【ニット帽攻略法】かぶり方次第でダサくもおしゃれにもなるニット帽!

冬の定番アイテムともいえるニット帽。毎年挑戦したくなるけど、かぶるとなんだか違和感が。そんな人はもしかしたらニット帽を似合わないかぶり方をしてしまっているのかもしれません。おしゃれな人ほど工夫している、ニット帽のかぶり方を印象別にご紹介します。

eri1115eri1115

ニット帽はかぶり方で印象を変えられる

ニット帽は人がかぶっているとおしゃれに見えるのに自分がかぶるとしっくりこない。そんな時に考えられるのはかぶり方を間違えてしまっているという可能性。ニット帽はかぶり方次第で大きく印象が変わるので自分のコーデ屋雰囲気に合わせたかぶり方をしないとチグハグな印象を与えてしまうんです。
どのようなニット帽のかぶり方があっているのか色々チャレンジして今年の冬ことニット帽を攻略してみませんか?

カッコよく決めるならデコ出しで決まり!

とにかくスタイリッシュに決めたいならデコ出しスタイルが断然おすすめ。外国人セレブなどでもこちらのかぶり方をしている人が多いんです。前髪やサイドの髪はしっかりとニット帽の中にしまい込み、すっきりとさせるのがポイントです。できるだけ浅くかぶっておでこを出す面積を広くとる方がおしゃれな雰囲気になりますよ。

デコ出しで似合うニット帽とは?

デコ出しスタイルに似合うニット帽ならビーニーのようなシンプルで飾り気のないタイプが一番です。
ポートのビーニーはまさにピッタリのアイテム。アメリカのロサンゼルスで誕生したポートはサーフィンなどのアウトドアの要素と都会的な要素を組み合わせたアイテムを取り扱うカジュアルウェアのブランド。スタイリッシュなこちらのニット帽はデコ出しでかぶるのにピッタリなサイズ感とモデルです。

小顔効果を期待するなら深めにかぶる

ニット帽は深くかぶれば小顔に見えるもの。顔が見える範囲が自然と狭くなるので小顔効果を期待できるという仕組みです。このようなかぶり方をする場合、首回りなどもストールやマフラーでカバーするのがベストです。ニット帽だけ防寒性が高いかぶり方では違和感がただよってしまいます。

深めかぶりで似合うニット帽とは?

イルビゾンテのニット帽はかなりボリュームがあるのが魅力的。すっぽりと深めにかぶっても余裕があるはずです。カラーバリエーションも豊富でネイビーやブラウンなどの定番からレッドやマスタードなどの差し色として使いやすいアイテムまで全8色そろっています。

物足らない場合はメガネで調整

ニット帽をかぶった時になんとなくバランスが悪いように感じる。そんな時はメガネやサングラスなどのアイウェアを一度つけてみてください。実はこのテクニックだけで一気にニット帽をかぶった時の印象が変化することがあるんです。特にデコ出しが似合わないと感じている人には効果があるテクニックですよ。

ニット帽を完全に攻略しよう

ニット帽は色々なコーデや髪型に対して合わせやすいアイテムです。それなのになぜか似合わないという場合はやはりかぶり方が自分に似合っていないという可能性が高い様子。色々なかぶり方にチャレンジしてみて自分に似合うニット帽のかぶり方をマスターしてみましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb 91daf02e 18f2 4d24 bba2 73e04c24d59c

eri1115

eri1115

0

旅行や買い物が大好きです。

関連する記事

秋冬メンズファッションおすすめアイテム・コーデ紹介【2016-2017】
女性モテ必至!注目の「グレーニット」5選
冬はニット帽でオシャレなメンズに。おすすめのコーデ10選
【2017年春夏】メンズ最新ファッション・トレンドアイテム・トレンドカラー 徹底解説!
2017年の最旬トレンド「スケーターファッション」を大解剖!人気ブランドのおすすめアイテムをチェック!

あわせて読みたい