【都内・港区】デートで使いたいオシャレなハンバーガーショップおすすめ10選【六本木・赤坂・広尾】

マクドナルド、モスバーガー、バーガーキング、、、おいしいけど、女子受けはあまり良くなさそう。でもハンバーガー食べたい。そんなあなたに、美味しくて更にはとてもオシャレなバーガーショップを紹介します。彼女とのデートに是非ご利用くださいませ。場所は六本木、麻布、白金、広尾、虎ノ門といった港区に限定しています。

kazukiKazuki

ハンバーガーの魅力

由来はモンゴル遊牧民料理「タルタルステーキ」

ハンバーガーのルーツはモンゴル系遊牧民「タタール」の牛肉料理「タルタルステーキ」とされています。その後ドイツ、ハンブルクで独自の進化を遂げたタルタルステーキは、アメリカに「ハンブルク風ステーキ=ハンバーグ」として持ち込まれます。この時のハンバーグはいまだ挽肉単品の料理でしたが、アメリカ食文化の中心であるパン、ひいてはサンドウィッチと出会うことで、現在のハンバーガーの基礎が生まれました。

「マクドナルド」がハンバーガーを国民食へ

その後、マクドナルド兄弟がカリフォルニア州でオープンしたドライブイン形式の飲食店「マクドナルド」とそのフランチャイズシステムを通してハンバーグは急速に全米へと普及しました。マクドナルド商品は、現在年間で2桁億食を突破する消費量。地球規模の人類食になっています。

アメリカでは牛肉100%がハンバーガー

ちなみにアメリカでは法律上牛肉100パーセントをハンバーグの条件としています。そのためマクドナルドも豚肉などを用いた商品には”ハンバーガー”という名称をつけていません。

アメリカの法律において、ハンバーガーパティは牛肉と30%未満の脂身や調味料、つなぎを使ったものと定義されている事に準じている

出典:american-life.xyz

戦後に日本へ

Pn2009072001000022. . .ci0003

出典:nanapi.jp

日本でのハンバーガーの歴史は戦後まもなく始まります。米軍基地周辺の飲食店でハンバーガーが提供され始め、1970年東京、原町田に日本初のハンバーガーショップが開店しました。ちなみにマクドナルドはその翌年1971年、1号店を銀座にオープンしました。

マクドナルドの記念すべき日本第1号店は、1971年7月20日に銀座店として東京銀座三越1階にオープンしました。残念ながら現在は閉店しています。

出典:nanapi.jp

おすすめショップ①:バーガーマニア(白金・広尾)

白金、広尾、恵比寿に店舗を構えるオシャレハンバーガーショップ。素材にこだわっており、天然酵母を使用した甘味のあるバンズが肉の味を引き立てます。ハンバーガーは980円〜。ちなみに意識高い系なお店なのでハンバーガー以外にもパンケーキやクラフトビールも提供しています。店内は白を基調としたカフェ風なコンセプトを採用。

Carousel 10132 01 hash0000

出典:c-www.gnst.jp

おすすめショップ②:フェローズ(表参道)

表参道に店舗を構えるハンバーガー専門店。冷凍肉を使用せず、肉はオーダー後に炭火でじっくりと焼いて提供されるというこだわりぶり。ハンバーガーは950円〜。カントリー風なカフェテイストの店内は女子受け抜群。

おすすめショップ③:ロティ(六本木)

D9567 13 645233 1

出典:prtimes.jp

六本木に2店舗展開しているアメリカ、カリフォルニア料理を提供するこちらのお店。本場アメリカを彷彿とさせるボリューミーな料理が売りです。そのため多くの外国人でいつも賑わっています。焼き加減の選べる100%ビーフのROTIバーガーは1600円。レトロカリフォルニアの雰囲気をイメージしたシックな店内はデートに最適。

Retina menu burger32

出典:cache.favy.jp

おすすめショップ④:ホームワークス(広尾・品川・麻布十番)

港区を中心に3店舗展開している「日本で初めてのグルメバーガーレストラン」がこちらの「ホームワークス」。長時間熟成を行いパティ本来の旨味が引き出されたハンバーガーは絶品です。お値段1,050円〜。店内は開放感のあるカフェ風。

おすすめショップ⑤:エーエス クラシックス ダイナー 六本木ヒルズ店(六本木)

六本木ヒルズ内にあるアメリカンダイナー。100%ビーフに新鮮な野菜、無添加ソースの組み合わせが生むハンバーガーは病みつきになる方続出だとか。ハンバーガーは1,300円〜。駒沢公園にある本店も人気店。

おすすめショップ⑥:マンチズ バーガー シャック (芝公園)

肉好きのためのハンバーガーショップ。USビーフを使用した自家製パテはジューシーで肉本来の味をしっかりと感じることができます。お値段は1,080円〜。グルメで有名なお笑い芸人アンジャッシュ・渡部さんのブログでも取り上げられています。

P021428105 368

出典:imgfp.hotp.jp

おすすめショップ⑦:BLTステーキ ROPPONGI(六本木)

5481676

出典:img.retty.me

ニューヨーク、ハワイで人気の高級モダンステーキハウス「BLT STEAK」。六本木一丁目駅、泉ガーデンタワー内にその六本木店が入っています。USDA(アメリカ農務省認定)の格付け最高位の牛肉と、アメリカン・アンガス協会認定の最高品質のアンガス・ビーフのみを使用するという徹底っぷり。ハンバーガーはランチでのみ提供されているプライム ビーフバーガー1,800円。高級店ということもあり静かで落ち着いた雰囲気です。

おすすめショップ⑧:BeBu・ビブ(虎ノ門)

虎ノ門ヒルズ1階にあるこちらのおみせ。名門ホテルアンダース東京がプロデュースしています。ハンバーガーは950円〜。「Beer & Burger」が由来ともあり、クラフトビールも多数用意。大きな窓やテラス席といった全体的に開放感のある造りになっています。心地よい風を感じながらお酒と一緒に絶品ハンバーガーを楽しんでみてはいかがでしょう。

5778 report title 320 240

出典:c-r.gnst.jp

おすすめショップ⑨:ペーズマジック 六本木店(六本木・乃木坂)

642a0c59 b227 4537 8846 d208f0cfa3a2

出典:cdn.kaumo.jp

国立新美術館前、ビル1階駐車場奥という少し分かりづらい場所にある隠れ家的バーガーショップ。創業20年を超える老舗です。オーガニックにこだわり、客の健康を考えたメニューが特徴。ハンバーガーは1,030円〜。店内は40席と広く、あまり待たずに席に座れます。

P012165040 480

出典:imgfp.hotp.jp

おすすめショップ⑩:ウルフギャング パック カフェ 赤坂アークヒルズ店(赤坂)

アカデミー賞授賞式後パーティーのケータリング総責任者であるアメリカのスターシェフ、ウルフギャング・パック氏が展開するカリフォルニアレストラン。日本1号店がこの赤坂アークヒルズ店です。ボリュームたっぷりのクラシックバーガーは1,500円。店内は古材を使用したレトロな雰囲気。

6eb9f 0000428168 1

出典:cdn.jalan.jp

肉を喰らえ

パティから溢れ出る肉汁。新鮮なレタスのシャキシャキとした食感。それらすべてを包み込むバンズの優しい食感。おなかがすいてきました。アメリカの国民食とも言えるハンバーガー、いまや世界中でファストフードとしての確固たる地位を確立しています。

ハンバーガーを嫌いな人なんていません。もはや遺伝子レベルで人間の食欲に働きかけてくる究極の料理。それがハンバーガーなのです。

この記事のキーワード

この記事のライター

5dddd04c 3abf 45d1 a135 bbb46821ec4c

Kazuki

kazuki

9

新しい物好きなうざかわ系アラサー男子(オタク)。男子校で男に囲まれてきた反動から、大学以降は女性にモテることのみを考える。モテるとは新しい知識をひけらかすことであると気づき、ありとあらゆるジャンルの知識を吸収する。でも奥手なので発信が上手くできていない。外資系メーカー→MBA→国内インフラ企業と経験。英語も話せる真面目な人間。

関連する記事

【都内】デートで使いたいオシャレならーめん屋おすすめ5選【渋谷区、港区】
【六本木】オシャレで粋な大人のランチデート5選
六本木でおしゃれ合コンを!コスパの良いおすすめコース徹底解説【二次会】
【六本木】これぞ大人デート!「美術館」デートの魅力に迫る!
【赤坂・六本木・麻布エリア】赤坂の元ホステスが選ぶ美味しいお店

あわせて読みたい