ウイスキーを楽しむためのおいしい飲み方・おすすめカクテル

ストレートでウイスキーの風味を直に味わうのも大人の楽しみ方ですが、ウイスキーは飲み方によって様々な味わいを楽しむことができます。飲み方を変えるだけで今までと異なる楽しみ方ができるので、初心者だけでなく上級者の方にもおすすめです。今回は代表的なウイスキーの飲み方とウイスキーを使ったおすすめカクテルを紹介します。

ekusyad池田秀一郎
  • 34,122views
  • B!

アイキャッチ画像出典:iwamoto-hiroyoshi.com

大人の嗜み ウイスキー

出典:www.louisville.com

ウイスキーは生産地や熟成期間によって味が大きく変化する飲み物です。アルコール度数が高いので初心者やお酒が苦手な方、女性の方にとってはあまり飲む機会がないお酒かもしれません。
しかしウイスキーはストレートで飲むだけではなく様々な飲み方があるので、お酒が苦手な方でもウイスキーの風味を色々な方法で楽しむことができます。今回はウイスキーを美味しくのむための飲み方とウイスキーを使った代表的なカクテルを紹介します。バーや自宅などウイスキーを飲む際の参考にしてください。

【大人の男の嗜み】覚えておきたいウイスキーの基礎知識と「本物の味」が愉しめるウイスキーBAR5選

【大人の男の嗜み】覚えておきたいウイスキーの基礎知識と「本物の味」が愉しめるウイスキーBAR5選

VOKKA編集部ライフスタイル班VOKKA編集部ライフスタイル班

ウイスキーの美味しい飲み方

ウイスキーは飲み方によって味わいが変化し、飲み方の数だけ楽しみ方があります。日本ならではの飲み方も多く、様々な風合いを楽しむことができます。ウイスキーによっておすすめの飲み方も異なるので、ウイスキーに合わせて様々な飲み方を楽しんでみてください。

ストレート・ニート

出典:www.brit.co

ストレートはニートとも呼ばれるもっとも一般的な飲み方です。グラスもウイスキーも冷やしたりせず、室温と同じ温度ぐらいのウイスキーをグラスに入れて飲みます。最もシンプルな飲み方ですが、上質なウイスキーの奥深い味わいを楽しむ唯一の飲み方と言われています。

ストレート・ニートでは他の飲み方と異なり、ウイスキーの色と匂いを存分に楽しむことができます。ウイスキーグラスに水滴が付くこともなければ、薄まることもないので瓶詰めされたウイスキー元来の色合いを最後まで楽しむことができます。またウイスキー特有の芳醇な香りも、樽出しと同じ状態のものを味わうことができます。飲みやすさでは他の飲み方が適している場合もありますが、ウイスキーそのものの味わいを楽しむにはストレート・ニートが最も適しています。

何も加えることなく、瓶詰めされた状態のウイスキーを適温で頂くことでウイスキーの作り手がウイスキーに込めた意図や個性を存分に感じることができます。繊細さと独特の個性を併せ持つウイスキーの深い味わいをゆっくりと味わうことができる飲み方です。

ストレート・ニートにはゆっくりと味わいながらウイスキーを楽しむ飲み方なのでチェイサーで水分をしっかり摂取する必要があります。チェイサーで水分を摂取しながら飲むことで、急激に酔いが回ることなく長い時間を掛けてゆっくりとウイスキーを楽しむことができます。ストレート・ニートで飲む際には、チョコレートやキャラメルなどしっかりと味があるおつまみがよく合います。ゆっくりと語らいながらおいしいウイスキーに舌鼓する大人の男性に打って付けです。

オンザロック

出典:www.vat19.com

オンザロックはストレート・ニートの次に一般的なウイスキーの飲み方です。ウイスキーグラスに大きめの氷を入れ、グラスを冷やした状態でウイスキーを注ぎます。冷やすことでアルコール感が薄まり、ストレートより多少飲みやすく感じられます。時間と共にグラスの中の氷が溶け、ウイスキーの角が取れたまろやかな味わいを楽しむことができます。ストレートではウイスキーのアルコール感が強く感じられる方におすすめの飲み方です。

オンザロックで飲むときにもっとも大切なのは氷です。氷が早く溶けてしまうと、ウイスキーの味が薄まり美味しい状態でウイスキーを飲み続けることができません。バーでは密度が濃くしっかりと固い大きな氷をアイスピックで削った球体の氷がオンザロックに使われます。複数の小さな氷を使うとウイスキーに氷が触れる面積が広くなってしまうので、大きな氷を1つ入れるのがオンザロックの主流です。

海外やお洒落なバーでは、ウイスキーストーン(ウイスキーロック)を呼ばれる石を冷やしたものをオンザロックに氷替わりとして使う場合もあります。ウイスキーストーンはしっかりとウイスキーを冷やしてくれる反面、氷とは異なり溶けることがないので、加水されてまろやかな味わいになることはありません。ウイスキーストーンを使ってウイスキーをまろやかにしたい場合には、数滴の水を加えることをおすすめします。数滴でも水が加わることで冷やしただけのウイスキーとは異なる味わいを楽しむことができます。

オンザロックは男らしく豪快なウイスキーの飲み方に見えますが、実際は時間の経過と味の変化を楽しめる繊細で味わい深い飲み方です。是非自分好みの氷の溶け具合、加水具合を見付けてみてください。

Amazonで詳細を見る

ハーフロック

出典:yamazaki-d.blog.suntory.co.jp

ハーフロックは日本独自に発展したウイスキーの飲み方の1つです。サントリーが推奨し、広めたとも言われています。作り方はオンザロックと同じ要領で、グラスに大きく固い氷を入れ、適量のウイスキーを注いだ後にウイスキーと同じ量のミネラルウォーターあるいは炭酸水をグラスに注ぎ、マドラーを使って軽くまぜるだけなのでとても簡単です。炭酸水の替わりにジンジャーエールやコーラ、トニックウォーターを注ぐ場合もあるので、シンプルにオンザロックにウイスキーと同量の割物をすると覚えましょう。

ハーフロックは強いお酒が苦手な方でもウイスキーを楽しめる飲み方です。ウイスキーを1対1で割るのでアルコール臭さを減らしながらも、ウイスキー特有の香りや味を柔らかく味わうことができます。割る液体によってまろやかさに変化が出るので、ウイスキーに合わせた割物を見付けるのも楽しみのひとつです。ウイスキーを使ったカクテルよりは圧倒的にウイスキーの割合が多いので、しっかりとウイスキーそのものの味わいを楽しむことができます。ウイスキーをしっかりと冷やしながらもスッキリとした爽快感を味わえる飲み方なので、暑い夏の時期におすすめです。

作り方も簡単なので、ハーフロック家庭でも楽しむことができる飲み方です。短い時間で急激に酔いすぎることなく、長い時間をかけてゆっくりと酔える飲み方なのでホームパーティの終わりやしっぽりと1人晩酌にもおすすめです。割り方が似ている焼酎の水割りのようにゆっくりちびちび時間を掛けてウイスキーを味わうのもウイスキーの大人な楽しみ方です。

ハーフロック ウイスキーのおいしい飲み方 ウイスキー入門 サントリー

ウイスキーは飲み方によって、アルコール度数を調整して自分好みのスタイルで楽し めます。

水割り

出典:wsk.illwax.net

水割りはハーフロックよりもミネラルウォーターの割り合いを増やした飲み方です。作り方はハーフロック同様にグラスに大きく固い氷を入れて冷やし、適量のウイスキーを注いだ後に天然水をウイスキーの2.5倍程度の量注ぎマドラーで軽く混ぜます。水割りは割り合いが明確に決まっているというものではないので、好みや体調に合わせてミネラルウォーターの割り合いを調整しましょう。

水割りはウイスキーの風合いや香りがほのかに感じられるウイスキーの優しい飲み方です。ストレートでは角が立ちすぎて個性的なウイスキーも、水割りにすることで優しい風合いへと変化します。ウイスキーは食後酒として知られていますが、食事の最中に食中酒としてウイスキーを飲みたい方には、とてもおすすめの飲み方です。ウイスキーを冷やした上にかなり薄めて飲む飲み方ですので、ウイスキーが苦手な方でも苦なく飲むことができます。ウイスキーの風味があまり感じられないので初心者におすすめする飲み方ではないですが、お酒があまり強くない方がゆっくりと飲むときにおすすめの飲み方です。

ハイボール

出典:scotchwhisky.com

ハイボールは多くの方にとって馴染み深いウイスキーの飲み方でしょう。ロンググラスあるいはジョッキいっぱいに氷を入れ、適量のウイスキーを注いだ後にウイスキーの3倍程度のソーダを加え、マドラーでゆっくりと混ぜます。お好みでレモンの皮など柑橘系の果物を少量加えると爽快感がさらに加わるのでおすすめです。ウイスキーの味を楽しむというよりは炭酸によって爽快感を味わいつつウイスキーの風味を感じる飲み物です。

日本では白州や響、トリス、角などがハイボールとしてよく飲まれるウイスキー銘柄です。海外ではハイボールよりもウイスキーソーダやスコッチソーダが有名です。ウイスキーソーダは人によって作り方も様々でレモンピールが入るものから、ビターが入るものまで多種多様ですが、スコッチソーダはスコッチウイスキーと炭酸水だけのシンプルな飲み方ですので、注文するときには注意が必要です。

ハイボールの特徴である爽快さは食中酒として多くの人に愛されています。夏の暑い日や焼鳥、焼肉など様々なシチュエーションで広く飲まれる飲み方です。特に焼鳥や焼肉などの炭火焼きとアイラウイスキーのソーダ割りはとても相性がよいのでおすすめです。アイラ特有のピート香と炭火焼きの炭の香りはお互い邪魔をせずに一層料理を引き立ててくれます。

夏に効くハイボール4種類。ウイスキーのソーダ割りだけがハイボールじゃない!

夏に効くハイボール4種類。ウイスキーのソーダ割りだけがハイボールじゃない!

ヨウスケ@外資系経営コンサルヨウスケ@外資系経営コンサル

ミスト

出典:www.riedel.co.jp

ミストはクラッシュアイススタイルとも呼ばれるウイスキーの飲み方です。ロックグラスいっぱいにクラッシュアイスを入れ、ウイスキーを氷の上から適量注ぎ、お好みでレモンピールを入れます。冷やされたグラスに水滴がつき白く霧がかることから「ミスト」と呼ばれるようになったと言われています。細かなクラッシュアイスがウイスキーを冷やし、飲み始めはロックのような味わいを、氷が溶けるにつれ水割りのような味わいのウイスキーを楽しむことができます。バーなどで飲むととても画になるウイスキーの飲み方です。

クラッシュアイスによってウイスキーが冷やされ、味や風合いがまろやかになるので、優しい風合いのウイスキーがミストにはおすすめです。個性的なシンブルモルトではなく、柔らかなブレンデッドウィスキーを飲むときにミストは活躍してくれます。柔らかな味わい・香りを優しく包み混むミストでの飲み方は、ウイスキー好きはもちろんのこと、初心者や女性の方にもおすすめの飲み方です。家庭では中々クラッシュアイスを用意できないと思うので、是非バーなどでウイスキーを飲むときに注文してみてください。

トワイスアップ

出典:9527.net

トワイスアップは冷やさずにウイスキーを楽しむ飲み方です。適温のウイスキーをグラスに注ぎ、同じ量の常温ミネラルウォーターをグラスに注ぎ、軽く混ぜます。トワイスアップは氷で冷やす飲み方ではないので、風味を損なうことなく長時間同じ味わいを楽しむことができます。ストレート・ニートと同じようにウイスキーの風合いや香りを楽しむことができる飲み方です。

ウイスキーは常温のミネラルウォーターを加えることで、香りがより一層立ち個性を引き出すことができます。一滴の素敵を加えるだけでも香り方に大きな変化が見られるので、ウイスキーの香りを楽しみたい方は是非試してみてください。トワイスアップはまろやかな口当たりと芳ばしい匂いを楽しむことができる飲み方です。ウイスキーが得意でない初心者の方やゆっくりとウイスキーを匂いと共に楽しみたい方におすすめです。ハイボールや水割りと違った大人なウイスキーの楽しみ方ですので、是非ゆっくりと開いたウイスキーの香りを楽しみながら味わってみてください。

ホットウイスキー

出典:burusoku-vip.com

ホットウイスキーは寒い時期やアウトドアで暖をとるとき、ほっと落ち着きたいときなどにおすすめの飲み方です。焼酎のお湯割りと同じようにウイスキーを注ぎ、その後お湯を3倍程度の量注いで混ぜます。お好みでシナモンスティックやレモンスライス、メープルシロップなどを入れても優しい味わいになるのでおすすめです。ウイスキーを温めることで、ウイスキーの香りが一層優しく感じられます。メープルシロップやシナモンスティックによってより一層飲みやすいウイスキーになるので、多くの方におすすめです。お湯と割ることでストレートやロックでは感じられないような香りを放つウイスキーもあるので、今までに知らないウイスキーの一面を楽しめる飲み方です。

ウイスキーを温めてしまうので、ウイスキーが本来持つ繊細な味わいを感じることは難しいのでホットウイスキーにするときにはウイスキーの銘柄に注意が必要です。柔らかなブレデッドウイスキーやシェリー樽を使った甘口で優しいシングルモルトなどはお湯を加えることによる変化が出やすいのでおすすめです。また女性は身体を冷やすことなくウイスキーを飲むことができるので、バーなどでおすすめすると珍しさもあり喜ばれる飲み方ですので、覚えておいて損はありません。

初心者にもおすすめのウイスキーを使ったおすすめカクテル

ウイスキーは飲み方の種類も豊富ですが、カクテルとして飲む飲み方も様々あります。簡単にできる有名なものとしては、ジンジャーハイボールやコークハイボール、ジャックコーク、アイリッシュコーヒーなどが知られています。
ここではウイスキー初心者やバー初心者におすすめのウイスキーを使ったカクテルを紹介します。定番のものを中心においしいものを厳選して選びましたので是非参考にしてみてください。

オールド ファッションド

出典:steelehousekitchen.com

オールドファッションドはウイスキーベースのカクテルを代表するカクテルです。ロックグラスを別名オールドファッションドグラスと呼び、オールドファッションドはロックグラスを使ったウイスキーの先駆けとして広く知られています。アメリカ生まれのカクテルなのでバーボンウイスキーやライウイスキーを使うことが多いですが、どんなウイスキーでも美味しく飲むことができるカクテルです。

オールドファッションドの作り方はとても簡単です。ロックグラスに角砂糖を1つ入れ、そこにアロマチックビターズを5滴程度(1ダッシュ)垂らします。そこに氷を加え、ウイスキーを45ml(1ジガー)注ぎます。レモンやライム、オレンジのスライスを添えれば完成です。

オールドファッションドの重要な点は飲み手が完成させる点です。マドラーを使って角砂糖の溶かし具合と果物の潰し具合を調整し自分好みの味に仕上げることができます。長年オールドファッションドを飲んでる方にはそれぞれ拘りを強く持つ方が多く、拘りを見ているだけでも楽しめるカクテルです。自由に好みの味を作ることができるので、是非自分だけのお気に入りを見付けてみてください。

シャムロック

出典:drinkstraightup.com

シャムロックは三つ葉のクローバーの形をしたアイルランドの国花から由来している古くからあるウイスキーベースのカクテルです。ミントの香りが清々しく、軽やかですっきりと爽やかな印象のカクテルですので、食前酒としてもおすすめです。使用するウイスキーはアイルランド産のアイリッシュウイスキーです。アイリッシュウイスキーをすっきりと上品に仕上げているので、ウイスキーが苦手な方にもおすすめのカクテルです。

シャムロックは色合いの美しいカクテルです。独特の緑色は名前の由来でもあるクローバーを連想させます。作り方はシェイカーにウイスキーを40ml、ドライベルモット20ml、シャルトリューズ(グリーン)とミントリキュール(グリーン)をそれぞれ3ダッシュずつ加えてシェイクします。一般的にはウイスキーとベルモットを同量入れるのが普通ですが、ウイスキーの味わいを強くしたい方にはウイスキーを大目にすることをおすすめします。またシェイクするのとステアでは味わいや香りも大きくことなるので、是非どちらも試してみてください。

色が美しくすっきりした味わいが特徴ですので、バーカウンターで女性が飲んでいると大変画になるカクテルです。バーでの飲み始めなどにウイスキーと香草の香りのカクテルは、爽やかな爽快感を感じさせてくれます。古くからあるカクテルですので、覚えておいて損はない飲み方です。

ロブ・ロイ

出典:hotpenguin.net

ロブ・ロイはロンドンにあるサヴォイホテルのバーテンダーが考案したウイスキーベースのカクテルです。毎年11月に催されるセントアンドリュースフェスティバルのパーティ用に考案されたロブ・ロイは、スコットランドの義賊、ロバート・マクレガーのニックネームがカクテルの由来となっています。別名「スコッチ・マンハッタン」「パーフェクト・マンハッタン」とも呼ばれており世界中で広く愛されているカクテルです。

ロブ・ロイはスコットランド由来にあるようにウイスキーはスコッチウイスキーを使います。スコッチウイスキー45mlにチンザノベルモットを15ml加え、さらにアロマティックビダーズを1ダッシュ垂らしてステアします。マラスキーノ・チェリーを飾りつければ完成するシンプルなカクテルです。ウイスキーの種類をライウイスキーかバーボンウイスキーに変えチンザノベルモットをスイートベルモットに変更すると「マンハッタン」と呼ばれるカクテルになります。ウイスキーの産地によって呼び名が変わりますが、どちらもシンプルでウイスキーを使ったカクテルの代表的なものです。

ペニシリン

出典:www.blogto.com

ペニシリンは2種類のウイスキーを使う変わったカクテルです。レモンジュースとハチミツを加えるので甘みとすっきりさが加わります。シェイカーにスライスしたジンジャーを入れマドラーで押しつぶします。その後、ブレンデッドスコッチウイスキー45mlとレモンジュース20ml、ハチミツ20ml、氷を加えシェイクします。氷を入れて冷やしたグラスに注ぎ、最後にアイラウイスキーを表面に垂らせば完成です。アイラの独特の香りを残しながらも、すっきりとした飲み口のカクテルができあがります。

ペニシリンは家庭で作るには複雑で難しいカクテルですので、バーテンダーの方にお願いすることをおすすめします。アイラウイスキーがフロートされているので香りはウイスキーそのものです。ウイスキーの旨みを感じつつもレモンとハチミツで飲みやすい仕上がりになっているので、初心者の方にもおすすめです。ブレンドするウイスキーの種類によっても大きく味が変わるので、様々なバーにて味の変化を楽しむことができます。

フェラーリジャック

出典:www.notey.com

コーラ好きに絶対の自信を持っておすすめしたいカクテルがフェラーリジャックです。フェラーリジャックはジャックコークに一手間加えたシンプルなカクテルですが、コーラ好きにはたまらない味です。ウイスキーは名前の通りジャックダニエルを使います。グラスに氷を入れ、ジャックダニエルとアマレット30mlずつ注ぎます。そこにコーラを適量入れ最後にスライスしたレモンを入れれば完成です。ジャックコークよりも味に深みがあり、コーラとジャックダニエル両方の良さを生かしたカクテルとなっています。

ウイスキーのコーラ割りは誰しも経験したことがあるカクテルではありますが、フェラーリジャックは一線を画します。ジャックダニエルとコーラがアマレットによって調和され、単純ながらも纏まった味わいになります。甘いながらも炭酸による爽快感が味わえるお酒なので、家庭などでジャックダニエルを気軽に楽しむときにおすすめです。気軽においしくウイスキーを楽しめるカクテルとして、強くおすすめします。

自分に合った飲み方でウイスキーを楽しむ

いかがだったでしょうか。ウイスキーの飲み方とウイスキーを使ったおすすめカクテルを紹介しました。
ウイスキーはお酒の中でも拘りを強く持つ方が多い飲み物です。それが故に飲み方にも色々とこだわりや作法のようなものがあるのですが、お酒の本質は楽しく飲むことにあります。どのような飲み方をしても楽しく飲めればよいのです。
大人になるにつれお酒の席で「上質な香りを楽しむためにはストレートでないと…」「水を数滴垂らすことで香りが開き…」など沢山の拘りやうんちくを耳にすることが多くなるとは思いますが、気にすることなく自分なりにおいしく楽しい飲み方を見付けましょう。基本的なウイスキーの飲み方やウイスキーベースのカクテルなどを纏めたので、ウイスキーを楽しく飲みたい方は是非参考にしてみてください。

スコッチ・ウイスキー入門 飲んでおくべきおすすめ銘柄9選と雑学講座

スコッチ・ウイスキー入門 飲んでおくべきおすすめ銘柄9選と雑学講座

新井慶明@はぐれ公認会計士新井慶明@はぐれ公認会計士
上級者やプレゼントにおすすめのジャパニーズウイスキー6選

上級者やプレゼントにおすすめのジャパニーズウイスキー6選

池田秀一郎池田秀一郎

この記事のキーワード

この記事のライター

池田秀一郎

大学院在学中にITベンチャーを起業。アラサーを迎え身体のケアや筋トレに目覚める。些細なことにもこだわりがありすぎて妥協できない性格。

関連する記事

あわせて読みたい

ekusyad
池田秀一郎

大学院在学中にITベンチャーを起業。アラサーを迎え身体のケアや筋トレに目覚める。些細なことにもこだわりがありすぎて妥協できない性格。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

コウ5

コウ

都内在住の大学生です。ファッションが好きです。特にデニムが好きなので、毎日履いて洗濯してを繰り返し、自分だけの一本を制作中・・・

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介