【冬メンズおしゃれスタイル】永久保存版!「MA-1ジャケット」のコーディネート40選を徹底解剖!

MA-1ジャケットは、メンズアウターとして大人気。だからこそ、格好良くコーディネートをしていけるスタイリング方法を知っておきたくありませんか?今回は、着こなしに迷った時にも参考にしていただけるように、MA-1ジャケットを使ったコーディネートを一挙に40選ご紹介したいと思います。お気に入りの着こなしが見つかるはずですよ!

sanaedayoぽむはむ

迷わず、おしゃれを実践!

「MA-1ジャケット」は、アパレル業界でも、定番であり、人気のアイテムとして一躍脚光を浴びているおしゃれアウターです。
以前は、MA-1ジャケットを販売しているブランドが限られてしまっていましたが、最近では、UNIQLO(ユニクロ)や、GU(ジーユー)などの低価格ブランドでも、購入することができ、手軽に購入できるおしゃれアイテムとして、定着したことから、さらに人気を博しています。
そのため、MA-1ジャケットを使ったコーディネート方法は、様々な媒体で紹介されていますよね!?
皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?
しかし、色々な着こなし方があるからこそ、どれを参考にしてよいか迷ってしまうこともありませんか?
そんな時に、今回は、MA-1ジャケットのおしゃれスタイルを一挙に閲覧できるように、40バージョンのコーディネートをご紹介したいと思います。
着こなしを考えたときには、こちらを見返していただければ、簡単にコーディネートできるように、スタイリングの解説もしていますので、ぜひ、今後の参考にしていただければと思います!

「MA-1ジャケット」おしゃれスタイル40選

1.ホワイトTシャツ × ブラックデニム × ブラックスニーカー

トップスは、ホワイトのクルーネックTシャツに、オリーブグリーンのMA-1ジャケットを着用し、ボトムスは、ブラックデニムの9分丈にカットされたものを合わせたスタイルです。
そこに、ナイキのブラックのスポーツスニーカーを合わせて、ビーニーもブラックで統一して完成です。
9分丈にすることで、足元に抜け感を演出することができるだけでなく、全体のバランスを整えています。
ブラックのボトムスで重めな印象があるかもしれませんが、ホワイトTシャツの白さが一層際立ち、より爽やかな印象を演出したプラスマイナスコーデとなっているのがポイントです。

2.グレーTシャツ × スラックスパンツ × フォーマルシューズ

グレーのクルーネックTシャツに、オリーブグリーンのMA-1ジャケットを着用し、9分丈にカットされたスラックスパンツを履いたスタイルです。
そこに、ブラックの靴下を履いて、ブラックのオックスフォードシューズを合わせて、靴下のチラ見せでフォーマルテイストにスタイリングしています。
ビーニーは、Tシャツに合わせて、グレーをチョイスして完成です。
爽やかさを演出したい方は、ホワイトTシャツに、靴下もホワイトにして、ビーニーもホワイトカラーで、統一したコーディネートがおすすめです。
全面に明るさが出て、着こなしの色味がパッと華やかになりますので、こちらのコーディネートもぜひお試しください。

3.セーター × ブルーデニム × スウェードブーツ

トップスは、オリーブグリーンのMA-1ジャケットに合わせて、オリーブグリーンのクルーネックセーターを合わせたコーディネートです。
そこに、ライトウォッシュ加工のデニムを10分丈で合わせて、ベージュでスウェードのサイドゴアブーツを合わせてウェスタン調のスタイル完成です。
トップスをオリーブグリーンで統一した着こなしは、おしゃれ感を引き立ててくれていますので、ポイントとなっています。
シューズもブーツタイプをチョイスし、スウェード生地のものをあえて履いているところが、こなれたメンズのおしゃれファッションといったイメージを演出してくれ、より一層おしゃれなコーディネートを楽しんでいけます。

4.ホワイトTシャツ × ブルーデニム × ワークブーツ

こちらは、ブラックのMA-1ジャケットを着用したコーディネートです。
インナーには、ホワイトTシャツを着用して、パンツは、ミディアムウォッシュ加工のデニムを8分丈にロールアップさせて合わせています。
そこに、キャラメルブラウンのワークブーツを合わせて、アクティブ感とワイルドさを演出です。
もちろん、MA-1ジャケットは、その他、グレーや、ベージュ、オリーブグリーン、ネイビーでも合わせていただけますので、お持ちのアイテムや、お好みのカラーで合わせてみてください。
デニムにキャラメルブラウンのワークブーツをスタイリングしているという点がポイントになっているコーディネートです。

5.ホワイトTシャツ × スウェットパンツ × スリッポンスニーカー

こちらもブラックのMA-1ジャケットを着用したコーディネートです。
そこに、ホワイトのクルーネックTシャツを着用して、グレーのスウェットパンツを履いたスタイルです。
シューズは、ジャケットの色味に合わせて、ブラックで、ソールの部分がホワイトのスリッポンシューズを合わせています。
ソールの部分がホワイトになっていることから、インナーのホワイトとのバランスが取れて、よりおしゃれ感が際立っていきます。
MA-1ジャケットが、オリーブグリーン、グレー、ネイビー、ベージュのものであれば、それぞれに同系色のスニーカーやスリッポンシューズを合わせていただくのが、おすすめです。
MA-1ジャケットのワイルドな印象に、リラックス感ただようスウェットパンツを合わせることで、上級者のこなれファッションを演出できています。

6.ホワイトシャツ × ダークカラーデニム × フォーマルシューズ

人気モデルでファッションアイコンの「ヨハネス・ヒューブル」のコーディネートです。
トップスは、ホワイトシャツを着用し、オリーブグリーンのMA-1ジャケットを羽織ったスタイルです。
そして、ボトムスは、ノンウォッシュ加工のダークカラーデニムを合わせています。
シューズは見えていませんが、キャラメルブラウンのブローグシューズや、ベージュのチャッカブーツがを合わせて、フォーマルミックススタイルを作っていただくのが、おすすめの着こなしです。
デニムの丈は、ロールアップをすると、カジュアルテイストがプラスされ、10分丈で合わせると、スタイリッシュにまとめていただけますので、お好みのイメージでチョイスしてみてください。

7.モックネックセーター × スラックスパンツ × スニーカー

MA-1ジャケットに、フォーマルスタイルを織り交ぜた、タウンユースのカジュアルスタイルです。
トップスは、オフホワイトの今季流行のモックネックセーターを着用し、オリーブグリーンのMA-1ジャケットを羽織っています。
そして、ボトムスは、8分丈にカットしたブラックのスラックスパンツを合わせて、ベージュのスニーカーで、カジュアルさをプラスした着こなしが完成です。
8分丈にカットしているパンツから見える、ブラウンの靴下がノームコアスタイルのような風合いを醸し出し、こなれ感抜群のコーディネートです。

8.ポロシャツ × ブルーデニム × スニーカー

トップスは、グレーのポロシャツに、、オリーブグリーンのMA-1ジャケットを合わせたコーディネートです。
格子模様のポロシャツを着用していることで、さりげないおしゃれさが見えてきます。
また、ポロシャツに合わせて、グレーのニット帽をかぶって、カラーを統一させている点もコーディネートポイントですので、ぜひ参考にしてみてください。
パンツはミディアムウォッシュ加工のデニムを着用し、シューズは見えていませんが、グレーのコンバーススニーカーなどが、おすすめです。
その際は、デニムをロールアップさせてみると、さらに格好良く仕上がっていきます。

9.モックネックセーター × スウェットパンツ × タッセルローファー

ネイビーのモックネックセーターに、MA-1ジャケットを羽織り、グレーのスウェットパンツを履いた着こなしです。
ダークブラウンのタッセルローファーを履いて、足元をフォーマルにまとめて完成です。
スウェットパンツに、ローファーなどのフォーマルシューズを履いた着こなしは、ミスマッチに見えますが、洗練されたおしゃれ感を演出することができ、トレンドアイテムを上手に組み合わせた、ハイセンスなコーディネートとなっています。
モードな印象も漂っているため、モードスタイルをお好みの方にも、とてもおすすめです。

10.スウェットパーカ × 迷彩パンツ × ハイカットスニーカー

こちらのコーディネートは、グレーのスウェットパーカに、ブラックのMA-1ジャケットを羽織り、迷彩パンツを履いた着こなしです。
ブラックのアウターに合わせて、ブラックのハイカットスニーカーをチョイスしています。
ハイカットタイプを選ぶことにより、ローカットよりもスポーティー感が増していきます。
迷彩パンツとMA-1ジャケットは両方ともミリタリーテイストのアイテムですので、相性抜群のワイルドなスタイリングが完成です。

11.シャツ × セーター × ブラックデニム × ドレスブーツ

ホワイトシャツに、グレーのクルーネックセーターを重ね着し、ブラックのMA-1ジャケットを羽織ったコーディネート。
ホワイトカラーが差し色になり、ホワイトとブラックの中間色であるグレーを、シャツとアウターの間に挟むことで、マイルドなカラーバランスに仕上がっています。
シャツの裾は、セーターの下から出して、レイヤードを綺麗に演出です。
ブラックのドレスブーツ全体が見える位置まで、ブラックデニムはロールアップさせて完成です。
ドレスブーツのフォーマルさと、スタイリッシュさが、MA-1ジャケットの武骨なイメージとのギャップを作り出し、ワンランク上のコーディネートを楽しめるモノトーンコーディネートとなっています。

12.ベージュセーター × ブラックパンツ × ワークブーツ

MA-1ジャケットのインナーには、ベージュのクルーネックセーターを取り入れ、ブラックのダメージ加工デニム、ブラックのワークブーツを履いて完成です。
セーター以外は、全てブラックでまとめクールな印象の着こなしですので、だからこそ、インナーのベージュの良さが光っています。
ベージュやキャラメルブラウンなどは、ヌーディーカラーであり、全体のイメージを優しく、そして柔らかく仕上げてくれる役割を果たします。
そのため、全身ブラック、しかも、MA-1ジャケットとワークブーツというミリタリー感、ダメージ加工というワイルドさが入ったコーディネートでも、ベージュのカラーにより、ナチュラルな印象をプラスすることができています。
甘辛ミックスコーデが出来上がります。
色味のイメージを上手に使った着こなし。
センスが光る大人コーデはこちらがおすすめです。

13.スウェットシャツ × ライトブルーデニム × スニーカー

ブラックのクルーネックスウェットシャツに、ブラックのMA-1ジャケットを羽織った着こなし。
ライトウォッシュのダメージ加工のデニムを9分丈にロールアップし、レッドスニーカーを履いて、カジュアルに仕上げたコーディネートです。
こちらのコーディネートで着用しているデニムは、色味がホワイトに近づくくらいウォッシュ加工が施されていますが、通常のライトカラーデニムを着用していただいても、ブラックとライトブルーの濃淡が演出できるので、格好良くきまっていきます。
レッドスニーカーを取り入れて、差し色にしていますが、ブラックスニーカーでまとめても、おしゃれにきまります。
後ろかぶりしているキャップは、ビーニーなどでも、ワンポイントにしあがっていきます。
カジュアル感を活かしたコーディネートをお好みの方に、おすすめの着こなしです

14.スウェットパーカ × ブラックデニム × サイドゴアブーツ

トップスは、グレーのクルーネックTシャツに、グレーのスウェットパーカを重ね着し、その上から、ブラックのMA-1ジャケットを羽織ったスタイルです。
Tシャツの裾をパーカの裾の下から出して、レイヤードを演出している点にも注目をしてみてください。
パンツは、ブラックデニムを履いて、ブラウンのスエード生地のサイドゴアブーツを合わせて完成です。
足下のブラウンが、コーディネート全体の差し色になり、おしゃれな足下を演出してくれています。
色味は、ブラウンの他、ベージュでも格好良くきまっていきますので、お好みでチョイスをしてみてください。

15.Tシャツ × ジップパーカ × ダメージデニム × サイドゴアブーツ

ホワイトのクルーネックTシャツに、ブラックのスウェットジップパーカを羽織り、その上からブラックのMA-1ジャケットを重ね着したスタイルです。
ダメージ加工のライトウォッシュデニムを履いて、ベージュのスエードサイドゴアブーツを履いて完成です。
トップスのインナー、デニムはライトカラーでまとめて、アウターにダークカラーを持ってくることで、メリハリのスタイリングとなっています。
ベージュのブーツは、デニムのカラーの色合いに合わせて、スタイリングされていますので、スタイリッシュさを引き立てるコーディネートに演出できています。
ブーツに合わせて、ベージュのハットをかぶっていますが、ビーニーを合わせても格好良く仕上り、かぶらなくても、おしゃれですので、お好みで選んでみてください。

16.Tシャツ × ブラックデニム × サイドゴアブーツ

トップスは、オリーブカラーのクルーネックTシャツに、ダークグリーンのMA-1ジャケットを合わせています。
そこに、ダメージ加工のブラックデニムを履いて、ベージュのスエードサイドゴアブーツを合わせてたスタイルです。
ミリタリーカラーと、ベージュの相性は非常に良いため、トップスと足下の色合いのバランスが、とてもマッチしたコーディネートになっています。
MA-1ジャケットの中でも、一番人気のカラーですので、プライベートファッションの参考にしていただけるのではないでしょうか。

17.ブラックTシャツ × ダメージブラックデニム × サイドゴアブーツ

ブラックのクルーネックTシャツに、キャラメルブラウンのMA-1ジャケットを羽織り、ダメージ加工のブラックデニムを履いたスタイルです。
そこに、アウターのカラーに合わせて、キャラメルブラウンのスエードサイドゴアブーツを履いて完成です。
トップスのインナーと、パンツをブラックでまとめて、アウターとブーツに同系色のカラーを持ってくることで、カラーセンス抜群の大人カジュアルを実現できます。
寒いときには、インナーをクルーネックセーターや、タートルネックセーターに変更しても、おしゃれに決まっていくので、おすすめです。

18.ホワイトTシャツ × グレーデニム × グレースニーカー

ホワイトのクルーネックTシャツに、ブラックのMA-1ジャケットを羽織り、ダークグレーの9分丈にカットしたデニムを合わせたスタイルです。
そこに、グレーのローカットスニーカーを履いて完成です。
インナーのTシャツは、クルーネックセーターや、タートルネックセーターに変更していただいても、おしゃれに決まっていきます。
また、リラックス感を演出する際には、グレーデニムをグレーのスウェットパンツで代用していただくのが、おすすめですので、お好みでアレンジをしてみてください。
ホワイト、グレー、ブラックで、落ち着いた雰囲気を演出しながらも、アイテムには、カジュアルさやワイルドさ取り込んだおしゃれテクニックが光る着こなしとなっています。

19.クルーネックTシャツ × ブラックデニム × ワークブーツ

ブラックのクルーネックTシャツに、オリーブカラーのMA-1ジャケットを羽織り、ブラックデニムを合わせた着こなしです。
そこに、MA-1ジャケットのワイルドなテイストに統一させて、スエード生地でキャメルカラーのワークブーツを合わせて、完成です。
トップスのインナーと、パンツをブラックカラーでまとめることで、スタイリッリュな印象を高めることができ、カラー選びはこちらの着こなしのポイントになっているので、ぜひ参考にしてみてください。
とても簡単にワイルドさを演出できるMA-1ジャケットですので、コーディネートに苦手意識がある方でも、手軽に取り入れていただけるスタイリングとして、おすすめです。

20.ホワイトTシャツ × ブルーダメージデニム × サイドゴアブーツ

トップスは、ホワイトのクルーネックTシャツに、オリーブカラーのMA-1ジャケットを羽織ったスタイルです。
ボトムスは、ダメージの入ったライトウォッシュ加工のデニムに、スエード生地でベージュのサイドゴアブーツを合わせた着こなしです。
ダメージ加工の風合いが、MA-1ジャケットのワイルドさとマッチして、全体に統一感が生まれています。
そこに、フォーマルテイストの風合いを持つサイドゴアブーツを取り入れることで、ミックススタイルを上手に作り出している点が、技ありのコーディネート術となっています。
色味の組み合わせ方も、とても上手ですので、ぜひ参考にしてみてください。

21.グレークルーネックTシャツ × ブルーデニム × ホワイトスニーカー

トップスは、グレーのクルーネックTシャツに、オリーブカラーのMA-1ジャケットを着用しています。
ボトムスは、ライトウォッシュ加工のデニムを10分丈で合わせ、ホワイトのローカットスニーカーを履いて完成です。
トップスのインナーは、グレーのクルーネックセーターや、タートルネックセーターなどで代用していただいても、おしゃれに決まっていきますので、気候によってアレンジをしてみてください。
Tシャツのグレー、デニムのライトブルー、スニーカーのホワイトが淡い色味で統一されている中で、アウターに色味の強いものを持ってきて、全体を引き締めたコーディネート術を使っている点にも注目です。

22.ホワイトTシャツ × ベージュチノパン × オリーブグリーンスニーカー

トップスは、ホワイトのクルーネックTシャツに、オリーブグリーンのMA-1ジャケットを羽織っています。
ボトムスは、ベージュのチノパンを9分丈にロールアップして合わせ、オリーブグリーンのスポーツスニーカーを履いています。
スポーティー感を演出して、パンツの色味に合わせて、ベージュのキャップを合わせるのが、おすすめの着こなしです。
Tシャツは、クルーネックセーターや、タートルネックセーター、モックネックセーターに変更していただいても、おしゃれに着こなしていただけます。
また、フォーマルさをプラスしたい時には、ホワイトシャツで代用していただくと、ミックススタイルがおしゃれに仕上がっていきます。

23.ホワイトTシャツ × ジョガーパンツ × ブラックスニーカー

トップスは、ホワイトのクルーネックTシャツに、ブラックのMA-1ジャケットを羽織っています。
ボトムスは、ブラックのジョガーパンツを合わせ、ブラックのキャンバス生地のローカットスニーカーを履いて完成です。
Tシャツ以外は、すべてブラックカラーを取り入れているため、Tシャツの色味が抜け感を演出したスタイリングとなっています。
こちらのコーディネートは、ロゴ入りのTシャツを着用していますが、無地のTシャツでも、クルーネックセーターや、タートルネックセーター、モックネックセーターでも、おしゃれに決まっていきますので、お好みで選んでみてください。

24.チェックシャツ × ブラックデニム × サイドゴアブーツ

トップスは、レッドカラーをベースにしたチェック柄シャツを着用し、その上からベージュのMA-1ジャケットを羽織っています。
ボトムスは、ブラックデニムを合わせ、スエード生地でベージュのサイドゴアブーツを履いて完成です。
デニムの丈は、ブーツが見える位置までロールアップしたり、たわませたりしても格好良く、またデニムの裾をブーツにかぶせても、スタイリッシュに決まっていきますので、お好みで調整してみてください。
アウターの色味と、ブーツの色味を合わせなたら、チェックシャツの色味を主役にしたおしゃれスタイルとなっています。
色味とアイテムで甘辛ミックスも表現できますので、おしゃれ好きな方にとっては、一度挑戦してみたい着こなしではないでしょうか。

25.チャコールグレーTシャツ × ブラックデニム × ホワイトスニーカー

トップスは、チャコールグレーのクルーネックTシャツに、ブラックのMA-1ジャケットを羽織ったスタイルです。
ボトムスは、ブラックデニムを9分丈にロールアップし、ホワイトのローカットスニーカーを合わせて完成です。
トップスのインナーは、気候に合わせて、クルーネックセーターや、タートルネックセーター、モックネックセーターを合わせると、おしゃれに決まっていきます。
また、チャコールグレーのTシャツは、ベージュでも、柔らかさ演出したワンポイントカラーにしていただけますので、お好みでカラーをチョイスしてみてください。

26.ボーダー柄Tシャツ × スウェットパンツ × スリッポンスニーカー

この記事のキーワード

この記事のライター

9f47ce61 e6b0 4ac4 8742 cf915bd8c0a3

ぽむはむ

sanaedayo

3

夏のマイブームは、ビーチサンダル!メンズの一押しアイテムは、グレーTシャツ!気分を上げるのはコーディネートから♪カジュアル、けれど、おしゃれ!を楽しみたい♪

関連する記事

2017年版!冬のメンズファッション年代別おすすめコーディネート
【どうする?気温10度】服装の選び方とメンズコーディネート解説
2017年版!メンズおすすめ冬服ファッションコーディネート20選
2017年版!大人メンズのチェスターコートおしゃれな着こなし20選
メンズ最新版!ブラックコートを使った冬のおすすめコーディネート

あわせて読みたい