白だしを使ったおすすめレシピ15選

透き通った見た目から薄味を想像しがちな白だしですが、実は味がしっかりしているので、どんな料理にもさっと使えて味が決まる料理にかかせない調味料です。商品によって濃さや、だしの種類など違いはありますが、スーパーなどでよく見かける白だしで作れる美味しいレシピを集めてみました。参考にしてみてください。

cohamucohamu
  • 3,679views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.pinterest.jp

下ごしらえ…鶏もも肉は、余分な皮、脂、筋を取り除いてください。身の側についている脂のかたまりも、できるだけきれいに取り除きます。(全て取り除いた状態の鶏もも肉が材料に書いてある100gです。)

1. 鶏もも肉は身の厚い部分を外側に切り開いて、身の厚さを均等に整え、3㎝四方くらいの大きさに削ぎ切りにします。玉ねぎは5mm幅の薄切りにします。
2. ボウルに卵を割り入れ、黄身を菜箸で崩したら大きく5回混ぜます。
3. 浅いお鍋か小さめのフライパンに、水、砂糖、白だし、玉ねぎを入れ、火を中火でつけてください。
4. 煮立ったら鶏もも肉を入れて、アクを取りながら中火で5分ほど煮ます。玉ねぎはしんなり、鶏もも肉は白っぽくなって、火が通ったらOKです。
5. フライパンの中心から外側にむかって円を描くように、卵を菜箸に伝わせて回し入れます。卵は一気にすべて入れるのではなく、3回くらいに分けて回し入れると、ふわふわとろとろな半熟に仕上げやすいです。
6. 卵が半熟状になったら、火を止め、どんぶりによそった温かいご飯の上にのせます。あれば、みつばとのりを散らし出来上がりです。お好みで山椒や七味をふって食べるのも美味しいですよ。

コツ・ポイント

・鶏肉の雑味などが出ないように下ごしらえを丁寧にすることが大切です。
・卵は混ぜすぎると、ふわふわとした食感がなくなってしまうので、軽く混ぜる程度でOKです。
・卵は数回に分けて回し入れるのもふわとろに仕上げるコツです。

白だしと味噌の明太子クリームパスタ

材料(1人分)

パスタ(1.7mm)…70〜80グラム
明太子…1腹〜2腹(1腹でも美味しいです)
刻みのり…適量
青ネギ(刻みネギ)…適量

A
牛乳…150cc
白だし…大さじ1
マヨネーズ…大さじ2
小麦粉…大さじ1
味噌…小さじ1
本だし…小さじ1
塩コショウ…少々(2フリ程度)

作り方

1. ボールにAの材料を混ぜ合わせておく。小麦粉がダマにならないようにしっかり混ぜ合わす。
2. 明太子は腹を開いて中だけスプーンでこそぎ取り、1に混ぜ合わせる。
3. 刻みネギと刻み海苔を用意しておく。
4. 塩ひとつまみを入れてパスタを8分程度、煮ていく。(硬さはお好みでもOK)
5. フライパンに2を流し入れて、へらでかき混ぜながら焦がさないように弱火〜中火でとろみが出るまで煮ていく。
6. 火は止めた状態で7のフライパンに茹で上がったパスタを投入して絡め、お皿に盛って刻みのりと刻みネギをちらして出来上がり。

コツ・ポイント

・ソースを煮る時は焦がさないように混ぜながら煮てください。

きのことベーコンの白だしパスタ

材料(2人分)

白だし…50ml(このレシピでは「ヤマキ割烹白だし」を使用しています。)
スパゲッティ…200g
しめじ…1パック
まいたけ…1パック
ベーコン…100g
小松菜…1/2束
オリーブオイル…大さじ2
塩…適量
こしょう…適量

作り方

1. スパゲッティを塩を入れた熱湯で時間通りにゆでる。
2. しめじ、まいたけは石突きを取り、小房に分ける。ベーコンは2cm幅に切り、小松菜は3cm幅に切る。
3. フライパンにオリーブオイルを熱し、2を中火で炒める。
4. 3にゆでたスパゲッティを加え、白だし、こしょうをし、軽く炒める。

コツ・ポイント

・しめじやまいたけに汚れ等がついていたら、水洗いせずにキッチンペーパーなどでふき取るようにしてください。うま味が逃げずにおいしく仕上がります。汚れが取れないなどで水洗いする場合は、炒める直前にさっと洗う程度にするのがポイントです。

京風レンジで簡単茶わん蒸し

材料(2~3人分)

卵…L1個
白だし…大さじ1(このレシピでは「創味の白だし」を使用しています。)
水…(白だしとあわせて200cc)185cc
ぎんなん…お好みで
絹さやor三つ葉…お好みで

鶏肉、海老、かまぼこ、しいたけ等お好みの具材を入れてどうぞ

作り方

1. ボウルに卵を割り入れ、白だしとお水(あわせて200cc)を入れて泡立て器でよ~く混ぜる。
2. 出来上がった卵液をクッキングペーパーで濾し、カラザや塊を取り除く。
3. 耐熱カップにお好みの具材を入れ卵液をお玉で静かに流しいれる。
4. 三つ葉や絹さや、ゆずの皮などをお好みでトッピングする。
5. ふんわりとラップをかけ、200wで7分程度レンジでチン。

コツ・ポイント

・なめらかに仕上げるため、卵液は必ず濾してください。
・レンジであまり長く加熱しすぎると「す」が立ちます。
・火が通ってるか心配な場合はつまようじを差してみてください。卵が付いてこなかったら中までちゃんと火が通ってます。

料亭風簡単だし巻き卵

材料(2~3人分)

卵(Lサイズ)…3個
白だし…15㏄(大さじ1)
水…60㏄
サラダ油…大さじ1~2

作り方

1. 卵は白身を切るようにして混ぜる。ミニサイズの泡だて器を使うと簡単にできます。
2. 水、白だしを加える。
3. 玉子焼き器を熱し、サラダ油を多めに入れる。十分なじんだらキッチンペーパーで拭き取る(拭き取ったキッチンペーパーは捨てないでください)。
4. 卵液を薄く流し入れ、玉子焼きの要領で巻いていく。1回ごとに3のキッチンペーパーで拭いていく。
5. 火加減は中火で。目安は卵液を流し込んだ時にすぐに泡が出るくらい。焦げそうになったら火から玉子焼き器を離して調整する。
6. 卵液が無くなるまで繰り返して焼く。
7. 巻き簾にラップを敷き、だし巻き卵をラップで巻いてから巻き簾で巻く。両端を輪ゴムで止める。
8. 冷めたらラップを外して切り分ければ出来上がり。

コツ・ポイント

・かなり柔らかいので菜箸で巻くのが大変な時はフライ返しを使用してください。
・油を含んだキッチンペーパーで毎回拭くのは玉子焼き機についた汚れ(だし汁が焦げ付いたものなど)を取り除き、油を薄くなじませるためのポイントです。
・だし汁を逃さないためにラップで巻いてから巻き簾で巻いてください。

あっさり上品卵の袋煮

材料

卵(Lサイズ)…3個
白だし…15㏄(大さじ1)
水…60㏄
サラダ油…大さじ1~2

作り方

1. 油揚げは油抜きをしたあと、半分に切って袋状にし、卵を入れて楊枝でとめる。
2. 鍋に卵と調味料を入れて火をつけ、沸騰したら3分煮て火をとめる。そのまま15分以上放置して出来上がり。

コツ・ポイント

・火をとめて15分ぐらいだと卵がちょっと半熟具合になります。しっかり火が通った方が良い場合は、もっと煮てもいいし、食べるときまでそのままさらに放置してください。
・卵2個分でも、水は200ccで作った方が良いです。

おわりに

白だしを使ったレシピを15個厳選して紹介しました。
和食の万能調味料と言われるほど、どんなお料理の味も決めてくれる強い味方「白だし」。一品おかずからメインまで、茶わん蒸しやだし巻き卵などの和食から、パスタやファルシなどの和風の洋食まで一つの調味料でこんなに幅広い料理が作れる白だしはレシピも豊富なので、きっとお好みのメニューが見つけられると思います。
ぜひ白だしを使ったおすすめレシピ15選を参考に作ってみてください。

市販の白だし人気おすすめ15選

市販の白だし人気おすすめ15選

__kitty_azu__kitty_azu

おすすめの白だしはこちらをチェック!

この記事のキーワード

この記事のライター

関連する記事

あわせて読みたい

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、酒・肴・温泉を嗜む。

上岡岳6

上岡岳

アームレスリング元日本代表/ジムトレーナー/生物学博物館学芸員/一般社団法人JAWA日本アームレスリング連盟常任理事

>>ライター紹介