アメリカメンズに大人気の履き心地のよいジーンズ。一本は持っておきたいジーンズブランド10選

1870年代にアメリカのリーバイス社によって作られたにジーンズ。
それからジーンズは様々なブランドから発売されるようになりました。誰もが一つはお気に入りのブランドのジーンズを持っていることと思います。今回はアメリカの男性に人気の高い、履き心地最高のジーンズとブランドをご紹介いたします。

sdmimitsdmimit

ジーンズ発祥地アメリカからのお勧めジーンズ

ジーンズといえばアメリカのリーバイスが世界でもっとも有名なブランドです。
今回はそのリーバイスのジーンズを含め、新しいアメリカのジーンズブランドを厳選。デニムのジーンズはごわごわするから嫌だという人にも安心の、コットンをメインの素材にしたジーンズを集めました。履き心地が気持ちのよい、毎日履きたくなるジーンズをご紹介いたします。

【J. Crew Factory Sutton Jeans in light wash】 ジェイクルーファクトリー  サットンジーンズ ライトワッシュ

最初にご紹介するのは、J.Crew(ジェイクルー)社から販売されているサットンジーンズです。ジェイクルーは1983年にアメリカで設立されたアパレル会社で、クリエイティブで着心地がよく、楽なスタイルのデザインを提供しています。デザイン重視なだけではなく毎日着たくなる服。それがこの会社の愛される理由です。

今回ご紹介するサットンジーンズはとにかく履き心地が最高。なぜなら、デニム生地を使用せず、100%コットンで作られているからなのです。肌へのフィット感がソフトで、デニム製のジーンズとは全く異なります。着心地が非常によいと評判です。スリムタイプを選んでも着心地が窮屈ということがありません。毎日毎日履きたくなる優しいジーンズです。人気の「Sutton in light wash」はアメリカでは売り切れる事が多いです。少し色あせた部分を魅了的に見せた生地。日本でもネットで販売されています。
J.Crewではデニム生地のジーンズも販売していますので、J.Crew社の「Sutton in light wash」というスタイルを選んでください。日本でのお値段は1万円前後です。

【Diesel ‘Safado’ Jeans】 ディーゼル ”サファド” ジーンズ

ディーゼルは1978年に設立されて以来、革新的なデザインのジーンズ、服、アクセサリーを提供しています。デニム生地をつかったカジュアルウェアデザインのパイオニアといわれていましたが、今ではラグジュアリーブランドへと成長しました。各シーズンには3,000ほどの新しい製品をクリエイトしているパワフルなアパレル企業です。

今回ご紹介するはディーゼルの「Safado」サファドというスタイルのジーンズ。このジーンズもコットンを使っています。ジーンズのスタイルによっては100%コットンもあるのですが、99%コットン、1%ポリウレタンの場合もあり。いずれにせよ、履き心地は最高です。見た目は普通のジーンズのようにスタイリッシュであるのに、履いてみるとジーンズ硬いの履き心地ではないので、足を通す時に驚くことと思います。日本ではネットで販売されています。お値段は13,000~20,000円程度で、アメリカでも同様のお値段です。サイズが合うものがみつかり、在庫があれば一本は購入しておきたいジーンズです。

【The Unbranded Brand ‘UB101’ Raw Selvedge Indigo Jeans】 ザ アンブランディッド ブランド ジーンズ

ザ アンブランディッド ブランドは「ブランディング」「広告」「キャンペーン」「セレブ」全てに「NO」というコンセプトを打ち出しているアパレル会社です。プレミアムな製品を安く顧客に販売するために、これらのコストを全てカット。ですので、この会社のホームページに行くとモデルは一切映っておらず、商品のみが掲載されています。この会社がフォーカスしているのは「高品質、低価格、顧客の満足」。広告やモデルを起用しないというのはアパレル業界では本当に奇抜なコンセプトですが、ザ アンブランディッド ブランドは成功をおさめています。プレミアムジーンズは平均$200ドル以上の値段で販売されていますが、この会社では同様のクオリティーの高いプレミアムジーンズを$80ドル前後で提供しています。

このブランドからは‘UB101’ Raw Selvedge というスタイルのインディゴジーンズをご紹介します。スキニーフィットで、ストレートタイプのジーンズですが、肌にぴったりフィットではありません。やはりこのジーンズも100%コットンが使用されているため、とても気持ち良い履き心地。日本のロープ染色を取り入れています。色はネイビーがお勧め。日本でもネットで販売しています。お値段は輸入となるので、13,000円程度です。日本ではまだ履いている人も少ないジーンズですのでいち早く取り入れてみてはいかがですか?

【Mavi Jeans ‘Jake’ Slim Fit】 マヴィ ジーンズ ”ジェイク” スリムフィット

マヴィは1991に設立され、人々にパーフェクトにフィットするジーンズを作っています。デザイン、工場、販売まで全てを厳しく管理し、高品質でトレンドのデニム製品をベストプライスで販売しています。
様々なボディータイプにあうようにデザインされています。現在では世界に支店を進出させ、成功を収めているアパレル企業です。

マヴィからご紹介したスタイルは「Jake」ジェイクのスリムフィットです。スリムフィットではありますが、どの部分もストレッチが聞いていて最上級の履き心地を提供。素材は98%コットン、2%ポリウレタンです。日本でもネットで販売されていていて、輸入品でお値段は15,000円前後となっています。

【AG ‘Protege’ Straight Leg Jeans】 AG ”プロテージ” ストレートレッグジーンズ

AGは2000年にユー・ク―によって設立されたアパレル会社です。2008年に設立者の息子のサミュエルがクリエイティブディレクターに就任した後には、ブランドはその時代のライフススタイルに合わせたデザインにフォーカスをし始めました。洗練されたクラシックなデザインのプレミアムデニムを提供しています。自然環境にも配慮し、自然に優しい素材を使ったり、チャリティーなどにも参加し社会貢献にも力を入れています。

AGからは”Protege"プロテージというスタイルのジーンズをお勧めいたします。クラシックなストレートレッグのスタイルで、履き心地は抜群です。素材は72%コットン、26%リヨセル、2%ポリエステル。
日本では輸入取り寄せとなるのでお値段は30,000前後となりますが、アメリカでも$200程度する高級ジーンズですので、もし在庫があればラッキーです。ワンランク上のジーンズをお試しください。

【Levi's 511 Slim Fit Stretch Jeans】 リーバイス 511 スリムフィットストレッチジーンズ

ジーンズといえばなんと言ってもリーバイスですよね。リーバイスは1853年に設立され、ゴールドラッシュのサンフランシスコで働く鉱員に服やブーツを販売していました。1873年、世界で初めてブルージーンズが誕生。現在、最も大きなジーンズ会社として君臨しています。誰もが知っているジーンズのブランドですが、リーバイスからは多くのスタイルのジーンズが販売されているのでどれを買おうか迷うことありませんか?

そこでご紹介したいのが511シリーズのスリムフィットストレッチジーンズ。アメリカではとても人気のスタイルです。モダンだけれどクラシックなスリムデザインでとても動きやすく、毎日履きたいジーンズ。素材は99%コットン、1%ポリエステル。購入した人からは、履き心地が素晴らしいと高い評価を受けています。日本でもリーバイスのお店で購入できます。お値段は10,000円前後です。このジーンズのフィット感と心地のよさを試してみてください。

【Rag & Bone New York "Fit2" slim】 ラグ&ボーン ニューヨーク ”フィット2” スリム

ラグ&ボーンは2002年ニューヨークで設立されたアパレル会社です。会社を設立させたデザイナーは英国出身で、ブランドにもブリティッシュスタイルが感じられます。グラウンドエッジの効いた洗練されたモダンでアーバンスタイルのデザインで人気。2012年と2013年にはトップモデルのケイト・モスがブランドのキャンペーンガールとなったことで話題となりました。ファッション業界では沢山のアワード賞も獲得しているブランドです。

ラグ&ボーンからは、”Fit"シリーズの中から”Fit2"スリムジーンズをご紹介します。"Fit"シリーズは、1・2・3とシリーズに分かれていて、1が最もスリムなスタイルとなっています。2はちょうど中間で、普通のフィット感。日本人で細い体形の方には1をお勧めしますが、足がさほど細くない人には2がお勧め。素材はスタイルによって多少異なりますが、コットンが98%~100%使用されてます。そのため履き心地はソフトで気持ちのよい肌触りです。日本でも輸入をしている会社があり、15,000~30,000円程度で購入することができます。メードインUSAのジーンズです。

【7 For All Mandkind ‘Tidal Wave’ Denim】 7フォーオール マンカインド ”ティダルウェーブ” デニム

7フォーオール マンカインドは2000年にロサンゼルスで誕生したアパレル会社です。エマ・ストーン、キム・カーダシアン、ジェニファー・ローレンス、クリスティン・スチワート、ジェシカアルバ、アシュトン・クッチャー、ライアン・レイノルズなど、数多くのハリウッドセレブが7フォーオール マンカインドのジーンズを履いていています。ボディーに沿ったようにフィットするデザインが有名で、体のラインをきれいに見せるジーンズを作っています。設立されてから17年建った現在も成長を続け、人気を保持しています。

今回7フォーオール マンカインドからご紹介するのは、"Tidal Wave"(ティダルウェーブ)スタイルのジーンズです。Tidal Waveはビンテージからヒントを得てデザインされていて、生地は手作業で研がれ仕上げられているため、とても繊細。スキニージーンズですが、92%コットンなので体にフィットはしていても窮屈ではありません。空きのこないクラシックなジーンズですので、1本は持っていたいものです。日本でもネットで販売されていて、お値段は25,000~30,000円程度。プレミアムジーンズをご堪能ください。

【American Eagle Outfitter AEO 360 Extreme Flex Slim Jean】 AEO 360エクストリームフレックススリムジーンズ

アメリカンイーグル アウトフィッターは1977年にアメリカでジェリーとマーク・シルバーマン兄弟によって設立されたアパレル会社です。ティーンネージャーや大学生を中心とした顧客をターゲットに、安価で品質のよい商品を提供し続けています。世界中に店舗展開していて、2012年には日本にも進出しました。アメリカンイーグルでは、様々なファッションアイテムを販売していますが、ジーンズには定評があります。

アメリカンイーグルからは定番のジーンズをご紹介します。ローライズのスリムスタイルで、ストレッチタイプなので優しい履き心地。コットン83%、ポリエステル13%、ポリウレタン4%の組み合わせであらゆる方向からストレッチのできる素材となっています。ジーンズの「360 Extreme Flex」という名前は「360°ストレッチできる」というところからつけられています。日本のアメリカンイーグルショップからの購入も可能ですし、お値段もお手頃ですので、1本と言わず、何種類か揃えるのもお勧めです。

【Joe's Classic Straight fit Jeans】 ジョーズ クラシックストレイトフィット ジーンズ

Joe's(ジョーズ)はジョー・ダハンによってロサンゼルスで設立されたアパレル会社です。ロサンゼルスとロック特有のスタイルがデザインに反映されています。どんな人にもパーフェクトにフィットするデニムを作るために、デニムに革命的なアプローチをかけました。洗練されていてクラッシックな商品を提供しています。

ジョーズからご紹介するのは、「クラシックストレイトフィット」スタイルのジーンズです。生地には手作業で暗い影をつくる磨き加工が施されています。クールマックスというジョーズが独自に開発した生地を使用することで、身体からの水分を吸い取ることが可能となり、履いているあいだ中すっきりとドライな肌を保ちます。暑い日でもこのジーンズを履けば快適に過ごせます。素材は70%コットン、28%クールマックス、2%ライクラ(伸縮性ポリウレタン)。日本でもネットでこのジーンズを購入する事が可能です。お値段はサイトによって変わりますが¥10,000~30,000程度。アメリカでも定価が200ドルほどするので、一万円代で見つかればラッキーです。プレミアムなジーンズをお楽しみください。

履き心地最高のジーンズ

ジーンズのブランドを10社ご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。今回ご紹介したジーンズは楽天市場やZoZotownで見つける事ができますが、輸入しているサイトが多いので、在庫がない場合もあるかと思います。どうしても手に入れたいというジーンズがある人は、Buyma(バイマ)のような海外お取り寄せサイトを利用してみる方法もありです。「完璧」にフィットする毎日快適に履けるジーンズが見つかるといいですね。

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb 773a1738 89fc 4071 8be4 16a5df6eb91d

sdmimit

sdmimit

0

アメリカ、カリフォルニア州のサンディエゴで(ロサンゼルスの南、メキシコ国境の町)、驚異的に元気な長男と、優しい次男を子育て中。子供を産む前はアメリカで秘書や人事の業務に携わり、半導体のセールス経験あり。男子二名子育て中!子供には日本の素晴しさを伝えたいと毎年帰国。日本とアメリカの架け橋になるような情報をお届けしたいと思っております!

関連する記事

ユニクロのセルビッジジーンズは世界一のクオリティ。特徴とコーディネートを解説
海外ファッショニスタが選ぶ「最高級の国産デニム」ブランド11選
【生デニム】ファッショニスタがリジッドを選ぶたった1つの理由
デニムにこだわるなら「A.P.C.」!極上のシルエットでスマートに
30代メンズは「ブラックデニム」でオトナファッションを楽しむべき。

あわせて読みたい