケータの間でも人気になり始めました。創業者であるショーン・ステューシーは現在は一線を退ぎ、カウアイ島でサーフィン漬けの日々を送っています。

ショーンフォント

出典:twitter.com

Stussyのアイテムによく使用されるポップな字体、通称ショーンフォントは創業者であるショーン・ステューシーさんが独自に発案した字体であり、Stussyの爆発的な人気を呼び込んだ理由の一つとされています。ベーシックでありながらポップなショーンフォントは今見てもどこか新しを感じるなどそのデザイン性の高さが今でも高く評価され続けています。

Vetements【ヴェトモン】

出典:www.boo-bee.jp

現在BALENCIAGAでクリエティブディレクターを務めるデムナ・ヴァザリアが立ち上げたブランド、VETMENTS。BALENCIAGA同様現在のファッションシーンの流行はこのブランドから作り出されていると言っても過言ではありません。ブラックだけでなく鮮やかなビビットカラーを使用したVETEMENTSのコレクションは見るだけでも楽しむことが出来るので是非、チェックしてみてください。

デムナ・ヴァザリア

出典:www.vogue.co.jp

VETEMENTSのSデザイナーであり、現在BALENCIAGAのクリエティブディレクターを務めるデムナ・ヴァザリア。ソ連出身のデムナはベルギーの名門アントワープ王立芸術アカデミーを卒業後、マルタン・マルジェラ・ルイ・ヴィトンでデザインを手掛けるなど輝かしい経歴を持っています。毎回コレクションではアイテムだけでなく会場の場所でも話題を呼ぶなど常にファッションシーンの中心に存在する有名デザイナーです。

A-COLD-WALL【ア・コールド・ウォール】

出典:www.deepinsideinc.com

2015年創業のイギリスのストリートブランド、A-COLD-WAll。デザイナーであるサミュエル・ロスはOFF-WHITEのデザイナーであるヴァージル・アブローの下で修業を積んだ期待の若手です。今もなお階級制度の名残を見せるUKカルチャーをベースにワーク、トラッドなど様々なテイストをMIXしたアイテムが特徴です。グラフィックデザインにも定評があり、デザイナーが一点一点ペンキでデザインしたアイテムがコレクションごとに定番でリリースされています。

PVC【ポリ塩化ビニル】を使った個性的なアイテム

出典:www.wwdjapan.com

A-COLD-WALLのコレクションの中でも高い人気を誇るアイテムに共通する点はPVC(ポリ塩化ビニル)素材を使用している点です。PVC素材はクリアな透明感が特徴の素材で、シャネルやコムデギャルソンなど名だたるブランドも使用する人気の素材です。A-COLD-WALLは労働者階級の貧しいワークウェアを再現するためにPVC素材を使用しており、ワークウェアの風合いを上手く再現しています。

DROLE DE MONSIEUR【ドロールドムッシュ】

出典:www.us-onlinestore.com

フランスのストリートブランド、DROLE DE MONSIEUR。フランスのブランドでは珍しく、拠点をパリにおいておらず、アイテムにもよくNOT FROM PARISとプリントしています。デザイナーである二人はもともとファッション業界出身の人間ではなく、ブランド立ち上げと同時に服についての勉強を開始した異色のブランドです。既に国内でも取り扱い店舗が増えるなど、今注目の新鋭ストリートブランドです。

NOT FROM PARIS MADAME

出典:item.fril.jp

ブランドが創業して間もないドロールドムッシュを有名にしたのは、デザイナーであるダニー・ドス・サントス氏とマキシム・シュワブ氏がデザインとして頻繁に使用するNOT FROM PARIS MADAMEという言葉です。この言葉には俺たちはファッションの街パリに住んだことはないけど、かっこいい服作れるんだぜという意味が込められているそうです。シンプルで癖のないフレンチストリートは大人メンズにおすすめです。

doublet【ダブレット】

出典:amazonfashionweektokyo.com

2013年春夏スタートの日本のストリートブランド、doublet。LVMHグループが毎年優れた若手デザイナーを支援するために創設したLVMHヤングファッションデザイナープライズの2018年度版グランプリに選ばれたことでも話題を呼んだブランドです。ブランドコンセプトは違和感のある普段着で、スタンダードなアイテムに強烈な個性を落とし込んだデザインしたアイテムが特徴です。今、日本で最も注目度の高いストリートブランドです。

プラスティックシャツ

この記事のキーワード

この記事のライター

コウ

都内在住の大学生です。ファッションが好きです。特にデニムが好きなので、毎日履いて洗濯してを繰り返し、自分だけの一本を制作中・・・

関連する記事

あわせて読みたい

koun0716
コウ

都内在住の大学生です。 ファッションが好きです。特にデニムが好きなので、毎日履いて洗濯してを繰り返し、自分だけの一本を制作中・・・

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco2

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

eri11153

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

yukib6

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介