冬服ファッションおしゃれメンズコーディネート【2019年おすすめ】

2018年度メンズファッション冬服コーディネートをアパレル店員が紹介!定番の着こなしから、コートやアウター、セーターを使った、大人メンズのおすすめコーディネートを徹底解説します。30代男性におすすめの流行りやトレンドを掴んだおしゃれな着こなしを、街角スナップと秋冬コレクションの2つのジャンルで厳選して解説していきます。

yannmayannma
  • 26,686views
  • B!

アイキャッチ画像出典:stylecaster.com

冒頭では紹介しませんでしたが、冬のコーディネートには見た目も暖かく、保温性も高いボアジャケットもおすすめのアイテムです。
70年代テイストを取り入れたヘアバンドを取り入れているので、合わせるマフラーもノルディック柄を合わせることで、個性的なアイテムを使いながらも、全体の印象をすっきりまとめることができます。
足元はレザーシューズをチョイスして、デニムパンツを被せずに履きこなすことで、すっきりして野暮ったくなくなるのでおすすめです。

レザージャケット×マフラー×デニムパンツ×レザーブーツ

出典:lookastic.com

レザージャケットも防寒性が高く、大人の男性の冬のコーディネートには持ってこいのアイテムです。
ブラックやブラウンのレザージャケットは一般的ですが、ネイビーのレザージャケットも、他のアイテムと合わせやすくおすすめで1着です。
アウターがボリューミーなので、デニムパンツはすっきりめのシルエットを合わせることで、スタイリッシュなコーディネートになります。
レザーブーツを合わせる際に、パンツをロールアップして合わせることで、よりスマートな着こなしになるのでおすすめです。

MA-1×パーカー×スキニーパンツ×白スニーカー

出典:www.pinterest.jp

カーキのMA-1は、ミリタリーを代表するアイテムなので、大人の男性は着こなす際に野暮ったくならないように注意が必要です。
デニムパンツを合わせてしまうと、ラフになりすぎてしまうので、シルエットがすっきり見えるスキニーパンツを合わせることで、スマートに見せることができます。
以前はトレンドアイテムであったMA-1ですが、最近では定番アイテムとして街中でも見かけることが多くなったので、ぜひ着こなしをマスターしておきたいですね。

サファリジャケット×テーラードジャケット×デニムシャツ×スラックス

出典:nextluxury.com

秋のコーディネートのようなジャケパンすタイルでは、冬になると寒いので、テーラードジャケットの上にサファリジャケットを羽織るのがおすすめです。
ビジネススタイルにサファリジャケットを取り入れるトレンドが、少しづつ感じられるようになってきているので、おしゃれに敏感なビジネスマンはぜひ真似して取り入れたいですね。
淡い色のテーラードジャケットを着こなす際には、アウターを濃い色をチョイスすることで、コーディネートがぼやけずに、引き締まった印象になります。

冬服のおすすめコーディネート≪コレクション編≫

【2018-2019年秋冬】メンズ最新ファッション・トレンドアイテム・おすすめコーデ 徹底解説!

【2018-2019年秋冬】メンズ最新ファッション・トレンドアイテム・おすすめコーデ 徹底解説!

yannmayannma

2018-2019秋冬のコレクション概要はこちら

チェスターコート×ハイネックセーター×スラックス

出典:www.vogue.com

トレンドのビッグシルエットを感じさせる、チェスターコートとスラックスを組み合わせたコーディネートは、トレンド感の強い着こなしになります。
インナーは、柔らかい印象になるような白のハイネックセーターを合わせることで、ビッグシルエットのアイテムとも雰囲気がマッチするのでおすすめです。
足元は、ソールに厚みのあるレザーシューズを合わせることで、ボリューム感を出しつつコーディネートを引き締めることができるのでぜひ真似してみてください。

チェスターコート×ハイネックセーター×レザーシューズ

出典:www.vogue.com

こちらのチェスターコートは、上のコーディネートとは対照的にジャストシルエットのアイテムでコーディネートしています。
同じくチェスターコートとハイネックセーターの組み合わせですが、暗めのボルドーの色味のものをチョイスすることで、引き締まった印象になります。
全体的に暗い色味でコーディネートしているので、ニットのレイヤードとして白シャツをチラ見せすることで、清潔感を追加することができるのでおすすめです。

チェスターコート×マフラー×グローブ×スニーカー

出典:www.vogue.com

タイトなシルエットのチェスターコートは、モダンな印象になりますが、ダブルのデザインなのでクラシックさも残したコーディネートにすることができます。
挿し色として、イエローのマフラーとグローブを取り入れることによって、暗い色味のアウターを主役にしたコーディネートであっても、おしゃれに鮮やかに着こなせます。
足元にレザーシューズを合わせてもかっこよくなりますが、ドレッシーになりすぎないように外しのテクニックとしてスニーカーを合わせると、こなれた印象になりますよ。

チェスターコート×ストール×リブパンツ×白スニーカー

出典:www.vogue.com

襟が光沢のある切り替えのデザインになっている、クラシカルなチェスターコートを、カジュアルなリブパンツと合わせたスポーツMIXのコーディネートです。
合わせるリブパンツがちぐはぐな印象にならないようにするポイントは、高級感のある素材が使われたアイテムを選ぶことです。
足元はスポーティーな雰囲気になるように、リブパンツと白スニーカーを合わせて、コーディネートのワンポイントとして柄物のストールを取り入れると、おしゃれ上級者ですね。

ダッフルコート×ラインパンツ×スニーカー

出典:www.vogue.com

可愛らしい引用になりがちなダッフルコートは、インナーに襟付きのシャツを合わせることで、大人びた雰囲気に仕上げることができます。
さらに、コーディネートに使う色を少なくして、シンプルな印象に仕上げるほど、洗練された印象になるので、テクニックとして覚えておいてください。
チノパンやスラックスでもおしゃれに着こなせますが、トレンドを意識して、スポーティーなラインパンツを合わせると、おしゃれコーディネートになります。

ダッフルコート×マフラー×スラックス×レザーシューズ

出典:www.vogue.com

ダッフルコートを着こなす際に、スラックスとレザーシューズを合わせると、キレイめカジュアルなコーディネートにすることができます。
足元はボリュームのあるスニーカーを取り入れていますが、そのほかのアイテムはすっきりしたシルエットでまとめているので、洗練された印象になります。
マフラーの巻き方は、アスコットタイに似せたアスコット巻きにすることで、小物使いからドレッシーな印象にすることができるので、コーディネートによって使い分けるのがおすすめです。

ダウンジャケット×ニット×スラックス×ブーツ

出典:www.vogue.com

ブラックのダウンジャケットとグレーのスラックスを合わせると、野暮ったくならないスマートなコーディネートになります。
足元もブラックのブーツでまとめて、色数を減らすことで、モノトーンコーディネートのような着こなしをすることで、シティライクに取り入れることができるのでおすすめです。
パッチがあしらわれたダウンジャケットは、コーディネートのアクセントになり、一風変わった印象になるので、カジュアルコーディネートに変化をつけたい男性は、ぜひ挑戦してみてください。

ダウンジャケット×MA-1×スキニーパンツ×ブーツ

出典:www.vogue.com

気温が低い場合は、写真のコーディネートのように、ダウンジャケットの下に薄手のアウターのMA-1を重ね着するのもおすすめです。
アウター×アウターの場合は、インナーに取り入れるアウターを薄手のものにすることで、着ぶくれせずに冬服を着こなすことができます。
足元はボリューム感のあるブーツを合わせていますが、パンツはスキニーパンツをチョイスすることで、Yラインを意識したすっきりまとまるコーディネートになりますよ。

ダウンジャケット×白パンツ×レザーシューズ

出典:www.vogue.com

アウトドアアイテムのダウンジャケットの中でも、ロングコートのステンカラーコートの形をしたデザインのアイテムであれば、タウンユースに適したアイテムに早変わりします。
冬のコーディネートですが、ベージュのダウンジャケットと爽やかな白パンツを合わせて、すっきりした色合いのコーディネートを意識することで、こなれ感のある着こなしになります。
足元のレザーシューズは、ドレッシーになりすぎないように、シューレースの色が白のアイテムを選ぶことで、程よく抜け感のある着こなしになるので、ぜひ真似してみてください。

冬服でおしゃれコーディネートを目指そう

出典:www.askmen.com

いかがでしたか?
冬服は重ね着することも多く、他の季節よりもおしゃれを楽しむことができる反面、コーディネートに苦労することも多いと思います。
防寒性はもちろん、コーディネートのポイントをしっかり押さえて、自分だけのおしゃれなコーディネートを目指してみてください。

この記事のキーワード

この記事のライター

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

関連する記事

あわせて読みたい

yannma
yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介