宮古島で絶品宮古そばが味わえる名店おすすめ10選

沖縄県宮古島の麺文化、宮古そばの名店を厳選して紹介します。多様な派生を遂げる沖縄そばの一つである宮古そば。麺や具材にこだわりぬいた特色のあるお店を厳選して集めてみました。観光の際におすすめのエリア別に特集しています。もちろんランキング入りする有名店から夜営業のあるお店まで抑えています。ぜひ旅行の参考にしてください。

ninohandninohand
  • 6,002views
  • B!

アイキャッチ画像出典:retty.me

宮古そばとは?

具がない?いえいえ入ってるんです

Takamiさん(@nyanmo_night)がシェアした投稿 -

麺は沖縄そばと同様に小麦粉から作られますが、平打ちで細く形成された麺特徴です。茹でてから油をまぶし冷水締めではなく自然冷却して冷ますことでボソボソとした独特の触感を生み出します。スープは沖縄そばと同様に、豚骨と鰹だしで作られているのですが味付けがあっさりとした薄味のスープです。
具材も沖縄本土と同じように三枚肉とかまぼこが標準なのですが、特徴はその盛り付け方。ネギ以外の具材を麺の下に入れてしまうのが宮古流。具を温めるため、年貢の取り立てから逃れるためと理由は諸説ありますがはっきりとした理由は分かりません。近年では具を下に入れず上に載せてしまう店もあります。
また調味料も一風変わっています。定番の島胡椒やコーレーグース(泡盛と唐辛子の香辛料)を始め、カレー粉や雪塩を使います。ぜひチャレンジしてみてください。

宮古そばのルーツ

出典:www.miyako.in

沖縄本島と石垣島に挟まれている宮古島。沖縄の麺文化の始まりは明治後期、中国人が沖縄本土に持ち込んだ支那そばが定着し沖縄にそば文化が広まりました。それぞれの地域で独自の進化を遂げています。宮古島では「宮古そば」と呼ばれるように、宮古島単体でオリジナルの麺文化を形成してます。

中部市街地エリア

ホテルや商業施設が多く集まる市街地エリア。平良タウンとも呼ばれています。居酒屋や商店街など地元の人たちのありのままの日常風景があふれています。旅行の中心地となるので観光してきた後の夕食や少し遅めの朝ご飯にいかがでしょうか。

くになか食堂 【天ぷら】

出典:retty.me

市街地から北東に500m、徒歩10分ほどで見えてくるのが「くになか食堂」。1982年創業、昔ながらの食堂です。天ぷらとそばの2枚看板で有名です。3時のおやつ時にはてんぷらを求めて行列ができるほどの人気ぶり。
店内はカウンターと座敷で広々としてるのでお子さん連れでも安心です。
てんぷらを豚骨と鰹、昆布の出汁のスープと一緒に是非食べてみてください。

出典:retty.me

宮古そば(500円)は二つの天ぷら付き。揚げたてふわふわの天ぷらとあっさりとした宮古そばのスープがよく合います。そばもあっさりとしていて定番の味。追加で天ぷら3個(100円)も注文できるので足りないという方は是非。おなか一杯になるまで食べられます。ボリュームがあるのでかなりおなかを空かせていくか小サイズ(400円)をお勧めします。

■店舗情報
住所:沖縄県宮古島市平良東仲宗根38-1
TEL:0980-72-7894
営業時間:11:00~17:30
定休日:土日祝
駐車場:有

じんく屋 【王道】

出典:retty.me

市街地のほぼ中心、公営市場の隣にあります。久松製麺所直営の定食屋「じんく屋」。自家製麺、自家製スープで作られた王道の宮古そばが食べたれると人気のお店です。お昼時には駐車場がないので店前が路上駐車だらけになるほど。
地元に愛される食堂で王道の宮古そばを是非ご賞味ください。

出典:jinkuya.com

一番人気はチャーハンセット(550円)宮古そばにチャーハンとサラダ、お新香がついてくるボリューム満点のセットです。出汁のきいた濃いめのスープと口当たりのよい麺でするすると食べられます。
三枚肉と宮古かまぼこもしっかりと味付けされており飽きが来ません。チャーハンもかなりの評判の一品です。

■店舗情報
住所:沖縄県宮古島市平良字下里84番地
TEL:0980-73-4017
営業時間:11:00~16:00
定休日:火曜日
駐車場:無

沖縄そば通販|宮古そば・ソーキそばの通信販売“じんく屋”【久松製麺所】

沖縄そばの通販/宮古島の伝統食(特産品)である“宮古そば”「沖縄そば」宮古そばセット ソーキそばセットの通販・お客様のニーズに対応し地元の特産品を取り入れた麺の開発にも力を入れております。宮古島の製麺所からこだわりの味をご家庭にお届け!

島の駅みやこ ちょうじ屋 【たまごかけ】

出典:retty.me

続いては島の駅みやこの中にあるお店「ちょうじ屋」。平良港から車で5分、市街地の南西に位置する島の駅です。島の駅とて侮るなかれ、島の食材が集まる立地を生かし素材を生かしたスープが人気です。甘みのある出汁は地元でファンがつくほどだそうです。

hostelgeccaさん(@hostelgecca)がシェアした投稿 -

おすすめはこっこそば(500円)。あっさり出汁の宮古そばの上に島で取れたてのたまごをそのままのせていただきます。濃厚なたまごがつるつるとした麺によく絡み新しくも懐かしい味です。雪塩で少し味を変えてみるのもおいしいですよ。

■店舗情報
住所:沖縄県宮古島市平良久貝870-1
TEL:非公開
営業時間:10:00~16:00
定休日:不定休
駐車場:有

わくわく宝島・島の駅みやこ!観光情報・イベント情報・グルメ・お土産など宮古島のワクワクが集めたアイランドステーション!

宮古島の観光情報・イベント情報・グルメ・お土産まで。地元宮古島のローカル情報は「島の駅みやこ」にお任せ!

蔵 食事処 【珍味】

出典:retty.me

市街地から西に2キロほど、パイナガマビーチから徒歩五分、少し離れた場所にあります。木枠で核まれたのおしゃれなお店です。沖縄料理ではなく宮古料理オンリーのこちらのお店はイラブー(海ヘビ)や山羊などここでしか食べられない料理も楽しむことができます。

momyonさん(@hiranomomi)がシェアした投稿 -

シンプルな宮古そば(650円)をいただけます。宮古珍味と泡盛と一緒に食べるそばは絶品。味覚から南国を堪能できます。地元の方にも有名で予約でいっぱいになることも。可能であれば予約をすることをお勧めします。

■店舗情報
住所:沖縄県宮古島市平良字久貝654-6
TEL:0980-73-4071
営業時間:11:00~14:00 18:00~23:00
定休日:不定休
駐車場:有

古謝(こじゃ)そば屋 【人気】

出典:kojasoba.com

市街地から南に2~3キロ、宮古島三大製麺所の一つ古謝製麺所の隣の店を構えています。少し遠いですが駐車場も広くアクセスに不便はありません。おしゃれながらも、どこか懐かしさを感じる内装とオリジナルの四角い麺を使った宮古そばは島内でも1、2を争う人気店。ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

Natsuko.Tさん(@725_na_82)がシェアした投稿 -

かつおだしを使った宮古そば(580円)。角ばった麺の形状とコシのある湯で加減が歯ごたえを生み出します。島内一と言われるそばを食べずして宮古そばは語れないでしょう。

■店舗情報
住所:沖縄県宮古島市平良字下里1517-1
TEL:0980-72-8304
営業時間:平日11:00~16:00 土日祝11:00~20:00
定休日:水曜日
駐車場:有

宮古そば|古謝そば屋

大和(だいわ)食堂 【定食充実】

Hisao Kurataさん(@danchan_drone)がシェアした投稿 -

島民に愛された町の定食屋さん「大和食堂」。市街地から東に1キロほど、宮古郵便局の近くにあります。市街地内といってもいいほどの距離なので、歩いてでもアクセスすることができます。昭和の古き良き食堂といった感じの店内は地元の人で賑わいます。ヘルシーで柔らかなソーキがおすすめです。

出典:retty.me

軟骨ソーキそば(650円)。こちらのお店は伝統の麺の下に具材を収める盛り付けで提供してくれます。脂身を程よく落とし、柔らく仕上げたソーキは女性にも人気です。

■店舗情報
住所:沖縄県宮古島市平良字西里819-3
TEL:0980-72-0718
営業時間:11:00~19:00
定休日:火曜日
駐車場:有

北部郊外エリア

大自然が楽しめる北部エリア。池間島や池間大橋、雪塩ミュージアム、マングローブ林など南国らしいスポットがたくさんそろっています。飲食店は多くないのでランチタイムは混雑が予想されます。昼過ぎまで観光して、少しずらして訪れるといいかもしれません。

すむばり食堂 【タコ】

出典:retty.me

宮古島本島の北端、西の浜ビーチや雪塩製塩場など自然を生かした施設に囲まれています。市街地、宮古空港から車で30分ほどで到着します。もともとビアホールとしてオープン、島タコを食べることのできるローカルな食堂として口コミでじわじわと人気に。宮古家庭料理のタコとそばの融合を楽しんでみては。

Yu Takanoさん(@juninejunine)がシェアした投稿 -

一番人気のすむばりそば(800円)。宮古そばのうえにタコは玉ねぎと人参と一緒に炒められたものがのっています。柔らかなタコと野菜の甘味がそばによく合います。さらにのり(アーサ)がいいアクセントになりスープやタコの味を引き立てます。

■店舗情報
住所:沖縄県宮古島市平良字狩俣768-4
TEL:0980-72-5813
営業時間:11:00~18:00 (1~3月は16:00まで)
定休日:不定休
駐車場:有

宮古島の飲食店はタコ料理の「すむばり」で決まり!

宮古島のウミンチュ(漁師)が獲ったタコ料理が味わえる。たこが入った宮古そばがおすすめ!

南部郊外エリア

ゴルフ場や温泉、離島や展望台、リゾートホテルの広がる南部郊外エリア。まさに大人の南国オフを過ごすには相応しい場所ではないでしょうか。そんな合間に食堂でおいしいそばをすすってみてはいかがですか?

丸吉食堂 【ニンニク】

出典:retty.me

市街地から車を走らせること20~30分、国道390号線沿い、多良川酒蔵醸造工場のそばにあるます。「丸吉食堂」は創業40年を超える老舗の宮古そば専門食堂です。専門店だけあってメニューも厳選されています。人気店なので行列覚悟で行ってみてください。

出典:retty.me

宮古そば(大500円 小370円)は伝統の盛り付け。ボリュームたっぷりです。スープが豚骨とニンニクのよくきいたしっかりとした味付けです。食後にはお口直しにアイスキャンディーもついてきますよ。

■店舗情報
住所:沖縄県宮古島市城辺字砂川975
TEL:0980-72-5813
営業時間:11:00~18:00 (1~3月は16:00まで)
定休日:不定休
駐車場:有

んまやー 【鶏がら】

出典:retty.me

先ほどの丸吉食堂からほど近く、シュノーケリングを楽しめる友利集落の入り口にあります。2010年創業のお店ですが、地元の方にも、観光客にも人気のお店です。店名は方言で「実家」の意。店内と店員さんが作り上げる雰囲気はまさに実家といえるアットホームなお店です。、シュノーケリングのあと水着のまま食事できるテラス席もあります。

出典:retty.me

とろとろなんこつそば(並700円 小500円)は珍しい鶏がらスープをベースに鰹や野菜を3時間以上煮込んだしっかりとした味付けです。しっかりとした麺やとろとろのソーキによく合います。

■店舗情報
住所:沖縄県宮古島市城辺字友利130-3
TEL:0980-77-7477
営業時間:11:30~15:00
定休日:水曜日
駐車場:有

伊良部島エリア

伊良部大橋を渡った向こうにある伊良部島。ダイビングスポットやビーチ、通り池など大自然に囲まれています。橋が通ったことでアクセスがかなり良くなりました。ぜひこのタイミングで一足伸ばしてみてください。

伊良部そば かめ 【手作り自家製麺】

出典:retty.me

伊良部島のやや北西寄り、市街地から車で2.30分ほどの佐和田集落の中にあります。店名は店主の名前「かめ子さんからとったそうです。昼は食堂、夜は居酒屋として店を開いています。古民家風の店内で手作りの自家製麺をぜひ味わってください。

出典:retty.me

鰹だしの味かしっかりとするかめそば(680円)。手作りのゆし豆腐、ソーキ、三枚肉がふんだんに乗せられています。あっさりとしたスープに具材がよく合い、手作り自家製麺のつるつるとした触感がたまりません。

■店舗情報
住所:沖縄県宮古島市伊良部字長浜251
TEL:0980-78-5477
営業時間:11:00~16:00 18:00~21:00
定休日:不定休
駐車場:有

まとめ

この記事のキーワード

この記事のライター

ninohand

岡山生まれ広島育ち、神奈川在住のninohandです。アウトドアとおいしい食べものが大好きな大学生です。町中にあるひっそりと隠れたお店を求めて日々街歩きを繰り返しています。毎日の生活や旅行に、ちょっとした彩を添える記事をご紹介できたらと思います。よろしくお願いします。

関連する記事

あわせて読みたい

ninohand
ninohand

岡山生まれ広島育ち、神奈川在住のninohandです。アウトドアとおいしい食べものが大好きな大学生です。町中にあるひっそりと隠れたお店を求めて日々街歩きを繰り返しています。毎日の生活や旅行に、ち...

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、信州で車と旅を愛する道楽者。酒・肴と温泉も嗜む。

miyu kobayashi6

miyu kobayashi

女子大生。

>>ライター紹介