【2020年】秋メイク年代別トレンド徹底解説

だんだん秋が近づいてきた…でもまだ秋服を着るには暑い。そんな季節には、メイクで秋を先取りしてみませんか。この記事では、攻めた秋メイクから、ちょっと変えるだけで一気に秋らしくなるポイントメイクまで徹底解説していきます。年代別におすすめの秋メイクを紹介していますので、きっとあなたに似合うメイクが見つかりますよ。

__kitty_azu__kitty_azu
  • 2,730views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.pinterest.jp

メイクで秋を先取りしませんか

この投稿をInstagramで見る

ヘアアレンジ /メイク/MIKU/WaysTOKYO(@ways_3939)がシェアした投稿 -

暑かった夏が過ぎ、ちょっと涼しくなってきたな…と感じたら、秋らしい装いに変えたくなりますよね。
メイクで季節感を表現するのは難しそうと思い方もいらっしゃるかと思いますが、春夏のきらきらとしたメイクやツヤのあるメイクから、少しマットにしたり秋らしい色を選ぶことで一気に秋らしいメイクに早変わりしますよ。
こちらの記事では、年代別におすすめの秋らしさを感じるメイクをご紹介します。ぜひ、この記事を参考にあなたらしい秋メイクに挑戦してみてください。

《全世代共通》2020秋メイクのトレンド

ベースメイクはセミマット肌に

この投稿をInstagramで見る

/ メイク(@sakamoto_maria)がシェアした投稿 -

春夏はツヤ肌メイクが季節にぴったりでオシャレですが、秋メイクでぜひ取り入れたいのがセミマット肌。
セミマット肌は、マット肌とツヤ肌の間のようなお肌のことで、ベースメイクでほどよいツヤを残すことがポイントです。マットな質感に程よいツヤ感がプラスされたセミマットなべースメイクは、秋メイクにぴったりです。
わざわざセミマットファンデーションを買わなくとも、パウダーでお肌のツヤを抑え気味に整えて、頬・おでこ・顎の三点だけにハイライトを仕込んでツヤを作ってもいいですね。

秋色カラーを取り入れる

この投稿をInstagramで見る

Airi アイリ(@________airi1210)がシェアした投稿 -

秋らしいオレンジ・テラコッタカラーから、くすみがお洒落なぶどうカラー・ブラウン・カーキなどを取り入れたメイクは、一気に秋らしさを演出してくれます。
あまり濃すぎるメイクはちょっと気が引ける…という方も、いつものリップに上から黒グロスをかさねてちょっとくすませたりしてみると秋メイクらしくなりますよ。

【アイメイク】
2020年秋メイクにおすすめのアイシャドウは、マット×スモーキーカラーです。
不動の人気であるブラウン系に加え、ボルドーやカーキ系、オレンジのアイシャドウが今年秋のトレンドにぴったりです。
それでもやっぱりラメがないと物足りないなと感じる方は、アイホール全体にマットシャドウをのせ、ラメをまぶたの中央に縦長に入れます。そうすることでラメのきらきら感を抑え、光の当たり具合でキラッと光り立体感のある目元に見せられます。

【リップメイク】
今年の秋も深みカラーがオシャレに映えます。ブラウンやボルドーなどのこっくりカラーのリップで唇を彩るだけで一気に秋顔に仕上げてくれます。ダークカラーのリップ1つで仕上げてもいいですが、あまり濃いメイクは好きではないという方は、唇全体に明るめor薄めのリップを塗って唇中心・唇の内側だけにダークカラーのリップを重ねてみてください。深みのあるリップを部分的に重ね塗りすることで大人っぽいグラデーションをつくることができます。

【チーク】
今年の秋は、肌なじみのいいピンクやコーラル、反対に大人っぽい雰囲気にしてくれるベージュやブラウン系のくすみカラーがおすすめです。ナチュラル派さんやかわいい雰囲気が好きな方は肌なじみのいいピンクを選ぶといいでしょう。
質感は、マットがおすすめ。マットな質感のクリームチークラメが入っていないパウダーチークがおすすめです。この秋トレンドのセミマット肌を活かすにもマットチークがマストです。

眉はグラデーションを意識する

最近のトレンド、ナチュラルな眉が今年の秋にもトレンド入り。中でも今年の秋眉メイクで特に意識したいのがグラデーションをつくることです。眉の濃淡を均等にしてしまうのではなく、眉頭は明るいカラー、眉尻はカラーで描いてグラデーションをつくるのがおすすめです。眉全体にベタっと色をのせるのではなく、パウダーで軽く整えて足りないところはペンシルで描き足すようにしてもいいでしょう。眉下中央・眉尻をぼかさないようにすると、きりっとして整った印象にしてくれますよ。

20代におすすめ秋メイク

紫シャドウ×ぶどうリップ

秋メイクと言えばオレンジっぽいテラコッタカラーを使ったものをイメージされる方も多いかと思いますが、ぶどうカラーも秋にひそかに人気のカラー。こちらのメイクは、ぶどうのようなこっくりとした紫のリップに、紫のアイシャドウを合わせたメイクです。お肌がブルーベースの方にもぴったりなメイクです。もっと他の人と差をつけたい!という方は、マスカラも紫のものを使うとお洒落にまとまります。ぶどうリップを塗ってみて、もっとダークな印象にしたいなというときは黒のグロスを重ねてみてください。

太眉×テラコッタカラーメイク

この投稿をInstagramで見る

(@jessica710_)がシェアした投稿 -

やっぱり秋にはテラコッタカラーのメイクが可愛いですよね。アイシャドウ・チーク・リップ全てテラコッタで揃えることで、統一感のあるメイクアップになり簡単にオシャレ顔にできます。今年らしいテラコッタメイクは、明るめの太眉がポイントです。自眉を活かした太眉にアイブロウを描いて、しっかり眉マスカラで明るめのブラウンに仕上げてください。眉脱色してもあか抜けますよ。

くすみカラー×中央ラメシャドウ

この投稿をInstagramで見る

西村怜奈 / nishimura rena(@renamobi30)がシェアした投稿 -

秋にぴったりのくすんだカラーで彩ったメイクアップです。チーク・リップにパッと明るい色味ではなく、ちょっとくすんだダスティーピンクを選んでみてください。深みのあるメイクが秋らしいですね。
目元は、アイホール全体にベージュをのせて、目の際にブラウンをのせます。次に、しっかりめの毛並みのブラシで磨くように目の際のブラウンを少しぼかします。最後にアイホールの中央部分だけにラメを指でのせるとキラキラ過ぎず、でもほんのり艶っぽい目元に仕上がります。

ブラウンシャドウ×ダークカラーリップ

この投稿をInstagramで見る

‪‬長谷川Jessica‬(@hasechangram)がシェアした投稿 -

シンプルなブラウンメイクに、こっくり重めのダークトーンリップを合わせたクールなメイクです。毎日メイクでいつも使うのはブラウンシャドウという方にもおすすめのメイクアップです。リップのカラーがしっかりしているので、目元はアイラインを省いて、代わりにパレットの中で1番濃いブラウンで目の際・目じりにラインを引きます。
リップは、リップラインを引くとパリッとした感じに。きりっとさせ過ぎたくない方は、中央・口の内側にしっかり塗ってあとは指でぽんぽんと広げるといいでしょう。唇全体に明るめまたは薄づきのリップを塗って唇の中央・口の内側にだけダークリップを色をのせてグラデーションにしてもいいでしょう。

30代におすすめ秋メイク

オレンジ×キラキラメイク

アイシャドウ・リップにオレンジを取り入れたぱっと明るい秋メイクです。アイシャドウは、マットタイプのオレンジシャドウをアイホール全体にのせます。次に、指でアイホール中央部に縦長にゴールドラメを入れます。あえて締め色のカラーを目の際にのせたりぼかしたりしないことで、綺麗にオレンジシャドウが映えます。アイラインはブラウンのものを選ぶと相性がいいでしょう。
リップもアイシャドウと同じような明るさのオレンジを選ぶと統一感がでます。
眉は、眉マスカラで明るめにしておくとあか抜けた印象にしてくれますよ。

大人のぶどうリップメイク

この投稿をInstagramで見る

津田奈々美 辻堂美容師(@nanamixtsuda)がシェアした投稿 -

最近秋メイクで流行りのぶどうリップを取り入れたメイクアップです。目元はあえてピンクや紫などのぶどうっぽいカラーではなく、ブラウンで落ち着かせることで、大人っぽく仕上げています。
リップは、赤と紫を混ぜたようなぶどうカラーで個性を出してみてください。
アイシャドウにもリップにも濃い目の色を使っているので、眉はあまり主張しすぎないようしっかりアイブロウブラシでといて、濃すぎないナチュラル眉に。引き算をすることでオシャレな大人メイクに仕上がります。

ブラウンメイク×マットリップ

この投稿をInstagramで見る

輝・ナディア (@nadea_makeup)がシェアした投稿 -

秋だからと言って、テラコッタやぶどうカラーのような派手色は嫌だな…という方におすすめなのがブラウンメイクです。アイシャドウはベージュ・ブラウン・濃いブラウンでグラデーションを意識します。
リップには、マットよりのブラウンリップで強い女性のようなきりっとさをプラスしてみてください。
チークは、ブルーベースの方は赤チークを、イエローベースの方はオレンジベージュで、血色がほんのり良く見えるようにのせて完成です。

ピンクシャドウ×紫マスカラ

この投稿をInstagramで見る

Valmuer表参道 /ヴェルムーア(@valmuer_official)がシェアした投稿 -

紫マスカラとピンクシャドウがちょっぴりガーリーなメイクアップです。アイホールには、細かいパール入りのピンクシャドウをのせてピュアな印象に仕上げます。アイラインには、ブラウンかバーガンディーを選ぶと優しと可愛らしさをプラスできます。紫マスカラを目立たせたいので、目じりはあまり跳ね上げすぎず、はみ出しすぎないようにしましょう。
アイメイクが終わったら紫マスカラをのせます。紫のマスカラが甘すぎず大人女子にぴったりなじみます。
リップはピンクがおすすめですが、赤リップを指でトントンと薄くのせても可愛らしいですよ。

40代におすすめ秋メイク

ふんわりオレンジチーク×優しいブラウン眉

あまり濃いメイクはしたくないけど、秋らしいメイクにチャレンジしたい。そんな方におすすめのふんわりとしたオレンジ調のメイクアップです。
まず、優しい雰囲気を演出するために眉はパウダーでふんわり仕上げます。ちょっと濃いな…と思った時は、アイブロウブラシでしっかりとかしましょう。
次に、アイシャドウは自分の肌色に近いベージュをのせ、ブラウンアイライナーでインラインだけ引いておきます。
ポイントであるチークは、目のすぐ下からオレンジチークをふんわり重ねます。一気につけすぎないように、少しづつ重ねていってください。
リップはブラウン、またはくすんだオレンジで引き締めて完成です。

カーキシャドウ×オレンジチーク・リップ

涼しげでクールな目元がお好みの方にぴったりのカーキ×オレンジのメイクアップです。まず、眉は濃すぎないダークブラウンで描き、落ち着いた印象に仕上げます。
次に、最近流行りのカーキアイシャドウをアイホール全体にのせます。カーキは一色で印象的になるのでグラデーションせずに目の際にブラウンライナーを引いて引き締めます。
チークはオレンジチークをふんわりのせて、リップもチークと同じくらいの明るさのオレンジを選んで統一感を出して完成です。

おとなのぶどうリップメイク

ぶどうカラーは可愛いけど、ちょっと自分には可愛すぎかも…という方には、少しチーク・アイメイクを抑えてリップだけにぶどうカラーを選んだメイクがおすすめです。まず可愛くなりすぎないように、眉はキリっとペンシルタイプかリキッドタイプで描きます。
次に、目元はパール入りのベージュピンクのアイシャドウをアイホール全体にのせます。くすみカラーのリップを選ぶときにパール入りのアイシャドウを合わせることで、顔をぱっと明るく見せてくれますよ。アイライナーはブラウンを選んで、優しい印象にします。
そしてあえてチークは塗らず、主役のぶどうリップを目立たせます。

カーキアイライン×じゅわっと血色メイク

個性的なメイクにチャレンジしてみたい方におすすめなのが、カラーライナーを使ったメイクアップです。特に秋にぴったりなのが、紫や深いグリーンのアイライナーです。カラーライナーで目尻少し手前からかるく跳ね上げるように描いておきます。
きつく見えないよう、眉はナチュラルに濃く描きすぎないようにしてみてください。そうすることで、カラーライナーを目立たせることができますよ。
チークは、薄めのピンクまたは薄めのオレンジチークでほんのり血色をプラスします。
リップは指でポンポンと薄めに広げて完成です。

季節を取り入れたメイクでお洒落を楽しんで

年代別に秋におすすめのメイクアップをご紹介しました。いつもあまりメイクを変えないという方にもチャレンジできそうなさりげない秋のメイクから、他の人と被りたくない方が満足できるような個性的な秋メイクまで解説しているので、あなたにぴったりの秋メイクが見つかると思います。ぜひこの記事を参考に、あなたらしさのある秋メイクに挑戦してみてくださいね。

この記事のキーワード

この記事のライター

関連する記事

あわせて読みたい

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車と旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、酒・肴・温泉を嗜む。

こばこ5

こばこ

女子大生。

kiki04086

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

>>ライター紹介