【2019年春夏】メンズ最新ファッション・トレンドアイテム・おすすめコーデ徹底解説!

2019SSのトレンドをコレクションを参考にしながら徹底解説!トレンドカラーや柄からバッグや小物などのトレンドアイテム、注目したいブランドまでまとめて紹介します。パリコレを始めとした各コレクションから、おすすめのコーディネートをピックアップしてトレンドを考察するので、ぜひ参考にしてください。おしゃれメンズ必見です。

yannmayannma
  • 95,547views
  • B!

アイキャッチ画像出典:twitter.com

出典:www.vogue.co.jp

今回のルイヴィトンのコレクションは、メンズアーティスティックディレクターにヴァージル・アブローを迎えて初めてのショーとなり、注目を集めました。
ラグジュアリーストリートの鬼才と呼ばれた彼の世界観は、「Color Theory」をタイトルとしており、ホワイトを基調としたスタイルから始まり、プリントや柄がデザインされたデコラティブなものまで、様々でした。
セラミック素材やビニール素材をコーディネートに取り入れるなど、独特な素材を使用したアイテムからも目が離せません。

出典:www.vogue.com

オールホワイトのコーディネートは、素材感とデザインで差をつけた着こなしです。
トップスは、トレンド感のあるポケットをランダムにあしらったものを採用しており、単色ホワイトのアイテムなので取り入れやすいですね。
小物には、通常のハンドバッグにセラミックのチェーンがデザインされており、クリーンなコーディネートの中にも。ストリート要素と遊び心を追加しています。

出典:www.vogue.com

こちらのセットアップスタイルは、ドレッシーなタイトなものではなく、ゆとりのある抜け感たっぷりのシルエットに仕上がっています。
足元は、あえて裾の長いサイジングをチョイスし、スニーカーと合わせてストリート要素のあるセットアップにが特徴的です。
トレンドのネオンカラーを、インナーと小物に取り入れて鮮やかな色をプラスすることで、春夏らしい着こなしになります。

出典:www.vogue.com

最後に紹介するのは、主張のある花柄をトップスに取り入れた個性的なスタイルです。
黒ベースの花柄は、同じく黒ベースのゆとりのあるスラックスと組み合わせて、まとまりのあるキレイめストリートコーディネートに落とし込むと真似しやすいですね。
バッグにセラミックチェーンを取り入れたデザインは、こちらの着こなしでも見られ、黒で統一したチョイスでオールブラックを意識したコーディネートです。

Dior Homme (ディオール オム)

出典:www.esquireme.com

昨シーズンまでルイヴィトンに所属していた、キム・ジョーンズがディオールのアーティスティックディレクターに就任して初めてのコレクションは、コレクションの目玉の1つでした。
ランウェイの真ん中には、7万本のバラとボタンの花で作られたBFFフィギュアがそびえており、華やかに彩りました。
18世紀の装飾に影響を受けた色使いを中心とし、ランウェイに取り入れられた花同様、コレクションのアイテムにも花柄が取り入れらたのも特徴です。

出典:www.vogue.com

こちらのコーディネートは、ハーフパンツと白ソックス、スニーカーを合わせた着こなしに、ジャケットを取り入れたオールホワイトのキレイめスタイルです。
足元だけ見ればストリートライクな着こなしに見えますが、光沢感のあるジャケットを合わせることでうまく大人のメンズらしい着こなしに仕上げています。
キレイめな印象のテーラードジャケットも、抜け感のあるシルエットを選べば、ハーフパンツにもうまくはまりますね。

出典:www.vogue.com

ハーフパンツのセットアップスタイルにトレンチコートを合わせた着こなしは、スポーティーとクラシカルを融合した雰囲気になります。
全体の色ベースはモノトーンを意識しているので、大人の男性でも着こなしやすく、色合わせは真似できるポイントですね。
ハーフパンツにトレンチコートを合わせた斬新なスタイルも、今年のトレンドの1つです。

出典:www.vogue.com

ディオールのコレクションは、ランウェイに飾られた花を意識して、トップスに花柄のアイテムを重ね着で取り入れたスタイルも見られました。
花柄×花柄の上級者コーディネートは、柄のピッチをずらすことでぶつかり合わず、華やかにまとめることができます。
爽やかさを感じさせる透け感のあるトップスは、重ね着しやすいので今シーズン注目のアイテムです。

Undercover (アンダーカバー)

出典:twitter.com

アンダーカバーの高橋盾は「THE NEW WARRIORS」をテーマに掲げており、ニューヨークのギャング達を描いた1979年の映画「THE WARRIORS」にインスピレーションを得ています。
ボヘミアンテイストやバイカー風コーディネート、オタクファッションまで様々な着こなしが見られたので、見ていて飽きがこないスタイルでした。
独特で個性的な小物使いで、他のブランドにはない特徴的なアイテムが目白押しでした。

出典:www.vogue.com

ヘアバンドを合わせたスタイリングは、一昔前のヒッピー文化を感じさせるコーディネートに仕上がっています。
全体をベージュで仕上げて、デコラティブなトップスを合わせていますが、シルエットはすっきりまとめているので、今風にアップデートされていますね。
ヘアバンドと合わせたポーチが統一感を出しており、小物の色を合わせるテクニックにも注目です。

出典:www.vogue.com

全身をブラックでまとめたダークな着こなしは、フェイスメイクを含めて独特の世界観を表現しており、目を引きました。
全身をブラックベースの柄でまとめたコーディネートは、ウエストにデザインされたベルトで引き締めることで今風にアップデートされています。
柔らかいスタイルに、あえてレザーシューズを合わせるテクニックはコーディネートに取り入れたいですね。

出典:www.vogue.com

ブラックのごシックな世界観とは一変して、ナードなオタク風ファッションにも注目です。
トップスにはキャラクターがプリントされたトレーナーを取り入れていますが、インナーのシャツの襟をチラ見せし、パンツにはスラックス、足元はレザーシューズを合わせて引き締めることで、キレイめな印象にまとめています。
大人の男性が柄物のトップスを取り入れる場合には、ぜひ真似したいテクニックですね。

2019春夏のトレンドをマスターしよう

出典:www.fashionsnap.com

いかがでしたか?
今シーズンのコレクションは鮮やかな色使いや柄使いで、コーディネートを華やかに彩るような着こなしが様々なブランドで見られました。
おしゃれメンズであれば、各ブランドの華やかさを捉えた、春夏らしいスタイルをぜひ真似したいですね。
トレンドキーワードやトレンドアイテムをしっかり押さえて、今年らしい着こなしを意識しておしゃれを楽しんでみてください。

春服ファッションおしゃれメンズコーディネート【2019年おすすめ】

春服ファッションおしゃれメンズコーディネート【2019年おすすめ】

yannmayannma

この記事のキーワード

この記事のライター

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

関連する記事

あわせて読みたい

yannma
yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介