丸の内でおすすめの和食ランチ7選

丸の内エリアでオススメの和食ランチを7店ご紹介しています。リーズナブルに頂ける定食から接待シーンにオススメの会席まで、丸の内エリアの和食はこれさえ押さえておけばOKです。

remi1129平林玲美@フードアナリスト
  • 2,008views
  • B!

丸の内で和食ランチ

ビジネス街・丸の内で、ランチタイムにオススメの和食店を7つピックアップしました。年配の方にも喜ばれる和食ランチは、会食や接待、打ち合わせのシーンにもオススメです。

①鮨 かねさか パレスホテル東京店

言わずと知れた寿司の名店「かねさか」の支店。パレスホテルの6階にあり、本店に比べてゆったりと落ち着いた雰囲気が魅力。比較的予約がとりやすいのもポイントです。ランチは5400円(10貫)〜。予約すれば夜のコースもいただけますが、10貫のコースでも十分な満足感があります。味は名店の安定感があるのでいつ訪れてもクオリティが守られていて安心、さらにはホテルならではなのサービスが行き届いていて、大事なシーンも絶対に外しません。今日は少し距離を縮めたいというシーンには特にオススメです。

出典:www.palacehoteltokyo.com

店名:鮨 かねさか パレスホテル東京店 (すしかねさか)
TEL:03-3211-5323
住所:東京都千代田区丸の内 1-1-1 パレスホテル東京 6F
営業時間:11:30~14:00 17:00~22:00
定休日:年中無休

②なだ万 シャングリ・ラ ホテル 東京店

ホテルランチでもう一つのオススメは、シャングリ.ラホテル東京にある「なだ万」。こちらも言わずと知れた割烹名店の支店ですが、こちらの店舗の魅力はなんといってもその眺望。29階に位置し、開放感あふれる大きな窓から東京の景色を見渡すことができます。
お料理は、寿司、鉄板焼き、会席の3種類ですが、寿司と鉄板焼きはカウンターになるので眺望を楽しめるテーブル席で会席料理がオススメ。ランチはセットであれば5500円〜、コースは6300円〜と夜に比べてとてもリーズナブルな価格で楽しむことができます。繊細な会席料理は見た目にも美しく、いつもと違った贅沢な和食ランチにおすすmです。

出典:www.nadaman.co.jp

店名:なだ万 シャングリ・ラ ホテル 東京店
TEL:03-6739-7899
住所:東京都千代田区丸の内1-8-3 シャングリ・ラ ホテル 東京 29F
営業時間:11:30~14:30(コースL.O.14:00)17:30~22:00(コースL.O.21:30)
定休日:なし

③紫野和久傳 茶寮

ホテルのように華やかな場所よりも、知る人ぞ知る隠れ家的なお店がお好きなら「紫野和久傳 茶寮」がオススメ、こちらは京都の老舗料亭である「和久傳」が展開する和菓子店です。和菓子店といっても、丸の内店には唯一の軽食がラインナップ。むしやしない」と呼ばれる軽食コースのメニューで、和久傳の味をリーズナブルに楽しめるお得なランチコースです。メニューの中身はお品書きにもなく、当日のお楽しみ。ただ、ご飯はプリフィクスで選ぶことができるので初めてならば「鯛味噌茶漬け」をぜひオーダーしてください。和久傳流の味噌風鯛茶漬けは、思わず唸るほどの美味しさですよ。

店名:紫野和久傳 茶寮
TEL・予約:03-3210-0020
住所:東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル 1F
営業時間:10:30~19:00
定休日:無休

④モリタ屋 東京丸の内店

お昼からガッツリとお肉を食べるなら「モリタ屋」へ。丸ビルの35階という抜群のロケーションに位置しながら、しっかりと美味しいお肉を食べられる貴重なお店です。モリタ屋の本店は京都。厳選の黒毛和牛は全てA5ランクというクオリティに安心感があります。ランチタイムにはお弁当やステーキなどもありますが、せっかく訪れたのなら名物の「オイル焼き」をチョイスして。鉄板焼きのように、鍋でヒレ肉を焼き上げてから卵黄と大根おろしのタレでいただきます。ボリューミーながらも大根おろしのおかげで胃もたれなくいただけるのでランチにとてもオススメです。

出典:r.gnavi.co.jp

店名:モリタ屋 東京丸の内店 (もりたや)
TEL:03-5220-0029
住所:東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング 35F
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:00)月~土 17:00~23:00(L.O.21:30)日・祝 17:00~22:00(L.O.20:30)
定休日:1/1(ビルに準ずる)

⑤酢重DINING (すじゅうダイニング)

リーズナブルにサクッと美味しいランチをすませるなら新丸ビルにある酢重DINING がオススメ。軽井沢に本店を構える信州和食のお店で、都内には他に六本木や渋谷に店舗を構えています。ランチタイムは定番メニューの定食からコースまで完備。お米は白米と玄米から選ぶことができ、お味噌汁と共にお代わり自由なのでシンプルな和定食を食べたい時に重宝します。信州風なので少し塩味が強いですが、食べ進めればそれがまた癖になる味わいに。いつも満席の人気店なので、早めの入店がオススメです。

店名:酢重DINING (すじゅうダイニング)
TEL :03-5224-8686
住所:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 5F
営業時間:[月~金] 11:30~14:30 17:00~23:00 [土・日・祝] 11:30~16:00 17:00~22:00
定休日:不定休(新丸ビルに準ずる)

⑥総本家 小松庵 丸の内オアゾ店

サクッと和食ランチならお蕎麦もオススメ。丸の内エリアは蕎麦の過疎地とも言えるほど蕎麦屋が少ない印象ですが、丸の内オアゾにある「総本家 小松庵」ならば本格的なお蕎麦を楽しむことができます。蕎麦粉はその日の仕入れによって変えるというこだわりぶり。蕎麦の種類は生粉(十割蕎麦)と二八蕎麦から選べますが、オススメは蕎麦の香りが存分に楽しめる十割蕎麦です。ランチタイムには蕎麦とお重がセットになったボリューミーなメニューもあります。天ぷらのクオリティも高いので、お重は天重のチョイスがオススメですよ。

出典:www.hotpepper.jp

店名:総本家 小松庵 丸の内オアゾ店
TEL:03-3215-5181
住所:東京都千代田区丸の内1-6-4 丸の内オアゾ 5F
営業時間:11:00~23:00(LO22:00)
定休日:年中無休 (但し、1月1日及び2月第3日曜日は除く)

⑦天麩羅 巽

最後にオススメするのは、今グルメ通の間で話題になっている「天婦羅 巽」。パレスホテル東京の6階にある天ぷら屋さんですが、なんと麻布十番で瞬く間に予約の取れない名店となった「天ぷら たきや」の笠本氏が立ち上げに携わっています。
ランチは¥10,000〜のコースで、先付けから天ぷら、天丼にデザートまでのフルコースをいただけます。特に野菜の天ぷらが絶品で、スペシャリテの「赤茄子」は絶対に食べて欲しい一品。席は6席のカウンターというプレミアシートですが、今はまだあまり有名でないので予約が取れるうちにぜひ。

出典:www.palacehoteltokyo.com


店名:天麩羅 巽 (tatsumi)
TEL:03-3211-5322
住所:東京都千代田区丸の内 1-1-1 パレスホテル東京 6F
営業時間:11:30~14:30 17:30~22:00
定休日:無休

丸の内の和食ランチはこれで制覇!

いかがでしたか?
丸の内で本当に美味しい和食ランチが頂けるお店を7店ご紹介しました。味の明暗が分かれやすい和食ですが、ご紹介したお店はどこも安定感のある美味しさです。ぜひランチ選びの参考にしてみて下さいね。

この記事のキーワード

この記事のライター

平林玲美@フードアナリスト

フードアナリスト/体質改善アドバイザー/料理研究家。「食」は人生のエンターテイメントです。どんなテーマパークに訪れるより素敵なレストランと出逢う瞬間に心躍る私が、「本当に美味しい」「本当に使える」お気に入りグルメをご紹介します。

関連する記事

あわせて読みたい

remi1129
平林玲美@フードアナリスト

フードアナリスト/体質改善アドバイザー/料理研究家。 「食」は人生のエンターテイメントです。どんなテーマパークに訪れるより素敵なレストランと出逢う瞬間に心躍る私が、「本当に美味しい」「本当に使...

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco2

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

eri11153

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yannma5

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

>>ライター紹介