レストランデートにも最適!センス抜群の『ヨハネス・ヒューブル』の「ホワイトパンツ」コーディネート術

ヨハネス・ヒューブルといえば、世界的にも有名なモデルであり、妻のオリヴィア・パレルモと歩く姿は、男性からも女性からも熱い視線を送られるファッションアイコンであります。ファッションセンス抜群のヨハネスの「ホワイトパンツ」スタイルに注目して、スタイリングをご紹介したいと思います。

sanaedayoぽむはむ

一年中おしゃれに着こなす「ホワイトパンツ」スタイルをお手本に!

ヨハネス・ヒューブルは、妻のオリヴィア・パレルモとともに、社交界での知名度も高いモデルとして活躍する男性です。
社交界でのファッションはもちろん、プライベートで着こなすスタイリング術は、誰もがうっとりするおしゃれさで、有名でもあり、お手本にしたいと世界中から注目を浴びている存在なのです。
VOKKAでも、ヨハネスの着こなしを、ご紹介していますが、今回は、「ホワイトパンツ」スタイルに焦点をあてて、おすすめのコーディネートスタイルをご覧いただきたいと思います。
ホワイトパンツは、春夏のアイテムといった印象が強いですが、秋冬こそ、履きこなしてほしいおしゃれアイテムですので、季節を問わず、コーディネートを楽しんでいただきたいと思います。

ホワイトシャツ × ネイビージャケット

ホワイトシャツに、ネイビーのジャケットを羽織り、ホワイトのチノパンを9分丈にカットして着用しています。
シューズは、スエード生地でブラックのタッセルローファーを合わせて、ジャケットとシューズにダークカラーを持ってきて、シャツとパンツの色味を鮮やかに演出した着こなしが完成です。
ベルトにも、ブラックカラーのものを取り入れて、ヨハネスのカラーセンスが発揮されたスタイリングとなっています。
シャツにかけたティアドロップのサングラスも、おしゃれポイントになっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ライトブルーシャツ × ネイビーダブルブレストジャケット

トップスは、ライトブルーシャツに、ネイビーのダブルブレストジャケットを羽織ったスタイルです。
ボトムスは、ホワイトチノパンを8分丈にロールアップし、オレンジのタッセルのついたスエード生地のオリーブカラーのタッセルローファーを履いて完成です。
ポケットチーフには、ピンク系カラーを取り入れていますが、シャツに合わせて、ライトブルーや、パンツに合わせて、ホワイトカラーでも、おしゃれに決まっていくので、お好みで選んでみてください。
また、こちらのダブルブレストジャケットのボタンは、ゴールドタイプであり、アメリカのアイビーファッションのようなモダンな雰囲気を作り上げている点が、ワンポイントとなっており、ヨハネスのアイテムチョイスのセンスの良さを感じさせる着こなしとなっています。
タッセルローファーは珍しい配色であり、同じアイテムを取り入れることは難しいと思いますので、そういったときは、オリーブカラーや、ネイビー、ブラウン系カラーで代用しても、おしゃれに仕上げていただけるので、おすすめです。

ホワイトTシャツ × オフホワイトジャケット

ホワイトのクルーネックTシャツに、オフホワイトのジャケットを羽織り、9分丈にロールアップしたホワイトチノパンを合わせたスタイルです。
そこに、ジャケットの色味に合わせて、淡いカラーであるベージュのオックスフォードシューズを履いて完成です。
ジャケットのポケットには、ネイビーのポケットチーフを入れ、ブラックのサングラスを胸元にかけている小物使いにも、ぜひ注目をしてみてください。
ホワイトとベージュやオフホワイトなど、柔らかいカラーで仕上げているので、優しい雰囲気を演出することができている着こなしです。
ホワイトのクルーネックTシャツは、よりフォーマルに仕上げたいときには、ホワイトシャツで代用していただき、冬には、ホワイトのタートルネックセーターを着用していただくなど、用途や、季節によって変更していただく事もできるので、応用力もあるスタイリングとなっています。

ライトブルーシャツ × ネイビージャケット

ライトブルーシャツに、ネイビーのジャケットを羽織り、ホワイト値のパンを8分丈にロールアップした着こなしです。
シューズには、スエード生地でベージュのスリッポンシューズを合わせて、そのカラーと統一感を出すために、ベージュのベルトを付けている点にも、ぜひ注目をしてみてください。
ジャケットのポケットには、シャツとは彩度の異なるブルーのポケットチーフを入れて完成です。
トップスは、ライトブルーとネイビーでブルー系カラーでまとめ、ボトムスは、ホワイトとベージュで、淡いカラーでまとめており、全体の色味のバランスが考えられたスタイリングとなっています。

パステルカラーシャツ × グレージャケット

トップスは、パステルパープルのシャツを着用し、グレーのジャケットを羽織っています。
ボトムスには、ホワイトのチノパンを9分丈にロールアップして合わせ、パステルブルーのスエード生地のタッセルローファーを合わせて完成です。
グレーのベルトをつけて、ジャケットのポケットには、シャツのカラーに合わせてパステルパープルのポケットチーフを入れている点など、小物まで、ぜひ注目をしてみてください。
パステルカラーと、ホワイト、グレーを上手に使ったヨハネスのカラーセンスが垣間見える着こなしとなっています。
男性ですと、甘い印象のあるパステルカラーを取り入れることが少ないと思いますが、ヨハネスの着こなしのように、コーディネート方法によって、とても洗練された着こなしを披露できますので、ぜひお手本にしてみてください。

ホワイトシャツ × カーディガン × ベージュジャケット

トップスは、ホワイトシャツに、グレーのVネックボタンカーディガンを着用し、ピンクがかったベージュのジャケットを羽織ったスタイルです。
パンツは、ホワイトチノパンを10分丈で合わせ、スエード生地でベージュのブローグシューズを履いて完成です。
ポケットチーフにも、シューズのカラーに合わせて、ベージュカラーを取り入れて、全体のカラーバランスを整えています。
全体的に淡いカラーで統一した着こなしであり、ヨハネスだからこそ、コーディネートできる絶妙なカラーバランスがとても魅力的なジャケットスタイルとなっています。

上質なおしゃれセンスを演出できる着こなしが完成!

いかがでしたか?
ホワイトカラーのパンツの色味を引き立てながら、上手にコーディネートされた着こなしばかりでしたよね!?
これも、ヨハネス・ヒューブルのファッションセンスがあってこその、仕上がりです!
春夏に着用しようと、思って購入したけれども、秋冬の出番がないと思っていた方も、これで、秋冬のコーディネートにも、ホワイトカラーパンツを取り入れることができるのではないでしょうか?
レストランやデートに行く時や、フォーマルな場面でも、どんどん、ホワイトカラーを輝かせて、おしゃれを演出していきましょう!

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb 9f47ce61 e6b0 4ac4 8742 cf915bd8c0a3

ぽむはむ

sanaedayo

3

冬のマイブームは、ダウンジャケット!メンズの一押しアイテムは、サイドゴアブーツ!?アパレル業界に在籍中から、気分を上げるのはコーディネート♪カジュアル、けれど、おしゃれ!を楽しみたい♪

関連する記事

【メンズ2016ファッション】秋こそ「ホワイトパンツ」をおしゃれに活躍させよう!ブランド別アイテム特集
【秋メンズこなれファッション】爽やかおしゃれ「ホワイトパンツ」の着こなし術
【秋コーディネート】センス抜群!おしゃれメンズは「ジャケット」×「ホワイトパンツ」が鉄則!?
【メンズ冬・ユニクロコーディネート術】冬の洗練された大人スタイルには「ホワイトパンツ」がマストアイテム!
誰でも簡単におしゃれが実現!メンズ秋冬の「ホワイトパンツ」活用術

あわせて読みたい