2019年人気のコンパクトSUV おすすめランキング20車種

2018年注目の人気コンパクトSUV車種おすすめランキングを紹介します。国産車のトヨタやスズキを始め輸入車のベンツやBMWなど、おすすめコンパクトSUVをそれぞれの違いを含め解説。コンパクトSUVはラージSUVと比較して運転しやすく、燃費性能も向上しているのでおすすめです。

saitoinformationbusiness斉藤情報事務
  • 105,246views
  • B!

アイキャッチ画像出典:lexus.jp

出典:www.renault.jp

インパクトのあるコンセプトモデルを経てデビューしたルノーの「キャプチャー」。スタイリッシュなシルエットと力強さを併せ持つクロスオーバースタイルで、ルーフ全体を覆う個性的な2トーンカラーが用意されます。パワートレインはダウンサイジングされた直噴ターボエンジンに、素早いシフトチェンジとダイレクトなフィーリングの6速エフィシエントデュアルクラッチを搭載。路面状況に合わせて最適なトラクションを確保するエクステンデッドグリップが様々な走行シーンに対応します。

シンプルな設えのインテリアは、ダッシュボード中央にスイッチを集中レイアウトした機能的な空間。ロングスライドできるリヤシートを備え、フレックスにアレンジできるラゲッジがユーティリティの高さをアピールします。

【スペック例】
グレード:INTENS
ボディサイズ:全長4135×全幅1780×全高1535(mm)
エンジン:1.2L-L型4気筒 118PS
トランスミッション:6速EDC
駆動方式:前輪駆動
JC08燃費:17.2km
車両本体価格:2,699,000円~

webサイト:ルノー「キャプチャー」

5位 アウディ「Q2」

出典:www.audi.co.jp

出典:www.audi.co.jp

定評あるAWDシステム・クワトロを擁し、他社に先駆けて四輪駆動車を市場に投入したアウディ。コンパクトからフルサイズまでSUVをラインナップしており、ご紹介するのは「#型破る」をコンセプトにデビューした「Q2」です。従来のアウディSUVとは一線を画す斬新なスタイルで、ポリゴンデザインコンセプトによるエクステリアは、シャープかつ複雑な面構成が印象的。扱いやすいコンパクトなボディは立体駐車場など日本の道路事情にも適しており、プログレッシブステアリングが切り返しの多いシーンでも操作性を発揮します。

インテリアは開放的な雰囲気の中に個性が光るスタイル。多面構成を強調するデザインはエクステリアと共通しており、前・後席とも余裕のクリアランスを持つ空間です。低床化して荷物の出し入れが容易なラゲッジスペースは大容量を確保。型破りで斬新な新世代のコンパクトSUVです。

【スペック例】
グレード:1.0 TFSI
ボディサイズ:全長4200×全幅1795×全高1500(mm)
エンジン:1.0L-L型3気筒 116PS
トランスミッション:7速Sトロニック 
駆動方式:前輪駆動
JC08燃費:19.8km
車両本体価格:2,990,000

webサイト:アウディ「Q2」

4位 ミニ「クロスオーバー」

出典:www.mini.jp

出典:response.jp

ブリティッシュモーターカンパニーが生んだ名車・ミニのDNAを受け継ぐ新世代のミニ。このミニがラインナップするコンパクトなSUVが「CROSSOVER」です。高められた車高と専用デザインのヘッドランプが特徴で、ミニのオリジナリティと力強さが融合したスタイル。おすすめするグレードは「COOPER D ALL4」、様々な路面で効率よいトラクションを確保するインテリジェントな四輪駆動システムを搭載します。パワートレインはハイパワーなクリーンディーゼルエンジンに、高効率な8速ATを組み合わせ。DSC※と連携し、卓越した走行安定性を発揮します。

インテリアもオールドミニの意匠を受け継ぐクラシックなスタイルで、ここに最新のテクノロジーを融合しています。ダッシュボードセンターに大型ディスプレイモニターを備え、各種スイッチはセンターコンソールに配置。オフロードも軽快に走る、ゴーカートライクなドライブのために必要なエクイップメントが揃いました。

【スペック例】
グレード:COOPER D ALL4
ボディサイズ:全長4120×全幅1790×全高1550(mm)
エンジン:2.0L-L型4気筒 150PS
トランスミッション:8速AT 
駆動方式:4輪駆動
JC08燃費:21.3km
車両本体価格:4,210,000円~
※DSC:ダイナミック・スタビリティ・コントロール

webサイト:ミニ「クロスオーバー」

3位 ジャガー「E-PACE」

出典:www.jaguar.co.jp

出典:www.jaguar.co.jp

2018年2月に国内でもリリースが開始されたジャガー初のコンパクトSUVが「E-PACE」。スポーティなフロントマスクとエモーショナルなフェンダーライン、リヤエンドに向かって大胆に絞り込まれるルーフラインが目を惹き付けます。後輪駆動の優れたハンドリング性能を活かすAWDシステムを搭載し、ASPC※などの制御デバイスが路面状況に合わせて抜群の走行安定性を発揮。マルチリンクサスペンションによる快適な乗り心地と、洗練されたオフロードドライブを実現しました。

インテリアはスポーティかつ上質な設えで、コックピット感のあるドライビング空間を表現。選り抜きのマテリアルで仕上げられた室内には、大容量のセンターコンソールなど実用的な収納スペースを配置し、最大幅が1300mmある十分なラゲッジも確保しました。

【スペック例】
グレード:E‑PACE
ボディサイズ:全長4410×全幅1900×全高1650(mm)
エンジン:2.0L-型気筒 180PS
トランスミション:9速AT
駆動方式:4輪駆動
車両本体価格:4,510,000円~
※ASPC:オールサーフェイスプログレスコントロール

webサイト:ジャガー「E-PACE」

2位 メルセデスベンツ「GLA」

出典:www.mercedes-benz.co.jp

出典:www.mercedes-benz.co.jp

Gクラスをはじめ多彩なSUVをラインナップするメルセデスベンツがラインオフするクーペスタイルのコンパクトSUV「GLA」。エクステリアはスタイリッシュにしてエモーショナル、メルセデスベンツらしさの光るデザインです。インテリアはスポーティで上質な仕立てで、ホールド性が高く快適なスポーツシートを全車に採用。情報検索が可能なCOMANDシステムを標準装備しナビゲーション機能もオプション設定、多彩な機能が搭載されています。

おすすめは「220 4MATIC」で、高出力と環境性能を両立させたBlueDIRECTエンジンに、デュアルクラッチの7速DSGを組合せて四輪を駆動。路面状況を選ばずに高い走行安定性を発揮し、ドライバーの好みで統合制御をセッティングできるダイナミックセレクトを装備します。SUVにマストなラゲッジスペースは多彩なアレンジが可能、フラットで使いやすく電動テールゲートも備えました。

【スペック例】
モデル:220 4MATIC
ボディサイズ:全長4430×全幅1805×全高1505(mm)
エンジン:2.0L-L型4気筒 184PS
トランスミッション:7G-DCT 
駆動方式:4輪駆動
JC08燃費:13.1km
車両本体価格:4,580,000円~

webサイト:メルセデスベンツ「GLA」

1位 BMW「X1」

出典:www.bmw.co.jp

出典:www.bmw.co.jp

コンパクトカーからFセグメントのセダンまでラインナップするBMWのSUVが「Xシリーズ」、この中で最もコンパクトなモデルが「X1」です。上級モデルと同様のデザインアイデンティティで、エクステリアとインテリアがデザインされています。おすすめのグレードは「xDrive18d」で、高効率な新世代クリーンディーゼルエンジンと8速ATの組合せ。オリジナルのAWDシステムであるxDriveが路面状況に合わせて的確にトラクションを制御し、卓越した走行安定性を発揮します。力強さと気品を感じさせるボディラインと、上質な高級感が漂うインテリアがポイントです。

高いアイポイントが設定されているため視界が広く取り回しも自在。アレンジの多彩なリヤシートは前後にスライドできる可倒式で、広いラゲッジスペースを確保できます。そして荷物で両手が塞がったときに便利なコンフォートアクセス、足の動きでテールゲートのオープンが可能です。高機能なiDrive ナビゲーションシステムを備え、車線逸脱警告や衝突回避に貢献するドライビングアシストもオプションで用意します。

【スペック例】
モデル:xDrive18d
ボディサイズ:全長4455×全幅1820×全高1610(mm)
エンジン:2.0L-L型4気筒 150PS
トランスミッション:8速AT 
駆動方式:4輪駆動
JC08燃費:19.6km
車両本体価格:4,700,000円~

webサイト:BMW「X1」

スタイリッシュなボディに実用性と快適さを詰め込んだコンパクトSUV

国産車と輸入車を合わせて20モデルご紹介しました。それぞれに特徴がありますが、共通しているのはスタイリッシュなデザインに実用性や快適性を兼ね備えていること。取り回しの良いコンパクトなSUVで出掛けてみませんか。

※ 掲載内容は執筆時点、スペック・価格等は参考で変更になる場合があります。
※ 画像とグレードは一致しない場合があります。
※ 一部日本仕様と異なる場合があります。

この記事のキーワード

この記事のライター

斉藤情報事務

曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、信州で車と旅を愛する道楽者。酒・肴と温泉も嗜む。

関連する記事

あわせて読みたい

saitoinformationbusiness
斉藤情報事務

曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、信州で車と旅を愛する道楽者。酒・肴と温泉も嗜む。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yannma5

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、信州で車と旅を愛する道楽者。酒・肴と温泉も好む。

>>ライター紹介