第三の牛乳由来プロテイン「WPH」の正体に迫る

プロテインといえば牛乳由来のホエイプロテインが最もポピュラーです。そしてホエイプロテインの製法にはWPCとWPIが存在するのは皆さんもご承知の通りです。しかし、三つ目の製法、「WPH」については初めて聞いたという人も多いのではないでしょうか…。実は一番高性能なWPHプロテインの効果について解説していきます。

takedatakeda

WPHプロテインの特徴とは

WPCの「C」はコンセントレーションのC。そしてWPIの「I」はアイソレートのI。ではWPHの「H」は一体何の頭文字なのでしょうか。

正解は「ハイドロ」。つまりWPHとは、加水分解されたホエイプロテインというわけです。

加水分解されているということは、簡単に言ってしまうとプロテインの一部が既に消化されているのに近い状態である、という意味です。という事は通常のWPCやWPIに比べて吸収スピードが速く、吸収される割合も大幅にアップしているという事になります。

この特徴により、アスリートはWPHプロテインを様々な場面において活用しているのです

WPHプロテインはロイシンの割合が多い

WPHプロテインの一つの特徴として、ロイシンの含有率がとても高い点が挙げられます。ロイシンはご存知BCAAの中でも中心的存在であり筋肉のために最も重要なアミノ酸とされています。ロイシンが豊富であるという事は、その分だけ筋発達が合理的に進むという意味です。

ロイシンは筋肉がタンパク質と同化する際に必要となるシグナルを送る役割を担っています。ロイシンだけをサプリメントとして追加で用意しても同様の効果は得られますが、コストパフォーマンスの面から考えてもWPHプロテインの方に分がありそうですね。

回復及び筋肉合成スピードが速い

ロイシン含有率とも関係しますが、WPHの吸収スピードの速さは筋トレ後の回復スピードや筋肉合成のスピードに大きな影響を与えています。

WPHは飲んでから胃を通過するまでの時間が短く、また小腸からの吸収もスピーディーです。そして肝臓で代謝されるタイミングも早くなりますからアミノ酸が筋肉にまで届けられる速度は他のプロテイン(ホエイ以外も含めて)と比べて断トツに速いのです。

WPHプロテインを飲みたい場面

現在使っているプロテインがWPCやPWIである場合、それらを全てWPHへと変更してももちろん何の問題もありません。それどころかむしろ筋肉の発達について好ましいくらいです。

しかし、WPHプロテインは性能が高いだけにお値段が張ります。そのため、ここぞという時にピンポイントで使う方がコストパフォーマンスは良くなります。

WPHを使う最大の理由はその吸収速度の速さにあります。ですから、一番効果を発揮できるのは高強度によるトレーニングの直後という事になりますね。日頃のトレーニングよりもワンランク上の負荷で体をいじめ抜いた後に、WPHを多めに摂取してあげることで大きな効果を得ることができます。

また、意外な使い方としては減量期の中盤にWPHを摂取する事で体重減少の中だるみを防ぐ効果も期待できます。

減量は始めのうちはスルスルと体重が落ちるのですが、しばらく経つと必ず停滞期がやってきます。この停滞期をスムーズに脱するためにはトレーニングボリュームの維持や強化が必須となるのですが、摂取カロリーを抑えた状態では怪我もしやすいですしかなり大変な作業となります。

そこで回復力を高めるためにプロテインをWPHに切り替えることで、再び体重減少の軌道へと回帰させやすくなるわけです。

WPHは高級ホエイプロテインとして徐々に普及が進んでいます。これまでは「WPIこそ至高」という意見が多かったのですが、今後はWPHの人気がどんどん高まっていくことでしょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb e1fe3aa2 adcb 414b bbd4 6807498d54af

takeda

コンテストフィジーカーとして日々鍛錬しております。ボディメイク・筋トレ・フィットネス関連を中心に執筆致します。筋トレノウハウやサプリメントに関しても全て自分で実践している物。使用した経験がある物に限定しております。ネットに溢れるウソの情報や質の悪い情報を淘汰するため戦い続けます!

関連する記事

筋トレの効果を爆発的に高める7つのコツ
おいしいプロテインで筋肉強化!おすすめメーカーランキング5選
プロテインを飽きずに美味しく飲む方法5選
筋トレの食事メニュー決定版!おすすめレシピ・時間帯やタイミングまで徹底解説
筋トレをサポート?!「バナナ」が筋肉増強に役立つ4つの理由

あわせて読みたい