20代男性におすすめのメンズ高級ブランドのデニム・ジーンズ15選

カジュアルスタイルを完成させるためには必須のアイテムのジーンズ。デニムといった定番アイテムは、いいものを買えば長年愛用することができるので少々根が張ってもこだわりのものを購入したいところです。今回は、20代男性の手の届く範囲の価格帯の高級デニムジーンズを紹介。是非参考にしてみてください。

11png11png
  • 6,237views
  • B!

定番アイテムのジーンズ

出典:www.jadore-jun.jp

ジーンズといえば超がつくほどの定番のアイテム。カジュアルスタイルを完成させるためには必須のアイテムですよね。ジーンズといった定番アイテムは、いいものを買えば長年愛用することができるので少々根が張ってもこだわりのものを購入したいところです。今回は、20代男性の手の届く範囲の価格帯の高級ジーンズを紹介。機能性に優れたものから、デザイン性にすぐれたものまで幅広く提案していきます。是非ジーンズ選びの参考にしてみてください。

MAISON KITSUNÉ (メゾン キツネ)

出典:shop.kitsune.fr

メゾンキツネは、2001年に日本で設立されたブランドです。キツネは世界的に高い評価を得るフランスを拠点に音楽レーベル、ファッションブランド、アートなど、様々な活動を行う集団です。ファッションのテーマは、「ニュークラシック」でメンズ、レディースともに展開しています。高品質なイタリア、日本、フランスなどの素材をアイテムにより適材適所に選び、コレクションに落としています。スタイルの質と純粋なラインとディテールへの徹底したこだわりを持ち、デザインはユニークな見解を取り入れつつ、シンプル、実用的でごく自然に日常に馴染むものにしています。

出典:www.jadore-jun.jp

値段:25,920円

メゾンキツネのジーンズです。バックポケットはメゾンキツネのモチーフであるきつねの刺繍がほどこされています。こちらの刺繍がさりげないポイントとなっておりおしゃれ度をあげます。ステッチは全てネイビーで統一されており、ミニマムな印象に仕上がっています。上品さを感じさせる洗練されたデザインで、太すぎず細すぎない絶妙なフィット感が特徴です。

nudie jeans(ヌーディージーンズ)

出典:www.nudiejeans.com

ヌーディージーンズは、2001年にスウェーデンで設立されたブランドです。拠点はスウェーデンにありますが、ジーンズの生産はイタリアで行われていることが特徴です。短期的なトレンドを意識しないことを打ち出しており、キャットウォークからかけ離れたところに位置し、日常生活を反映したものと表現しています。デニムは履き続けるうちに、ジーンズがその人の第二の肌になり裸に近い感覚、パーソナルになるといったコンセプトを持っています。

出典:www.cambio.co.jp

値段:29,160円

ヌーディージーンズのジーンズです。明るいカラーのデニムなので、夏場でも暑苦しい雰囲気にならず爽やかな雰囲気を醸し出せます。また、太ももにかけて色がこすれているのでカジュアルな抜け感が演出されています。太すぎず、細すぎずちょうどいいバランスを保ったこちらの商品は、20代の方が一番履きこなしやすいデザイン、形となっています。

LEVI'S VINTAGE CLOTHING(リーバイスヴィンテージクロージング)

出典:levi.jp

リーバイスヴィンテージクロージングは、1853年にアメリカで設立されたブランドです。1870年代から大切に保管されているLevi'sのアーカイブを元に、フィット、生地、当時の年代の特徴を含め、1つ1つ丁寧に再現しているオーセンティックなトータルブランドです。象徴的な復刻アイテムや、毎シーズン新しく打ち出されるトリビュート、そして限定アイテムを通して、リーバイスの貴重な歴史を蘇らせ、リーバイスファンが満足するような時代を超えたアイテムを提供しています。

出典:levi.jp

値段:30,240円

リーバイスヴィンテージクロージングのジーンズです。夏の恋がテーマのこちらのジーンズは、1960年代の伝統的なスリムフィットジーンズです。太ももから足首までスリムなストレートカットになっており、スタイルがよく見えます。セルビッジデニムから作られており、大文字の「E」で表記された赤タブがついているのが特徴です。

Calvin Klein(カルバンクライン)

出典:explore.calvinklein.com

カルバンクラインは、1968年にアメリカで設立されたブランドです。モダンで、洗練されたバランスのあるファッションアイテムの数々を発表しています。アパレル以外にも、アクセサリー。、アンダーウェア、フレグランスなど幅広く展開しており、「全てはカッティングから始まる」を哲学とし、ボディーラインを強調したシルエットは働く女性に人気があります。革新的でありながらノーブルな素材を使い、モダンなシルエットとポップなカラーを強調しています。

出典:www.calvinklein.com

値段:21,165円

カルバンクラインのジーンズです。太ももからくるぶしにかけて細くなって行くテーパードタイプのこちらの商品は、カルバンクラインらしいスタイリッシュの中に上品さが溶け込んでいるなんともいえない絶妙ないいとこ取りともいえる商品です。あえてロールアップせずそのまま履いてスニーカーにあわせるのが今流ですよ。

A.P.C.(アーペーセー)

出典:www.apcjp.com

アーペーセーは、1987年にフランスで設立されたブランドです。ブランド名の由来は、「生産と想像の工房」の略でデザイナーの名前を服のデザインに結びつけたくないということが意図されています。フレンチベーシックで、機能的なファッションがベースでありながら、ストリートを意識したどこか反骨精神のある仕上がりが特徴で、天然繊維がよく使用されます。着る人を選ばないですが、それが逆に着る人の個性を最大限に引き出すような服を展開しています。

出典:www.apcjp.com

値段:22,680円

アーペーセーのジーンズです。日本製のストレッチデニム生地を使用しています。ユニセックスジーンズなので、恋人や奥さんとお揃いにしてもおしゃれかもしれません。テーパードタイプなので日本人に一番合う形です。カラーも落ち着いているので、上にどんなカラーのトップスを合わせてもきまります。刺繍はオレンジのステッチになっているのでそこもポイントの一つとなっています。

AG(エージー)

出典:www.agjeansjapan.com

エージーは、2000年にイタリアで設立されたブランドです。AGは、最初の数年のうちに最高級の品質と美脚を追求したシルエットを軸としたデザイン、そしてAGだけが実現できる様々な表情のウォッシュ加工で瞬く間に世に知れ渡りました。2008年からは、時代に即したトレンド感を感じさせるシルエットに革新的な新しい加工技術を施すことにより、足を通した瞬間にその人が本当にそのジーンズを何年もはきこんだかのような印象を生む、新鮮かつ超本格的なアイテムを生み出しています。

出典:www.agjeansjapan.com

値段:30,240円

エージーのデニムです。人気スリムテーパードスタイルのこちらの商品。股上を短めにし、腰回りをすっきりと仕上げるkとで、日本人の体型に合うように再構築されています。ワンウォッシュに近いカラーで、きれいめなコーディネートにオススメです。サイズ展開も豊富なので、サイズに心配がある方はエージーのデニムがオススメですよ。

EVISU(エビスジーンズ)

出典:shop.evisu.jp

エビスジーンズは、1991年に日本で設立されたブランドです。発売当初のエビスジーンズは、革パッチはおろか赤タグや織りネームをつけられなかったとのは有名な話です。これは完全なる資金不足によるもので、デニムや縫製に力を入れたのでパーツに資金がいきとどかなかったということです。エビスジーンズの魅力はなにもそのブランドアイデンティとなったペンキステッチだけではありません。色落ちにも独特のものがあり、その深く染まったデニムは緑っぽく色落ちしていくのも特徴の一つです。

出典:shop.evisu.jp

値段:21,600円

エビスジーンズのジーンズです。バックポケットに施されたペンキステッチが非常に特徴的な商品です。日本の確かな技術を凝縮して作られたこちらの商品は、いいものを長く使いたいという思考の方にオススメの商品です。カラーも深いブルーカラーで、カラーもデザインもベーシックなものとなっています。非常にベーシックなのでジーンズを持っていない方や、ジーンズを普段履かない方はエビスジーンズをオススメします。

DIESEL(ディーゼル)

出典:www.diesel.co.jp

ディーゼルは、1978年にイタリアで設立されたブランドです。「ディーゼル」というブランド名は、世界中で同じように発音されて覚えやすく、由来は当時新たなエネルギーとして注目されたディーゼル燃料のようにブランドを活気づけたいという思いからつけられました。ディーゼルの特徴として、このブランドならではの独自のデザイン性が挙げられます。素朴でありながらダンディな雰囲気のあるブランドで幅広い世代の人たちに愛されています。イタリアっぽさが前面に出されたファッションアイテムは、常に新しくカジュアルながらもオフィスシーンで使えるようなファッションアイテムが多いのも特徴の一つです。

出典:www.diesel.co.jp

値段:29,160円

ディーゼルのジーンズです。こちらの商品は細身のデザインとなっておりスタイルがよく見えます。ダメージ加工も非常におしゃれで、派手なダメージではないので大人っぽさも演出してくれます。カジュアルスタイルが好きな方や、ディーゼルが好きな方には是非来ていただきたい商品です。

値段:29,160円

ディーゼルのジーンズです。こちらの商品は細身のデザインとなっておりスタイルがよく見えます。ダメージ加工も非常におしゃれで、派手なダメージではないので大人っぽさも演出してくれます。カジュアルスタイルが好きな方や、ディーゼルが好きな方には是非来ていただきたい商品です。

KURO(クロ)

出典:kurodenim.com

クロは、2010年に日本で設立されたブランドです。こちらのブランドはメイドインジャパンを掲げています。ブランド名である『KURO』はそのまま「黒」のこと。黒色は日本人の美しい髪の色をさしています。陰湿、孤独、神秘的、威厳、さらに強さを表しています。そのインスピレーションをデニムに盛り込み、世界最高峰レベルの日本のクラフトマンシップを発信し続けているブランドです。

出典:thecorridor.shop

値段:21,600円

クロのジーンズです。深いブルーが特徴的なこちらの商品。膝下から裾にかけて強めのテーパードをかけたディープテーパード仕様になっています。股上も程よく深めで、ヒップ周りに少しゆとりがありますが、裾口は細めに仕上がっています。バックポケットと共に特殊な縫製技術により膨らみを出し、洗う際にパッカリングが強く生まれるように設計されています。

DENHAM(デンハム)

出典:www.denhamjapan.jp

デンハムは、2008年にオランダで設立されたブランドです。デンハムはテーラーのフィット感を持つ独特なスタイルと、ハイデザインのプレミアムジーンズを中心に、トップスとアクセサリーのコレクションを持っています。デンハムストアの直営はアムステルダムにあり、小売店はオランダ、ベルギー、ドイツ、イタリア、イギリスにもあります。

出典:www.denhamjapan.jp

値段:27,864円

デンハムのジーパンです。日本の文化とデニムの深いリスペクトを表現した商品です。ブランドの定番スリムフィットジーンズは、丁寧なカッティングと完璧なバランスのシルエットです。程よいヴィンテージウォッシュで仕上げたストレッチデニムはオールシーズン履けます。バックポケットにはデンハムのモチーフであるハサミのプリントが施されています。

JAPAN BLUE JEANS(ジャパンブルージーンズ)

出典:www.japanbluejeans.com

ジャパンブルージーンズは、1996年に日本で設立されたブランドです。日本の色、日本の青であるジャパンブルー。日本の歴史や文化を背景にその背景にあるその時の人々の思い、ものづくりの手法や技法を研究し、新たな手法で世界に発信しているブランドです。日本でジャパンブルージーンズにしかない、デニム製織用の手織り機械があり、本藍手染め手絞りジーンズのデニム生地を織っていることでも有名です。日本のものづくりに興味がある方にオススメのブランドです。

出典:www.japanbluejeans.com

値段:14,040円

ジャパンブルージーンズのジーンズです。股上は浅く、全体的に細くスリムな体型をかっこよく見せるシルエットが特徴のこちらの商品。ストレッチ性をプラスしたコートジボワール綿を使用しているので、深みのあるインディゴカラーはそのままに動きやすさを兼ね備えています。ナチュラルな色落ちも楽しむことができる商品となっています。

FACTOTUM (ファクトタム)

出典:factotum.jp

ファクトタムは、2004年に日本で設立されたブランドです。ブランドのコンセプトは「デニムに対する深い思いと、モードとリアルクローズを融合すること」でコレクションのベースは、ミリタリー、ワークウェアでそれにテーラードの要素が加わっているのが特量です。映画、音楽など毎シーズンテーマを設定しておりデザイナーはそのテーマのインスピレーションを探求するためにテーマとなる国を訪れるという徹底ぶりです。

出典:factotum.jp

値段:32,000円

ファクトタムのジーンズです。ふくらはぎ部分の切り替えがポイントのこちらの商品。裾口は切りっぱなしのような加工が施されており、抜け感も演出されています。バックポケットには、違うカラーのデニムを使用することで正面からも背面からも他のジーンズとは差をつけます。普通のジーンズには飽きたという方、他の人とは被らないデザイン性のあるジーンズを履きたいという方にはおすすめの商品です。

NIGEL CABOURN(ナイジェルケーボン)

出典:www.cabourn.jp

ナイジェルケーボンは、1971年にイギリスで設立されたブランドです。創設者のナイジェルケーボンが生み出すコレクションは、一般的なファッションブランドとは異なり、トレンドに左右されないヴィンテージロージングや生地、デザインディテールといった要素からインスピレーションを受けて作られています。ナイジェルケーボンは、日本でも非常に人気が高く、多くのセレクトショップで取り扱いがあります。

出典:takimoto-online.jp

値段:31,320円

ナイジェルケーボンのデニムです。異なる縦糸を使うことによって作り出される立体感と自然な凹凸。インド藍を使用し染められた黒みがかったブルーが特徴的です。ベージュのステッチは、ジーンズのカラーをより引き立たせてくれる効果があります。防縮加工をしていないため、ボタンはボタンフライ仕様となっています。

Paul Smith(ポールスミス)

出典:www.paulsmith.co.jp

ポールスミスは、1970年にイギリスで設立されたブランドです。初めは、オリジナルのネクタイやシャツなどがどんどん評判となり次第にポールスミスの名前がイギリス国内に広がっていきます。日本では、メンズを中心に絶大な人気を誇っており、街中でもポールスミスの財布や靴下などを履いている人を見かける事がよくあります。服以外にも、ポールスミスの財布やカードケースなどの雑貨はギフトとしてもとても人気です。また、機能性、実用性を重視し、カラフルな色使いでポールスミス本人はこれを「ひねりのあるクラシック」と定義付けているそうです。

出典:www.paulsmith.co.jp

値段:15,120円

ポールスミスのデニムです。カジュアルすぎない表情を持つこちらのデニムは、幅広いコーディネートを楽しむことができます。程よい裾幅は、合わせるシューズを選びません。またこちらの商品は、ストレッチの効いた素材を使用することで動きやすさを追求しています。デニムの動きにくい感じが嫌いという方はこちらの商品がオススメですよ。

Ralph Lauren(ラルフローレン)

出典:www.polo-ralphstyle.com

ラルフローレンは、1968年にアメリカ設立されたブランドです。スタイルとしてはイギリスの伝統的なファッションをアメリカ流にアレンジしたもので、普段のカジュアルな服からスーツまで取り揃えているため、老若男女に好かれるブランドとなっています。そして創設者のラルフローレンは、服作りに関する専門的な教育は受けずに独学でラルフローレンの服を生み出していきました。オリンピックアメリカ代表のユニフォームを複数の大会で手がけている事でも有名です。

出典:zozo.jp

値段:18,360円

ラルフローレンのデニムです。長年着込んだ雰囲気とビンテージ風に仕上がっているジーンズは抜け感を演出します。生地自体もそこまで厚みがないので、オールシーズン使っていただけます。またデニム独特のパリッとした生地のハリ感はないので、一日中快適に過ごすことができます。洗濯機で洗うことが可能なので、手入れも楽チンなのも魅力の一つです。

こだわりのデニムを身につけておしゃれを楽しもう!

この記事のキーワード

この記事のライター

11png

ファッションとテクノロジーの勉強をしてる19歳。たまに映像作ったり、写真撮ったり。ファッションと犬とゾンビと廃墟が好きです。

関連する記事

あわせて読みたい

11png
11png

ファッションとテクノロジーの勉強をしてる19歳。 たまに映像作ったり、写真撮ったり。 ファッションと犬とゾンビと廃墟が好きです。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yannma5

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

>>ライター紹介