六本木の寿司の名店おすすめ15選(ミシュラン星獲得店含む)

六本木といえばオフィス、ファッション、グルメ、アートなど様々な印象があるお洒落な街ですね。今回はそんな六本木でいただける本当に美味しい寿司の名店15店紹介します。ミシュランの星獲得店からコストパフォーマンスの良いお店までありますので、接待や大切な方との食事に参考にしてみてください。

unterlilieyuriko
  • 6,387views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.photo-ac.com

出典:sushitaira.jp

メニュー自体はコースのみでありますが、コースで美味しいものを少しずつたくさんいただくことができるようになっています。個室やカウンター席の絶景も考慮すると、六本木の鮨屋の中で女性を連れてきたいコスパのいい店ナンバーワンかもしれません。

大切な方との思い出作りに足を運んでみてはいかがでしょうか。きっと、忘れられない日になるはずです。

■鯛良
住所  :東京都港区六本木6-2-35 六本木662BLD.8F
TEL :03-6406-8501
営業時間:【平日】18:00~25:00
     【土曜】18:00~22:00
定休日 :日曜日・祝日
金額  :20,000〜25,000円程度

六本木 鯛良

蔵六雄山

出典:hitosara.com

六本木駅から徒歩4分の「蔵六雄山」は六本木で31年営業した「蔵六鮨」の岡島三七氏ののれんわけのお店です。

こちらのお店はホームページを開くとまず目に飛び込んでくる言葉に惹かれるところがあります。「志は高く、敷居は低く」今の時代、ホームページというのが第一印象となりやすいですが、この言葉はキャッチーでユーモアがありつつも、それ一言で行きやすくなります。

メニューはお任せ(22,000円〜)のみとなっており、お好みでの注文はできないそうです。お任せは鮨とつまみが交互に出るスタイルで、季節のものが供されます。そして、こちらのお店をコストパフォーマンスの高いお店に分類しているように、量がしっかりとしています。

店内は常連さんが多く、季節ごとに変わるおまかせの内容を楽しむのだとか。初めての方は緊張してしまうかもしれませんが、一歩お店に入れば笑い声の響く温かな雰囲気にほぐれていくはずです。まさに「敷居は低く」が実現されている場と言えるでしょう。

出典:hitosara.com

満席ではあるが、予約は取りやすく、著名人も多く足を運ぶ「蔵六雄山」。
その秘密には、店主の素早くスムーズなおもてなしと、ネタに細かく丁寧に包丁を入れていることがあります。写真上を見ていただいてもわかるように本当に細かく入れられているのです。これには多くの人が感動します。
また、声として上がっているのが「馬力がある」「男らしい」「力強い」などの意見です。男同士で鮨を食べたくなったらこのお店にして間違いなさそうですね。

■蔵六雄山
住所  :東京都港区六本木7-18-24 鈴木ビル2F
TEL :03-3479-0533
営業時間:【平日・祝前】18:00~03:00
     【土・祝】18:00~22:30
定休日 :日曜日
金額  :22,000円〜

蔵六雄山

六本木の鮨屋、蔵六雄山です。旬のネタと赤シャリによる自慢の鮨とつまみを交互にお出しします。日本全国から厳選した日本酒も月替わりでご用意しております。六本木へお越しの際は是非お気軽にお立ち寄りください。

江戸前 服部

出典:r.gnavi.co.jp

六本木駅から徒歩2分と駅近の「江戸前 服部」は神宮前「おけいすし」、乃木坂「かざま」、 銀座「原だ」などで修行を積んだ服部彰夫氏のお店です。

店主の服部氏は鮨をお酒とともに楽しむことを前提とし、日本の食文化として捉えています。そのため、食材だけでなく建築や、器も日本の伝統美を反映したものを使用しています。六本木という国際色豊かな場所に店を構えているのも、世界からくるお客様に日本の文化を味わってもらいたいからでしょう。現在店を構えている場所に拡張移転したことにその意志の強さが伺えます。

メニューは15,000円からの店主のおまかせのみとなっています。とはいえ、お客様の好みや気分にあわせて融通がきくようにはなっていますので安心して楽しんでいただけます。献立は季節によって変わり、店のホームページに反映されているのも安心して楽しめるポイントの一つです。

ホームページを見ていただくと、他の店との違いがよくわかるのですが、食材の産地や器の由来にこだわりが色濃く出ているように感じました。海外の人にしたら、興味深いお店になること間違いなしです。

出典:r.gnavi.co.jp

今回このお店をコスパの良いお店として紹介しています。というのも、おまかせのコースでお酒をたくさん飲んでも20,000円程度に収まるからなのです。「鮨は酒とともに楽しむことを前提としている」。この意図が価格にも反映されているようにも私は感じました。コスパがいいため、海外の方の案内はもちろん、接待や家族での食事、デートなど使い勝手もとても良いです。

日本人でありながらにして、日本を味わい直すために一度は行っておきたいお店です。

■江戸前 服部
住所  :東京都港区六本木7-4-12 ジャスミン六本木ビル1階
TEL :03-5474-2026
営業時間:17:30~23:00 (22:30L.O.)
定休日 :日曜日・祝日
金額  :15,000円〜20,000円ほど

江戸前 鮨 服部 ホームページ

旬を見極めた良質な食材を堪能。接待からプライベートまで使えるとっておきの寿司店。落ち着いて品のある個室もございます。

奈可久

出典:www.hotpepper.jp

六本木に1979年創業の40年近く(2018年現在)店を構える「奈可久」は老舗でありながらコスパがいいと評判のお店です。

写真上の奥のカウンターに見えるのは大きな氷です。夏に伺うとこれがかなり涼しげで素敵なのだとか。しかし、もちろん涼しく見せるために置いているのではありません。通常ですとネタを冷蔵のネタケースに入れて冷やしますが、「奈可久」では氷の柱を置き、その冷気でネタを自然環境下で優しく冷やすのです。他に見ないこのネタの冷やし方は店主のこだわりが表れているのはもちろん、老舗感をも感じます。

メニューは17,280円のおまかせが基本となっています。それにお酒を加えるとすると約20,000円ほどです。そこだけ見てしまうとたいしてコスパがいいとは思えないと思うのですが、このお店は雰囲気、立地、接客も含めた上でコスパがいいのです。他の老舗のお店ですと20,000円からというのが多いので、そう考えると老舗にしては優しい価格なのです。
また、お土産用の品も、ちらしと太巻きが各4,536円で用意してあります。これもこれでお手軽に老舗の味を楽しむことができていいですね。

出典:www.hotpepper.jp

コスパのいい老舗の「奈可久」ですが、こちらも「江戸前 服部」と同様男性客が多いと言われているお店です。女性の方ももちろん来店されるそうなのですが、珍しいそうです。そういったことを踏まえると、接待や友人同士での来店にオススメかもしれません。

ミシュランで星を獲得したお店を知っていたり、巷で有名になっているお店を知っているのももちろん素敵ですが、「奈可久」のような老舗でコスパの良いお店を知っていると「おっ、この人はグルメな人だな」と思われそうです。
一度行って見て、気に入れば自分のお気に入りのリストにこっそりと追加しておく。そういう秘密めいた雰囲気が似合うようなお店でもあると思います。

■奈可久
住所  :東京都港区六本木7-8-4銀嶺ビルB1F
TEL :03-3475-0252
営業時間:17:00〜22:00
定休日 :日曜日・祝日
金額  :17,280円〜

六本木 鮨 奈可久(なかひさ)

六本木 鮨 奈可久(なかひさ)。お席のご案内、お品書き、ご案内図等、店舗情報掲載。

新たな鮨体験

いかがでしたか。今回は六本木という外国の方が多いということもあり、店もミシュラン星獲得店に加え、様々な視点で選出しました。

鮨は日本の食文化の代表です。だからといって、全ての店で同じ鮨が提供されるわけではありません。店によって、こだわるところが異なるからこそ、その店の個性がうまれ、私たちは同じ鮨でも異なる体験をすることができます。

今回ご紹介したお店でぜひ新たな鮨体験をしてみてくださいね。

この記事のキーワード

この記事のライター

関連する記事

あわせて読みたい

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yannma5

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

>>ライター紹介