クールビズでジャケパン・シャツスタイルに合う靴15選【選び方からおすすめコーディネートまで】

ビジカジやクールビズが一般化し、ビジネスシーンにおいてジャケパンやシャツで過ごすこともやぶさかではなくなってきた昨今。しかし、服だけアップデートして、足元が従来のおカタい革靴ではアンバランスになってしまいます。そこで今回はちょっとカジュアルなオフィススタイルに合う靴の選び方とコーディネートを解説します。

anagramsanagrams
  • 44,796views
  • B!

出典:jp.pinterest.com

本来シャツは下着なので、シャツ1枚で過ごすのは好ましくありません。そこでウエストコートをプラスし、そういったシャツ1枚のなんとなく落ち着かない感じを緩和し、スタイリッシュにシャツスタイルをまとめると格好いいです。足元にダブルモンクで華やかさを加えれば、より一層男が上がります。

おすすめの靴9|EDWARD GREEN「ASQUITH」

出典:strasburgo.co.jp

LAST888を使用したエレガントなセミブローグシューズ「アスキス」。エドワードグリーンの中でも高い人気を誇るシューズですが、その人気の理由は、ドレス顏なのにジーンズやチノパンといったカジュアルアイテムに合わせても違和感のない懐の深さにあります。

アスキスはこう履く

出典:jp.pinterest.com

シャンブレー素材のテーラードジャケットに、ホワイトシャツ、ネイビーのコットンスラックスを合わせ、その足元にアスキスをプラス。シャンブレーというカジュアルな素材も、アスキスのドレス感によって、しっかりとエレガンスをまとい、見た目に涼しげで粋なジャケパンスタイルが完成します。

おすすめの靴10|Church's「BURWOOD」

Amazonで詳細を見る

チャーチの名作フルブローグ「バーウッド」。こちらのモデルはバインダーカーフ(樹脂をレザーの表面に薄く塗布したもの)が使用されているので、上品な光沢感があります。適度なボリュームがあるので細身のパンツとも相性が良く、アンクル丈にチャレンジするなら、バーウッドをお供にすると安心です。

バーウッドはこう履く

出典:jp.pinterest.com

ベージュの朝のジャケットにブルーのギンガムチェックのシャツをあわせた爽やかなスタイリング。パンツが細身なので、靴には少しボリュームをもたせてバランス良くまとめるのがポイントです。

おすすめの靴11|Alden「990」

出典:www.lakotahouse.com

アメトラの雄Aldenの定番「990」。かなりどっしりとしたボリューム感のある革靴ですが、コードバン独特の光沢によってそこまで重たくならないので、夏の足元として用いることもですきます。とにかくエイジングで味が出てくると存在感が大きくなるので、シンプルに靴を引き立てるスタイリングがおすすめです。

990はこう履く

出典:jp.pinterest.com

靴自体に存在感があり、少し重たいので、全体をペールトーンでまとめて涼しげにします。ライトブルーのリネンジャケットに、画像はデニムですが、ネイビーのコットンスラックスを合わせ、990を合わせれば、アメトラの王道サマースタイリングが完成します。

おすすめの靴12|Allen Edmonds「MACNEIL」

Amazonで詳細を見る

アメリカ靴を象徴する「アメリカンブローグ」。その代表とも言えるのが、アレンエドモンズの「マックネイル」です。靴単体で見ると、コバの張り出しが大きく、ダブルソールなのでボリュームがありますが、履いてみるとそこまでのボリュームは感じず、どんな服装ともマッチする万能選手です。

マックネイルはこう履く

出典:jp.pinterest.com

ネイビーブレザーにボタンダウンシャツ、ボトムスはチノという王道アイビージャケパンスタイルこそマックネイルにぴったりなスタイリングです。シルエットは現代的にアップデートし、トップスは着丈を短くコンパクトに、ボトムスも丈を短くスリムにすると、アメトラにある野暮ったさがなくなり、格好良く決まります。

おすすめの靴13|WALK-OVER「GEORGE」

出典:www.walkover.com

ウォークオーバーのホワイトバックスシューズ「ジョージ」はアメトラスタイルの夏の定番シューズです。足元に白を持ってくることで、重ためのカラーコーディネートでも軽快に涼しく仕上がるので、一足持っておくとコーディネートの幅が広がります。

ジョージはこう履く

出典:jp.pinterest.com

ネイビーのボタンダウンシャツにカーキのトラウザーズ、カーキのサスペンダーをあわせたシャツスタイル。少しトーンが重たいですが、足元のホワイトバックスがその重さをうまく逃しており。清涼感のあるスタイリングに仕上がっています。

おすすめの靴14|PERIGUEX「サドルシューズ」

出典:www.shoes-street.jp

リーガルのオンライン限定ブランド「ペリグー」。その看板モデルとも言えるのがこちらのサドルシューズです。サドルシューズは、別名スペクテイターシューズとも呼ばれ、スポーツ観戦時に履くための革靴です。バイカラーなので、スタイリングのアクセントとして使用すると映えます。

サドルシューズはこう履く

出典:jp.pinterest.com

サドルシューズは、バイカラーでインパクトがあるので、そのインパクトをアクセントとし、その他はシンプルにまとめるのがベストです。紳士のスポーツ観戦時の服装よろしく、ベージュのコットンスーツはサドルシューズに相性のいいアイテムです。

おすすめの靴15|paraboots「Chambord」

Amazonで詳細を見る

パラブーツを代表するモデル「シャンボード」。Uチップなので、カジュアルからドレスまで幅広く対応してくれますし、防水・耐久性に優れ、実用性でも高いレベルにある靴です。ソールは黒と白、2色のラバーソールがあり、夏向けなら断然白ソールがおすすめです。

シャンボードはこう履く

出典:jp.pinterest.com

チェック柄のシャツジャケット、そのチェックとカラーを合わせたデニムシャツ、リネンのパイプドステムのトラウザーズと、ゆったりとしたスタイリングです。こういったゆるいスタイリングはシャンボードのようなどっしりとしたシューズと合わせることで、全体のゆるいシルエットは崩さず、きちんと感も出すことができます。

最後に|オシャレは足元から

スタイリングの基本は足元にあります。なぜなら、靴はスタイリングの「最後の締め」を担当するアイテムであり、それが機能していないと、スタイリング自体がぼやけてまとまらなくなるからなのです。クールビズ・スタイルは、一体何を着たらいいのか悩む方も多いでしょうが、ぜひ本記事を参考に、足元からスタイrングを考えてみてください。

ジャケパン春コーディネート【春のおしゃれな着こなし】

ジャケパン春コーディネート【春のおしゃれな着こなし】

yannmayannma
【30代メンズにおすすめ】大人のジャケパンコーディネート徹底解説!

【30代メンズにおすすめ】大人のジャケパンコーディネート徹底解説!

ミトミト

この記事のキーワード

この記事のライター

anagrams

クラシカルなメンズファッションの着こなし、おすすめのアイテムを中心に記事を制作していきます。

関連する記事

あわせて読みたい

anagrams
anagrams

クラシカルなメンズファッションの着こなし、おすすめのアイテムを中心に記事を制作していきます。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yannma5

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、信州で車と旅を愛する道楽者。酒・肴と温泉も好む。

>>ライター紹介