自転車を便利にする!おすすめ自転車用スマホホルダー10選

サイクリングやポタリングに役立つスマートフォンのナビゲーションアプリ。スマートフォンを自転車に固定できるホルダーがあれば一層便利に使えます。様々なタイプが揃った自転車用スマホホルダーをご紹介しましょう。

saitoinformationbusiness斉藤情報事務

スマートフォンのナビでサイクリングを快適に

フレキシブルに使える自転車とスマートフォン。自転車で出掛ける際にスマートフォンをホルダーで車体に固定できれば、より便利に使えるでしょう。

知らない土地での移動に便利なのがナビゲーションアプリで、サイクリングやポタリングなどにも活躍。新しいショップや、約束の場所に向かうときも便利です。スマートフォンをホルダーに固定して使えば走りながら地図や目的地を確認でき、ハンズフリーなので安全。自転車でお出掛けやアクティビティがもっと快適になります。

ホルダーのタイプも様々で、シンプルに固定するタイプから充電ができる製品や防水仕様まで多彩に揃っています。また道交法の改正によって自転車でも運転中のスマホ使用や画面注視は違反に。安全に自転車でスマートフォンを使うためにもホルダーに固定するのがベストでしょう。

多彩に揃った自転車用スマホホルダーからタイプ別に厳選した10アイテムをご紹介します。

※ 運転中の携帯電話・スマートフォン使用は道交法違反です。
※ 運転中に車載モニター等に表示された画像を注視することは道交法違反です。
  下記に道交法をリンクします。

充電タイプ

ドッペルギャンガー「スマホバッテリーマウント DPC364-BK」

独創的なコンセプトの元にアヴァンギャルドな自転車を造り出すドッペルギャンガー。自転車用のアクセサリーも豊富にラインナップしており、オリジナリティの高いアイテムが揃っています。

「スマホバッテリーマウント DPC364-BK」は、専用のモバイルバッテリーがセットになったホルダーです。同梱されるのは3,800mAhの容量を持つバッテリーで、取り外して使用することもできます。コンパクトでポケッタブルなバッテリーは、電池残量を確認できるLEDインジケーターも装備。ホルダーは幅広い機種に対応しスライドクリップで簡単取り付け、シリコンパッドがスマートフォンをしっかりホールドし脱落を防ぎます。

工具を使わずワンタッチで90°回転できるので縦横どちらでもOK。自転車への取り付けのためにユニバーサルマウントと、アヘッドステム用マウントの2種類が付属します。

【スペック】
対応機種:幅60~95mm端末
取付可能径:22~45mm(ユニバーサルマウント)
バッテリー:付属
バッテリー容量:3,800mAh
バッテリー出力:5V/1.0A(USB)
バッテリー入力:5V/1.5A(microUSB)
カラー:ブラック
希望小売価格:4,800円(税別)

Bone「Bike Bone Power 6700」

優れたインダストリアルデザインで、ユニークなアイテムをラインナップするBone。スマートフォン用アクセサリーやモバイルバッテリーなど、お洒落なデザインの製品が揃っています。

「Bike Bone Power 6700」は、大容量6,700mAhのリチウムイオンバッテリーとセットになったホルダー。ユニバーサルなデザインのシリコン製ホルダーは、多彩なスマートフォンに対応します。そして自転車への取り付けは、特許のストラップで簡単に確実なホールド。モーターサイクルやベビーカーなど様々なモノに取り付けることができます。

一目でバッテリー残量を確認できるLEDのインジケーターも装備。お洒落で機能的なホルダーです。

【スペック】
対応機種:4~6inc液晶搭載端末
バッテリー:付属
バッテリー容量:6,700mAh
充電電流:DC 5V/1.8A
出力電流:DC 5V/2.1A
カラー:レッド、ダークブルー
Amazon価格:5,500円

インデックス「バイクコンボパワーマウント」

1977年の創業以来、独創的なマルチツールを豊富にラインナップするインデックス。ご紹介するのはバッテリーを搭載できるシリコン製のスマホホルダー「バイクコンボパワーマウント」です。

伸び縮みしやすいシリコン素材のため幅広い機種に対応し、汚れても水洗いできるので常に清潔。幅が2~3incであれば、手持ちのバッテリーを使用できます。自転車への取り付けもバイクマウントのストラップを締めるだけなので簡単で、スマホもしっかり固定できるので安心です。

権威あるデザインコンペのレッドドットアワード2017と、タイペイサイクル2017をダブルで受賞。デザイン性と機能性を融合させたスマホホルダーです。

【スペック】
対応機種:3.5~6inc液晶搭載端末、iPhone 7 Plus
対応バッテリー:幅2~3inc
バッテリー:別売り
カラー:カーキ、その他
Amazon価格:4,980円

防水・防塵タイプ

WILDER「バイク防水ケース」

全天候型でタフなスマホホルダーが、WILDERの「バイク防水ケース」。急な雨でも安心な完全防水仕様で、防塵性と耐衝撃性にも優れたヘビーデューティーなアイテムです。

ケース部分は2重構造で、内側には衝撃吸収シートを装備します。両サイドのロックと裏面のネジでスマホを固定するため、転倒時でもスマホが外れることなくしっかりとホールド。本体は360°回転させることが可能で、高感度のカバーフィルムを備えているためケースに入ったままでも指紋認証や操作ができます。

iPhone6など3機種に対応しそれぞれ機種別の設計、ハードユースに対応するスマホホルダーです。

【スペック】
対応機種:iPhone6、iPhone7、iPhone7plus
取付対応径:20~45mm
Amazon価格:2,500円
※ 本製品使用時は必ずスマホカバーを外して使用して下さい。

バッグタイプ

ジャイアント「トップチューブバック」

コストパフォーマンスが高い自転車を造り出し、日本でも人気の高いジャイアント。自転車用のアクセサリーも多彩にラインナップしており、スマートフォンを収納できるバッグも用意します。

「トップチューブバック」は、名前の通り自転車のトップチューブに取り付けるバッグ。上面に備えたクリアスクリーンポケットにスマートフォンを収納することができます。様々なフレームやチューブに対応できるよう、複数のストラップを装備。両サイドにはジップ付きのポケットも備えます。

ProTextura防水ラミネート生地を使用しているので安心、収納とスマホホルダーが1つになったバッグです。

【スペック】
対応機種:iPhone4、4S、5、5S
参考価格:3,200円(税別)

MOREZONE「フレームバッグ」

自転車のトップチューブに取り付けるタイプのMOREZONE「フレームバッグ」。大容量のフレームバッグと、スマホホルダーがセットになったアイテムです。

高品質なPUレザーで造られており裏地には高密度防水布をセット、耐久性と防水性の高い製品です。上面にセットされるスマホホルダーは、マジックテープでバッグ部分から取り外しが可能。ケース表面は透明度の高いPVC素材で下端部にコネクタホール付き、もちろんケースに入ったままで操作ができます。

両サイドのバッグはバッテリーなども収納できますので、走行中の充電も可能。耐久性と収納力に優れたスマホホルダーです。

【スペック】
対応機種:6.0inc液晶搭載端末、iPhone 6S Plus、Galaxy S7/S7Edge、その他
カラー:ブラック
Amazon価格:1,799円

BABMANTI「フレームバッグ スマホホルダー」

防水仕様で小物収納ができるBABMANTIの「フレームバッグ スマホホルダー」。自転車への取り付けはマジックテープのストラップで行いますので、フレームやハンドルなど様々な場所にセットできます。

スマホホルダー部分はサンバイザーを備えたTPUタッチスクリーンで、操作性が高くクリアな画像を実現。防水性の高いPU&PVC素材を採用し、ライナーには2層のポリエステル材をセット、双方向防水ファスナーで水の侵入を防ぎます。

バッグ部分にバッテリーを収納しておけば、走行中に充電もできる多機能なスマホホルダーです。

【スペック】
対応機種:6.0inc以下液晶搭載端末
     iPhone7、6s、6plus、5s、5、Galaxy s7、s6、note 7
Amazon価格:1,688円

シンプルタイプ

Fnova「スマホ自転車ホルダー」

シンプルなユニバーサルデザインで、幅広いスマートフォンに対応するFnovaの「スマホ自転車ホルダー」。伸縮性の高い高品質シリコン製で、自転車やショッピングカートなど様々なモノに使用できます。

自転車への取り付けは本体のストラップで固定するだけの簡単設置、スマートフォンは四隅のフックで固定します。ストラップで固定するだけなので縦横どちらでも使用でき、角度も自在。医療用にも使われる高品質シリコンを採用しており、耐久性が高く水洗いもOKなので綺麗で長持ちします。

【スペック】
対応機種:Android、iphone5~iphone7Plus
     docomo、softbank、au、Sony、Samsung
カラー:ブラック
Amazon価格:1,688円

カイヤス「スマホホルダー」

これ以上ないと思えるほどシンプルなタイプが、カイヤスの「スマホホルダー」。板バネを内蔵したクリップで挟むだけの簡単セット、様々な場所に取り付けることができます。

スマホ側クリップの先端部は滑り止め加工を施してあるので安心。連結部にダイヤルロックを備えていますので、360°回転させることができます。自転車への取り付けはもちろん様々な場所に取り付けることができ、カラーバリエーションも豊富に揃ったスマホホルダーです。

【スペック】
対応機種:各種スマートフォン
カラー:イエロー×ホワイト、グレー×ホワイト、ブラック×ホワイト
    レッド×ホワイト、ブラック×レッド
Amazon価格:1,280円

マルチユースタイプ

ドッペルギャンガー「マルチユースサイクルマウント ツイン DFB381-BK」

「それは載せないだろ?!」というアイテムを自転車に乗せるために、ドッペルギャンガーが生み出した「マルチユースサイクルマウント DFB381-BK」。進化系スマホホルダーともいわれており、付属するラバーリングでフレームやハンドルなど様々な場所に色々なモノを取り付けることができます。

本体のベース部分はグリップ力のあるベースラバーなので滑りにくい仕上がり。固定用のラバーリングも大・小2種を付属しますので、幅広いスマートフォンに対応します。2個セットなので、スマートフォンとバッテリーを取り付ければ走行中の給電もOK。スマートフォン以外にもアイデア次第で色々なモノを取り付けることができる優れたアイテムです。

【スペック】
対応機種:各種スマートフォン
取付推奨径:76mm以下
カラー:ブラック
希望小売価格:3,000円(税別)

シンプルなタイプからマルチユース仕様まで多彩に

簡単取り付けのシンプルなスマホホルダーをはじめ、走行中に充電ができたり、防水性が高かったりと様々なアイテムが揃っています。自転車でのお出掛けをもっと便利にしてくれるスマホホルダー、貴方ならどんなタイプを選びますか。

※ 掲載内容は2017年8月現在、スペック・価格等は参考です。
※ 運転中の携帯電話・スマートフォン使用は道交法違反です。
※ 運転中に車載モニター等に表示された画像を注視することは道交法違反です。

この記事のキーワード

この記事のライター

Dscn0287 02

斉藤情報事務

saitoinformationbusiness

0

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い飯と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキーヤ―でホームゲレンデは戸隠or飯綱あたり、ついでに写真もパチリ。時計やオーディオも愛して病んでいる。おすすめドライブスポットはビーナスライン、車や酒など道楽者が愛する物に関連したライティングやコンテンツ作成など色々やっています。

関連する記事

大人の色気を醸し出す!おすすめビジネスシューズ(革靴)徹底解説
東京を走るための自転車「tokyobike」を徹底解説!
自転車通勤を快適に!Giant(ジャイアント)のおすすめロードバイク15選
アーバンスタイルにはかかせない!オシャレメッセンジャーバッグ5選
大人だって楽しみたい、秋にはまるべき趣味5選

あわせて読みたい